BMW

“キドニーグリル”と丸目四灯ヘッドライトにより、ひと目でそれとわかるフロンマスクが特徴のBMW。日本の輸入車市場においても常に高い人気を誇っているが、その名前が何を意味するのか、即座に答えられるひとは意外に少ないのではないだろうか。 Bayerische Motoren Werke(バイエリッシュ・モトーレン・ヴェルケ)。直訳すれば「バイエルン地方のエンジン工場」という意味だ。前身だったラップ社は、カール・フリードリッヒ・ラップが1913年にドイツのバイエルンに設立した航空機用エンジンのメーカーで、おなじバイエルンの機体メーカーのオットー社と組んで、ビジネスを成功に導く。1916年にはバイエリッシュ・モトーレン・ヴェルケ有限会社と改称。2年後には株式会社に組織変更するとともに、バイエルンの青い空と白い雲をイメージしたプロペラのロゴマークを登録している。 その後も革新的な技術により存在感を高めたBMWだったが、第一次世界大戦の敗戦により、航空機エンジンの製造中止を余儀なくされた。そこでBMWは、もてる技術をモーターサイクルに注ぎ、1923年にはシャフトドライブの「BMW R32」を発表して注目を浴びることに。しかし、それだけでは飽きたらず、オースチンセブンをライセンス生産するディクシー社を買収。これにより自動車ビジネスの足がかりをつかみ、1929年には「BMW3/15 PS」を発売、自動車メーカーとしての歴史をスタートさせている。 ちなみに、BMWと深い関係にあったオットー社は、ガソリンエンジンの理論を確立したニコラウス・アウグスト・オットーの実の息子であるグスタフ・オットーが創立した会社。BMWが内燃機関にこだわるのは、このあたりに理由がありそうだ。

クオリティ抜群! いまだから乗ってみたい80年代のドイツ車5選

クオリティ抜群! いまだから乗ってみたい80年代のドイツ車5選

いま、1980年代のドイツ車が人気だという。当時、青春時代にドイツ車に憧れた世代のみならず、若い層にもファンが多いという。まだコストよりも理念を大切に設計・生産されていた当時のドイツ車には、いまのクルマにはない魅力が凝縮しているからだろう。ここでは、OPENERSがお勧めする、いまこそ乗りたい80年代のドイツ車5選をお送りする。
現代芸術家 ジェフ・クーンズが手掛ける、世界99台限定のアートカーとは?|BMW

現代芸術家 ジェフ・クーンズが手掛ける、世界99台限定のアートカーとは?|BMW

ビー・エム・ダブリューは世界的な現代芸術家、ジェフ・クーンズがデザインした世界99台限定の「THE 8 X JEFF KOONS」を発表。日本では、1台のみがオークションを通じて発売され、落札額の全額はボランティア団体「メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン」に寄付される。また車両は、2022年5月28日(土)に、六本木ヒルズで展示される。
BMW、商品力をアップした8シリーズと8シリーズMモデルを発表|BMW

BMW、商品力をアップした8シリーズと8シリーズMモデルを発表|BMW

BMWは3月23日、エクステリアとインテリアを変更して商品力をアップしたラグジュアリークーペの8シリーズと、そのハイパフォーマンス版のMモデルを発表した。
大型バイクK 1600シリーズの2022年モデルを発表|BMW

大型バイクK 1600シリーズの2022年モデルを発表|BMW

ビー・エム・ダブリューは、6気筒エンジンを搭載した大型バイク「K 1600」シリーズの2022年モデルを発表。4モデルを展開し、2022年4月22日(金)にリリースする。
BMWのコンパクトクーペ「2シリーズ」が日本上陸──よりクーペらしいダイナミックな走りを実現|BMW

