BMW

“キドニーグリル”と丸目四灯ヘッドライトにより、ひと目でそれとわかるフロンマスクが特徴のBMW。日本の輸入車市場においても常に高い人気を誇っているが、その名前が何を意味するのか、即座に答えられるひとは意外に少ないのではないだろうか。 Bayerische Motoren Werke(バイエリッシュ・モトーレン・ヴェルケ)。直訳すれば「バイエルン地方のエンジン工場」という意味だ。前身だったラップ社は、カール・フリードリッヒ・ラップが1913年にドイツのバイエルンに設立した航空機用エンジンのメーカーで、おなじバイエルンの機体メーカーのオットー社と組んで、ビジネスを成功に導く。1916年にはバイエリッシュ・モトーレン・ヴェルケ有限会社と改称。2年後には株式会社に組織変更するとともに、バイエルンの青い空と白い雲をイメージしたプロペラのロゴマークを登録している。 その後も革新的な技術により存在感を高めたBMWだったが、第一次世界大戦の敗戦により、航空機エンジンの製造中止を余儀なくされた。そこでBMWは、もてる技術をモーターサイクルに注ぎ、1923年にはシャフトドライブの「BMW R32」を発表して注目を浴びることに。しかし、それだけでは飽きたらず、オースチンセブンをライセンス生産するディクシー社を買収。これにより自動車ビジネスの足がかりをつかみ、1929年には「BMW3/15 PS」を発売、自動車メーカーとしての歴史をスタートさせている。 ちなみに、BMWと深い関係にあったオットー社は、ガソリンエンジンの理論を確立したニコラウス・アウグスト・オットーの実の息子であるグスタフ・オットーが創立した会社。BMWが内燃機関にこだわるのは、このあたりに理由がありそうだ。

SDG’Sの時代のクルマ選び──サステイナブルにクルマに乗る、とは今後どういうことなのか?

SDG’Sの時代のクルマ選び──サステイナブルにクルマに乗る、とは今後どういうことなのか?

地球温暖化に対する早急な対策が世界的な課題となり、温室効果ガス排出量に対する欧米を中心とした規制が厳しさを増す昨今。EVやPHV、ハイブリッド車など、環境への負荷の少ないクルマへシフトする動きがますます顕著化している。そんな時代において、クルマ好きとしてどんなクルマに乗るべきなのだろうか。自動車ライターの南陽一浩氏が解説する。
BMW X2に2リッタークリーンディーゼル搭載モデルを追加設定|BMW

BMW X2に2リッタークリーンディーゼル搭載モデルを追加設定|BMW

ビー・エム・ダブリューは6月8日、コンパクトクラスSAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)のBMW 「X2」に、2リッタークリーンディーセルエンジンを搭載したBMW「 X2 xDrive20d」を追加設定し、同日から販売を開始した。
BMW X4に2.0Lディーゼルエンジン搭載モデルの「XDrive20d」を追加|BMW

BMW X4に2.0Lディーゼルエンジン搭載モデルの「XDrive20d」を追加|BMW

BMWジャパンはミドルサイズのクロスオーバーモデル「X4」に、2.0リッター直列4気筒クリーンディーゼルエンジを搭載した「XDrive20d」を追加設定し、同日から販売を開始した。
次世代車普及のため「Joy+ クリーン・エネルギー・プロジェクト」を始動|BMW

次世代車普及のため「Joy+ クリーン・エネルギー・プロジェクト」を始動|BMW

ビー・エム・ダブリューは、地球環境保護に向けた次世代車普及のため、「Joy+(ジョイプラス)クリーン・エネルギー・プロジェクト」をスタートさせた。
BMWから「陽は、また登る」をコンセプトにした限定車「Edition Sunrise」が登場|BMW

BMWから「陽は、また登る」をコンセプトにした限定車「Edition Sunrise」が登場|BMW

ビー・エム・ダブリュー株式会社は、「陽は、また登る」をコンセプトに、太陽をデザインに纏った限定モデル「Edition Sunrise(エディション サンライズ)」をBMW 「X2」「3シリーズ」「Z4」に設定し、受注を開始した。
BMWがマイナーチェンジした新型5シリーズを発表|BMW

