LAMBORGHINI

イタリアを代表するスポーツカーメーカーとして、常に対比されるのがFERRARI(フェラーリ)とLAMBORGHINI(ランボルギーニ)だ。しかし、それは至極当然のこと。なぜならランボルギーニの原点は、フェラーリを超えることだったのだから。 フェルッチオ・ランボルギーニがスポーツカーメーカーのランボルギーニ社を興したのは1963年。彼が47歳のことだ。第二次大戦後、トラクターやエアコンで財を築いたフェルッチオは、それまでに数々のスポーツカーを乗り継ぐが、どれひとつとして彼を満足させるものがなかった。フェラーリも例外ではなく、ある日、フェルッチオがエンツォ・フェラーリに愚痴を並べると、「君はトラクターでも転がしていればいい」と返されたことから、自らのブランドを立ち上げ、打倒フェラーリを掲げたというのはあまりにも有名な逸話だろう。 早速ランボルギーニは1963年のトリノショーに先進のV12と美しいボディを持つ「350GTV」を送り込み、翌年には生産型の「350GT」を世に送り出した。その後は一世を風靡した「ミウラ」や「カウンタック」などを発表するが、トラクター事業のつまずきやオイルショックの影響などから、自らの名を冠したスポーツカーメーカは人手にわたることになる。 その後もランボルギーニ社は幾度も身売りの憂き目に遭うが、1998年、アウディの傘下に収まってからは、順調な成長を見せている。現在はV12エンジンを積む「アヴェンタドール」とV10の「ガヤルド」をラインナップする。

ピエヒ元VW会長の名を冠したランボルギーニ初のハイブリッドカーを世界初披露|Lamborghini

ピエヒ元VW会長の名を冠したランボルギーニ初のハイブリッドカーを世界初披露|Lamborghini

ランボルギーニは9月10日(火)に開幕した「フランクフルトモーターショー(IAA)2019」で、ランボルギーニ初のハイブリッドスポーツカーの正式名称を、かつてフォルクスワーゲンの取締役会会長を務め、8月に逝去したフェルディナント・カール・ピエヒ博士の頭文字と生まれ年の下2桁をとった「シアンFKP37」とすることを発表し、世界初披露した。
 「アヴェンタドールSVJ63 ロードスター」「ウラカンEVO GTセレブレーション」を公開|Lamborghini

「アヴェンタドールSVJ63 ロードスター」「ウラカンEVO GTセレブレーション」を公開|Lamborghini

ランボルギーニは8月16日、米国カリフォルニア州で開催されたモントレー カー ウィークで、ランボルギーニ設立の1963年を記念して63台が生産される「アヴェンタドール SVJ63 ロードスター」と、2018年と2019年のデイトナ24時間とセブリング12時間のダブル優勝を記念し、「フロリダ36時間」としても知られる有名な耐久レースの合計時間にちなんで36台が生産される「ウラカンEVO GTセレブレーション」を公開した。
Lamborghini GIRO JAPAN 2019リポート|Lamborghini

Lamborghini GIRO JAPAN 2019リポート|Lamborghini

昨今、オーナーや潜在顧客を対象に世界各国であらゆるタイプのイベント主催しているランボルギーニ。彼らの狙いは何なのだろうか。6月に北海道で開催された「Lamborghini GIRO JAPAN 2019」にプレスとして参加したモータージャーナリスト、金子浩久氏がリポートする。
Car
ランボルギーニ ウルスにオフロードで試乗|Lamborghini

ランボルギーニ ウルスにオフロードで試乗|Lamborghini

2017年12月に世界デビューし、2018年2月には日本にも上陸したランボルギーニのスーパーSUV「ウルス」。アヴェンタドール、ウラカンに続く同社の第3のモデルだ。快適な乗り心地や高い地上高、ラグジュアリーな室内空間を備えており、街中での運
ランボルギーニ ミュージアムが装い新たに「テクノロジー博物館」としてオープン|Lamborghini

