BMW

“キドニーグリル”と丸目四灯ヘッドライトにより、ひと目でそれとわかるフロンマスクが特徴のBMW。日本の輸入車市場においても常に高い人気を誇っているが、その名前が何を意味するのか、即座に答えられるひとは意外に少ないのではないだろうか。 Bayerische Motoren Werke(バイエリッシュ・モトーレン・ヴェルケ)。直訳すれば「バイエルン地方のエンジン工場」という意味だ。前身だったラップ社は、カール・フリードリッヒ・ラップが1913年にドイツのバイエルンに設立した航空機用エンジンのメーカーで、おなじバイエルンの機体メーカーのオットー社と組んで、ビジネスを成功に導く。1916年にはバイエリッシュ・モトーレン・ヴェルケ有限会社と改称。2年後には株式会社に組織変更するとともに、バイエルンの青い空と白い雲をイメージしたプロペラのロゴマークを登録している。 その後も革新的な技術により存在感を高めたBMWだったが、第一次世界大戦の敗戦により、航空機エンジンの製造中止を余儀なくされた。そこでBMWは、もてる技術をモーターサイクルに注ぎ、1923年にはシャフトドライブの「BMW R32」を発表して注目を浴びることに。しかし、それだけでは飽きたらず、オースチンセブンをライセンス生産するディクシー社を買収。これにより自動車ビジネスの足がかりをつかみ、1929年には「BMW3/15 PS」を発売、自動車メーカーとしての歴史をスタートさせている。 ちなみに、BMWと深い関係にあったオットー社は、ガソリンエンジンの理論を確立したニコラウス・アウグスト・オットーの実の息子であるグスタフ・オットーが創立した会社。BMWが内燃機関にこだわるのは、このあたりに理由がありそうだ。

BMWとジャガー ランドローバー、次世代EV開発で協業|Jagar Land Rover & BMW

BMWとジャガー ランドローバー、次世代EV開発で協業|Jagar Land Rover & BMW

BMW|ビー・エム・ダブリューJaguar Land Rover|ジャガー ランドローバーBMWとジャガー ランドローバー、次世代EV開発で協業ジャガー ランドローバーとBMWは6月5日、次世代電気自動車のパワートレーンに開して、共同で開発を行うと発表した。Text by OPENERS開発速度や調達のメリットをお互いに享受次世代のEVパワーユニットの開発について、BMWとジャガー ランドローバーが協業することを明らかにした。英独にまたがる両社ではあるが、環境負荷が少なく先進的な電動化技術に対して共通のビジョンを持ち合わせており、協業が実現したという。ジャガー ランドローバーとBMWが協業するにあたり、両社があげているのが、近年急激にその重要性が高まる「ACES」、すなわち自動運転(Autonomous)、コネクティビティ(Connectivity)、電動化(Electrification)、シェアリング(Shared/Services)、への対応だ。これらへ取り組むための基本が、...
BMWの最新ロードスター Z4に試乗|BMW

BMWの最新ロードスター Z4に試乗|BMW

BMW Z4|ビー・エム・ダブリュー Z4BMWの最新ロードスター Z4に試乗2018年のペブルビーチ コンクール デレガンスでデビューし、この3月に日本でも発売された新型BMW「Z4」。初代Zシリーズたる「Z1」から数えると6代目となる同モデルに試乗した。Text & Photographs by HARA AkiraZシリーズの系譜を振り返る60年以上の歴史を持つBMWのロードスターモデル。その現代的量産モデルとして1989年に登場したのが、Zシリーズの初代モデルである「Z1」だ。縦にスライドする独創的なサイドドアが特徴で、1991年までの2年間で8,000台が生産された。BMW Z1BMW Z82代目となる「Z3」は1995年に登場。コンパクトなボディに軽量なソフトトップが組み合わされたこのモデルは世界中で大人気となり、7年間で29万7,000台が販売された。向かって左から、BMW Z1、Z3、Z8、初代Z43代目は2000年にお目見えした高級オープンモデルの「Z8」...
BMW 8シリーズにディーゼルモデルを追加|BMW

BMW 8シリーズにディーゼルモデルを追加|BMW

BMW 840d xDrive|BMW 840d xドライブBMW 840d xDrive Cabriolet|BMW 840d xドライブ カブリオレBMW 8シリーズにディーゼルモデルを追加ビー・エム・ダブリューは5月20日(月)、フラッグシップクーペ「8シリーズ」に初のディーゼルエンジンモデルを投入。「840d xDrive」と「840d xDrive カブリオレ」を追加し、販売を開始した。Text by YANAKA Tomomi低速用と高速用のシーケンシャル ツインターボを搭載昨年、約20年ぶりに復活したBMWの最上級ラグジュアリーモデル「8シリーズ」。これまでは4.4リッターV8ツインターボのガソリンエンジンのみの設定だったが、新たに初のディーゼルエンジン モデルが加えられた。ディーゼルエンジンは3.0リッター直列6気筒で、最高出力235kW(319ps)、最大トルク680Nmを発生。可変翼を採用した低速用ターボと高速用ターボをともに搭載することで、低速回転から大きなト...
新型BMW Z4が日本上陸|BMW

