MASERATI

世界には“スポーツカーの聖地”と呼ばれる場所がいくつもあるが、イタリアのモデナ県ほどその名にふさわしいところはない。なぜなら、モデナ県内には、ともにフィアットの傘下に収まるFerrari(フェラーリ)とMaserati(マセラティ)があるからだ。マラネロがフェラーリなら、県都のモデナから世に送り出されるのがマセラティである。 トライデント、すなわち、三叉の銛(もり)のエンブレムは、ボローニャのシンボルともいえるネプチューン像にちなんだもので、マセラティの歴史がボローニャからスタートしたことを物語る。礎を築いたのは、1881年から1898年にこの地に生まれたマセラティ兄弟。そのほとんどが自動車にかかわることになるが、4番目に生まれたアルフィエーリ・マセラティ(3番目もアルフィエーリを名乗るが、生後ほどなくして他界)が中心的役割を果たす。彼のキャリアはレーシングドライバーとしてはじまるが、紆余曲折の末、1926年にオフィッチーネ・アルフィエーリ・マセラティ社を設立。トライデントを掲げた「Tipo26」のステアリングをアルフィエーリみずからが握り、タルガ・フローリオに参戦、デビューレースを見事クラス優勝で飾っている。 1929年には「V4」が246.029km/hの世界スピード記録を樹立、マセラティの名は広く知れわたるようになる。その後も、名ドライバーのタッチオ・ヌヴォラーリの活躍などでグランプリの歴史にその名を刻むマセラティだが、1937年にオーナーがアドルフ・オルシにかわり、翌1938年には本拠を現在のモデナに移している。ここから1957年まで、同社のモータースポーツ活動は黄金期を迎えることになる。その最たるものが1957年、名手ファンジオが「250F」を駆り手に入れたF1のシリーズタイトルであった。しかしこの年、マセラティはワークス活動にピリオドを打ち、1958年の「3500GT」、1966年の「ギブリ」、1971年の「ボーラ」などにより、スポーツカーメーカーとしてのポジションをたしかなものにしていく。 そして、スポーツカーづくりの伝統をいまに受け継ぐのが、2ドアクーペの「グラントゥーリズモ」と4ドアサルーンの「クアトロポルテ」。フェラーリとはまた違うイタリアンスポーツの魅力をわれわれに伝えている。

マセラティ、たった1台の特別な「レヴァンテ」や特別仕様などを公開|Maserati

マセラティ、たった1台の特別な「レヴァンテ」や特別仕様などを公開|Maserati

Maserati Levante ONE OF ONE|マセラティ レヴァンテ ONE OF ONEMaserati Levante Trofeo Launch edition|マセラティ レヴァンテ トロフェオ ローンチエディション1台の特別なレヴァンテと、100台限定の特別仕様などを展示マセラティは、3月5日から始まったジュネーブモーターショーで、1人のオーナーのためにフルカスタマイゼーションを施した1台だけの「レヴァンテ ONE OF ONE」と、100台限定の特別仕様車「レヴァンテ トロフェオ ローンチ エディション」などを展示した。Text by HARA Akira今後のカスタマイゼーションを示唆ジュネーブ モーターショーで展示される「レヴァンテONE OF ONE」は、世界的なイタリアのワイナリー「マルケージ・アンティノリ」の副社長であるアレグラ・アンティノリ女史のためにフルカスタマイゼーションを施した、たった1台のコンプリートカー。マセラティのデザインセンターである...
マセラティがレヴァンテGTSを船上で日本初披露|Maserati

マセラティがレヴァンテGTSを船上で日本初披露|Maserati

Maserati Levante GTS|マセラティ レヴェンテGTSマセラティがレヴァンテGTSを船上で日本初披露マセラティ ジャパンは8月19日、V8エンジンを搭載したマセラティの新型SUV「レヴァンテGTS」を、太平洋を航海中の大型客船上で日本初公開した。太平洋上での新車発表は世界初の試みだという。Text by HARA Akiraクルージングとマセラティの共通点新型「レヴァンテGTS」は、7月に英国で開催された「第25回グッドウッドフェスティバル オブ スピードで世界初公開された同シリーズ初のV8モデル。搭載する3.8リッターV型8気筒ツインターボエンジンは、最高出力550ps/6,200rpm、最大トルク730Nm/2,500-5,000rpmを発生するマセラティ史上最もパワフルなエンジンのひとつで、フラッグシップモデルである「クアトロポルテGTS」が搭載するV8ユニットと同様の90度のバンク角を維持しつつ、レヴァンテの“Q4インテリジェントAWDシステム”に対応するた...
マセラティ レヴァンテGTSをワールドプレミア|Maserati

マセラティ レヴァンテGTSをワールドプレミア|Maserati

Maserati Levante GTS|マセラティ レヴァンテ GTSV8搭載のレヴァンテ GTSをグッドウッドでワールドプレミアマセラティは、7月12日(現地時間)から英国で開催されている第25回グッドウッド フェスティバル オブ スピードで、3.8リッターV8エンジンを搭載した新型SUV「レヴァンテ GTS」を世界初公開した。Text by HARA Akira550ps、730Nmの3.8リッターV8ツインターボ搭載マセラティ「レヴァンテ GTS」は、今年3月のニューヨーク国際オートショーでデビューした最上位モデルである「レヴァンテ トロフェオ」の弟分で、これによりレヴァンテのモデル構成は、V6エンジン搭載モデルが3種(ガソリンおよびディーゼル)、V8エンジン搭載モデルが2種の合計5車種となる。フロントに搭載するフェラーリ・マラネロ工場製3.8リッターV型8気筒ツインターボ エンジンは、同社のフラッグシップモデルである「クアトロポルテ GTS」に搭載するバンク角90度のV8...
ニューヨーク オートショーは新型SUV祭り|NYIAS 2018

