メルセデス「Cクラス セダン」にPHEVモデルを投入|Mercedes-Benz

メルセデス「Cクラス セダン」にPHEVモデルを投入|Mercedes-Benz

メルセデス・ベンツ日本は9月2日(月)、「Cクラス」にプラグイン ハイブリッド(PHEV)セダン「C 350 e アバンギャルド」を発表し、販売を開始した。同時にCクラス全体でも一部変更を行うとともに、セダンとステーションワゴンに特別仕様車「ローレウス エディション」を追加した。
ボルボV60 PHEVモデルにベースグレードを追加|Volvo

ボルボV60 PHEVモデルにベースグレードを追加|Volvo

ボルボ・カー・ジャパンは、ミッドサイズ ステーションワゴン「V60」のプラグイン ハイブリッドモデル(PHEV)「T6 ツインエンジンAWD」にベースグレード「モメンタム」を追加するとともに一部仕様と価格を変更し、販売を開始した。
ポルシェ新型「カイエン Eハイブリッド」の予約受注を開始|Porsche

ポルシェ新型「カイエン Eハイブリッド」の予約受注を開始|Porsche

Porsche Cayenne E Hybrid |ポルシェ カイエン E ハイブリッドポルシェ「カイエン E ハイブリッド」の予約受注を開始ポルシェ ジャパンは6月7日、第3世代に進化したSUV「カイエン」に新たに追加されたプラグイン ハイブリッドモデル(PHEV)「カイエン Eハイブリッド」の予約受注を開始するとともに、1,216万円という車両本体価格を発表した。Text by HARA Akira0-100km/h加速タイムはわずか5.0秒ポルシェ新型「カイエン」にプラグイン ハイブリッドモデル「カイエン E ハイブリッド」が追加されるカイエン Eハイブリッドのパワートレインは、先代に比べて5kW/7ps上回る250kW/360psを発生する3.0リッターV6エンジンと、43パーセント上回る100W/136psを発生するモーターの組み合わせ。システム合計では、先代を34kW/46ps上回る340kW/462psという最高出力を発生する。また、アイドリングをわずかに超える回転数...
フェラーリ初のハイブリッド「SF90ストラダーレ」登場|Ferrari

フェラーリ初のハイブリッド「SF90ストラダーレ」登場|Ferrari

Ferrari SF90 Stradale|フェラーリSF90ストラダーレ1,000馬力を発生するフェラーリ初のPHEV「SF90ストラダーレ」フェラーリは5月30日、1,000psを発生する同社初の市販PHEVスーパーカー「SF90ストラダーレ」を発表した。Text by HARA Akira最高速度340km/h、0-100km/h加速2.5秒の3モーター式PHEVスクーデリア フェラーリ創立90周年を意味する「SF90」を車名とした今回の新型モデルが搭載するパワートレインは、フェラーリ8気筒シリーズ最強となる最高出力780ps/7,500rpm、最大トルク800Nm/6,000rpmを発生する3,990ccの90度V8ターボエンジンと、合計220psを発生する3基のエレクトリックモーターの組み合わせ。そのうち2基はフロントアクスルに搭載されて左右の前輪を駆動し、残る1基はエンジンと新型8段デュアルクラッチトランスミッションの間に搭載されて後輪を駆動するという4WDシステムとな...
プリウスPHVにブラッシュアップを実施|Toyota

プリウスPHVにブラッシュアップを実施|Toyota

Toyota Prius PHV|トヨタ プリウス PHV定員を5人乗りにするなどのブラッシュアップを実施トヨタ自動車は、プラグインハイブリッドの「プリウスPHV」に、定員を5人に増員するなどの一部改良を実施した。Text by YANAKA Tomomi駆動用バッテリーの電気を住宅に供給する仕組みも装備トヨタ「プリウスPHV」がブラッシュアップされ、これまでの4人乗りから5人乗りへと変更された。また、車載バッテリーに蓄えた電気を住宅に供給する仕組み「V2H」も備え、災害などの停電時でも蓄電池としての役割を担えるようになったという。具体的には、急速充電インレットに外部給電機能(V2H)をオプション設定し、別売りのV2H機器に接続することで、プリウスPHVの駆動用バッテリーに蓄えた電力を家庭用電力として使用することが可能だという。同時に、住宅の太陽光発電などで生じた余剰電力を車両の駆動用バッテリーに蓄電することもでき、電力需要の平準化にも効果が期待される。このほかにも、安全装備を充実...
ポルシェ カイエンにPHVモデル登場|Porsche