新型BMW Z4が日本上陸|BMW

BMW Z4|ビー・エム・ダブリュー Z4新型BMW Z4が日本上陸ビー・エム・ダブリューは3月25日(月)、2シーター オープンモデルの新型「Z4」を日本で発売した。Text by YANAKA Tomomi一回り大きくなり、低重心化したボディ昨年発表された「Z4」が日本で約2年ぶりに復活し、4代目へと進化した。ボディサイズは全長4,335×全幅1,865×全高1,303mmと、先代と比較して全長が85mm、全幅が75mm拡大し、全高15mm高くなったものの、ホイールベースは25mm短縮し、低重心化に寄与するソフトルーフトップを採用することで高い俊敏性と操縦性を実現しているとBMWでは謳う。このソフトルーフトップは低重心なシルエットに調和するため、コンパクトなデザインに仕上げられているのが特徴で、オープン、クローズ時ともに281リッターのトランク容量を確保しているほか、時速50km以下ならば走行時でも10秒で開閉可能となる。「20i」には、2.0リッター直列4気筒ターボガソリンが...
フルモデルチェンジしたBMW 3シリーズに試乗|BMW

フルモデルチェンジしたBMW 3シリーズに試乗|BMW

BMW 330i M Sport|BMW 330i MスポーツフルモデルチェンジしたBMW 3シリーズに試乗言わずと知れた世界のスポーツセダンのベンチマークであるBMW「3シリーズ」。フルモデルチェンジして7代目(G20型)に進化した新型は「プライド オブ 3」を旗印とし、先進的なデザイン、比類なきスポーツ性能、革新的な先進技術という各項目を磨き上げたという。2019年1月に発表、3月9日から販売が開始された日本仕様に試乗し、その出来栄えを確かめた。Text & Photographs by HARA Akiraまずは330iと320iから1975年に、「02シリーズ」の後継としてデビューしたBMWのコンパクトセダン「3シリーズ」。扱いやすいサイズのボディに高回転型エンジンを搭載した初代E21型は、スポーツセダンとしての地位を確立。続くE30型は、販売網の整備と日本のバブル期が重なることで国内でも人気モデルとなり、「六本木のカローラ」とまで揶揄されたことをご記憶の方も多いだ...
容量を拡大した新型バッテリー搭載のi3を発売|BMW

容量を拡大した新型バッテリー搭載のi3を発売|BMW

BMW i3|ビー・エム・ダブリュー i3BMW i3に容量を拡大した新型バッテリーを搭載ビー・エム・ダブリューは2月6日(水)、コンパクトEV「i3」のバッテリーを約30パーセント容量を拡大するなどの改良を実施。「i3新型バッテリー(120Ah)」として販売を開始した。Text by YANAKA Tomomi1回の充電で最大360km走行可能にBMWのサブ・ブランド「BMW i」のコンパクトEVとして2014年4月に発売された「i3」。新たに120Ahの新型バッテリーを搭載するなどの改良が実施された。改良された新型リチウムイオンバッテリーは約30パーセント容量を拡大。総電力は33kWhから42kWhに増加し、1回の充電走行可能距離は、新燃料消費基準であるWLTCモードで360km、さらに発電用エンジンを搭載するレンジエクステンダー装備車では466kmに達するという。「i3新型バッテリー(120Ah)」はCHAdeMO(チャデモ)方式の急速充電にも対応し、約50分で80パーセン...
第4世代を迎えた新型X5をローンチ|BMW

第4世代を迎えた新型X5をローンチ|BMW

BMW X5|ビー・エム・ダブリューX5第4世代を迎えた新型X5をローンチビー・エム・ダブリューは2月27日(水)、フルモデルチェンジした「X5」を発表。販売を開始した。Text by YANAKA Tomomi一回り大きくなったボディと直6ディーゼルの組み合わせBMWが「スポーツ アクティビティ ビークル(SAV)」と謳うX5が第4世代を迎えた。新型でも1999年に登場した初代のコンセプトを継承。しかし、サイズは先代モデルからホイールベースが40mm、全長が25mm、全幅が65mm、全高が10mm拡大。ボディサイズが全長4,935×全幅2,005×全高1,770mmにとなり、ゆとりある室内空間を実現した。また先代モデルに比べ、車両前方の骨格に高張力鋼板をより多く使用することで、強度を高めながら、約15.5kgの軽量化がかなえられている。足回りにはスチール製のサスペンションを採用。Mスポーツモデルには、Xモデルとしてはじめて4輪アダプティブ エア サスペンションが取り入れられている...
BMW 8シリーズのオープンモデル デビュー|BMW

