BMW

“キドニーグリル”と丸目四灯ヘッドライトにより、ひと目でそれとわかるフロンマスクが特徴のBMW。日本の輸入車市場においても常に高い人気を誇っているが、その名前が何を意味するのか、即座に答えられるひとは意外に少ないのではないだろうか。 Bayerische Motoren Werke(バイエリッシュ・モトーレン・ヴェルケ)。直訳すれば「バイエルン地方のエンジン工場」という意味だ。前身だったラップ社は、カール・フリードリッヒ・ラップが1913年にドイツのバイエルンに設立した航空機用エンジンのメーカーで、おなじバイエルンの機体メーカーのオットー社と組んで、ビジネスを成功に導く。1916年にはバイエリッシュ・モトーレン・ヴェルケ有限会社と改称。2年後には株式会社に組織変更するとともに、バイエルンの青い空と白い雲をイメージしたプロペラのロゴマークを登録している。 その後も革新的な技術により存在感を高めたBMWだったが、第一次世界大戦の敗戦により、航空機エンジンの製造中止を余儀なくされた。そこでBMWは、もてる技術をモーターサイクルに注ぎ、1923年にはシャフトドライブの「BMW R32」を発表して注目を浴びることに。しかし、それだけでは飽きたらず、オースチンセブンをライセンス生産するディクシー社を買収。これにより自動車ビジネスの足がかりをつかみ、1929年には「BMW3/15 PS」を発売、自動車メーカーとしての歴史をスタートさせている。 ちなみに、BMWと深い関係にあったオットー社は、ガソリンエンジンの理論を確立したニコラウス・アウグスト・オットーの実の息子であるグスタフ・オットーが創立した会社。BMWが内燃機関にこだわるのは、このあたりに理由がありそうだ。

BMW、6月までの期間限定モデル「8シリーズ グランクーペ コレクターズエディション」を発表|BMW

BMW、6月までの期間限定モデル「8シリーズ グランクーペ コレクターズエディション」を発表|BMW

BMWジャパンは、日本の洗練された美意識と響きあう4色のボディカラーなどの特別装備を施した「8シリーズ グランクーペ コレクターズエディション」を、今年6月末までの期間限定で販売すると発表した。
世界1100台限定のM5最強のコンペティションモデルM5 CSがデビュー|BMW

世界1100台限定のM5最強のコンペティションモデルM5 CSがデビュー|BMW

ビー・エム・ダブリューは、Mハイパフォーマンスモデルの「M5」をベースに、現行モデルでもっともパワフルなエンジンを搭載し、軽量化した「M5 CS」を世界1100台限定で発表。日本ではBMWオンラインストアを通じて5台限定で発売された。
40年以上の歴史を誇るBMW製ツアラーモデルの最新型「R 1250 RT」がデビュー|BMW

40年以上の歴史を誇るBMW製ツアラーモデルの最新型「R 1250 RT」がデビュー|BMW

ビー・エム・ダブリューは、ダイナミックツアラーモデル「R 1250 RT」の新型を発表。BMWモトラッド正規ディーラーで予約注文の受付をスタートした。
クルーザーセグメントの第二弾BMW「R18 クラシック」が登場|BMW

クルーザーセグメントの第二弾BMW「R18 クラシック」が登場|BMW

ビー・エム・ダブリューは、モーターサイクルのラインナップにおけるクルーザーセグメントの新たなモデル「R18 クラシック」の予約受付をBMWモトラッドで開始した。
BMWモトラッドのヘリテイジモデル「Rナインティー」に新型モデルが誕生|BMW

BMWモトラッドのヘリテイジモデル「Rナインティー」に新型モデルが誕生|BMW

ビー・エム・ダブリューは、BMWモトラッドのヘリテイジ・セグメントに新型の「Rナインティー」を導入。予約の受付を開始した。
新型BMW3シリーズのベーシックモデル「318i」に試乗|BMW

