Cや3じゃない、高級セダンやスポーツセダンたち Part 3

Cや3じゃない、高級セダンやスポーツセダンたち Part 3

Audi A8 60 TFSI quattro|アウディ A8 60 TFSI クワトロ自動運転レベル3への長い道毎年2月に日本輸入車組合(JAIA)がプレス向けに開催する試乗会からの一気乗りリポート。セダン編の第3弾として、2018年にフルモデルチェンジを受けたアウディのフラッグシップモデル「A8」のショートインプレッションをお届けする。Text & Photographs by HARA Akira搭載されるはずだった「レベル3」自動運転機能オールアルミボディをまとった初代に始まり、「技術による先進」を掲げてきたハイテクの塊であるアウディのフラッグシップサルーン「A8」。2018年9月にフルモデルチェンジし、4代目としてデビューする際の目玉機能として世界中にアピールしたのが、量産車初の「レベル3」自動運転機能搭載車という肩書きだった。ちなみにレベル3の自動運転とは、「自動車専用道路など限られた条件下ですべての操作をシステムが行い、緊急時はドライバーが操作を行う必要がある...
新型アウディA8、A7が日本上陸|Audi

新型アウディA8、A7が日本上陸|Audi

Audi A8|アウディA8Audi A7 Sportback|アウディ A7 スポーツバック新型アウディA8、A7が日本上陸|Audiアウディ ジャパンは同社のフラッグシップセダンで8年ぶりにフルモデルチェンジした「A8」と、同じく7年ぶりにフルモデルチェンジしたプレミアム4ドアクーペ「A7スポーツバック(以下A7」)を“アウディA8 / A7スポーツバックプレスカンファレンス”にて同時発表した。A8は10月15日より、A7は9月6日より販売を開始する。Text & Photographs by UCHIDA Shunichiマイルドハイブリッド技術を初採用アウディのセダンのラインナップにおける頂点である「A8」。日本に導入されるモデルは大きく3つ。「55TFSIクワトロ」は3リッターV型6気筒直噴ターボエンジンを搭載し、340ps/500Nmを発生する。価格は1,140万円。そして、「60TFSIクワトロ」とそのロングホイールベースバージョンの「L60TFSIクワトロ」...
東京モーターショーで新型A8や自動運転コンセプトを公開|Audi

東京モーターショーで新型A8や自動運転コンセプトを公開|Audi

Audi|アウディ東京モーターショーで新型A8や自動運転コンセプトを公開アウディは、東京モーターショー2017において、日本初公開の5台を含む、合計9台を展示することを明らかにした。Text by OPENERS電動モデルとRSモデル今年も東京モーターショーに出品するアウディは、その展示内容を事前発表した。東京モーターショーでアウディが展示するのは合計9台。そのうち、日本初公開となるのは、レベル4の高度な自動運転を実現するSUVタイプの電気自動車コンセプト「エレーヌ」、最新の半自動運転機能を実装した新型「A8」とそのロングホイールベースモデルの「A8L」、さらに、電動式コンプレッサーを取り入れたマイルドハイブリッドシステムを採用したラージSUV「Q8 スポーツコンセプト」と、スポーツワゴン「RS4アバント」の5車種だ。そのほかに、「RS 5クーペ」「R8スパイダー」「SQ5」「Q7 e-tron」といった市販モデルが並ぶ。Audi A8Audi Q8 Sport今年のアウディは未来...
“モーター”ショーの向かう先|IAA 2017

“モーター”ショーの向かう先|IAA 2017

IAA 2017|フランクフルト モーターショー 2017“モーター”ショーの向かう先次はフェードアウトか「有人ドローン館」かフランクフルト モーターショーの現地に足を運び、現地の熱と報道を肌で感じた大矢アキオ氏。市販モデルの傾向はもとより、俯瞰してみたとき見えてくる、モーターショー自体の未来についての考察。Photographs by Akio Lorenzo OYA / Mari OYAText by Akio Lorenzo OYA今年はiPhoneにはかき消されなかったがフランクフルト モーターショーにおける過去数回のライバルは、ずばり「アップル」であった。具体的には彼らが、ショーとほぼ同時期に大西洋の向こうで催す新製品発表会だ。BMW i8 Memphis StyleLamborghini Aventador S Roadsterメディアの多くは、たとえ夏中にメーカーが配信するコンセプトカーや新型車のティザー画像を並べ立てていても、いざ新しいiPhoneが発表されると...
アウディ「A8」の安全装備を充実|Audi

