ステランティスが新型プジョー308と308SWの日本での販売を開始|PEUGEOT

ステランティスが新型プジョー308と308SWの日本での販売を開始|PEUGEOT

ステランティスジャパンは4月13日、フルモデルチェンジしたCセグメントハッチバックの「プジョー308」と、そのステーションワゴン版「308SW」を日本に導入し、同日から受注を開始すると発表した。
電動化時代の会心作だった──プジョー3008 ハイブリッド4に試乗|PEUGEOT

電動化時代の会心作だった──プジョー3008 ハイブリッド4に試乗|PEUGEOT

プジョーの屋台骨を支えるCセグメントのSUV「3008」がフェイスリフトを受けたのを機に、プラグインハイブリッドモデル「GTハイブリッド4」が追加された。初夏より本格的にデリバリーが始まった同モデルに試乗した。
プジョー、フラッグシップモデル508にPHEVモデルを投入|Peugeot

プジョー、フラッグシップモデル508にPHEVモデルを投入|Peugeot

グループPSAジャパンは、プジョーのフラッグシップサルーン「508」にプラグインハイブリッド(PHEV)モデルの「508GTハイブリッド」とステーションワゴンの「508SW GTハイブリッド」を追加し、販売を開始した。同時に508のラインナップも刷新し、すべてのグレードを「GT」に統一。ガソリン、ディーゼル、PHEVと純粋にパワートレインの好みで508を選べる“パワー・オブ・チョイス”のコンセプトを明確化した。
プジョー、SUVテイストのMPV「リフター」に上級グレードの「GT」を導入|PEUGEOT

プジョー、SUVテイストのMPV「リフター」に上級グレードの「GT」を導入|PEUGEOT

グループPSAジャパンは、プジョーのMPV「リフター」に上級グレードの「GT」を導入。新ラインアップへと変更された。
プジョー3008がフェイスリフトを実施 プラグインハイブリッドモデルも追加|Peugeot

プジョー3008がフェイスリフトを実施 プラグインハイブリッドモデルも追加|Peugeot

グループPSAジャパンは、プジョーのCセグメントSUV「3008」にプラグインハイブリッドモデル「GTハイブリッド4」を追加するとともに、フェイスリフトするなどのアップデートを実施。販売を開始した。
よりモダンに、よりスタイリッシュに。5008がフェイスリフト|Peugeot

よりモダンに、よりスタイリッシュに。5008がフェイスリフト|Peugeot

グループPSAジャパンは、プジョーの7シータSUV「5008」をマイナーチェンジし、販売を開始した。
プジョー誕生210周年を記念するジャンゴの限定車が登場|Peugeot

プジョー誕生210周年を記念するジャンゴの限定車が登場|Peugeot

プジョーが210周年を迎えることを記念し、バイク「ジャンゴ 125 ABS 210周年リミテッドエディション」が21台限定で発売された。
初のフルモデルチェンジを迎えたプジョーのコンパクトSUV「SUV 2008」が日本に上陸|Peugeot

初のフルモデルチェンジを迎えたプジョーのコンパクトSUV「SUV 2008」が日本に上陸|Peugeot

グループSPAジャパンは、プジョーのコンパクトSUV「SUV 2008」をフルモデルチェンジ。ガソリンモデルのほかにフルEVモデルも追加し、販売を開始した。
プジョー208が日本デビュー、ガソリンとEVをラインナップ |Peugeot

プジョー208が日本デビュー、ガソリンとEVをラインナップ |Peugeot

グループPSAジャパンは7月2日、プジョーブランドのBセグメントコンパクトハッチバック「208」と、ピュアEV「e-208」を発表し、同日から販売を開始した。
SDG’Sの時代のクルマ選び──サステイナブルにクルマに乗る、とは今後どういうことなのか?

SDG’Sの時代のクルマ選び──サステイナブルにクルマに乗る、とは今後どういうことなのか?

地球温暖化に対する早急な対策が世界的な課題となり、温室効果ガス排出量に対する欧米を中心とした規制が厳しさを増す昨今。EVやPHV、ハイブリッド車など、環境への負荷の少ないクルマへシフトする動きがますます顕著化している。そんな時代において、クルマ好きとしてどんなクルマに乗るべきなのだろうか。自動車ライターの南陽一浩氏が解説する。
パノラミックサンルーフなどを盛り込んだプジョーSUVの|Peugeot

パノラミックサンルーフなどを盛り込んだプジョーSUVの|Peugeot

グループPSAジャパンは、プジョーのSUV「5008」と「3008」にパノラミックサンルーフなどを盛り込んだ特別仕様車「クロスシティ ブルーHDi」を設定。販売を開始した。
ブラックで精悍さを強調するプジョー2008の特別モデル|Peugeot

ブラックで精悍さを強調するプジョー2008の特別モデル|Peugeot

プジョー シトロエン ジャポンは、プジョーブランドのコンパクトSUV「2008」の内外装にブラックパーツを採用した特別仕様車「2008 GTライン ブラックパック」 を発売した。
プジョー208アリュールに装備充実の特別仕様車|Peugeot

プジョー208アリュールに装備充実の特別仕様車|Peugeot

Peugeot 208 Allure Fun Edition|プジョー 208アリュール ファン エディション208アリュールに装備充実の特別仕様車プジョー・シトロエン・ジャポンは5月23日(木)、コンパクトハッチバック「208」に特別仕様車「208 アリュール ファン エディション」を設定し、販売を開始した。Text by YANAKA Tomomi専用色プラチナ グレーなど4色のボディカラー208にあらたな特別仕様車「ファン エディション」が投入された。ベースとなるのは1.2リッター直列3気筒ガソリンターボエンジを搭載している上級グレードの「アリュール」。同ユニットは最高出力81kW(110ps)、最大トルク205Nmを発生し、6段AT(EAT6)が組合わされる。通常の「アリュール」でもバックソナーやバックアイカメラなどの安全装備が備わるが、「ファン エディション」ではさらに特別装備としてフロントソナー&パークアシスト、16インチ アロイホイールも用意される。またプラス10万円...
プジョー3008、5008が新エンジンと8段ATを採用|Peugeot

プジョー3008、5008が新エンジンと8段ATを採用|Peugeot

Peugeot 5008|プジョー 5008Peugeot 3008|プジョー 3008プジョー3008、5008が新エンジンと8段ATを採用|プジョー・シトロエン・ジャポンは5月21日(火)、プジョーのCセグメントSUV「3008」と「5008」に改良型のガソリンエンジンと電子制御式8段ATを搭載し、「3008 アリュール」「3008GT」「5008アリュール」として設定。販売を開始した。Text by YANAKA Tomomiユーロ6.2に対応する改良型ガソリンエンジン2017年3月にデビューした「3008」と3列7人乗りの「5008」に改良型のエンジンと8段ATトランスミッションが搭載された。これにより3008と5008は全車ラインナップでトランスミッションの8段化を達成した。搭載されるエンジンは従来の1.6リッター直列4気筒ターボを改良し、欧州新排ガス規制ユーロ6.2に対応したもの。ガソリン微粒子フィルタを採用し、排出ガスのクリーン化、フリクションの低下、そして電子制御ウ...
163 件