新型コンチネンタルGTコンバーチブルやベンテイガ限定車を披露|Bentley

新型コンチネンタルGTコンバーチブルやベンテイガ限定車を披露|Bentley

Bentley Continental GT Convertibleベントレー コンチネンタル GT コンバーチブルBentley Bentayga A Limited Edition by Mulliner exclusively for Japanベントレー ベンティガ A Limited Edition by Mulliner exclusively for Japan新型コンチネンタルGTのオープンやベンテイガ限定車を披露ベントレーは1月31日、東京都内で新型4シーター オープンモデル「コンチネンタルGTコンバーチブル」、日本限定特別仕様車のSUVモデル「ベンティガ A Limited Edition by Mulliner exclusively for Japan」、ベントレー創業100周年モデルを発表した。Text & Photographs by HARA Akiraクーペと比べても遜色ない動力性能発表会の冒頭で登壇したベントレー モーターズ ジャパンのティ...
ベントレー100周年を記念した100台限定のコンチネンタルGT|Bentley

ベントレー100周年を記念した100台限定のコンチネンタルGT|Bentley

Bentley Continental GT Number 9 Edition By Mullinerベントレー コンチネンタルGTナンバー エディション バイ マリナーベントレー100周年を記念した100台限定のコンチネンタルGTベントレーは創立100周年を記念し、「コンチネンタルGT」の100台限定のコレクターズバージョン「コンチネンタルGT ナンバー9 エディション バイ マリナー」をジュネーブモーターショーで発表した。Text by YANAKA Tomomi往年のナンバー9ブロワーにオマージュを捧げる特別な1台今年創立100周年を迎えたベントレー。その記念として、特別なデザインを随所にちりばめた世界100台限定のコンチネンタルGTが発表された。1920-1930年代にかけてレーシングドライバーや投資家などとして活躍したヘンリー・ラルフ・スタンレー“ティム”バーキン卿へのオマージュが込められているという「コンチネンタルGT ナンバー9 エディション バイ マリナー」。193...
ベントレー創業100周年を記念して歴史的な記念モデルを展示|Bentley

ベントレー創業100周年を記念して歴史的な記念モデルを展示|Bentley

Bentley|ベントレーパリで100年前のレースモデル「EXP 2」を展示ベントレーは創業100周年を記念し、フランス時間の2月6日から10日にパリで開催された「レトロモービル」に、ベントレー創成期のレースモデル「EXP 2」などを展示した。Text by YANAKA Tomomiベントレー100年の歴史を見つづけてきたEXP 21919年、ウォルター・オーウェン(W.O.)ベントレーが「速いクルマ、良いクルマ、クラス最高のクルマ」というシンプルな目標を掲げ誕生したベントレー。今年100周年というアニバーサリー イヤーを迎え、現存するもっとも古い高性能レーシングカーと呼ばれる、1919年製の「EXP 2」と最新型「コンチネンタルGT コンバーチブル」を「レトロモービル」に出展した。“EXPerimental No.2”を略したEXP 2は、W.O.ベントレーが1919年の会社設立後につくった2台目の試作車。同年のオリンピア モーターショーで発表され、ベントレーの歴史にとっても重...
ベントレー全モデルに100周年記念装備を設定|Bentley

ベントレー全モデルに100周年記念装備を設定|Bentley

Bentley|ベントレーベントレー2019年モデルすべてに100周年記念装備を設定ベントレーは2019年に創立100年目を迎える。それを記念し、2019年製ベントレーの全モデルに特別仕様「センテナリー(Cencenary)」を設定すると発表した。Text by YANAKA Tomomiセンテナリー ゴールドを使ったバッジで100周年を祝う1919年にW.O.ベントレーにより設立されたベントレー。その後、W.O.ベントレーはレーシング エンジンの開発に夢中となり、彼のマシンは英国のブルックラインズ、米国のインディアナポリス、フランスのル・マンなどで活躍。以降、ベントレーは「速いクルマ、良いクルマ、クラス最高のクルマ」というシンプルな目標を現在まで掲げつづけている。特別仕様「センテナリー」は、エポックメイキングなモデルや数かずの出来事にインスパイアされており、2019年製の各モデルには100周年記念特製バッジや、記念刺繍入りシート、特製トレッドブレードなどのアイテムが装備される。な...
新型ベントレー・コンチネンタルGTに試乗|Bentley

