LAMBORGHINI

イタリアを代表するスポーツカーメーカーとして、常に対比されるのがFERRARI(フェラーリ)とLAMBORGHINI(ランボルギーニ)だ。しかし、それは至極当然のこと。なぜならランボルギーニの原点は、フェラーリを超えることだったのだから。 フェルッチオ・ランボルギーニがスポーツカーメーカーのランボルギーニ社を興したのは1963年。彼が47歳のことだ。第二次大戦後、トラクターやエアコンで財を築いたフェルッチオは、それまでに数々のスポーツカーを乗り継ぐが、どれひとつとして彼を満足させるものがなかった。フェラーリも例外ではなく、ある日、フェルッチオがエンツォ・フェラーリに愚痴を並べると、「君はトラクターでも転がしていればいい」と返されたことから、自らのブランドを立ち上げ、打倒フェラーリを掲げたというのはあまりにも有名な逸話だろう。 早速ランボルギーニは1963年のトリノショーに先進のV12と美しいボディを持つ「350GTV」を送り込み、翌年には生産型の「350GT」を世に送り出した。その後は一世を風靡した「ミウラ」や「カウンタック」などを発表するが、トラクター事業のつまずきやオイルショックの影響などから、自らの名を冠したスポーツカーメーカは人手にわたることになる。 その後もランボルギーニ社は幾度も身売りの憂き目に遭うが、1998年、アウディの傘下に収まってからは、順調な成長を見せている。現在はV12エンジンを積む「アヴェンタドール」とV10の「ガヤルド」をラインナップする。

ランボルギーニ史上最強のV12搭載サーキット専用モデル「Essenza SCV12」発表|Lamborghini

ランボルギーニ史上最強のV12搭載サーキット専用モデル「Essenza SCV12」発表|Lamborghini

ランボルギーニは7月29日、ランボルギーニ史上最強となるV12エンジンを搭載したサーキット専用ハイパーカー「Essenza SCV12」を発表した。ランボルギーニ・スクアドラ・コルセによるテクニカルサポートと、ランボルギーニのデザイン部門チェントロ・スティーレがデザインを施した40台の限定モデルで、FIA(国際自動車連盟)のプロトタイプ・セーフティー・ルールに準じて開発された最初のGTハイパーカーでもあるという。
ランボルギーニがハイブリッドスーパースポーツモデル「シアン ロードスター」を世界初公開|Lamborghini

ランボルギーニがハイブリッドスーパースポーツモデル「シアン ロードスター」を世界初公開|Lamborghini

ランボルギーニは7月8日、V12エンジンとハイブリッドシステムを搭載した19台限定のスーパースポーツオープンモデル「シアン ロードスター」を世界初公開した。
海の上のスーパーカー──“ランボルギーニのヨット”が誕生|Lamborghini

海の上のスーパーカー──“ランボルギーニのヨット”が誕生|Lamborghini

アウトモビリ・ランボルギーニと、ラグジュアリーヨットにおいて世界最大のグループ企業の一つであるイタリアンシーグループは、スポーティなデザインのハイパフォーマンスなヨットで知られる「テクノーマル」ブランドから、モーターヨット「テクノマール フォー ランボルギーニ63」を発表した。ランボルギーニの設立年1963年を記念した限定エディションとなる。
ランボルギーニ のサーキット専用ハイパーカー「SCV12」が今夏デビューへ|Lamborghini

ランボルギーニ のサーキット専用ハイパーカー「SCV12」が今夏デビューへ|Lamborghini

ランボルギーニ は、スクアドラ・コルセのサーキット専用ハイパーカー「ランボルギーニ SCV12」の開発が完了し、今年の夏にワールドプレミアを開催すると発表した。
シアン FKP 37を3,696ピースで忠実に再現したレゴモデル|Lamborghini

シアン FKP 37を3,696ピースで忠実に再現したレゴモデル|Lamborghini

アウトモビリ・ランボルギーニとLEGOがタッグ! 3,696ピースからなる1/8スケールのハイブリッド・スーパースポーツカー「シアン FKP37」が製作され、発売された。
ランボルギーニ、The Real Raceでeスポーツに初参入|Lamborghini

