AUDI

Audi(アウディ)のエンブレムは“フォーリングス”。その輪ひとつひとつが自動車メーカーのアウディ、DKW(デーカーヴェー)、ホルヒ、ヴァンダラーを表しているのはご存じだろう。いずれもザクセン州に本拠を置き、20世紀のはじめ、ドイツの自動車産業を牽引したブランドである。しかし、第一次世界大戦後に起きた世界恐慌の煽りをくらった4社は、生き残りをかけて、1932年にアウトウニオンを結成。DKWがモーターサイクルと小型車、ヴァンダラーが中型車、アウディが高級中型車、そして、ホルヒがラグジュアリーカーに特化する戦略をとることになった。 `しかし、第二次世界大戦の敗戦により旧東ドイツのザクセンはロシアの占領下となり、アウトウニオンは消滅。これを見越して、旧西ドイツのバイエルン州インゴルシュタットに新生アウトウニオンが設立される。BMWやメルセデス・ベンツとちがい、工場のない状況からの苦しいスタートをしいられたアウトウニオンであったが、DKWデリバリーバンなどの生産により徐々に体力をつけていった。 1964年末にフォルクスワーゲン傘下に収まったアウトウニオンは、程なくしてアウディの名を冠した新型車を世に送り出す。そして1969年には、ネッカースウルムに本拠を置くNSU(“ヴァンケルエンジン”の開発で知られる)を合併し、アウディNSUアウトウニオンとなり、1985年からはアウディとして現在にいたる。クワトロをはじめとするテクノロジーと、モータースポーツ活動に裏付けられたダイナミック性能、エレガントなデザイン、そして、質感の高い仕上がりが、アウディの人気を牽引している。

1.5リットル容量を最大45本使用──ペットボトルから作られた新型A3のシートファブリック|Audi

1.5リットル容量を最大45本使用──ペットボトルから作られた新型A3のシートファブリック|Audi

アウディは新型「A3」に、ペットボトルからリサイクルされた原料で作ったシート地を初めて採用した。
プレミアムコンパクトセグメントの礎を築いたA3の最新モデルがワールドプレミア|Audi

プレミアムコンパクトセグメントの礎を築いたA3の最新モデルがワールドプレミア|Audi

アウディはコンパクトハッチバック「A3 スポーツバック」の4代目となるニューモデルを発表した。その特徴は、スポーティなデザイン、高度なデジタル化と充実したコネクテッド機能だとしている。
アウディ、CES2020で“共感力”を備えたコンセプトモデル「AI:ME」をワールドプレミア|Audi

アウディ、CES2020で“共感力”を備えたコンセプトモデル「AI:ME」をワールドプレミア|Audi

アウディは現地時間1月7日(火)、ラスベガスで開幕したコンシューマーエレクトロニクスショー(CES 2020)で、未来のビジョンを示したコンセプトカー「AI:ME」を初披露するとともに最新の技術を紹介した。
最高出力300psのコンパクトSUV「SQ2」日本上陸|Audi

最高出力300psのコンパクトSUV「SQ2」日本上陸|Audi

アウディ ジャパンは、コンパクトSUV「Q2」のスポーツ性能を引き上げた「SQ2」を発売した。
アウディの魅力をコンパクトなボディに凝縮──コンパクトハッチ「A1スポーツバック」がフルモデルチェンジ|Audi

アウディの魅力をコンパクトなボディに凝縮──コンパクトハッチ「A1スポーツバック」がフルモデルチェンジ|Audi

アウディ ジャパンは11月1日、フルモデルチェンジして2代目となったコンパクトハッチモデル「アウディ A1スポーツバック」を東京都内で初披露した。
アウディのフラッグシップスポーツ「R8」がマイナーチェンジ|Audi

アウディのフラッグシップスポーツ「R8」がマイナーチェンジ|Audi

アウディ ジャパンは、フラッグシップスポーツ「R8」の「クーペ」とオープンモデル「スパイダー」のマイナーチェンジを実施すると同時に、世界222台限定の特別仕様車「R8 デセニウム」を発表。いずれも今年12月以降にデリバリーされる。
アウディTT日本導入20周年を記念したイベントを開催|Audi

アウディTT日本導入20周年を記念したイベントを開催|Audi

アウディ ジャパンはコンパクトスポーツ「TT」の日本導入20周年を記念した「bauhaus 100 japan Talk Live」を7月29日に開催。デザイン評論家で武蔵野美術大学名誉教授の柏木博氏とSWdesign代表で元アウディ デザインのデザイナー、和田智氏をゲストに迎え、トークが繰り広げられた。
5世代目に進化したA6アバントに試乗|Audi