アウディ「A8」の安全装備を充実|Audi

Audi A8|アウディ A8アウディ「A8」の安全装備を充実アウディ ジャパンは8月18日、フラッグシップモデルであるアウディ「A8」の一部仕様を変更、安全装備の充実を図り、同日から発売すると発表した。Text by SAKIYAMA Chikako(OPENERS)「3.0 TFSI クワトロ」もマトリクスLEDライトにアウディのフラッグシップ、「A8」が一部変更を受け、安全装備の充実が図られた。まずは「マトリクスLEDライト」が、これまでオプション設定となっていた「3.0 TFSI クワトロ」にも標準装備となり、A8全モデルで標準となった。このLEDライトは、ロービームの LEDと別にハイビーム用の25個のLED集合体からなっており、LEDの点灯を個別にコントロールすることで、細かい配光パターンの設定がなされている。ハイビームで走行中にカメラやセンサーで対向車や先行車を感知すると、必要に応じて配光を変え、他車のドライバーを眩惑せずに路面を照らすことが可能となっている。そのため...
アウディA8に2台の特別仕様車|Audi

アウディA8に2台の特別仕様車|Audi

Audi A8 Sport edition|アウディ A8 スポーツ エディションAudi A8 L Chauffeur Special editionアウディ A8 L ショーファー スペシャル エディションアウディA8に2台の特別仕様車アウディ ジャパンは、フラッグシップサルーン「A8」に、特別な内外装をほどこした「A8 スポーツエディション」と、後席のラグジュアリー装備を向上させた特別仕様車「A8 L ショーファー スペシャル エディション」を、5月26日より台数限定で発売した。Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)いずれも、ボディカラーはブラックのみ昨年3月に日本に上陸したアウディの新型「A8」に、2つの台数限定の特別仕様車が登場した。ひとつめの「A8 スポーツエディション」は、V型6気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載するA8 3.0TFSIクワトロと、V型8気筒ツインターボエンジンのA8 4.0TFSIクワトロ、2モデルをベースに設定...
Audi A8L|「アウディA8L」とCO2排出量オフセット付きリースパッケージ

Audi A8L|「アウディA8L」とCO2排出量オフセット付きリースパッケージ

環境意識の高いエグゼクティブに向けて「アウディA8L」特別仕様車とCO2排出量オフセット付きリースパッケージカンパニーカーとしてリムジン仕様のラグジュアリーカーを利用しているひとも多いはず。そんなエグゼクティブに向けて、CO2排出量をオフセットするサービスなどを付帯したリースパッケージが、アウディのフラッグシップ「A8L」に登場した。装備充実、価格そのまま今回発表されたのは、装備を充実させた特別仕様車「アウディA8L 4.2 FSIクワトロ ショーファーリミテッド」と、このモデル専用のリースプログラムである「アウディ オール・イン・ワン プログラム」である。まず実車のA8L 4.2 FSIクワトロ ショーファーリミテッドについて。アウディブランドの頂点「A8」のロングホイールベース仕様をベースに、オーダーメイドプログラム「アウディ エクスクルーシブ」の装備を付与。後席の快適性を向上させるクールボックス(通常37万円)やリアシート用カルダンライト(同15万円)、リアシート用タイサポー...
Car
アウディ S8 × 東儀秀樹|ボーダーレスではなく、アウト・オブ・ボーダー