BMWのコンパクトクーペ「2シリーズ」が日本上陸──よりクーペらしいダイナミックな走りを実現|BMW

ビー・エム・ダブリューは、コンパクトクーペの「2シリーズ」と高性能モデルの「M240i xドライブ」を発表。販売を開始した。
BMWから第二弾となる電動バイクが登場|BMW

BMWから第二弾となる電動バイクが登場|BMW

ビー・エム・ダブリューは、電気モーターで駆動する電動スクーター「CE 04」を発表。2022年4月22日(金)に発売する。
サーキットモデル「M2 CSレーシング」の専用レースがスタート|BMW

サーキットモデル「M2 CSレーシング」の専用レースがスタート|BMW

ビー・エム・ダブリューは、サーキット専用車両「M2 CSレーシング」によるワンメイクレース「M2 CSレーシングシリーズ」を2022年4月からスタート。日本で唯一のBMWグループジャパンによるオフィシャルレースとなる。
BMW 4シリーズにBEVモデルが誕生|BMW

BMW 4シリーズにBEVモデルが誕生|BMW

ビー・エム・ダブリューは、ミドルクラスの4ドアクーペモデル「4シリーズ グランクーペ」にBEV(電気自動車)の「i4」を追加。販売を開始した。
BMW X5によりハイパワーなディーゼルモデルが登場|BMW

BMW X5によりハイパワーなディーゼルモデルが登場|BMW

ビー・エム・ダブリューは、「X5」にディーゼルエンジンを搭載した「X5 xドライブ40d」をラインアップに追加。販売を開始した。
BMW M2に試乗──繊細にチューニングされたレースカーを思わせる走りが魅力|BMW

BMW M2に試乗──繊細にチューニングされたレースカーを思わせる走りが魅力|BMW

コンパクトなボディに400ps超の3リッター ストレート6を搭載する後輪駆動マシン、BMW M2コンペティション。まさに現代二蘇った2002ターボともいえる同車に試乗。その走りやいかに?
BMW 318i ツーリングに試乗──運転する楽しみを与えてくれるという点で傑出したワゴン|BMW

BMW 318i ツーリングに試乗──運転する楽しみを与えてくれるという点で傑出したワゴン|BMW

メルセデス・ベンツCクラス、アウディA4、ボルボV60をはじめ、ヨーロッパのカーメーカーは今でも魅力的なワゴンをラインナップしている。荷物の積載力や車高が高くないがゆえの利便性や走りのよさなどが、一定のユーザーを引きつけているからだろう。そのなかでも、今回はBMW3シリーズのエントリーモデルである318i ツーリングに試乗した。
BMW M4に試乗──日常生活とサーキットをつないでくれるハイパフォーマンスモデル|BMW

BMW M4に試乗──日常生活とサーキットをつないでくれるハイパフォーマンスモデル|BMW

2020年10月にデビューし、21年1月に日本に導入されたBMWのハイパフォーマンスクーペ「M4」。サーキットがメインステージと謳われる同車に試乗した。
BMW、次世代電気自動車の「iX」を販売開始、iX3も登場|BMW

BMW、次世代電気自動車の「iX」を販売開始、iX3も登場|BMW

ビー・エム・ダブリューは11月4日、長距離走行が可能な次世代電気自動車「iX」と、既存のSUV「X3」の電気自動車バージョンとなる「iX3」を、同日から発売すると発表した。
BMW X3、X4をベースにした高性能なMモデル登場|BMW

BMW X3、X4をベースにした高性能なMモデル登場|BMW

ビー・エム・ダブリューは、ミドルサイズSUVのX3、X4をベースにした高性能なMモデルの販売を開始した。
BMW、ハンズオフ機能などを追加したマイチェン版X3 、X4を発売|BMW

BMW、ハンズオフ機能などを追加したマイチェン版X3 、X4を発売|BMW

ビー・エム・ダブリューは10月28日、マイナーチェンジしてハンズ・オフ機能などを搭載したミドルクラスSUVの「X3」と「X4」を、同日から販売を開始した。
1,003 件