ランボルギーニ ミュージアムが装い新たに「テクノロジー博物館」としてオープン|Lamborghini

Lamborghini Museum|ランボルギーニ ミュージアムランボルギーニ ミュージアムが装い新たにオープンランボルギーニはイタリアのサンタアガタ ボロネーゼにある「ランボルギーニ ミュージアム」を新たに「MUDETEC」(Mudeo Delle Tecnologie、テクノロジー博物館)としてリニューアル。また、この再出発を記念して『Future Shapers since 1963』も10月31日(木)まで開催される。Text by YANAKA Tomomiランボルギーニの名車の数々を巡る旅装い新たに生まれ変わった「MUDETEC」。来場者はプログラムに沿って、「カウンタック」や「ミウラ」といったクラシックカーから近年のハイブリッド技術を採用したコンセプトカー「アステリオン」や「アヴェンタドールSVJ」に至るまで、ランボルギーニの名車の数々を巡っていき、最新技術に関するストーリーも見ることができる。リニューアルしたミュージアムでは、ランボルギーニならではの価値観や情熱、...
800台限定のアヴェンタドールSVJロードスターをジュネーブショーで披露|Lamborghini

800台限定のアヴェンタドールSVJロードスターをジュネーブショーで披露|Lamborghini

Lamborghini Aventador SVJ Roadster|ランボルギーニ アヴェンタドール SVJロードスター限定800台のアヴェンタドーSVJロードスターランボルギーニは、オープンモデルの「アヴェンタドー SVJ ロードスター」をジュネーブモーターショーで世界初披露。800台限定で生産すると発表した。Text by YANAKA Tomomiフラッグシップモデル「アヴェンタドールSVJ」のオープンモデル昨年発表されたランボルギーニの最新フラッグシップモデル「アヴェンタドールSVJ」に限定モデルとしてオープンモデルが誕生した。SVJロードスターの名前には超高速を意味する「スーペルヴェローチェ(SV)」と「イオタ(Jota)」のJが使われており、サーキットでの走行性能の高さを示すとランボルギーニでは謳う。事実、クーペはニュルブルクリンクオールドコースの量産最速ラップタイム6分44秒97を記録した。ロードスターでもクーペと同じく、6.5リッターV型12気筒エンジンをリアに搭...
FIA会長ジャン・ドット氏所有のミウラSVを披露|Lamborghini

FIA会長ジャン・ドット氏所有のミウラSVを披露|Lamborghini

Lamborghini Miura SV|ランボルギーニ ミウラ SVFIA会長ジャン・ドット氏所有のミウラSVを披露ランボルギーニ・ポロストリコは、フランス時間2月6日から10日にパリで開催されたクラシックカーの祭典「レトロモビル」に、レストアした「ミウラSV」を出展。オーナーであるFIA(国際自動車連盟)会長のジャン・ドット氏にキーが渡された。Text by YANAKA Tomomiレストア中の1966年製「ランボルギーニ 400GT」も展示2016年に設立されたランボルギーニのクラシックカーを対象とする車内部門ポロストリコ。クラシックカー用のスペアパーツの復元を担当し、可能な限りオリジナルに近い状態に維持できるようレストアしている。今回、ポロストリコが手掛けたのがFIA会長ジャン・ドット氏所有の「ミウラSV」。このミウラは、事故で廃車となってしまっていた1968年製ミウラSのシャシーナンバー「#3673」を引き継ぎ、1972年に南アフリカへ納品されたもの。赤いRosso C...
ランボルギーニの最新オープン「ウラカン エボ スパイダー」登場|Lamborghini

ランボルギーニの最新オープン「ウラカン エボ スパイダー」登場|Lamborghini

Lamborghini Huracan EVO Spyder|ランボルギーニ ウラカン EVO スパイダーランボルギーニの最新オープン「ウラカン エボ スパイダー」登場ランボルギーニは、スイスで開催されるジュネーブモーターショー(3月5日~17日)で、オープントップモデルの「ウラカンEVOスパイダー」をワールドプレミアすると発表した。Text by HARA Akira17秒で開閉する電動油圧式の軽量ソフトトップ採用今年初めに発表した「ウラカン EVO」に続くV10ウラカン EVOの第2のモデルとなる「ウラカン EVO スパイダー」は、クーペ用に開発した次世代ビークル ダイナミクス コントロールとエアロダイナミクスはそのままに、電動油圧式の軽量ソフトトップを搭載したオープントップバージョンだ。センターコンソールのボタンで操作するトップ部分は、50km/hまでならば走行中でも17秒で開閉ができる。オープン時には、ボディ同色の2つのフィンが折りたたみルーフのケースから立ち上がり、シート...
640psのランボルギーニ ウラカンEVOがデビュー|Lamborghini