新型ベントレー・コンチネンタルGTに試乗|Bentley

Bentley Continental GT|ベントレー・コンチネンタルGTベントレーの歴史にその名を残すGT2017年9月のフランクフルトモーターショーでデビューし、12月には日本でも発表された 3代目ベントレー「コンチネンタルGT」。4WDシステムやサスペンション、そしてプラットフォームにいたるまで大幅に進化した同モデルに、モータージャーナリストの大谷達也氏が試乗した。Text by OTANI Tatsuyaワインディングロードでの機敏な走りは、2代目までとはまったくの別物新型ベントレー「コンチネンタルGT」でオーストリアのハイウェイを穏やかに流す。静謐なキャビン、なめらかな乗り心地、贅の限りを尽くした素材で覆われたインテリア……。そんな空間に身を置き、ゆったりとした気分でステアリングを操っていると、2、3時間ほど前までこの同じステアリングを握ってアルプスの山並みを走り抜けていたことが信じられない気分になってくる。6.0リッターW12ターボエンジンとフルタイム4WDを組み合わ...
新型ベントレー コンチネンタルGTが日本上陸|Bentley

新型ベントレー コンチネンタルGTが日本上陸|Bentley

Bentley Continental GT|ベントレー コンチネンタルGT新型ベントレー コンチネンタルGTが日本上陸ベントレー モーターズ ジャパンは、フランクフルトモーターショー2017でデビューした3代目「コンチネンタルGT」を日本でもローンチした。価格は2,530万円からで、デリバリー開始は2018年の第3四半期の予定だ。Text & Photographs by UCHIDA Shunichi大きくイメージを変えたフロント周り2015年3月に開催されたジュネーブショーでお披露目されたコンセプトカー、ベントレー「EXP 10 Speed 6」。このモデルが新型「コンチネンタルGT」のエクステリアデザインの源となっている。戦闘機や現代的な建築物など、精緻で力強い印象を与えるような造形からヒントを得ており、ボディのなめらかさなどの部分もそのモチーフが反映されている。フロントグリルは先代よりも低くなり、よりロー&ワイドな印象になった。その左右に配されるヘッドランプは、L...
ライフスタイルブランド、ベントレーの魅力に迫る|Bentley

ライフスタイルブランド、ベントレーの魅力に迫る|Bentley

Bentley Continental GT|ベントレー コンチネンタルGTユナイテッドアローズ相談役が語る、ベントレー コンチネンタルGTの魅力いいものを着られて、いいものに乗れるから、人生は豊かになる圧倒的な走行性能とエクスクルーシブ性を誇る、世界最高峰のグランドツアラー、ベントレー 「コンチネンタルGT」。優れた審美眼で、ユナイテッドアローズの発展に尽力し、クルマ通としてもしられる岩城哲哉氏が、その魅力を語る。Text by OGAWA FumioPhotographs by YOSHIZAWA Kenta真の意味での“いいもの”の魅力グラウンドブレーキング。草分けとか画期的なという意味で使われる英語の形容詞がまさにぴったりだと思ったのが、2003年にベントレー「コンチネンタルGT」が登場したときだった。パワフルなW12気筒エンジンにフルタイム4WDシステムを組み合わせたドライブトレインと、力強さとエレガンスとをうまく両立させたスタイリング。これが印象的だった。自動車が作られ...
“モーター”ショーの向かう先|IAA 2017

