LAMBORGHINI

イタリアを代表するスポーツカーメーカーとして、常に対比されるのがFERRARI(フェラーリ)とLAMBORGHINI(ランボルギーニ)だ。しかし、それは至極当然のこと。なぜならランボルギーニの原点は、フェラーリを超えることだったのだから。 フェルッチオ・ランボルギーニがスポーツカーメーカーのランボルギーニ社を興したのは1963年。彼が47歳のことだ。第二次大戦後、トラクターやエアコンで財を築いたフェルッチオは、それまでに数々のスポーツカーを乗り継ぐが、どれひとつとして彼を満足させるものがなかった。フェラーリも例外ではなく、ある日、フェルッチオがエンツォ・フェラーリに愚痴を並べると、「君はトラクターでも転がしていればいい」と返されたことから、自らのブランドを立ち上げ、打倒フェラーリを掲げたというのはあまりにも有名な逸話だろう。 早速ランボルギーニは1963年のトリノショーに先進のV12と美しいボディを持つ「350GTV」を送り込み、翌年には生産型の「350GT」を世に送り出した。その後は一世を風靡した「ミウラ」や「カウンタック」などを発表するが、トラクター事業のつまずきやオイルショックの影響などから、自らの名を冠したスポーツカーメーカは人手にわたることになる。 その後もランボルギーニ社は幾度も身売りの憂き目に遭うが、1998年、アウディの傘下に収まってからは、順調な成長を見せている。現在はV12エンジンを積む「アヴェンタドール」とV10の「ガヤルド」をラインナップする。

ランボルギーニ ウラカンEVOに試乗──オーバー3千万円に見合った走りが堪能できる|Lamborghini

ランボルギーニ ウラカンEVOに試乗──オーバー3千万円に見合った走りが堪能できる|Lamborghini

ランボルギーニ・ジャパンは、ランボルギーニのあるライフスタイルを体感してもらうべく、雑誌やウェブメディア向けに箱根を往復する試乗イベント「Road to Hakone」を開催。箱根は仙石原にあるラグジュアリーリゾート「箱根リトリート」から東京・六本木の「ザ・リッツ・カールトン東京」までの往路ではウラカン EVOに試乗。あらためてその走りを味わった。
ランボルギーニ ウラカンにV10エンジンを搭載した後輪駆動の新モデル「テクニカ」誕生|Lamborghini

ランボルギーニ ウラカンにV10エンジンを搭載した後輪駆動の新モデル「テクニカ」誕生|Lamborghini

ランボルギーニがV10エンジン搭載の後輪駆動モデル「ウラカン テクニカ」を発表した。
SUVのひとつの究極──ランボルギーニ ウルスに試乗|Lamborghini

SUVのひとつの究極──ランボルギーニ ウルスに試乗|Lamborghini

ランボルギーニ・ジャパンは、ランボルギーニのあるライフスタイルを体感してもらうべく、雑誌やウェブメディア向けに箱根を往復する試乗イベント「Road to Hakone」を開催。東京・六本木の「ザ・リッツ・カールトン東京」から、箱根は仙石原にあるラグジュアリーリゾート「箱根リトリート」までの往路ではウルスに試乗。あらためてその走りを味わった。
カウンタックLPI800-4が初めての公道走行を披露|Lamborghini

カウンタックLPI800-4が初めての公道走行を披露|Lamborghini

ランボルギーニは、2021年8月にぺブルビーチ・コンコース・デレガンスで発表した「カウンタックLPI800-4」の初の公道走行した様子を発表した。
ランボルギーニ ウラカンSTOの試乗──内燃機関の魅力を極限まで推し進めたようなクルマ|Lamborghini

ランボルギーニ ウラカンSTOの試乗──内燃機関の魅力を極限まで推し進めたようなクルマ|Lamborghini

「ウラカンSTO」レースカーであるウラカン・スーパートロフェオSVOと、同GT3 EVOにインスピレーションを得て開発され、「公道も走れるレースカー」と謳われるランボルギーニ ウラカンSTO。ようやく日本に上陸した同モデルに、富士スピードウェイで試乗した。
ランボルギーニ、カウンタック50周年を記念した新型「カウンタックLPI 800-4」発表|Lamborghini

ランボルギーニ、カウンタック50周年を記念した新型「カウンタックLPI 800-4」発表|Lamborghini

アウトモビリ・ランボルギーニは8月13日、米ペブルビーチで開催された「ザ・クエイル・モータースポーツ・ギャザリング」で、新型スーパースポーツカー「カウンタックLPI 800-4」を発表した。伝説の名車である初代「カウンタック」の誕生50周年を記念した新型は、その社内プロジェクト名であった「LP112」にちなんで112台だけが限定生産されるという。
ランボルギーニ ミウラの最終進化形ミウラSV初披露から半世紀。その伝説を追う|Lamborghini

