AUDI

Audi(アウディ)のエンブレムは“フォーリングス”。その輪ひとつひとつが自動車メーカーのアウディ、DKW(デーカーヴェー)、ホルヒ、ヴァンダラーを表しているのはご存じだろう。いずれもザクセン州に本拠を置き、20世紀のはじめ、ドイツの自動車産業を牽引したブランドである。しかし、第一次世界大戦後に起きた世界恐慌の煽りをくらった4社は、生き残りをかけて、1932年にアウトウニオンを結成。DKWがモーターサイクルと小型車、ヴァンダラーが中型車、アウディが高級中型車、そして、ホルヒがラグジュアリーカーに特化する戦略をとることになった。 `しかし、第二次世界大戦の敗戦により旧東ドイツのザクセンはロシアの占領下となり、アウトウニオンは消滅。これを見越して、旧西ドイツのバイエルン州インゴルシュタットに新生アウトウニオンが設立される。BMWやメルセデス・ベンツとちがい、工場のない状況からの苦しいスタートをしいられたアウトウニオンであったが、DKWデリバリーバンなどの生産により徐々に体力をつけていった。 1964年末にフォルクスワーゲン傘下に収まったアウトウニオンは、程なくしてアウディの名を冠した新型車を世に送り出す。そして1969年には、ネッカースウルムに本拠を置くNSU(“ヴァンケルエンジン”の開発で知られる)を合併し、アウディNSUアウトウニオンとなり、1985年からはアウディとして現在にいたる。クワトロをはじめとするテクノロジーと、モータースポーツ活動に裏付けられたダイナミック性能、エレガントなデザイン、そして、質感の高い仕上がりが、アウディの人気を牽引している。

アウディ電動化攻勢の尖兵、アウディ「e-tronスポーツバック」が発売|Audi

アウディ電動化攻勢の尖兵、アウディ「e-tronスポーツバック」が発売|Audi

アウディ ジャパンは9月16日、同ブランドとして日本初導入となる電気自動車アウディ「e-tron スポーツバック」を同日から発売すると発表した。
アウディのコンパクトSUV、新型Q2がデビュー|Audi

アウディのコンパクトSUV、新型Q2がデビュー|Audi

アウディAG は9月2日、コンパクトSUVのQ2をモデルチェンジしたと発表した。
アウディSモデルのフラッグシップ、新型S8がデビュー|Audi

アウディSモデルのフラッグシップ、新型S8がデビュー|Audi

アウディ ジャパンは8月25日、フラッグシップセダンA8シリーズのハイパフォーマンスモデル「S8」を同日から発売すると発表した。
アウディがA6の高性能バージョン、新型S6、S6アバント、S7スポーツバックを発売|Audi

アウディがA6の高性能バージョン、新型S6、S6アバント、S7スポーツバックを発売|Audi

アウディ ジャパンは8月25日、新型となったプレミアムアッパーミドルセダン/ステーションワゴンのAudi S6 / S6 Avantと、プレミアムスポーツ 4ドアクーペのS7 Sportback を9月15日から発売すると発表した。
48VマイルドHVを搭載した新型アウディQ7がデビュー|Audi

48VマイルドHVを搭載した新型アウディQ7がデビュー|Audi

アウディ ジャパンは8月18日、大幅改良したプレミアムSUVの新型「Q7」を同日から発売すると発表した。
アウディ 、e-tron Sportbackを9月発売、柴咲コウさんがe-tronサポーターに|Audi

アウディ 、e-tron Sportbackを9月発売、柴咲コウさんがe-tronサポーターに|Audi

アウディ ジャパンは、日本導入へ向けて準備が進む、アウディブランド初の電気自動車であるアウディ e-tron スポーツバックの発表日を9月17日にするとともに、自然エネルギー100%の社会の実現を目指す 自然電力株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役:磯野 謙、長谷川 雅也、川戸 健司)と連携して、EVの二酸化炭素排出量の低減に重要な役割を果たす自然エネルギー由来の発電による電力を、e-tronオーナーへ選択肢として紹介すると発表した。
アウディ、RS3スポーツバック/RS3セダンを2年ぶりに国内発売|Audi