5世代目に進化したA6アバントに試乗|Audi

2018年4月にデビューし、2019年3月に日本にも導入された新型アウディA6アバント。5世代目へと進化し、最先端の運転支援技術やコネクティビティシステムも導入された同モデルに試乗した。
クーペシルエットの新型コンパクトSUV アウディ「Q3スポーツバック」デビュー|Audi

クーペシルエットの新型コンパクトSUV アウディ「Q3スポーツバック」デビュー|Audi

独アウディはクーペのようなシルエットを持つ新しいコンパクトSUV、アウディ「Q3スポーツバック」を発表した。
アウディ、新たなるフラッグシップSUV「Q8」発売|Audi

アウディ、新たなるフラッグシップSUV「Q8」発売|Audi

アウディジャパンはSUVの新たなフラッグシップモデルとなる「Q8」を発表、9月3日より販売を開始する。価格は993万円(消費税8パーセント込)でガソリンモデルからの導入である。
“傑作”の名を冠したアウディA4特別仕様車|Audi

“傑作”の名を冠したアウディA4特別仕様車|Audi

Audi A4 Meisterstueck|アウディ A4 マイスターシュトゥック“傑作”の名を冠したアウディA4特別仕様車アウディ ジャパンは5月27日(月)、「A4」に特別仕様車「マイスターシュトゥック」を設定。6月11日(火)より発売すると発表した。Text by YANAKA TomomiLEDヘッドライトや18インチホイールなどを追加2016年にフルモデルチェンジし、第5世代となったアウディ「A4」。また今年1月には主力の「スポーツ」グレードをあらたなエクステリアデザインにするなど小変更がくわえられている。ドイツ語で“傑作”を意味する今回の特別仕様車「マイスターシュトゥック」では、「スポーツ」グレードにLEDヘッドライトなど特別装備を追加したモデル。セダンかアバント(ステーションワゴン)、エンジンのサイズなどにより追加される装備内容は異なり、2.0リッター4気筒ターボエンジンを搭載する「A4 アバント 45 TFSIクアトロ」では18インチアルミホイールやパーシャルレザー...
アウディTT改良及び20周年記念モデルを発表|Audi

アウディTT改良及び20周年記念モデルを発表|Audi

Audi TT|アウディ TTアウディTT改良及び20周年記念モデルを発表アウディ ジャパンは「TT」の改良モデルを発表。同時にTT導入20周年を記念した限定モデルを一部報道陣に公開した。「TTクーペ 40TFSI」は5月9日より、「TTクーペ 45TFSIクワトロ」「TTロードスター 45TFSIクワトロ」及び高性能バージョンの「TTSクーペ」、限定車の20周年モデル、「TT 20years」は6月10日より販売が開始される。Text & Photographs by UCHIDA Shunichiエンジンパワーアップ今回の改良のポイントで大きいのはFFエントリーモデルの「TTクーペ 40TFSI」のエンジン排気量の拡大にある。1.8リッターから他のモデルと同様にターボ付2.0リッター直噴ガソリンエンジン(2.0 TFSI)に変更。従来比プラス17PS/プラス70Nmの197ps/320Nmとなった。スタンダードモデルのエクステリアは、これまでのS lineのデザインを取...
アウディが自動運転シティカー「AI:ME」を発表|Audi

アウディが自動運転シティカー「AI:ME」を発表|Audi

Audi AI:ME|アウディAI:ME自動運転シティカー「AI:ME」を発表アウディは4月15日、「上海モーターショー2019」で、未来の大都市で走行可能なレベル4の自動運転コンパクトモデル「AI:ME」を発表した。AI:MEの名称は、人工知能やマシンラーニング(機械学習)分野である「AI」と、ユーザーである「ME」を結びつける意味を表現しているという。Text by HARA Akiraレベル4の自動運転が行えるコンパクトEVアウディ「AI:ME」のボディサイズは、全長は4.30×全幅1.90×全高1.52メートルとコンパクト。エクステリアは、アウディの電気自動車の象徴である、六角形のシングルフレームグリルの上下を反転させたフロントフェイスや、観音開きの大きなサイドドア、四隅の23インチ大径ホイールが特徴。リアアクスルに搭載する電気駆動ユニットと2.77メートルのロングホイールベース、短いオーバーハング、センタートンネルなしの構造により、広々とした室内空間を確保したという。乗員...
828 件