“モーター”ショーの向かう先|IAA 2017

IAA 2017|フランクフルト モーターショー 2017“モーター”ショーの向かう先次はフェードアウトか「有人ドローン館」かフランクフルト モーターショーの現地に足を運び、現地の熱と報道を肌で感じた大矢アキオ氏。市販モデルの傾向はもとより、俯瞰してみたとき見えてくる、モーターショー自体の未来についての考察。Photographs by Akio Lorenzo OYA / Mari OYAText by Akio Lorenzo OYA今年はiPhoneにはかき消されなかったがフランクフルト モーターショーにおける過去数回のライバルは、ずばり「アップル」であった。具体的には彼らが、ショーとほぼ同時期に大西洋の向こうで催す新製品発表会だ。BMW i8 Memphis StyleLamborghini Aventador S Roadsterメディアの多くは、たとえ夏中にメーカーが配信するコンセプトカーや新型車のティザー画像を並べ立てていても、いざ新しいiPhoneが発表されると...
ベントレー「コンチネンタルGT」がフルモデルチェンジ|Bentley

ベントレー「コンチネンタルGT」がフルモデルチェンジ|Bentley

BENTLEY Continental GT|ベントレー コンチネンタルGTベントレー「コンチネンタルGT」がフルモデルチェンジベントレー モーターズは8月29日、3世代目へとフルモデルチェンジした4シーター ラグジュアリー グランドツアラー「コンチネンタルGT」を発表した。Text by OPENERS設計、エンジニアリング、ハンドクラフトはすべて英国製「ベントレーは、100年近くものあいだ、ラグジュアリーなグランドツーリングカーの世界をリードしてきました。第3世代の「コンチネンタルGT」は、ベントレーのデザインとエンジニアリングの賜物で、それを所有する喜びとともに、歴史に新たな一歩を刻むクルマです」と語るのは、ウォルフガング・デュルハイマー同社会長兼CEOだ。設計、開発、ハンドビルドのすべてをイギリスで行う新型コンチネンタルGTの心臓部に収まるのは、最新のエンジンマネージメントシステムでブラッシュアップした6.0リッターW型12気筒ツインターボTSIエンジンだ。最高出力634p...
ベントレーが描き出す、未来のラグジュアリー|Bentley

ベントレーが描き出す、未来のラグジュアリー|Bentley

BENTLEY|ベントレーベントレーが描き出す、未来のラグジュアリーパワートレーンの多様化と進化、そして各種運転支援システムに自動運転技術……。クルマをめぐるテクノロジーが長足の進歩を見せる昨今。ラグジュアリーカーブランドの最右翼たるベントレーは、新しい時代に向け何を目指しているのか。同社のデザイン部門を率いるステファン シエラフ氏が、未来のラグジュアリーを語る。Text by SAKURAI Kenichiベントレーのアイデンティティを今後一世紀以上維持するこが重要自動運転は、もはや遠い未来のクルマの話でない。それは、ラグジュアリーブランドのベントレーでもかわらない、発明されてから130年あまりの歴史を持つ自動車の進むべき正しいロードマップである。ベントレーのデザイン部門を率いるステファン シエラフは、20年後のベントレーをイメージさせるいくつかのデザインサンプルを前に、我々にこう語った。「明日のベントレーを設計するのは簡単な作業ではありません。しかし、そこで重要なのはベントレー...
市販モデルをベースとするレースの頂点へ|Bentley

