AUDI

Audi(アウディ)のエンブレムは“フォーリングス”。その輪ひとつひとつが自動車メーカーのアウディ、DKW(デーカーヴェー)、ホルヒ、ヴァンダラーを表しているのはご存じだろう。いずれもザクセン州に本拠を置き、20世紀のはじめ、ドイツの自動車産業を牽引したブランドである。しかし、第一次世界大戦後に起きた世界恐慌の煽りをくらった4社は、生き残りをかけて、1932年にアウトウニオンを結成。DKWがモーターサイクルと小型車、ヴァンダラーが中型車、アウディが高級中型車、そして、ホルヒがラグジュアリーカーに特化する戦略をとることになった。 `しかし、第二次世界大戦の敗戦により旧東ドイツのザクセンはロシアの占領下となり、アウトウニオンは消滅。これを見越して、旧西ドイツのバイエルン州インゴルシュタットに新生アウトウニオンが設立される。BMWやメルセデス・ベンツとちがい、工場のない状況からの苦しいスタートをしいられたアウトウニオンであったが、DKWデリバリーバンなどの生産により徐々に体力をつけていった。 1964年末にフォルクスワーゲン傘下に収まったアウトウニオンは、程なくしてアウディの名を冠した新型車を世に送り出す。そして1969年には、ネッカースウルムに本拠を置くNSU(“ヴァンケルエンジン”の開発で知られる)を合併し、アウディNSUアウトウニオンとなり、1985年からはアウディとして現在にいたる。クワトロをはじめとするテクノロジーと、モータースポーツ活動に裏付けられたダイナミック性能、エレガントなデザイン、そして、質感の高い仕上がりが、アウディの人気を牽引している。

クワトロ40周年を記念したTTクーペの限定モデルが登場|Audi

クワトロ40周年を記念したTTクーペの限定モデルが登場|Audi

アウディ ジャパンは、スポーツクーペ「TTクーペ」をベースに内外装の機能や装備面を充実させた限定モデル「Sライン コンペティション」を設定。計150台限定で販売を開始した。
アウディ、A1スポーツバックに1.0リッター3気筒ターボモデルを追加|Audi

アウディ、A1スポーツバックに1.0リッター3気筒ターボモデルを追加|Audi

アウディ ジャパンは、コンパクトハッチバック「A1 スポーツバック」に1.0リッター3気筒ターボエンジンを搭載した「25 TFSI」を追加。販売を開始した。
SDG’Sの時代のクルマ選び──サステイナブルにクルマに乗る、とは今後どういうことなのか?

SDG’Sの時代のクルマ選び──サステイナブルにクルマに乗る、とは今後どういうことなのか?

地球温暖化に対する早急な対策が世界的な課題となり、温室効果ガス排出量に対する欧米を中心とした規制が厳しさを増す昨今。EVやPHV、ハイブリッド車など、環境への負荷の少ないクルマへシフトする動きがますます顕著化している。そんな時代において、クルマ好きとしてどんなクルマに乗るべきなのだろうか。自動車ライターの南陽一浩氏が解説する。
S lineをさらにスポーティで個性的に──Audi Q5 S line competition|Audi

S lineをさらにスポーティで個性的に──Audi Q5 S line competition|Audi

アウディ ジャパンは5月19日、プレミアムミッドサイズSUVの「Q5」に、機能と装備が充実した250台の限定モデル「アウディ Q5 S lineコンペティション」を追加し、同日から発売すると発表した。
アウディがオンラインによるタイムトライアル大会を開催|Audi

アウディがオンラインによるタイムトライアル大会を開催|Audi

アウディ ジャパンは、#stayhome(外出自粛)の大切さ、自宅での楽しみを共有するため、今年後半に日本市場に導入される電気自動車(EV)「e-tron」のバーチャル近未来モデル「eトロン ビジョン・グランツーリスモ」によるタイムトライアル大会「Audi eトロン ビジョン グランツーリスモ チャレンジ」を、5月1日(金)から15日(金)に開催すると発表した。
いま乗ってみたい、ターボエンジンの名車13選|Turbo