BMWがマイナーチェンジした新型5シリーズを発表|BMW

BMWは5月27日、マイナーチェンジしたミドルクラスの5シリーズを発表した。バリエーションはセダンとツーリング。パワートレインはプラグイン・ハイブリッドのほか、48Vマイルド・ハイブリッド・システムを備えた4気筒と6気筒のガソリンとディーゼルエンジン、V8ガソリンエンジンと多彩な組み合わせとなっている。市場導入は今年7月を予定している。
いま乗ってみたい、BMWのクラシックス10選|BMW

いま乗ってみたい、BMWのクラシックス10選|BMW

BMW(Bayerische Motoren Werke=バイエルンのエンジン製造会社)という社名が意味するように、BMW車の魅力は、何といってもエンジンにあるといえるだろう。絹のようになめらかと形容されたストレート6のみならず、直列4気筒でもV8でも、BMWの手掛けたパワーユニットは他にはない魅力をもっている。ここでは、BMWのエンジンの魅力は特に旧いモデルに感じられるというモータージャーナリストの小川フミオ氏が、いま乗ってみたいと思うBMWのクラシックスベスト10台を紹介する。
BMWが史上最強のボクサーエンジンを搭載した新型R18発表|BMW

BMWが史上最強のボクサーエンジンを搭載した新型R18発表|BMW

ビー・エム・ダブリューは5月14日、クラシックなデザインと現代的なテクノロジーを組み合わせたクルーザーセグメントの旗艦モデル「R18」を、BMWモトラッドで同日から受注を開始すると発表した。納車は2020年第4四半期以降になる予定。
BMW、最上級クーペモデルの8シリーズに、3リッター直列6気筒ガソリンモデルを追加|BMW

BMW、最上級クーペモデルの8シリーズに、3リッター直列6気筒ガソリンモデルを追加|BMW

ビー・エム・ダブリューは、最上級クーペモデルの8シリーズに3.0リッターツインターボガソリンエンジンを搭載した「840i」と「840iカブリオレ」を新たに設定し、販売を開始した。
いま乗ってみたい、ターボエンジンの名車13選|Turbo

いま乗ってみたい、ターボエンジンの名車13選|Turbo

エコカーからスーパーカーまで、ターボエンジンが当たり前の存在になって久しい。しかし、車名に「ターボ」の名を戴くだけで、クルマ好きがワクワクさせられた時代もあった。ここでは、そんなターボが輝ける存在だったころの名車を厳選して紹介する。
FUTURA2000とコラボレートした日本で10台限定のBMW M2特別仕様車が発売|BMW

FUTURA2000とコラボレートした日本で10台限定のBMW M2特別仕様車が発売|BMW

ビー・エム・ダブリューは、コンパクトスポーツクーペ「M2コンペティション」と世界的な現代アーティストFUTURA2000がコラボレーションした限定車「M2 エディション デザインド バイ フューチュラ2000」を世界500台限定で生産。日本では10台限定で発売された。
BMWがX3史上初のPHVモデルを発売|BMW

BMWがX3史上初のPHVモデルを発売|BMW

ビー・エム・ダブリューは4月9日(木)、ミドルクラスSUV「X3」のラインアップに、同モデル史上初となるPHV(プラグインハイブリッド)モデル「BMW X3 xDrive30e(エックスドライブ・サンマル・イー)」を追加し、同日から販売を開始したと発表した。
主戦場はサーキット──BMW M2 CSが60台限定で登場|BMW

主戦場はサーキット──BMW M2 CSが60台限定で登場|BMW

ビー・エム・ダブリューはコンパクトスポーツモデル「M2 CS」を60台限定で発表。ただし、すでに60台が完売しているという。
新型1シリーズに新開発のディーゼルターボモデルを追加|BMW

新型1シリーズに新開発のディーゼルターボモデルを追加|BMW

ビー・エム・ダブリューは、1シリーズのラインアップにディーゼルエンジンモデルの「118d」を追加。販売を開始した。
BMW X5と X6のハイエンドモデル「Mコンペティション」がデビュー|BMW

BMW X5と X6のハイエンドモデル「Mコンペティション」がデビュー|BMW

ビー・エム・ダブリューは、「X5」と「X6」のMハイパフォーマンスモデル「M コンペティション」を発表。受注を開始した。
959 件