市販モデルをベースとするレースの頂点へ|Bentley

Bentley|ベントレー市販モデルをベースとするレースの頂点へベントレーはラグジュアリーだけのブランドではない。歴史的に見てもモータースポーツに相当に力をいれており、現代でも、各地のレースにおいて輝かしい成績を残している。Text by SAKURAI Kenichi完璧なレース運びで勝利ブランパンGTシリーズは、市販スポーツカーをベースにしたGT3カテゴリーのマシンで戦われる年間12ラウンドのシリーズ戦だ。2014年シーズンにスタートし、ステージとなるサーキットは、例えばポール リカール(フランス)やモンツァ(イタリア)、ブランズ ハッチ(イギリス)、そしてスパ フランコルシャンなど、欧州の名だたるサーキットがリストに載る。レースは耐久レースの「エンデュランス カップ」と比較的距離の短いレースの「スプリント カップ」というふたつのプログラムから構成されている。ベントレーは、コンチネンタルGT3で、このブランパンGTシリーズにワークス体制で参戦。初年度の2014年シーズンはシリー...
ベントレー クオリティの番人|Bentley

ベントレー クオリティの番人|Bentley

BENTLEY|革の世界とワックスクレヨンベントレー クオリティの番人ラグジュアリーモデルにおけるインテリアは、オーナー自身が常に目にし、触れる部分として大変に重要である。とくにレザーは、素材そのものが全体のクオリティと直結するため、マテリアルの段階から慎重な品質管理が不可欠だ。ベントレーでは、そのために専門の職人が従事し、ベントレー クオリティを維持しているという。Text by SAKURAI Kenichi職人技から生まれる高い品質ご存知のように、フランスのラグジュアリー シューズ ブランド、ベルルッティには、近代ポップアートの巨匠、アンディ・ウォーホルの名を冠したローファーがラインナップされている。その名もアンディというこのラインは、1962年に当時まだ見習いだった現当主のオルガ・ベルルッティにアンディ・ウォーホルがビスポークでオーダーしたモデルに端を発する。オルガはトゥの尖ったモダンなローファーをデザインしたが、この靴の片方には問題があった。レザーに大きな筋が入っていたの...
“月夜に映える” 日本向け限定車を12台限定販売|Bentley

“月夜に映える” 日本向け限定車を12台限定販売|Bentley

Bentley Continental GT V8S Mooncloud Edition|ベントレーコンチネンタル GT V8S ムーンクラウド エディション“月夜に映える”日本向け限定車を12台限定販売ベントレーモーターズジャパンは、日本向け限定車「コンチネンタル GT V8 S ムーンクラウド エディション」を12台限定で販売を開始した。価格は2,410万円。Text & Photographs by UCHIDA Shunichiディーラーからの要望で作られた12台ベントレーの2ドアクーペ「コンチネンタル GT V8 S」をベースとした「コンチネンタル GT V8 S ムーンクラウド エディション」のコンセプトは“月夜に映えるクルマ”だ。そこでまずボディカラーはムーンビーム、月の光と呼ばれるシルバーと、もっとも黒らしい黒のオニキスのデュオトーン(ツートーン)をまとっている。ちなみに日本においては、クーペとして初めてデュオトーンを採用したモデルだという。インテリアも同様...
出力向上した新型コンチネンタルGTスピードが登場|Bentley

出力向上した新型コンチネンタルGTスピードが登場|Bentley

Bentley Continental GT Speed|ベントレー コンチネンタル GT スピード出力向上した新型コンチネンタルGTスピードが登場ベントレーは2ドアクーペ「コンチネンタルGT」のスポーティバージョン「コンチネンタル GT スピード」をアップデート。あわせて、内外装にコントラストカラーをあしらった特別な仕様「コンチネンタル GT スピードブラック エディション」を発表した。Text by WASEDA Kosaku出力向上したエンジンと、コントラストカラーの特別仕様ベントレーは、「コンチネンタル GT スピード」をアップデートするとともに、特別なカラーリングの「スピード ブラック エディション」を発表した。あたらしいコンチネンタルGTスピードは、6.0リッターW12ツインターボエンジンにチューンナップを施し、最高出力は従来型の635 psから642psSへと向上、最大トルクは20 Nmアップした840 Nmを発揮。最高速度はベントレーの市販モデルとして最速の331 ...
49 件