フルモデルチェンジしたBMW 3シリーズに試乗|BMW

フルモデルチェンジしたBMW 3シリーズに試乗|BMW

BMW 330i M Sport|BMW 330i MスポーツフルモデルチェンジしたBMW 3シリーズに試乗言わずと知れた世界のスポーツセダンのベンチマークであるBMW「3シリーズ」。フルモデルチェンジして7代目(G20型)に進化した新型は「プライド オブ 3」を旗印とし、先進的なデザイン、比類なきスポーツ性能、革新的な先進技術という各項目を磨き上げたという。2019年1月に発表、3月9日から販売が開始された日本仕様に試乗し、その出来栄えを確かめた。Text & Photographs by HARA Akiraまずは330iと320iから1975年に、「02シリーズ」の後継としてデビューしたBMWのコンパクトセダン「3シリーズ」。扱いやすいサイズのボディに高回転型エンジンを搭載した初代E21型は、スポーツセダンとしての地位を確立。続くE30型は、販売網の整備と日本のバブル期が重なることで国内でも人気モデルとなり、「六本木のカローラ」とまで揶揄されたことをご記憶の方も多いだ...
3シリーズに限定モデル「Mスポーツ エディションシャドー」登場|BMW

3シリーズに限定モデル「Mスポーツ エディションシャドー」登場|BMW

BMW 3 Series Sedan Edition Shadow|BMW 3シリーズ セダン エディションシャドーBMW 3 Series Touring Edition Shadow|BMW 3シリーズ ツーリング エディションシャドー3シリーズに限定モデル「Mスポーツ エディションシャドー」登場ビー・エム・ダブリューは、「3シリーズ セダン」「3シリーズ ツーリング」各モデルに、スポーティなスタイルと走りを磨いた限定モデル「Mスポーツ エディションシャドー」を1,300台限定で設定。8月28日から受注受付を開始し、10月初旬から納車すると発表した。Text by OPENERSサンセットオレンジの専用ボディカラー「Mスポーツ エディションシャドー」のベースとなるのは、1.5リッター3気筒エンジンの「318i」、2.0リッター4気筒の「320i」とその4WDモデル「320i xDrive」、さらに2.0リッター4気筒ディーゼルの「320d Mスポーツ」で、セダンおよびワゴンボデ...
クラシカルなインテリアを演出する3シリーズの限定モデル|BMW

クラシカルなインテリアを演出する3シリーズの限定モデル|BMW

BMW 318i Classic|BMW 318iクラシッククラシカルなインテリアを演出する3シリーズの限定モデルビー・エム・ダブリューはコンパクトセダン「3シリーズ」にクラシックなインテリアを演出した限定車「318iクラシック」を200台限定で設定し、発売した。Text by YANAKA Tomomi1.5リッター3気筒エンジンを搭載昨年、日本に上陸した3シリーズのエントリーモデルで、1.5リッター3気筒ツインターボガソリンエンジンの「318i」に限定車が登場した。エンジンスペックは最高出力100kW(136ps)、最大トルク220Nm(22.4kgm)を発生。8段ATを介して後輪を駆動する。今回の限定車では、専用装備としてサテン アルミニウム ウィンドウ モールディングと、足元には17インチ ダブルスポーク スタイリング 395 アロイホイールを装着。エレガントな雰囲気が演出された。インテリアでも専用カラーのベネト ベージュのシートとアンソラジット ウッド トリムのコンビネー...
3シリーズグランツーリスモにディーゼルモデルを追加|BMW

3シリーズグランツーリスモにディーゼルモデルを追加|BMW

BMW 320d Gran Turismo|BMW 320d グランツーリスモBMW 320d Gran Turismo xDrive|BMW 320d グランツーリスモ xドライブ3シリーズグランツーリスモにディーゼルモデルを追加ビー・エム・ダブリューは「3シリーズ グランツーリスモ」にディーゼルエンジンモデルを追加。「320d グランツーリスモ」と四輪駆動の「320d グランツーリスモ xドライブ」の2モデルを発表し、販売を開始した。Text by YANAKA Tomomi四輪駆動モデルも設定昨年9月に日本に上陸した「3シリーズ グランツーリスモ」にクリーン ディーゼル モデルが登場した。今回、新たにラインアップに加わった2モデルには、アルミニウム合金製クランクケースを採用した2.0リッター直列4気筒ディーゼルエンジンを搭載。最高出力は140kW(190ps)、最大トルクは400Nm(40.8kgm)を発生するいっぽう、JC08モード燃費は19.4km/ℓと低燃費を実現した。...
M3とM4に走行性能を高めたコンペティションを新設定|BMW