アウディ S8 × 東儀秀樹|ボーダーレスではなく、アウト・オブ・ボーダー

アウディ S8 × 東儀秀樹ボーダーレスではなく、アウト・オブ・ボーダー既成概念にとらわれることなく、つねに新しい時代を切りひらいてきたカーブランド「アウディ」。彼らの思想が結晶化したそれぞれのモデルは、それゆえ、ひとびとを魅了して止まない。それは、同様の価値観のもとに、時代を創造しているクリエイターの姿とシンクロする。そんな両者をフィーチャーする新連載。その第二回は、雅楽師として、伝統と革新を融合させた独創的な作品でひとびとを魅了する東儀秀樹さんが登場する。文=山崎哲士写真=吉澤健太挑戦をつづけるクリエイターと、フラッグシップ中のフラッグシップアウディのフラッグシップモデル「A8」。その最上級サルーンのハイパフォーマンスモデルが、この「S8」。つまりはフラッグシップ中のフラッグシップ。ちなみにアウディにおける「S」の称号は、レーシングテクノロジーを反映した高性能エンジンとフルタイム4WDのクワトロシステムを搭載するスペシャルなパーケージであることの証明。そう、アウディS8は、ラグ...
New Audi A8|よりシャープでアグレッシブに

New Audi A8|よりシャープでアグレッシブに

New Audi A8|新型アウディ A8よりシャープでアグレッシブにアウディは、同社のフラッグシップモデルたる「A8」の新型のティーザーキャンペーンをこのたび開始した。文=ジラフ発売は2010年後半今回公開されたティーザー写真は、アウディの技術開発担当役員、ミハエル・ディック氏とともに写る黒いベールに包まれた新型「A8」の1枚。その姿こそ確認はできないが、黒いベールの向こうから、特徴的なLEDデイタイムライトの形が見えるという心憎い演出がなされている。昨年の10月には、現行のA8よりも、さらにシャープでアグレッシブな印象の次期A8のイメージスケッチが公表されているが、このイメージから推測するに、走りの面でも格段の進化が図られているはず。フラッグシップモデルであることからも、アウディの革新的な新技術も惜しみなく盛り込まれることはまちがいない。この新型A8は、早ければ9月のフランクフルトモーターショーで発表予定。なんらかの理由で発表が遅れたとしても、11月にはデビューし2010年後半...
Audi A8|次世代アウディのデザインを具現

Audi A8|次世代アウディのデザインを具現

Audi A8|アウディ A8次世代アウディのデザインを具現アウディはフラッグシップ「A8」のニューモデルを、11月30日、アメリカのマイアミで開催される「ザ アート オブ プログレス」にてワールドプレミアすることを発表した。文=ジラフよりシャープ、かつ力強イメージに発表の会場は、今回のために仮設された「アウディパビリオン」。このパビリオンはイギリスを代表するプロダクトデザイナーであるトム・ディクソンが手がけたもの。オールアルミのボディをもつA8に象徴される、アウディブランドを表現するにふさわしいマテリアルであるアルミニウム、そしてLEDで構成されたこの先鋭的な雰囲気をもつ建造物には、世界中のアートが飾られ、その中心に新型A8が展示されるという。すでに新型A8のイメージスケッチは公開されているが、現行モデルと比較してもシャープ、かつ力強いイメージが強調されていることがわかる。まさにアウディの考える次世代のデザインを具現した最初の1台となり、技術的にもアルミスペースフレーム構造などの...
アウディ、ニューモデルを予告|Audi

アウディ、ニューモデルを予告|Audi

Audi|アウディフランクフルトモーターショーで発表かアウディが謎のニューモデルの動画を公開アウディは2013年8月21日、フランクフルト モーターショー 2013で発表するニューモデルを予告する動画を公開した。Text by SUZUKI Fumihiko(OPENERS)次期A8か?アウディはフランクフルトモーターショーで公開するニューモデルを予告するムービーを公開した。映像にはフロントグリルとセラミックブレーキが映し出されている。すでに、アウディは次期 「A8」のヘッドライトを公開しているため、このクルマも、次期A8ではないかと考えられる。噂によれば、次期A8はマイナーチェンジモデルになり、エンジンは、現行のものから大きな変更はないいっぽう、インフォテインメント装備やヘッドライトのような、各種の装備、電子装置で現代化をはたすという。
次期 A8 とみられるモデルの第2弾ムービーを公開|Audi