640psのランボルギーニ ウラカンEVOがデビュー|Lamborghini

Lamborghini Huracan EVO|ランボルギーニ ウラカン エボランボルギーニ ウラカンがEVOに進化アウトモビリ・ランボルギーニは1月8日、「ウラカン ペルフォマンテ」の性能をもとに次世代車両力学制御と空気力学を取り入れ、640psのV10エンジンを搭載したスーパースポーツカー「ウラカン EVO」を発表した。Text by HARA Akira0-100km/h加速2.9秒、最高速度325km/h超を発揮ランボルギーニ「ウラカン EVO」がミッドに搭載する自然吸気の5.2リッターV10エンジンは、「ウラカン ペルフォマンテ」と同じ最高出力640ps(470KW)/8,000rpm、最大トルク600Nm/6,500rpmを発生する。ボディの乾燥重量は1,422kgでパワーウェイトレシオは2.22kg/psとなり、その加速は100km/hまで2.9秒、200km/hまで9.0秒と公称される。また100km/hからの停止距離はわずか31.9メートルで、最高速度は325km...
ランボルギーニのSUV「ウルス」にレース仕様のコンセプトモデル|Lamborghini

ランボルギーニのSUV「ウルス」にレース仕様のコンセプトモデル|Lamborghini

Lamborghini Urus ST-X Concept|ランボルギーニ ウルス ST-Xコンセプトランボルギーニが「ウルス」のレース仕様ST-Xを発表ランボルギーニは同社初のスーパーSUV「ウルス」のレース仕様モデル「ウルス ST-Xコンセプト」を、2018年スーパートロフェオ ワールドファイナルで発表した。Text by HARA Akira22020年開催のワンメイク チャンピオンシップのために構想ランボルギーニ「ウルス ST-Xコンセプト」は、同社のモータースポーツ部門であるスクアドラ・コルセが制作を担当。サーキットとオフロードを組み合わせた新しいワンメイクチャンピオンシップのために構想されたもので、市販モデルよりさらに最適化が図られたほか、スチール製ロールゲージ、消火器、FT3規格の燃料タンクなど、FIA公認の安全装備を備えている。搭載するV8ツインターボエンジンは最高出力650ps、最大トルク850Nmを発生。エクステリアは、それを効率的に冷却する大型エアインテーク、...
ランボルギーニ、ワンオフのスーパースポーツ「SC18」を公開|Lamborghini

ランボルギーニ、ワンオフのスーパースポーツ「SC18」を公開|Lamborghini

Lamborghini SC18|ランボルギーニSC18ランボルギーニがワンオフモデル「SC18」を公開ランボルギーニのモータースポーツ部門であるスクアドラ・コルセは、同部門初のワンオフ スーパースポーツモデル「SC18」を公開した。Text by HARA Akiraサーキットでの使用を想定ランボルギーニ「SC18」の特徴はサーキットでの使用を想定し、スクアドラ・コルセがレースで培った経験をもとにこのモデルのためだけに開発したエアロダイナミクスを採用した点だ。その詳細は、フロントフードの「ウラカンGT3 EVO」を思わせるエアインテーク、サイドとリアの「ウラカン スーパートロフェオ EVO」に着想を得たフェンダー、フィン、エアスクープ、リアのサーキットで最適なダウンフォースを発生させる3段階調整機構付きカーボンファイバー製大型ウイング、耐久レースで冷却性能の向上に実績がある12のエアインテーク付きリアフードなどだ。パワートレーンは、最高出力770ps/8,500rpm、最大トルク...
251 件