モーガン19年ぶりの新型車「プラス シックス」日本上陸|Morgan

モーガン19年ぶりの新型車「プラス シックス」日本上陸|Morgan

Morgan Plus Six|モーガン プラス シックスモーガン19年ぶりの新型車「プラス シックス」日本上陸モーガンカーズ・ジャパンは6月28日(金)、新型車「プラス シックス」を日本で発売したと発表した。Text by YANAKA Tomomi新開発アルミプラットフォームとBMW製エンジンを採用今年3月のジュネーブ モーターショーで発表された「プラス シックス」が日本に上陸。今年110周年を迎え、いまもスポーツカーをハンドビルドしているモーガンの19年ぶりの新モデルになる。プラス シックスには、新設計された“CXジェネレーション 接着アルミプラットフォーム”を採用。ホイールベースは20mmストレッチしたのに対し、足回りスペースは200mm拡張し、収納スペースは31パーセント向上。高剛性で軽量化を果たしたこのプラットフォームは、この先何十年にもわたって開発されるモーガン車にも使用されるという。このように進化を遂げながらも、モーガンの象徴ともいえる伝統の木製フレームは健在。モー...
マクラーレンの新シリーズ、マクラーレンGT日本初披露|McLaren

マクラーレンの新シリーズ、マクラーレンGT日本初披露|McLaren

McLaren GT|マクラーレンGT 新シリーズ、マクラーレンGT日本初披露 マクラーレン オートモーティブ
アストンの新型ミッドシップHVモデル名は「ヴァルハラ」に決定|Aston Martin

アストンの新型ミッドシップHVモデル名は「ヴァルハラ」に決定|Aston Martin

Aston Martin Valhalla|アストンマーティン ヴァルハラAM-RB 003のモデル名が「ヴァルハラ」に決定アストンマーティンはニューヨーク時間の6月18日(火)、今年3月のジュネーブショーで世界初披露されたミッドシップのハイブリッド ハイパーカーの正式名称を「ヴァルハラ(Valhalla)」に決定したと発表した。Text by YANAKA Tomomiレッドブル アドバンスド テクノロジーズなどとともに開発1951年に誕生した「ヴァンテージ」から70年以上連なる“Vの系譜”に新たに「ヴァルハラ」の名が加わった。今年3月のジュネーブモーターショーで「プロジェクト003」として世界初披露され、「AM-RB 003」のコードネームで知られていたヴァルハラ。北欧神話において“戦士の楽園”を意味しており、ハイパフォーマンス ロードカーを目指して開発された「ヴァルキリー」に次ぐ2番目のハイパーカーという位置づけとなる。ヴァルハラにはヴァルキリーに取り入れられている軽量構造と...
フルモデルチェンジしたベントレーの快速サルーン「フライングスパー」がデビュー|Bentley

フルモデルチェンジしたベントレーの快速サルーン「フライングスパー」がデビュー|Bentley

Bentley Flying Spur|ベントレー フライングスパー フルモデルチェンジしたベントレーの快速サルーン
「DB4 GT ザガート コンティニュエーション」最初の1台をル・マンで初披露|Aston Martin

「DB4 GT ザガート コンティニュエーション」最初の1台をル・マンで初披露|Aston Martin

Aston Martin DB4 GT Zagato ContinuationアストンマーティンDB4 GT ザガート コンティニュエーション最初の1台をル・マンで初披露アストンマーティンは英国時間の6月11日(火)、名門カロッツェリア、ザガートとコラボレーションした「DB4 GT ザガート コンティニュエーション」を6月15日(土)にフランスで開幕するル・マン24時間耐久レースで世界初披露すると発表した。Text by YANAKA Tomomi1960年代に19台限定で製作された「DB4 GTザガート」をオマージュイタリアの名門カロッツェリア、ザガートが設立100周年を迎えるのを記念し、2台構成で19セットのみ生産されるスペシャルなコラボレーションモデル「DBZセンテナリー コレクション」。その中で「DB4 GTザガート コンティニュエーション」は「DBS GTザガート」と対をなす1台だ。サーキット専用スポーツカーの「DB4 GT ザガートコンティニュエーション」は、2017年...
マクラーレンGT発表イベントリポート|McLaren

マクラーレンGT発表イベントリポート|McLaren

Mclaren GT|マクラーレンGTマクラーレンの新境地を切り拓く「GT」マクラーレン オートモーティブからこの5月に発表された最新モデル「マクラーレンGT」。スーパーカーとしてのパフォーマンスのみならず、グランドツアラーの特性も併せ持つ同モデルの発表会に参加したモータージャーナリスト、金子浩久氏のリポートをお送りする。Text by KANEKO HirohisaPhotographs by Mclaren Automotive大陸横断の実用性を備えたマクラーレンの第4のシリーズロンドン郊外のマクラーレン・テクノロジーセンターに赴くと、入り口でスマートフォンとカメラを預けさせられた。これから、正式発表前のニューモデル「マクラーレンGT」に対面するからだ。世界各国から召集されたジャーナリストたち20名弱も同じようにしている。さっそく、プロダクトマネージメント責任者のイアン・ディグマン氏が次のように説明した。「お見せするクルマは、マクラーレンの第4のシリーズとなります」現在、マクラ...
ケニアでフィールドテストする新型ディフェンダーの最新動画を公開|Land Rover