M3とM4に走行性能を高めたコンペティションを新設定|BMW

BMW M3|BMW M3BMW M3 Competition|BMW M3コンペティションBMW M4|BMW M4BMW M4 Competition|BMW M4コンペティションM3とM4に走行性能を高めたコンペティションを新設定ビー・エム・ダブリューは5月9日(火)、ハイパフォーマンスモデル「M3」と「M4」のマイナーチェンジを実施。さらに、走行性能を高めた「コンペティション」を設定し、販売を開始した。Text by YANAKA Tomomiフェイスリフトも実施1986年に誕生し、現在5代目を迎えた「M3」。「M4」は4代目の「M3クーペ」の後継として2013年に登場している。今回のマイナーチェンジではフェイスリフトを中心に敢行。デイタイムライニングライト機能がついたアダプティブLEDヘッドライトを採用し、リアでもLEDテールライトが取り入れられた。足元には19インチのアロイホイールが新たにくわえられた。インテリアでは、カーボンファイバートリムや新サラウンドサウンドシステ...
1・5リッター3気筒を搭載する新型BMW 318iに試乗|BMW

1・5リッター3気筒を搭載する新型BMW 318iに試乗|BMW

BMW 318i|ビー・エム・ダブリュー 318i1.5リッター3気筒を搭載する新型BMW 318iに試乗コストパフォーマンスで選ぶなら318iスポーティなセダン(ワゴンも)として名高いBMW「3シリーズ」に、1.5リッター3気筒ターボユニットを搭載モデルが追加された。走りと環境性能を両立させていると謳われる同車は、はたしていかなるクルマなのか。Text by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki期待に応える気持ちのいい走りエンジン排気量を小さくする。気筒数を減らす。いわゆるダウンサイジングは定着した感があるが、今回はかなり驚いた。BMWが3シリーズに1.5リッター3気筒エンジンを載せてしまったからだ。3シリーズというと従来は比較的高い出力で走りが楽しめるスポーティセダンというイメージがあった。ゆえに1.5リッターで大丈夫なのかな?と興味半分、(ファンとしては)不安半分である。他社でもフォルクスワーゲンはサイズがほぼ同じ(というか全長...
新世代エンジンを搭載した3シリーズ グランツーリスモ|BMW

新世代エンジンを搭載した3シリーズ グランツーリスモ|BMW

BMW 3 Series Gran Tourismo|ビー・エム・ダブリュー 3シリーズ グランツーリスモ新世代エンジンを搭載した3シリーズ グランツーリスモBMWは9月26日、新型「3シリーズグランツーリスモ」を発表。10月1日(土)より販売を開始する。Text by YANAKA Tomomiエンジンスペックは変わらぬまま燃費を向上2013年に「3シリーズ」に仲間入りしたグランツーリスモ。セダンよりも一回り大きいサイズと、最大1,600リッターまで拡大可能のラゲッジなど広い室内空間を誇り、クーペのようなフォルムが特徴だ。今回の改良では、エントリーモデルとなる「320i」に、BMWグループの新世代モジュラーエンジンを採用。2.0リッター直列4気筒ガソリンエンジンは最高出力135kW(184ps)、最大トルク270Nm(27.5kgm)と前モデルとスペックは変わらぬものの、JC08モード燃費は15.4km/ℓと省燃費化を実現した。トランスミッションは8段ATとなる。エクステリアは、...
1.5リッター3気筒エンジンの3シリーズを導入|BMW