ランボルギーニ、The Real Raceでeスポーツに初参入|Lamborghini

ランボルギーニは、急成長中のeスポーツの世界に参入。「Assetto Corsa Competizione」でバーチャルのワンメイクシリーズ「The Real Race」に初参戦すると発表した。
ランボルギーニの最新モデル、ウラカンEVO RWDスパイダー続報|Lamborghini

ランボルギーニの最新モデル、ウラカンEVO RWDスパイダー続報|Lamborghini

ランボルギーニ が5月7日、同社の公式ウェブサイト(lamborghini.com)で、初のAR (拡張現実)を使用した新型モデル「ウラカンEVO RWD スパイダー」の発表を行ったのは既報の通り。本記事では同モデルの詳細を紹介する。
ランボルギーニ がAR(拡張現実)を使った「ウラカンEVO RWDスパイダー」発表会を開催|Lamborghini

ランボルギーニ がAR(拡張現実)を使った「ウラカンEVO RWDスパイダー」発表会を開催|Lamborghini

伊ランボルギーニ は5月7日13時(中央ヨーロッパ時間)から、最新のV10スーパースポーツカー「ウラカンEVO RWDスパイダー」のオンライン発表会を開催。
ランボルギーニ が5月4日から生産再開へ|Lamborghini

ランボルギーニ が5月4日から生産再開へ|Lamborghini

伊ランボルギーニ は、イタリア首相令を受けて5月4日から生産活動を再開すると発表した。
ランボルギーニ、新型コロナウイルス蔓延を受け人工呼吸器メーカーの製造を支援|Lamborghini

ランボルギーニ、新型コロナウイルス蔓延を受け人工呼吸器メーカーの製造を支援|Lamborghini

ランボルギーニは、新型コロナウイルス感染拡大が続くなか、呼吸シミュレーターの共同開発と製造のため、イタリアの人工呼吸器トップメーカー、シアレ・エンジニアリング・インターナショナルグループに対し、研究開発部門が支援を行うことを発表した。
パンデミックの最前線で働く人を支援──ランボルギーニがマスクとメディカルシールドの生産を開始|Lamborghini

パンデミックの最前線で働く人を支援──ランボルギーニがマスクとメディカルシールドの生産を開始|Lamborghini

アウトモビリ・ランボルギーニは、イタリアのサンタアガタ・ボロネーゼにあるスーパースポーツカー生産工場の一部を医療用マスクとプレキシガラス製のメディカルシールドの生産部門へと転換。生産したマスクは、新型コロナウイルスと闘うボローニャの病院に寄付される。
ランボルギーニ、2020年夏公開予定のサーキット専用ハイパーカーのテスト走行を開始|Lamborghini

ランボルギーニ、2020年夏公開予定のサーキット専用ハイパーカーのテスト走行を開始|Lamborghini

ランボルギーニの新たなサーキット専用ハイパーカーがテスト走行を実施。動画を公開した。
ランボルギーニ、サーキット専用ハイパーカーに搭載する6.5リッターV12エンジンを公開|Lamborghini

ランボルギーニ、サーキット専用ハイパーカーに搭載する6.5リッターV12エンジンを公開|Lamborghini

ランボルギーニは、同社のモータースポーツ部門スクアドラ・コルセが手掛ける新たなサーキット専用ハイパーカーエンジンを初披露し、動画を公開した。
ランボルギーニのキッズウェアが今夏誕生!|Lamborghini

ランボルギーニのキッズウェアが今夏誕生!|Lamborghini

アウトモビリ・ランボルギーニは、ランボルギーニブランドのキッズウェアコレクションの生産と販売について、デンマークの子ども服ブランド「KABOOKI」とライセンス契約を結んだことを発表した。
ランボルギーニ ウラカンに、ピュアなドライビングを楽しむための後輪駆動モデル「ウラカン EVO RWD」が登場|Lamborghini

ランボルギーニ ウラカンに、ピュアなドライビングを楽しむための後輪駆動モデル「ウラカン EVO RWD」が登場|Lamborghini

ランボルギーニはイタリア時間の1月4日(土)、「ウラカン EVO」の後輪駆動モデル「ウラカン EVO RWD」を発表した。
268 件