ケニアでフィールドテストする新型ディフェンダーの最新動画を公開|Land Rover

Land Rover Defender|ランドローバー ディフェンダーフィールドテストする新型ディフェンダーの最新動画を公開ランドローバーは英国時間の6月4日(火)、新型「ディフェンダー」をケニアで実施したフィールドテストの様子をおさめた最新動画を公開した。Text by YANAKA Tomomi過酷な地形を走破しながらライオンを追跡し、資材を運搬するユニークなテスト2019年後半にワールドプレミアが予定されている新型「ディフェンダー」。最終フィールドテストは、ランドローバーが15年にわたりオフィシャルパートナーを務める、アフリカ野生動物保護組織「Tusk Trust(タスク トラスト)」の協力のもと、ケニアのボラナ野生保護区で実施された。今回のテストに使用されたのは新型ディフェンダーのプロトタイプ車両。ユニークなカモフラージュを施した車両に、専用開発された「シュノーケル」タイプのエアインテークを装備。1万4,000ヘクタールにおよぶボラナ野生保護区には、平原はもちろん、河川、深...
ベントレー新型フライングスパー、今月公開|Bentley

ベントレー新型フライングスパー、今月公開|Bentley

Bentley Flying Spur|ベントレー フライングスパーベントレー新型フライングスパー、今月公開ベントレーが先日ティーザーを公開した新型「フライングスパー」が、6月11日に発表される。Text by OPENERS名前以外はすべて新しいベントレーの4ドアサルーン「フライングスパー」が、間もなく3代目へとフルモデルチェンジを果たす。新型には初めて四輪操舵システムを搭載されることが明らかになった。高速走行中は後輪が前輪と同じ方向に動くことで車両安定性を高め、低速のときには前輪と逆向きに動き回頭性を改善する。駆動についても、従来同様に四輪駆動を標準とするものの、後輪のみの駆動も可能となり、スポーツセダンのようなハンドリングが愉しめるという。もし後輪にスリップが発生した場合には、即座に前輪に駆動力を送るアクティブ オールホイール ドライブ機能も備わる。そのほかにも、サスペンションの硬さを変化させることでコーナリングフォースによるボディのロールを最低限に抑え、ハンドリングと乗り心...
フルモデルチェンジしたイヴォークの受注開始|Land Rover

フルモデルチェンジしたイヴォークの受注開始|Land Rover

Land Rover Range Rover Evoque|ランドローバー レンジローバー イヴォークフルモデルチェンジしたイヴォークの受注を開始ジャガー・ランドローバー・ジャパンは5月30日(木)、コンパクトSUV「イヴォーク」をフルモデルチェンジし、6月1日(土)より受注を開始すると発表した。Text by YANAKA Tomomiランドローバー初のマイルドハイブリッドもラインアップ2011年に誕生し、今や世界的にも人気のラグジュアリー コンパクトSUVカテゴリーのパイオニアとなった「イヴォーク」が初のフルモデルチェンジを迎えた。エクステリアはキープコンセプトで、独特の傾斜したルーフラインとリアに向かって上昇するウエストラインが特徴。インテリアでは10インチの2つのタッチスクリーンからなるインフォテインメント システム「タッチプロ デュオ」を装備した。シートカラーには新色のクラウドとディープ ガーネットが追加されたほか、素材には従来のレザーにくわえ、高い耐久性を誇るウール混紡...
ベントレー 次世代フライングスパーを年内に発表|Bentley

ベントレー 次世代フライングスパーを年内に発表|Bentley

Bentley Flying Spur|ベントレー フライングスパーベントレー 次世代フライングスパーを年内に発表ベントレーは4ドアサルーン「フライングスパー」の新型を年内に発表することを明らかにし、内外装の一部から公開しはじめた。Text by OPENERS次世代に織り込む技術とクラフツマンシップを垣間見せるベントレーは創業100周年にあたる今年、4ドアサルーン「フライングスパー」を第3世代へとフルモデルチェンジする予定であることを明らかにした。ベントレーが現在のところ公開しているのは、全体のシルエットとフロントのマスコット、さらに、インテリアの一部。インテリアには、自動車向けでは世界初という、テクノロジーとクラフツマンシップを融合させた、三次元テクスチャード レザー仕上げが施されている。これを一例として、最新技術と英国クルーの職人たちにより仕上げられた次世代フライングスパーは、ベントレーらしい高級サルーンに仕上げられているという。問い合わせ先ベントレーコール0120-97-7797
アストンマーティン、007にヒントを得たDBSスーパーレッジェーラを発表|Aston Martin