BMW 8シリーズのオープンモデル デビュー|BMW

BMW M850i xDrive Cabriolet|BMW M850iエックスドライブ カブリオレフラッグシップ オープン「8シリーズカブリオレ」デビュービー・エム・ダブリューは2月19日、フラッグシップクーペである「8シリーズ クーペ」のオープンモデル、新型「8シリーズ カブリオレ」を発表し、同日から販売を開始するとした。Texy By HARA Akira50km/h以下なら15秒で開閉可能のソフトトップ採用BMW「8シリーズ カブリオレ」は、2018年末に日本に上陸した最上級クーペ「8シリーズ クーペ」をベースにオープン化したもので、採用した電動式のソフトトップは、時速50km/hまでならわずか15秒で開閉が可能という。その形状は、美しいボディ造形を損なわないためになめらかな流線形を描くようなデザインとし、ルーフを閉じた状態でも上質で優雅なたたずまいを演出するよう設計されている。ボディサイズは全長4,855×全幅1,900×全高1,345mm。ボディの内部構造材にカーボン素...
BMWコンパクトSUV「X2」にM35iと18dを追加|BMW

BMWコンパクトSUV「X2」にM35iと18dを追加|BMW

BMW X2 M35i|ビー・エム・ダブリューX2 M35iBMW X2 xDrive 18d M Sport X|ビー・エム・ダブリュー X2 xドライブ 18d MスポーツXBMW X2にM35iと18dを追加ビー・エム・ダブリューは1月28日、同社がSAC(スポーツ アクティビティ クーペ)と呼ぶコンパクトSUV「X2」のラインアップに、スポーティなガソリンモデル「X2 M35i」と、クリーンディーゼルモデルの「X2 xDrive 18d M Sport X」を追加し、同日から販売を開始すると発表した。Text by HARA Akira最高出力302psのM35iと最大トルク350Nmの18dBMWのコンパクトSUV「X2」に新たな2モデルが追加される。サーキット走行を想定したMモデルと、実用性の高い標準モデルの間に位置づけられるMパフォーマンスモデルとなる「X2 M35i」が搭載するのは、最高出力302ps(225kW)/6,250rpm、最大トルク450Nm/1,750...
サーキット走行性能を高めたM5コンペティション誕生|BMW

サーキット走行性能を高めたM5コンペティション誕生|BMW

BMW M5 Competition|ビー・エム・ダブリュー M5 コンペティションサーキット走行性能を高めたM5コンペティション誕生ビー・エム・ダブリューはハイパフォーマンスセダン「M5」の性能をより高めた「M5 コンペティション」を発売した。Text by YANAKA Tomomi最高出力625ps、0-100km/h加速は3.3秒を記録昨年3月に6代目として登場した現行の「M5」。ハイパフォーマンス車両を手掛けるBMW M社が開発を担当しており、4.4リッターV8ターボエンジンに加え、Mモデルのセダンで初めてM専用四輪駆動システム「M xドライブ」を搭載するなど、BMWを代表するラグジュアリースポーツセダンだ。このM5にさらにチューニングを施しサーキット走行性能を高めたのが、新たに登場した「M5 コンペティション」。エンジンはM5と同じでありながら、最高出力は25psアップの625psを発生し、0-100km/h加速は3.3秒を記録する。さらに、車高を7mm下げ、Mスポーツ...
BMWの新たなるフラッグシップクーペ「8シリーズ」に試乗|BMW

BMWの新たなるフラッグシップクーペ「8シリーズ」に試乗|BMW

BMW M850i xDrive|ビーエムダブリュー M850i xDrive“大人のクーペ”復活に期待大2017年の「コンコルソ デレガンツァ ヴィラ デステ」でコンセプトモデルがお披露目され、2018年のル マン24時間レースでプロダクトモデルが発表された、BMW「8シリーズ」。新世代のフラッグシップクーペに、モータージャーナリストの九島辰也氏が試乗した。Text by KUSHIMA TatsuyaPhotographs by BMW“大人のクーペ”というカテゴリーに復活した8シリーズ“大人のクーペ”という言い方がある。ある程度のサイズを持った2ドアクーペで、それなりの高級感も兼ね備えたものだ。かつての日本車でいえば、トヨタ「ソアラ」や日産「レパード」あたりが頭に浮かぶ。80年代に憧れられたモデルだ。輸入車でいえばジャガー「XJS」やメルセデス「SL」、後の「CL」になる「SEC」あたりもそうだろう。そうそう、キャデラック「エルドラド」なんていうモデルもあった。スーパーカーと...
925 件