新型BMW3シリーズのベーシックモデル「318i」に試乗|BMW

2019年にフルモデルチェンジを受け7代目へと進化したBMWの屋台骨ともいえるミディアムセダン「3シリーズ」。同モデルのエントリーグレードとして500万円を切る価格で2020年8月に発売された318iに、モータージャーナリストの小川フミオ氏が試乗した。
BMW4シリーズカブリオレに走行性能を高めたMモデルが誕生|BMW

BMW4シリーズカブリオレに走行性能を高めたMモデルが誕生|BMW

ビー・エム・ダブリューは、「4シリーズカブリオレ」をベースにしたMモデル「M440i xドライブ カブリオレ」を発売した。
トータルに素晴らしくよく出来たクルマ──BMW M440i xDriveクーペに試乗|BMW

トータルに素晴らしくよく出来たクルマ──BMW M440i xDriveクーペに試乗|BMW

2020年6月にフルモデルチェンジを受け、同10月に日本に導入された2代目「4シリーズ」。流れるような美しいボディに伝統のストレート6を搭載したM440i xDrive Coupeに箱根で試乗した。
BMW、Mハイパフォーマンスモデルの「M3」「M4」を発売|BMW

BMW、Mハイパフォーマンスモデルの「M3」「M4」を発売|BMW

ビー・エム・ダブリューは、サーキットでの運動性能を極限まで高めたMハイ・パフォーマンスモデルの「M3」と「M4」の販売を開始した。
BMW、バイク初のMモデル「M 1000 RR」を発売|BMW

BMW、バイク初のMモデル「M 1000 RR」を発売|BMW

ビー・エム・ダブリューは、バイク初となるMモデル「M1000 RR」の予約受注を2021年2月1日(月)から開始すると発表した。
40周年を迎えたGSモデルの新型「R 1250 GS」「R 1250 GSアドベンチャー」がデビュー|BMW

40周年を迎えたGSモデルの新型「R 1250 GS」「R 1250 GSアドベンチャー」がデビュー|BMW

ビー・エム・ダブリューは、ツーリングエンデューロモデルのバイク「R 1250 GS」と「R 1250 GSアドベンチャー」を発表。2021年1月15日(金)から販売を開始した。
歌舞伎俳優 中村獅童×開化堂 八木隆裕が語る、BMW M5とM550i、似て非なる個性とパフォーマンス|BMW

歌舞伎俳優 中村獅童×開化堂 八木隆裕が語る、BMW M5とM550i、似て非なる個性とパフォーマンス|BMW

当代きっての歌舞伎俳優である中村獅童さんと、京都の茶筒工房「開化堂」6代目の八木隆裕さん。伝統の世界で熟練の域に達しつつも、研ぎ澄まされた感性で革新をつづけ、新たなる価値を創造する2人が、熟練の技と最先端テクノロジー、そして研ぎ澄まされた感性により生み出された最新のBMW Mモデルを味合う特集の後編。今回は“公道も走れる究極のレーシングスポーツカー”と謳われるM5と、“サーキットも走れる究極のスポーツカー”であるM550i xDriveをドライブした。
BMW M4コンペティションにNY発のライフスタイルブランドKITHとコラボレーションした全世界150台の限定モデル|BMW

BMW M4コンペティションにNY発のライフスタイルブランドKITHとコラボレーションした全世界150台の限定モデル|BMW

ビー・エム・ダブリューは、「M4」の高性能版「M4コンペティション」にニューヨークのライフスタイルブランド「KITH(キス)」とコラボレートした「M4コンペティション×キス」を全世界150台限定で発表。受注を開始した。
ビー・エム・ダブリュー、2代目4シリーズを発表|BMW

ビー・エム・ダブリュー、2代目4シリーズを発表|BMW

ビー・エム・ダブリューは、「4シリーズクーペ」をフルモデルチェンジ。新型とともに、4シリーズをベースにしたMパフォーマンスモデル「M440i xドライブ」も発表した。
BMW、新型M3セダンとM4クーペを発表|BMW

BMW、新型M3セダンとM4クーペを発表|BMW

ビー・エム・ダブリューは新型「M3セダン」、「M4クーペ」と、その高性能版の「コンペティション」を発表した。
985 件