PORSCHE

ドイツを代表するスポーツカーブランドとして世界中の腕利きから圧倒的な支持を得ているのがPORSCHE(ポルシェ)である。はじまりは1931年。20代の頃から自動車エンジニアとして頭角をあらわした奇才・フェルディナンド・ポルシェは、ダイムラー社の技術部長を経験したあと、ドイツのシュトゥットガルトに「ポルシェ設計事務所」を設立して独立。以後、自動車メーカーからさまざまなクルマの開発を託されることになる。なかでも有名なのが、ドイツの「国民車」としてモータリゼーションに大きく貢献した「フォルクスワーゲン・ビートル」だ。 自動車メーカーとして、自らの名を初めて冠したのは、1948年に登場した「356」であった。それからポルシェは「911」「924」「928」といったスポーツカーを世に送り出すとともに、モータースポーツに力を注ぐ。たとえば、世界でもっとも苛酷なレースといわれるルマン24時間で16回の優勝を手に入れたほか、F1でもエンジンサプライヤーとして3度のシリーズ優勝に貢献するなど、輝かしい戦績を収めたのだった。その技術力と走りへのこだわりがいまなお彼らの製品に息づいているのはいうまでもない。 現在は、デビューから45年が経ったいまでもスポーツカーのトップランナーとして高い評価を得る「911」をはじめ、オープンスポーツの「ボクスター」、ボクスターのクーペ版の「ケイマン」、そして、プレミアムスポーツSUVの「カイエン」、5ドアハッチバック「パナメーラ」と、ラインナップすべてが高い人気を誇る。

ポルシェ911のレストアで“レストモッド” ブームを牽引する「シンガー」がコーンズと提携|Singer

ポルシェ911のレストアで“レストモッド” ブームを牽引する「シンガー」がコーンズと提携|Singer

カリフォルニアを拠点に、空冷ポルシェ「911」のレストアと再構築をオーダーメイドで手掛け、その完成度の高さで世界的に知られるシンガー。同社が、輸入自動車販売のコーンズ・グループと日本でのレストア依頼をサポートするパートナーシップ契約を締結した。また、両社がオーナーらに向けて開催したイベントでは、シンガーによって再構築された2台のポルシェ911が披露された。
61年の歴史で初となるハイブリッド911がデビューへ|Porsche

61年の歴史で初となるハイブリッド911がデビューへ|Porsche

ポルシェは、ハイブリッドシステムを搭載した初めての「911」を日本時間の5月28日(火)22時にデジタルワールドプレミアすると発表した。
新ハイブリッドシステムで大幅パワーアップ──ポルシェ、新型パナメーラにPHEVモデルを導入|Porsche

新ハイブリッドシステムで大幅パワーアップ──ポルシェ、新型パナメーラにPHEVモデルを導入|Porsche

ポルシェは、「パナメーラ」にプラグインハイブリッド(PHEV)モデルの「パナメーラ4 E-ハイブリッド」と「パナメーラ4S E-ハイブリッド」を導入すると発表した。
食が育てる人、そして紡がれる物語の価値|PORSCHE

食が育てる人、そして紡がれる物語の価値|PORSCHE

ポルシェジャパン代表のフィリップ・フォン・ヴィッツェンドルフ社長がいま、何を見て何を思考しているかを解き明かすクロスインタビュー。今回は「食を通じて健康を伝えたい」と実践料理研究家、そしてみそ探訪家として活躍する岩木みさきさんと、食をテーマに語り合う。
第3世代の新型パナメーラが上海でワールドプレミア──日本での予約受注を開始|Porsche

第3世代の新型パナメーラが上海でワールドプレミア──日本での予約受注を開始|Porsche

ポルシェジャパンは第3世代となる新型「パナメーラ」と四輪駆動モデル「パナメーラ4」の受注を開始した。
日本の書という伝統文化を通じて見える 普遍の「美意識」について|PORSCHE

日本の書という伝統文化を通じて見える 普遍の「美意識」について|PORSCHE

ポルシェジャパン代表のフィリップ・フォン・ヴィッツェンドルフ社長がいま、何を見て何を思考しているかを解き明かすクロスインタビュー。今回は書家/アーティストの岡西佑奈さんとともに、美意識について語る。対談にあたり、フィリップ社長から事前に好きな単語を伺い、岡西さんには対談冒頭でそれを作品にしていただいた。サプライズからはじまったクロスインタビューの展開は。
新型ポルシェ カイエンに史上もっともパワフルなモデルが登場|Porsche