次期 A8 とみられるモデルの第2弾ムービーを公開|Audi

Audi|アウディニューモデル予告ムービー 第2段次期A8と目される新型アウディアウディは、2013年8月21日にオンライン上でワールドプレミアを予定している、ニューモデルのティザームービー第2弾を公開した。Text by SAKURAI Kenichi確認できたフラッグシップに相応しい装備アウディは、あらたなフラッグシップとなる、ニュー「A8」の登場を予告するティザームービー第2弾を公開した。ニューA8と目される新型車は、2013年8月21日にオンライン上でワールドプレミアを予定し、9月のフランクフルト モーターショー 2013で実車が初披露される予定だ。「アウディ スニーク プレビュー パート2」と題されたムービーからは、より立体的な造形になったフロントグリルに収まるフォーシルバーリングスのエンブレムと、ホイールやセラミックブレーキにつづき、あらたにオールLED化されたニューデザインのヘッドライトの点灯状態も確認できる。このヘッドライトは、「マトリックス LEDヘッドライト」と...
ポルトローナ・フラウのレザーを使った特別なA8|Audi

ポルトローナ・フラウのレザーを使った特別なA8|Audi

A8 Audi exclusive concept|A8 アウディ エクスクルーシブ コンセプトポルトローナ・フラウのレザーを使った特別な「A8」アウディAGはフラッグシップサルーン「A8」のなかでも、もっとも上級グレードの「A8 L W12」に、ポルトローナ・フラウのレザーを使用した「エクスクルーシブ コンセプト」を、わずか50台限定で生産すると発表した。 Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)自然な風合いのコントラストロングホイールベース版のアウディ「A8」にW型12気筒エンジンを搭載し、最高出力368kW(500ps)をほこる最上級グレード「A8 L W12」。これに、イタリアの高級インテリアブランド「ポルトローナ・フラウ」から提供されたレザーをつかった、特別な「A8 アウディ エクスクルーシブ コンセプト」が発表された。外観に変更はなく、手が入れられるのは内装のみ。シートには、ポルトローナ・フラウから提供された、とくにソフトで自然な風...
東京・虎ノ門にアウディの魅力を知る体験型試乗施設がオープン|Audi

東京・虎ノ門にアウディの魅力を知る体験型試乗施設がオープン|Audi

Audi driving experience quattro parkアウディ ドライビング エクスペリエンス クアトロ パーク東京・虎ノ門にアウディの魅力を知る体験型試乗施設がオープン いま話題の商業施設「虎ノ門ヒルズ」のすぐ側、環状2号線新橋~虎ノ門間をつなぐ新虎通り沿いに、アウディ ジャパン初の体験型試乗施設「Audi driving experience quattro park」が、明日30日から期間限定でオープンする。 Text by AKIZUKI Shinichiro(OPENERS)虎ノ門ヒルズ正面、新虎通り沿いにオープン1946年の都市計画発足以降、幻のマッカーサー道路と呼ばれつづけた環状2号線の再開発計画にともない、いま注目を集める虎ノ門周辺。今年6月には、地域のあらたなシンボルとして、ホテル、オフィス、住宅、商業施設などを併設した「虎ノ門ヒルズ」がオープンし、生まれ変わった街がいよいよ動き出した。そんな話題のスポットに明日30日から期間限定で、アウディ ジ...
Audi A8|アウディ A8 モバイルシステム導入のプロトタイプ

Audi A8|アウディ A8 モバイルシステム導入のプロトタイプ

Audi A8|アウディ A8モバイルシステム導入のプロトタイプを発表アウディは、A8に新世代のモバイルシステムを導入したプロトタイプのデモンストレーションをおこなった。Text by OPENERSLTEシステムの導入でクルマがモバイル化する2011年1月、アウディはラスベガスにて開催されたConsumer Electronics Show 2011でプレゼンテーションをおこなった。国際的な家電ショーにおいては、アウディにとってこれが初の試みとなる。そのさいにアウディの最高経営責任者 ルパート・シュタートラーによって発表されたのが、2011年内のはやい段階で“LTE(ロング・ターム・エヴォリューション)テクノロジー”を導入したクルマをつくるということだった。現在、日本でももっとも普及しているモバイル通信システムが「第三世代通信システム(3G)」であるが、それをさらに高度化したものがLTEシステムで、俗に「Super 3G」と言われていた。 このショーがおこなわれた数週間後、...
30 件