アウディ、RS3スポーツバック/RS3セダンを2年ぶりに国内発売|Audi

アウディ ジャパンは7月21日、装備を充実させたA3シリーズのハイエンドスポーツモデル「RS3 スポーツバック/RS3セダン」を、約2年ぶりに日本市場で販売すると発表した。発売日はRS3スポーツバックが8月18日、RS3セダンが9月15日を予定している。
アウディ が2021年に生産を開始する電動SUVクーペ「Q4 スポーツバックe-tronコンセプト」を発表|Audi

アウディ が2021年に生産を開始する電動SUVクーペ「Q4 スポーツバックe-tronコンセプト」を発表|Audi

アウディ AGは、ピュアEV「アウディ Q4 e-tron」の4ドアSUVクーペバージョンとなる「Q4 スポーツバックe-tronコンセプト」を発表した。生産は2021年に開始されるという。
生産終了を迎えるTTロードスターのファイナルエディションが登場|Audi

生産終了を迎えるTTロードスターのファイナルエディションが登場|Audi

アウディは、今年で生産終了を迎える「TTロードスター」の内外装や装備面を充実させた「ファイナルエディション」を50台限定で設定。販売を開始した。
アウディ のコンパクトSUV「Q3」「Q3スポーツバック」が日本デビュー|Audi

アウディ のコンパクトSUV「Q3」「Q3スポーツバック」が日本デビュー|Audi

アウディ ジャパンは、8年ぶりにフルモデルチェンジして2代目となったコンパクトSUV「Q3」と、そのクーペボディ版「Q3スポーツバック」を発表し、8月19日から販売を開始するとした。
アウディのSUV「Q5」がマイルドハイブリッドなど搭載して大幅にアップデート|Audi

アウディのSUV「Q5」がマイルドハイブリッドなど搭載して大幅にアップデート|Audi

アウディは、ミドルサイズSUV「Q5」が内外装の刷新とともにマイルドハイブリッドシステムなどを搭載し、大幅にアップデートしたと発表した。
クワトロ40周年を記念したTTクーペの限定モデルが登場|Audi

クワトロ40周年を記念したTTクーペの限定モデルが登場|Audi

アウディ ジャパンは、スポーツクーペ「TTクーペ」をベースに内外装の機能や装備面を充実させた限定モデル「Sライン コンペティション」を設定。計150台限定で販売を開始した。
アウディ、A1スポーツバックに1.0リッター3気筒ターボモデルを追加|Audi

アウディ、A1スポーツバックに1.0リッター3気筒ターボモデルを追加|Audi

アウディ ジャパンは、コンパクトハッチバック「A1 スポーツバック」に1.0リッター3気筒ターボエンジンを搭載した「25 TFSI」を追加。販売を開始した。
SDG’Sの時代のクルマ選び──サステイナブルにクルマに乗る、とは今後どういうことなのか?

SDG’Sの時代のクルマ選び──サステイナブルにクルマに乗る、とは今後どういうことなのか?

地球温暖化に対する早急な対策が世界的な課題となり、温室効果ガス排出量に対する欧米を中心とした規制が厳しさを増す昨今。EVやPHV、ハイブリッド車など、環境への負荷の少ないクルマへシフトする動きがますます顕著化している。そんな時代において、クルマ好きとしてどんなクルマに乗るべきなのだろうか。自動車ライターの南陽一浩氏が解説する。
S lineをさらにスポーティで個性的に──Audi Q5 S line competition|Audi

S lineをさらにスポーティで個性的に──Audi Q5 S line competition|Audi

アウディ ジャパンは5月19日、プレミアムミッドサイズSUVの「Q5」に、機能と装備が充実した250台の限定モデル「アウディ Q5 S lineコンペティション」を追加し、同日から発売すると発表した。
849 件