フェラーリ、最新リミテッドエディション・スペシャルシリーズ「812コンペテツィオーネ」「812コンペテツィオーネA」を発表|Ferrari

フェラーリ、最新リミテッドエディション・スペシャルシリーズ「812コンペテツィオーネ」「812コンペテツィオーネA」を発表|Ferrari

フェラーリは5月5日、最新リミテッドエディション・スペシャルシリーズの「フェラーリ812コンペテツィオーネ」と、そのタルガトップバージョンである「フェラーリ812コンペテツィオーネA」を発表した。
ランボルギーニ ミウラの最終進化形ミウラSV初披露から半世紀。その伝説を追う|Lamborghini

ランボルギーニ ミウラの最終進化形ミウラSV初披露から半世紀。その伝説を追う|Lamborghini

ランボルギーニの「ミウラSV」が1971年3月にジュネーブモーターショーで初披露されてから50年を迎えた。ランボルギーニのプロダクションの中でも最も高い人気を誇る“スーパーカー”誕生の足跡を追う。
ブガッティ国内唯一のショールーム「ブガッティ 東京」がオープン|Bugatti

ブガッティ国内唯一のショールーム「ブガッティ 東京」がオープン|Bugatti

ブガッティの国内唯一のショールーム「ブガッティ 東京」が南麻布に誕生。2021年4月16日(金)にオープングランドオープンした。
フェラーリ、リトラクタブルハードトップを備えた史上最強のプロダクションモデル「SF90スパイダー」を発表|Ferrari

フェラーリ、リトラクタブルハードトップを備えた史上最強のプロダクションモデル「SF90スパイダー」を発表|Ferrari

フェラーリ・ジャパンは4月2日、最もハイパフォーマンスなプロダクションスーパーカーシリーズ「SF90 ストラダーレ」のスパイダーモデルとして、2020年11月にイタリア・マラネッロでオンライン上で初披露した「SF90スパイダー」を東京都内でお披露目した。
アヴェンタドールSの集大成となる限定モデルがデビュー|Lamborghini

アヴェンタドールSの集大成となる限定モデルがデビュー|Lamborghini

アウトモビリ・ランボルギーニはV12エンジン搭載のフラッグシップ「アヴェンタドールS」のクーペとロードスターに7台限定の「アヴェンタドールSジャパン リミテッドエディション」を設定した。
タウンスピードでも楽しい──ランボルギーニ ウラカンEVOの後輪駆動モデルに公道試乗|Lamborghini

タウンスピードでも楽しい──ランボルギーニ ウラカンEVOの後輪駆動モデルに公道試乗|Lamborghini

ベビーランボと呼ばれて人気だったランボルギーニ・ガヤルド。その後継モデルとして2014年にデビューしたのがV10エンジン搭載モデルの「ウラカン」だ。今回試乗したのは2020年に登場した進化系モデルであるウラカンEVOの後輪駆動バージョンである「ウラカンEVO RWD」。今年1月にクーペ、5月にスパイダーが発表されており、試乗車としてどちらも用意されていた。サーキットを使用した試乗会が多いランボルギーニ だが、今回は箱根の一般道と高速道路が舞台だった。その意図とは。
フェラーリ、ワンオフモデルの「オモロガータ」を発表|Ferrari

フェラーリ、ワンオフモデルの「オモロガータ」を発表|Ferrari

フェラーリは9月25日、ワンオフモデルの「フェラーリ オモロガータ」が完成し、短時間ながらフィオラーノ・サーキットを周回したと発表した。
跳ね馬の+2GTスパイダー、ポルトフィーノの進化形「ポルトフィーノM」がワールドプレミア|Ferrari

跳ね馬の+2GTスパイダー、ポルトフィーノの進化形「ポルトフィーノM」がワールドプレミア|Ferrari

フェラーリは9月16日、スパイダーモデル「ポルトフィーノ」に新開発のV8ターボエンジン、Raceモードを含む5ポジションのマネッティーノ、新型8速ギアボックスを搭載した「フェラーリ ポルトフィーノM」を同社で初めてオンラインで発表した。“M”は、“Modificata”(モディファイ) を意味し、フェラーリでは、パフォーマンスを押し上げる進化を遂げたモデルに使われてきた名称である。
ランボルギーニ史上最強のV12搭載サーキット専用モデル「Essenza SCV12」発表|Lamborghini

ランボルギーニ史上最強のV12搭載サーキット専用モデル「Essenza SCV12」発表|Lamborghini

ランボルギーニは7月29日、ランボルギーニ史上最強となるV12エンジンを搭載したサーキット専用ハイパーカー「Essenza SCV12」を発表した。ランボルギーニ・スクアドラ・コルセによるテクニカルサポートと、ランボルギーニのデザイン部門チェントロ・スティーレがデザインを施した40台の限定モデルで、FIA(国際自動車連盟)のプロトタイプ・セーフティー・ルールに準じて開発された最初のGTハイパーカーでもあるという。
ランボルギーニがハイブリッドスーパースポーツモデル「シアン ロードスター」を世界初公開|Lamborghini

ランボルギーニがハイブリッドスーパースポーツモデル「シアン ロードスター」を世界初公開|Lamborghini

ランボルギーニは7月8日、V12エンジンとハイブリッドシステムを搭載した19台限定のスーパースポーツオープンモデル「シアン ロードスター」を世界初公開した。
ランボルギーニ のサーキット専用ハイパーカー「SCV12」が今夏デビューへ|Lamborghini

ランボルギーニ のサーキット専用ハイパーカー「SCV12」が今夏デビューへ|Lamborghini

ランボルギーニ は、スクアドラ・コルセのサーキット専用ハイパーカー「ランボルギーニ SCV12」の開発が完了し、今年の夏にワールドプレミアを開催すると発表した。
マクラーレン流の“GT”とは?──マクラーレンGTに試乗して確かめた| McLaren Automotive

マクラーレン流の“GT”とは?──マクラーレンGTに試乗して確かめた| McLaren Automotive

マクラーレン・オートモーティブが“アルティメット” “スーパー”“スポーツ”に続く第四のカテゴリー“GT”の最初のモデルとして投入したマクラーレンGT。サーキットを本拠地とするスーパースポーツのみを手掛けてきた同社が初めてリリースしたGTとは、いかなるクルマなのか。モータージャーナリストの九島辰也氏が試乗した。
ランボルギーニの最新モデル、ウラカンEVO RWDスパイダー続報|Lamborghini

ランボルギーニの最新モデル、ウラカンEVO RWDスパイダー続報|Lamborghini

ランボルギーニ が5月7日、同社の公式ウェブサイト(lamborghini.com)で、初のAR (拡張現実)を使用した新型モデル「ウラカンEVO RWD スパイダー」の発表を行ったのは既報の通り。本記事では同モデルの詳細を紹介する。
ランボルギーニ がAR(拡張現実)を使った「ウラカンEVO RWDスパイダー」発表会を開催|Lamborghini

ランボルギーニ がAR(拡張現実)を使った「ウラカンEVO RWDスパイダー」発表会を開催|Lamborghini

伊ランボルギーニ は5月7日13時(中央ヨーロッパ時間)から、最新のV10スーパースポーツカー「ウラカンEVO RWDスパイダー」のオンライン発表会を開催。
世界765台限定 マクラーレン765LTの受注を開始|McLaren

世界765台限定 マクラーレン765LTの受注を開始|McLaren

マクラーレンは、全世界で765台限定の「マクラーレン765LT」の受注を正式に開始。日本での価格は4,450万円となる。
189 件