ポルシェ カイエンにPHVモデル登場|Porsche

Porsche Cayenne E Hybrid|ポルシェ カイエンEハイブリッドポルシェ カイエンにPHVモデル登場ポルシェAGは5月7日、新型「カイエン」のプラグインハイブリッド(PHV)モデル「カイエンEハイブリッド」を発表した。Text by HARA Akira462psを発生するPHV新型「カイエン Eハイブリッド」のパワートレインは、250kW/340psを発生する3.0リッターV6エンジンと、100kW/136psを発生するモーターの組み合わせ。システム最高出力は340kW/462psとなり、アイドリングをわずかに超える回転数で700Nmの最大トルクを供給する。2014年にデビューした先代「カイエンS E-ハイブリッド」に比べてエンジンで5kW/7ps、モーターで43パーセント出力を増し、合計で34kW/46ps上回るシステム最高出力により、0-100km/h加速5.0秒、最高速度253km/h(スポーツクロノパッケージ)を実現するという。先代モデルの10.8kWh...
Sクラスにプラグインハイブリッドモデルを追加|Mercedes-Benz

Sクラスにプラグインハイブリッドモデルを追加|Mercedes-Benz

Mercedes-Benz S 560 e Long|メルセデス・ベンツ S 560 eロングSクラスにプラグインハイブリッドモデルが追加メルセデス・ベンツ日本は12月13日、最高級セダン「Sクラス」のラインナップに、EQ POWER(プラグインハイブリッド)モデルの「S560 e ロング」を追加設定し、同日から販売を開始した。Text by HARA Akiraエンジンとモーターの出力を向上したプラグインハイブリッドメルセデス・ベンツ「Sクラス」は、言わずと知れたメルセデスのフラッグシップセダン。今回追加された「S 560 eロング」は、前モデルとなる「S 550 eロング」に比べてエンジンとモーターの出力を向上し、リチウムイオンバッテリーの蓄電容量を大幅に増加させたプラグインハイブリッドモデルとなる。搭載する3.0リッターV型6気筒直噴ツインターボの「M276」エンジンは、最高出力270kW(376ps)、最大トルク500Nmとエンジン単体でも十分なパワーを発生。これに最高出力...
ホンダが新型プラグインハイブリッド「クラリティPHEV」発売|Honda

ホンダが新型プラグインハイブリッド「クラリティPHEV」発売|Honda

Honda Clarity PHEV|ホンダ クラリティPHEVホンダが新型プラグインハイブリッド「クラリティPHEV」発売ホンダは「CLARITY(クラリティ)」シリーズに、プラグインハイブリッドモデル「CLARITY PHEV」を新たに追加し、7月20日に発売した。Text by HARA Akira2030年をめどに、販売台数の3分の2を電動化クラリティシリーズは、ホンダが電動車の普及を見据えて開発した上級セダンで、グローバルではすでにFCV、EV、PHEVの3つのモデルをラインアップしている。まったく異なるパワートレーンを同一のプラットフォームに載せ、エクステリアもインテリアも基本的に共通化するという「3in1コンセプト」により、地域のエネルギー事情や個人のライフスタイルに合わせてパワートレーンを選択できる。これによって環境志向のユーザーの裾野を広げることが、新しいクラリティシリーズの使命だと考えたからだ。ホンダでは2030年をめどに、四輪車グローバル販売台数の3分の2を電...
レンジローバーとレンジローバー・スポーツにPHEVモデルを追加|Land Rover