いま乗ってみたい、ターボエンジンの名車13選|Turbo

エコカーからスーパーカーまで、ターボエンジンが当たり前の存在になって久しい。しかし、車名に「ターボ」の名を戴くだけで、クルマ好きがワクワクさせられた時代もあった。ここでは、そんなターボが輝ける存在だったころの名車を厳選して紹介する。
アウディのコンパクトサルーン、新型「A3セダン」がデビュー|Audi

アウディのコンパクトサルーン、新型「A3セダン」がデビュー|Audi

アウディは4月21日、フルモデルチェンジを受け2代目へと進化したコンパクトサルーンの「A3セダン」を発表した。事前予約は欧州で4月末から開始され、納車は夏からを予定する。
#RaceHomeで本物のレーシングドライバーがゲームのプロフェッショナルと対戦|Audi

#RaceHomeで本物のレーシングドライバーがゲームのプロフェッショナルと対戦|Audi

アウディのファクトリードライバー、マイク・ロッケンフェラーが「#RaceHome」と名付けられたバーチャルレースシリーズを立ち上げた。4月21日(日本時間22日早朝)より週1回開催され、6人のアウディDTMドライバーがレースゲームのプロフェッショナルらと対戦する。
アウディのコンパクトSUV「Q2」に3つのオプションパッケージ|Audi

アウディのコンパクトSUV「Q2」に3つのオプションパッケージ|Audi

アウディ ジャパンは4月14日、コンパクトSUV「Q2 」の30TFSIスポーツ(386万円)と35TFSIシリンダーオンデマンドスポーツ(419万円)に、3つのパッケージを新設定したと発表した。
アウディ A3に特別仕様のシグネチャーエディション登場|Audi

アウディ A3に特別仕様のシグネチャーエディション登場|Audi

アウディ ジャパンは4月14日、コンパクトハッチバックおよびセダンのアウディ A3スポーツバック/セダンに、機能面を充実させた特別仕様車「シグネチャーエディション」を新設定し、同日から発売を開始すると発表した。
1.5リットル容量を最大45本使用──ペットボトルから作られた新型A3のシートファブリック|Audi

1.5リットル容量を最大45本使用──ペットボトルから作られた新型A3のシートファブリック|Audi

アウディは新型「A3」に、ペットボトルからリサイクルされた原料で作ったシート地を初めて採用した。
プレミアムコンパクトセグメントの礎を築いたA3の最新モデルがワールドプレミア|Audi

プレミアムコンパクトセグメントの礎を築いたA3の最新モデルがワールドプレミア|Audi

アウディはコンパクトハッチバック「A3 スポーツバック」の4代目となるニューモデルを発表した。その特徴は、スポーティなデザイン、高度なデジタル化と充実したコネクテッド機能だとしている。
アウディ、CES2020で“共感力”を備えたコンセプトモデル「AI:ME」をワールドプレミア|Audi

アウディ、CES2020で“共感力”を備えたコンセプトモデル「AI:ME」をワールドプレミア|Audi

アウディは現地時間1月7日(火)、ラスベガスで開幕したコンシューマーエレクトロニクスショー(CES 2020)で、未来のビジョンを示したコンセプトカー「AI:ME」を初披露するとともに最新の技術を紹介した。
最高出力300psのコンパクトSUV「SQ2」日本上陸|Audi

最高出力300psのコンパクトSUV「SQ2」日本上陸|Audi

アウディ ジャパンは、コンパクトSUV「Q2」のスポーツ性能を引き上げた「SQ2」を発売した。
アウディの魅力をコンパクトなボディに凝縮──コンパクトハッチ「A1スポーツバック」がフルモデルチェンジ|Audi

アウディの魅力をコンパクトなボディに凝縮──コンパクトハッチ「A1スポーツバック」がフルモデルチェンジ|Audi

アウディ ジャパンは11月1日、フルモデルチェンジして2代目となったコンパクトハッチモデル「アウディ A1スポーツバック」を東京都内で初披露した。
838 件