1.5リッター3気筒エンジンの3シリーズを導入|BMW

BMW 318i Sedan|ビー・エム・ダブリュー318i セダンBMW 318i Touring|ビー・エム・ダブリュー318i ツーリング1.5リッター3気筒エンジンの3シリーズを導入BMWは9月26日、「3シリーズ」のエントリーモデルとなる「318iセダン」と「318iツーリング」を10月1日(土)より販売すると発表した。Text by YANAKA TomomiLEDヘッドライトや安全装備などは標準で搭載これまでガソリンエンジンをはじめ、プラグインハイブリッドやクリーンディーゼルなどを展開してきた現行「3シリーズ」ではじめての3気筒モデルとなる「318i」。パワートレーンはBMW新世代モジュールの、1.5リッター直列3気筒ツインパワー ターボエンジンを搭載する。エンジンスペックは最高出力100kW(136ps)、最大トルク220Nm(22.4kgm)を発生。トランスミッションは8段ATを組み合わせ、318iセダンのJC08モード燃費は17.2km/ℓを記録する。装備面では...
BMWのエンブレムを象徴するカラーを施した3シリーズPHEVの特別限定車|BMW

BMWのエンブレムを象徴するカラーを施した3シリーズPHEVの特別限定車|BMW

BMW 330e Celebration Edition|BMW 330eセレブレーションエディションBMWのエンブレムを象徴するカラーを施した3シリーズPHEVの特別限定車ビー・エム・ダブリューは31日、「3シリーズ セダン」のプラグインハイブリッドモデルをベースにした限定モデル「330eセレブレーションエディション」を設定。100台限定で7月9日(土)より販売すると発表した。Text by YANAKA Tomomiインディビジュアル プログラムで特別な内外装を演出「330e セレブレーションエディション」はBMWの創立100周年を記念した特別限定車の第8弾として登場。ベースとなる330eは、最高出力135kW(184ps)、最大トルク270Nm(27.5kgm)を発揮する2.0リッター4気筒ターボエンジンと65kW(88ps)、250Nmを発生する電気モーターのプラグインハイブリッドに8段ATの組み合わせとなる。今回の限定車では、BMWのエンブレムであるブルーとホワイトの世界...
Why not? なぜセダンに乗らなくちゃいけないのか

Why not? なぜセダンに乗らなくちゃいけないのか

BMW 340i|ビー・エム・ダブリュー 340iMercedes-Benz C350e|メルセデス・ベンツ C 350 eMaserati Ghibli S Q4|マセラティ・ギブリS Q4Why not? なぜセダンに乗らなくちゃいけないのか充実する輸入車のラインナップのなかで、小川フミオ氏が“自分好みの選択をしよう”と提案する「Why not?」。第2段はオーソドックスな形態ながら、エコ、スポーティ、ラグジュアリーなどさまざまに個性豊かなラインナップが揃うセダンたちだ。Why not? なぜスポーツカーに乗らなくちゃいけないのかText by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki限りなくスポーツカー的なセダンなぜアウディA4 2.0TFSIクワトロじゃいけないのか ―― BMW340iシルキーシックス。かつてBMWの作る直列6気筒エンジンはこう呼ばれていた。絹の手触りを連想するぐらいスムーズな回転マナーを持つと言われていたのだ。...
BMW、プラグインハイブリッド2車種を発表|BMW

BMW、プラグインハイブリッド2車種を発表|BMW

BMW 225xe Active Tourer|ビー・エム・ダブリュー 225xe アクティブツアラーBMW 330e|ビー・エム・ダブリュー 330eBMW、プラグインハイブリッド2車種を発表BMWは26日、プラグインハイブリッドモデルの「330e」と「225xe」の2車種の受注を開始。さらに、本年中にフラッグシップモデルである7シリーズにもプラグインモデルを投入すると発表した。Text by YANAKA Tomomi3シリーズは500万円台から購入可能今回BMWがプラグインハイブリッドモデルを発表したのは、セダンの「330e」と、ハッチバック「225xe」の2車種。昨年発売された「X5 xDrive40e」、さらにサブブランドBMW iから発売されている「i8」もあわせると、プラグイン ハイブリッドモデルは4車種のラインナップとなる。パワートレインは「3シリーズ セダン」ベースの「330e」が2.0リッター直列4気筒DOHCターボエンジンと電気モーターの取り合わせとなっており...
3シリーズのディーゼルエンジンを刷新|BMW