レンジローバーとレンジローバー・スポーツにPHEVモデルを追加|Land Rover

Land Rover Range Rover|ランドローバー レンジローバーLand Rover Range Rover Sport|ランドローバー レンジローバー スポーツレンジローバーとレンジローバー・スポーツにPHEVモデルを追加ジャガー・ランドローバー・ジャパンは6月27日(水)、SUV「レンジローバー」と「レンジローバー スポーツ」にプラグインハイブリッド(PHEV)モデルを追加し、予約受注を開始した。Text by YANAKA Tomomiランドローバー初のPHEVモデル今回ランドローバーが初めて導入するPHEVシステムは、最高出力212kW(300ps)のガソリンエンジンと、最高出力85kW(116ps)のモーターを併用するパラレルハイブリッドだ。システム全体で最高出力297kW(404ps)、最大トルク640Nmを発生させ、8段ATを組み合わせる。最高速度は「レンジローバー」「レンジローバー スポーツ」ともに220km/hに達し、0-100km/h加速は「レンジロ...
トヨタのスポーツカー「GR」シリーズ4車種を発売|Toyota

トヨタのスポーツカー「GR」シリーズ4車種を発売|Toyota

TOYOTA Vitz GRMN|トヨタ ヴィッツGRMNTOYOTA 86 GR|トヨタ86 GRTOYOTA AQUA GR SPORT|トヨタ アクア GRスポーツTOYOTA Priusα GR SPORT|トヨタ プリウスα GRスポーツトヨタのスポーツカー「GR」シリーズ4車種を発売トヨタ自動車は11月21日、先月発表したスポーツカーシリーズ「GR」初のモデルとなる「ヴィッツGRMN」「86 GR」「アクアGR SPORT」「プリウスα GR SPORT」を発売。このうちヴィッツGRMNは150台限定で、全国のGRガレージか専用WEBサイトで2018年4月9日から申し込み受付を開始。86GRは17年12月18日、アクアGR SPORTは11月27日、トヨタ プリウスα GR SPORTは12月1日からトヨタ販売店で発売する。Text by HARA AkiraトップモデルのヴィッツGRMNは150台限定GAZOO Racing Companyが手がけるトヨタのスポーツカ...
最新ゴルフのEVとPHVが日本上陸|Volkswagen

最新ゴルフのEVとPHVが日本上陸|Volkswagen

Volkswagen e-Golf|フォルクスワーゲン eゴルフVolkswagen Golf GTE|フォルクスワーゲン ゴルフGTE最新ゴルフのEVとPHVが日本上陸フォルクスワーゲン グループ ジャパンは10月19日(木)、電気自動車(EV)「eゴルフ」とプラグインハイブリッド(PHV)の「ゴルフGTE」の日本での販売を開始した。Text by YANAKA Tomomieゴルフの販売はインターネット専用サイトからの申し込みすでにOPENERSでもインプレッションをお伝えしてきた「eゴルフ」「ゴルフGTE」が日本に上陸した。いずれもベースとなるのはマイナーチェンジした7代目ゴルフで、フォルクスワーゲン最新の生産モジュール「MQB」を用いているのも特徴だ。日本ではフォルクスワーゲン初となるゼロエミッションビークル「eゴルフ」は、普通充電と急速充電規格「CHAdeMO」に対応する200Vの駆動用バッテリーを搭載。最高出力は100kW(136ps)、最大トルクは290Nmを発生し、...
東京モーターショーで「アルテオン」など8台を日本初披露|Volkswagen