ランボルギーニ ミウラの最終進化形ミウラSV初披露から半世紀。その伝説を追う|Lamborghini

ランボルギーニの「ミウラSV」が1971年3月にジュネーブモーターショーで初披露されてから50年を迎えた。ランボルギーニのプロダクションの中でも最も高い人気を誇る“スーパーカー”誕生の足跡を追う。
レース仕様直系の公道モデル ランボルギーニ「ウラカンSTO」 その開発に携わったキーパーソンにインタビュー|Lamborghini

レース仕様直系の公道モデル ランボルギーニ「ウラカンSTO」 その開発に携わったキーパーソンにインタビュー|Lamborghini

ランボルギーニのレーシングモデル「スーパートロフェオ」からの技術やノウハウが注ぎ込まれた究極のロードモデル「ウラカン STO(スーパートロフェオ・オモロガータ)」。同モデルの開発に携わった3人のキーパーソンにオンラインで話を聞いた。
アヴェンタドールSの集大成となる限定モデルがデビュー|Lamborghini

アヴェンタドールSの集大成となる限定モデルがデビュー|Lamborghini

アウトモビリ・ランボルギーニはV12エンジン搭載のフラッグシップ「アヴェンタドールS」のクーペとロードスターに7台限定の「アヴェンタドールSジャパン リミテッドエディション」を設定した。
ランボルギーニ、スクアドラ・コルセが手掛けた公道仕様のオープントップレーシングカー「SC20」発表|Lamborghini

ランボルギーニ、スクアドラ・コルセが手掛けた公道仕様のオープントップレーシングカー「SC20」発表|Lamborghini

ランボルギーニのモータースポーツ部門スクアドラ・コルセは、公道仕様のオープントップレーシングカー「SC20」を発表した。
ランボルギーニ ウラカンに鮮やかなで大胆なカラーの新コレクション「フルオカプセル」発表|Lamborghini

ランボルギーニ ウラカンに鮮やかなで大胆なカラーの新コレクション「フルオカプセル」発表|Lamborghini

アウトモビリ・ランボルギーニは、「ウラカンEVO」に鮮やかで大胆なカラーの新コレクション「フルオカプセル」を発表。マットカラーのエクステリア、インテリアのアクセントカラー、トリムオプションで構成される。
六本木に世界2拠点目となる「THE LOUNGE TOKYO」をオープン|Lamborghini

六本木に世界2拠点目となる「THE LOUNGE TOKYO」をオープン|Lamborghini

アウトモビリ・ランボルギーニは、アメリカのニューヨークに続く2拠点目となるブランドの世界観を体感できるスペース「THE LOUNGE TOKYO」を六本木にオープン。同時に、世界的ファッションブランド「Yohji Yamamoto」とコラボレートした「アヴェンタドールS」を披露した。
子どもから大人まで楽しめるウラカンEVOの立体パズル|Lamborghini

子どもから大人まで楽しめるウラカンEVOの立体パズル|Lamborghini

アウトモビリ・ランボルギーニとボードゲーム・レクリエーション玩具メーカー、ラベンスバーガーがコラボレートし、「ウラカンEVO」の立体ジグゾーパズルをリリース。
タウンスピードでも楽しい──ランボルギーニ ウラカンEVOの後輪駆動モデルに公道試乗|Lamborghini

タウンスピードでも楽しい──ランボルギーニ ウラカンEVOの後輪駆動モデルに公道試乗|Lamborghini

ベビーランボと呼ばれて人気だったランボルギーニ・ガヤルド。その後継モデルとして2014年にデビューしたのがV10エンジン搭載モデルの「ウラカン」だ。今回試乗したのは2020年に登場した進化系モデルであるウラカンEVOの後輪駆動バージョンである「ウラカンEVO RWD」。今年1月にクーペ、5月にスパイダーが発表されており、試乗車としてどちらも用意されていた。サーキットを使用した試乗会が多いランボルギーニ だが、今回は箱根の一般道と高速道路が舞台だった。その意図とは。
ランボルギーニ、サーヴェロがコラボレーションした63台限定のロードバイクを発表|Lamborghini

ランボルギーニ、サーヴェロがコラボレーションした63台限定のロードバイクを発表|Lamborghini

アウトモビリ・ランボルギーニとサーヴェロ・サイクルズが63台限定のロードバイク「サーヴェロR5アウトモビリ・ランボルギーニ・エディション」を発表した。
283 件