3シリーズのディーゼルエンジンを刷新|BMW

BMW 320d Sedan|ビー・エム・ダブリュー320d セダンBMW 320d Touring|ビー・エム・ダブリュー320d ツーリングBMW 320d Celebration Edition“Style Edge”|BMW 320d セレブレーション・エディション“スタイル・エッジ”3シリーズのディーゼルエンジンを刷新BMWは5月19日(木)、ディーゼルモデル「320d」のエンジンを刷新したと発表。5月28日(土)より販売を開始する。Text by YANAKA Tomomi取得税や初年度の自動車税が100パーセント免税に昨年9月の「3シリーズ」を皮切りに、「4シリーズ」などでも行われているエンジンの刷新。その波はディーゼルエンジンにもおよび、今回「320d」も新世代エンジンへと切り替えられた。新世代のディーゼルエンジンは2リッター直列4気筒ユニット。新たにアルミニウム合金製のクランクケースを採用するとともに、最新のコモンレール ダイレクト インジェクションシステムと可変...
東京モーターショー 2015 リポート|BMW

東京モーターショー 2015 リポート|BMW

BMW|ビー・エム・ダブリュー東京モーターショー 2015 リポート「7」や「M」とともに、PHEVやEVも推進するBMW先ごろ国内発表したばかりの新型「7シリーズ」と、ワールドプレミアとなるハイパフォーマンスモデル「M4 GTS」を主役に据えるBMW。もちろんそれだけではなく、持続可能な自動車社会への提案としてのプラグインハイブリッドやサブブランド「i」、そしてモータースポーツの「M」などテーマにわけて展示をおこなっている。Text by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayukiラグジュアリーの頂点と、スポーティの極み豪華で、スポーティ。BMWブースの目玉は、フルモデルチェンジを受けたフラッグシップの新型「7シリーズ」と2015年東京モーターショーで世界初公開となる、ウルトラスポーティな「M4 GTS」だ。隣にはボディが大型化してプレミアムコンパクトに“成長”した新型「MINI クラブマン」も並び、クルマ好きには楽しい内容だ。従来型とサ...
あたらしい3シリーズ、国内販売開始|BMW

あたらしい3シリーズ、国内販売開始|BMW

BMW 3 series sedan|ビー・エム・ダブリュー 3シリーズ セダンBMW 3 series touring|ビー・エム・ダブリュー 3シリーズ ツーリングBMW M3|ビー・エム・ダブリュー M3あたらしい3シリーズ、国内販売開始ビー・エム・ダブリューは5月に本国でフェイスリフトしたばかりの新型「3シリーズ」を発表。9月12日(土)より全国で販売を開始する。Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)340iにはBMWグループ最新の直6エンジンを搭載5月に本国で発表されたあらたなBMW「3シリーズ」が、はやくも日本での発売を開始する。新型3シリーズでのおおきな変更点のひとつが、LEDヘッドライトのデザインがかわったこと。BMWらしい丸目4灯をそなえるも、完全な円形ではなく上下がカットされたかたちになった。また、内側の半円からキドニーグリルに伸びるラインを追加し、現行型にフルモデルチェンジしたさいに“繋がった”グリルとヘッドライトの一体感が、...
BMW 3シリーズがマイナーチェンジ|BMW

BMW 3シリーズがマイナーチェンジ|BMW

BMW 3 Series|ビー・エム・ダブリュー 3シリーズBMW M3|ビー・エム・ダブリュー M33シリーズ初の3気筒モデルをラインナップBMW 3シリーズがマイナーチェンジBMWは先日、欧州にて「3シリーズ」のマイナーチェンジモデルを発表した。注目は3シリーズ初となる3気筒モデルやプラグインハイブリッドモデルの追加ラインナップ。低燃費に注力したクリーンディーゼルエンジン搭載車「320dエフィシェントダイナミクス エディション」の燃費効率をさらに向上するなど、環境性能のアップデイトを中心におこなわれている。Text by SAKURAI Kenichi登場から40周年。1,400万台余りを販売BMW「3シリーズ」は、1975年に初代モデルが登場。以来40年にわたってBMWの屋台骨を支えてきた中核モデルである。これまで全世界のユーザーに届けられた3シリーズは1,400万台以上、総生産台数の約25パーセントを占めるのだという。BMWは3シリーズセダンとツーリングを「BMWブランドで...
61 件