アストンマーティン、007にヒントを得たDBSスーパーレッジェーラを発表|Aston Martin

Aston Martin DBS Superleggera special edition "On Her Majesty's Secret Service"アストンマーティン DBS スーパーレッジェーラ 「女王陛下の007」スペシャルエディションボンドカーにヒントを得たDBS スーパーレッジェーラアストンマーティンは5月22日、映画「007」シリーズに登場するボンドカーにヒントを得た最新モデル、DBS スーパーレッジェーラ 「女王陛下の007」スペシャルエディションを発表した。Text by HARA Akira725psの「羊の皮を被った狼」今回発表されたモデルは、映画「007」シリーズ第6作目となる「女王陛下の007」の公開50周年を記念し、50台限定で製作されるアストンマーティン「DBSスーパーレッジェーラ」のスペシャルディション。1969年に公開されたこの映画に登場したおなじみのボンドカー「DBS」と同じオリーブグリーンのボディカラーをまとうのが特徴だ。製作は、「007...
ブルーノート東京とコラボレーションしたMINI|MINI

ブルーノート東京とコラボレーションしたMINI|MINI

MINI Clubman Blue Note Tokyo Editionミニ クラブマン ブルーノート・トーキョー エディションブルーノート東京とコラボレーションしたMINIクラブマンビー・エム・ダブリューは5月22日(水)、「MINIクーパーD クラブマン」に、ブルーノート東京とコラボレーションした限定車「ブルーノート・トーキョー エディション」を発表し、販売を開始した。Text by YANAKA Tomomi五線譜や楽器の弦をモチーフにしたアクセントジャズクラブの名門、ブルーノート東京とMINIがはじめてコラボレーションした限定車が登場した。ベースとなるのは2リッター4気筒ディーゼルエンジンを搭載する「MINIクーパーD クラブマン」で最高出力110kW(150ps)、最大トルク330Nmを発生する。ボディカラーにはエレガントな漆黒のピアノをイメージしたという「ミッドナイト ブラック メタリック」と、スポットライトを反射し華やかにステージを演出するブラスセッションをイメージし...
超軽量グランドツアラーの「マクラーレンGT」を発表|McLaren

超軽量グランドツアラーの「マクラーレンGT」を発表|McLaren

Mclaren GT|マクラーレンGT超軽量グランドツアラーの「マクラーレンGT」を発表マクラーレン オートモーティブは、グランドツアラーの特性とスーパーカーの俊敏性を併せ持つ新型モデル「マクラーレンGT」を発表した。Text by HARA Akiraロングツーリングに対応した積載力を持つボディ「マクラーレンGT」(以下GT)は、すでに確立されているマクラーレン「スポーツシリーズ」「スーパーシリーズ」「アルティメットシリーズ」のファミリーに加わる新たなシリーズという位置付けとしてデビューした。同社のマイク・フルーウィット最高経営責任者は「ロングツーリングに適した快適さとスペースだけでなく、従来このセグメントのモデルにはないレベルの俊敏性を併せ持つ、グランドツアラーの概念を再定義したクルマ」と説明している。GTのボディサイズは、全長4,683×全幅2,095×全高1,213mm。カーボンファイバーが核となるボディの重量は1,530kgで、最も重い競合モデルより200kg以上軽量だと...
マクラーレン「セナ」のサーキット専用車「GTR」を公開|McLaren

マクラーレン「セナ」のサーキット専用車「GTR」を公開|McLaren

McLaren Senna GTR|マクラーレン セナ GTRマクラーレン セナのサーキット専用車「GTR」を公開マクラーレン オートモーティブは、伝説のレーシングドライバーである故アイルトン・セナの名を冠した公道走行可能なスーパーカー「マクラーレン セナ」をさらに進化させたサーキット専用車「セナGTR」の実車を公開した。Text by HARA Akira825psの4.0リッターV8ツインターボ搭載マクラーレン「セナ GTR」が搭載する型式M840TRの4.0リッターV8ツインターボエンジンは、最高出力825ps、最大トルク800Nmを発生。標準モデルからエンジン制御システムを変更するとともに2次触媒を取り外すことで最高出力が25psアップした。乾燥重量はマクラーレン市販モデル中最軽量となる1,188kgになるため、パワーウエイトレシオは694ps/トンという圧倒的な数字となる。トランスミッションは標準モデルと同じローンチコントロール機能付きの7段+リバースのシームレス シフト...
266 件