東京モーターショーで「アルテオン」など8台を日本初披露|Volkswagen

Volkswagen|フォルクスワーゲン東京モーターショーで「アルテオン」など8台を日本初披露フォルクスワーゲン グループ ジャパンは10月16日(月)、一般公開が10月28日(土)からはじまる東京モーターショーでの出展概要を発表。9台の展示車両のうち8台をジャパンプレミアする。Text by YANAKA Tomomi脳波から最適な1台を提案するバーチャルショールームも登場今回の東京モーターショーでは「We make the future real」をブーステーマに掲げたフォルクスワーゲン。電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド(PHEV)を中心にディーゼルやスポーティモデルなど幅広く展示する。目玉となるのは、すでに2022年の発売が予告された“EV版ワーゲンバス”ともいえるEVコンセプト「I.D.BUZZ」。さらに、先月のフランクフルトモーターショーでワールドプレミアされた「I.D.CROZZ」のエクステリアやインテリアをバーチャルに体験できるブース「VRエクスペリエンス」...
ボルボ、新型「XC60」を発売|Volvo

ボルボ、新型「XC60」を発売|Volvo

Volvo XC60|ボルボ XC60ボルボ、新型「XC60」を発売ボルボ・カー・ジャパンはミッドサイズSUVの2代目「XC60」を発表した。初代XC60は2008年の発売以来好調なセールスを記録し、世界累計で約100万台が販売され、ヨーロッパで最も売れたプレミアムミッドサイズSUVとなった。現在ではボルボの販売台数の約30パーセントを占めるモデルである。Photographs by UCHIDA ChizukoText & Photographs by UCHIDA Shunichiさらに高められた安全機能ボルボといえば安全性の高いメーカーというイメージが強い。「XC60」もボルボの包括的な安全機能“インテリセーフ”を標準装備。そこに新たに3つの安全技術が追加された。まずは衝突回避支援機能が追加された「ステアリングサポート」だ。ステアリング機構並びにブレーキで制御を加えることによって可能な限り衝突を回避する。具体的には、前方にクルマが割り込むなどでブレーキだけでは避けられ...
トヨタ、新スポーツブランド「GR」を発表|Toyota

トヨタ、新スポーツブランド「GR」を発表|Toyota

トヨタ GR|Toyota GRトヨタ、新スポーツブランド「GR」を発表トヨタはスポーツカーシリーズの新ブランド「GR」を発表した。これまでのG'sなどのシリーズを一本化し、車両ラインナップやパーツ等の新アイテムを充実させていくという。第一弾として、「ヴィッツ」に「GR」と「GR SPORT」を、「プリウス PHEV」「ハリアー」「マークX」「ヴォクシー」「ノア」に「GR SPORT」を設定。今後はヴィッツに「GRMN」(2018年春頃)、「86」に「GR」、「アクア」と「プリウスα」に「GR SPORT」(今冬)を追加する予定だ。Text & Photographs by UCHIDA ShunichiGAZOOの起源は豊田社長の取り組みからトヨタが導入する新たなるスポーツカーブランド「GR」とは「GAZOO Racing」から名づけられており、トヨタが推し進めているのカンパニー組織のひとつ、GAZOO RACING COMPANYが企画開発を行う。このGAZOOという名...
新しくなったeゴルフ&ゴルフGTEに試乗|Volkswagen

新しくなったeゴルフ&ゴルフGTEに試乗|Volkswagen

Volkswagen Golf GTE|フォルクスワーゲン ゴルフGTEVolkswagen e-Golf|フォルクスワーゲン eゴルフ新しくなったeゴルフ&ゴルフGTEに試乗2016年11月にマイナーチェンジを果たした第7世代のフォルクスワーゲン「ゴルフ」。すでにインプレッションをお伝えしたガソリンエンジンやディーゼルエンジンに加え、EVモデル「eゴルフ」やプラグイン ハイブリッドモデル「ゴルフGTE」も同時にアップデートされている。これら最新の電動化モデルたちについて、金子浩久氏がリポートする。Text by KANEKO Hirohisa進む自動運転化フォルクスワーゲン「ゴルフ」に大きめのマイナーチェンジが施された。スペインのマヨルカ島で行われたメディア試乗会での様子を報告したい。まずは外観。フロントとリアのバンパーデザインが一新され、よく見るとヘッドライトにLEDが採用されている。さらに最上級グレードになると、フルLEDテールライトにダイナミック ウインカーも用いられている...
57 件