ニューヨーク オートショーは新型SUV祭り|NYIAS 2018

New York International Auto Show 2018|ニューヨーク モーターショー 2018ニューヨーク オートショーは新型SUV祭りSUV祭りの様相を呈したニューヨーク国際自動車ショーが、2018年3月30日から4月8日にかけて開催された。キャデラックXT4をはじめ、SUVの新型が多く出そろった。Text & Photographs by OGAWA Fumio伝統ある自動車ショーキャデラック、メルセデス・ベンツ、トヨタ、スバル、ホンダ、日産といった名だたるメーカーがワールドプレミアの新型車を発表した2018年のニューヨーク国際自動車ショー(以下ニューヨーク オートショー)。まず注目すべきは地元代表キャデラックだ。ショーの前日にゲストを世界中から招いて全長4.6メートルを切るコンパクトSUV「XT4」を発表。「(XT4でもって)これまでに踏み出したことのないセグメントに参入します」。発表会の席上でキャデラックのヨハン・ダ・ネイシン社長はそう語った。C...
マセラティ2018年モデルを発表|Maserati

マセラティ2018年モデルを発表|Maserati

Maserati Ghibli|マセラティ ギブリMaserati Levante|マセラティ レヴァンテMaserati Quattroporte|マセラティ クアトロポルテマセラティ2018年モデルを発表マセラティ ジャパンは先日発表した「グラントゥーリズモ」「グランカブリオ」に続き、「ギブリ」「レヴァンテ」「クアトロポルテ」の2018年モデルを発表した。Text & Photographs by UCHIDA ShunichiPhotographs by UCHIDA Chizuko新たなトリムラインを導入マセラティの3車種が2018年モデルにアップデートされ一挙同時に披露された。今回発表された3モデルに共通しているポイントは3つある。ひとつは「グランルッソ」と「グランスポーツ」という2種類のトリムオプションが設定されたこと(クアトロポルテには既に設定済)。次に先進運転支援システム「ADAS」が2に進化し、それに伴い電動パワーステアリングを採用。最後はソフトクローズド...
マセラティ「グラントゥーリズモ」「グランカブリオ」の2018年モデル発表|Maserati

マセラティ「グラントゥーリズモ」「グランカブリオ」の2018年モデル発表|Maserati

Maserati GranTurismo|マセラティ グラントゥーリズモMaserati GranCabrio|マセラティ グランカブリオ「グラントゥーリズモ」「グランカブリオ」の2018年モデル発表マセラティ ジャパンは10月12日、2018年モデルとしてアップデートした4シータースポーツクーペ「グラントゥーリズモ」とオープントップモデル「グランカブリオ」を日本で初公開した。Text by HARA Akira空輸直後に成田空港でお披露目2018年モデルの「グラントゥーリズモ」「グランカブリオ」のラインナップは、「スポーツ」と「MC(Maserati Corse、マセラティ コルセ)」の2バージョンで、4.7リッター自然吸気エンジンとZF製6段オートマチックを組み合わせたパワートレインや、インテリア素材の選択範囲は同一となる。見直しが行われたのは、空力効率の向上と最新の歩行者安全関連規制への適合面。スタイリングに関しては、マセラティ デザインセンターがオリジナルのピニンファリーナ...
ブルーボディで装った限定5台のグラントゥーリズモとグランカブリオ|Maserati

ブルーボディで装った限定5台のグラントゥーリズモとグランカブリオ|Maserati

Maserati GranTurismo 60th anniversary editionマセラティ グラントゥーリズモ 60th アニバーサリー エディションMaserati GranCabrio 60th anniversary editionマセラティ グランカブリオ 60th アニバーサリー エディションブルーで装ったグラントゥーリズモとグランカブリオの限定車マセラティ ジャパンは6月30日(金)、マセラティ「3500GT」の発表から60周年を記念した限定車「60th アニバーサリー エディション」を「グラントゥーリズモ」とオープンモデル「グランカブリオ」にそれぞれ5台ずつ設定し、販売を開始した。デリバリーは8月以降が予定されている。Text by YANAKA Tomomi往年の名車「3500GT」誕生から60周年を記念して誕生マセラティ初の量産車であり、ラグジュアリーGTカーとして1957年に誕生した「3500GT」。デビュー60周年の記念すべき年にスペシャルなブルーの...
マセラティ栄光のマシンをオマージュした世界限定60台のギブリ限定車|Maserati

マセラティ栄光のマシンをオマージュした世界限定60台のギブリ限定車|Maserati

Maserati Ghibli Scatenato|マセラティ ギブリ スカテナートマセラティ栄光のマシンをオマージュした世界限定60台の限定車マセラティ ジャパンはスポーツセダン「ギブリ」に世界限定60台の特別仕様車「スカテナート」を発表するとともに、受注を開始した。Text by YANAKA TomomiF1と同じ技術を採用したピレリ製タイヤが特徴1957年にF1ワールドチャンピオンに輝いたマセラティ伝説のマシン「F250」。その栄光の瞬間から60周年を迎えたことを記念した特別仕様車「スカテナート」がギブリに設定された。イタリア語で“解き放たれた”という意味をもつ「スカテナート」。ベースは、3リッターV6ガソリンターボエンジン(最高出力350ps、最大トルク500Nm)を搭載するモデルとなる。今回の特別仕様車で最大の特徴といえるのが、現在F1でタイヤを供給するピレリ製の、サイドのカラーが印象的な20インチの「P ZEROカラーエディション」を日本ではじめて採用している点だろう...
133 件