新型ポルシェ カイエンに史上もっともパワフルなモデルが登場|Porsche

ポルシェジャパンは、ポルシェのSUVモデルの中でもっともパワフルな「カイエン ターボ E-ハイブリッド」と「カイエン ターボ E-ハイブリッド クーペ」の予約受注を8月29日(火)から開始した。
言葉を発する人と、それを伝える人の 「コミュニケーションの本質」とは|PORSCHE

言葉を発する人と、それを伝える人の 「コミュニケーションの本質」とは|PORSCHE

ポルシェジャパンのフィリップ・フォン・ヴィッツェンドルフ社長がいま、何を見て何を思考しているかを解き明かすクロスインタビュー。今回のゲストはフィリップ社長が絶大な信頼を寄せる通訳者の橋本美穂さん。自らの言葉を委ねられると判断した理由、そして言葉を発する側と託される側、双方が考えるコミュニケーションの本質とは。
ポルシェ75年&テノールの巨星が選ぶ「至高のエンジン音」──コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ2023が開催| Concorso d’Eleganza Villa d’Este

ポルシェ75年&テノールの巨星が選ぶ「至高のエンジン音」──コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ2023が開催| Concorso d’Eleganza Villa d’Este

イタリア北部、世界的な高級リゾートとして知られるコモ湖のほとりを舞台に開催される「コンコルソ デレガンツァ ヴィラ・デステ」、通称「ヴィラ・デステ コンクール」が2023年5月19日から22日にわたって開催された。現存する世界最古のコンクール デレガンスを、イタリア在住のジャーナリスト、大矢アキオ氏がリポートする。
クルマと水、この必要不可欠ものでサステナビリティを社会を実現させる|PORSCHE

クルマと水、この必要不可欠ものでサステナビリティを社会を実現させる|PORSCHE

好調ポルシェジャパンを率いるフィリップ・フォン・ヴィッツェンドルフ社長がいま、何を見て何を思考しているかを解き明かすクロスインタビュー。ゲストは紙パックナチュラルウォーター「HAVARY’S JAPAN NATURAL WATER」で知られるハバリーズCEO矢野玲美(やの・れみ)さん。果たしてサステナブル社会の実現に向けた共通の思いとは。
911GT3譲りの心臓を持つ初のミッドシップスパイダー「718スパイダーRS」がデビュー|Porsche

911GT3譲りの心臓を持つ初のミッドシップスパイダー「718スパイダーRS」がデビュー|Porsche

ポルシェジャパンは、「911GT3」から受け継いだ高回転の自然吸気エンジンを搭載する初のオープントップ・ミッドエンジンスポーツカーの新型「718スパイダーRS」の受注を開始した。
ポルシェ史上、最大級の製品アップグレード──新型カイエンがデビュー|Porsche

ポルシェ史上、最大級の製品アップグレード──新型カイエンがデビュー|Porsche

ポルシェジャパンは4月18日、開催中の上海モーターショーでワールドプレミアした新型「カイエン」、「カイエンS」、「カイエンE-ハイブリッド」の予約受注を同日から開始すると発表した。
大胆かつスポーティ。タグ・ホイヤー×ポルシェ オレンジレーシングが発表|TAG HEUER×Porsche

大胆かつスポーティ。タグ・ホイヤー×ポルシェ オレンジレーシングが発表|TAG HEUER×Porsche

タグ・ホイヤーとポルシェが新たに、レース界をオマージュしたコラボレーションモデル、「タグ・ホイヤー カレラ クロノグラフ × ポルシェ オレンジレーシング」を発表した。
新型ポルシェ カイエンがこの春ワールドプレミア──ポルシェ史上でも最大級の広範なアップグレード|Porsche

新型ポルシェ カイエンがこの春ワールドプレミア──ポルシェ史上でも最大級の広範なアップグレード|Porsche

ポルシェAGは、2023年春に予定されている新型カイエンのワールドプレミアに向け、最終の準備を進めている。ポルシェの高い品質基準を満たすために、現在、プロトタイプとプレプロダクション車両による厳しい耐久試験を実施しているという。
ケースサイドに“Carrera”ロゴ。車体全体をキャンバスにするスポーツカーのデザインコードを踏襲|TAG HEUER

ケースサイドに“Carrera”ロゴ。車体全体をキャンバスにするスポーツカーのデザインコードを踏襲|TAG HEUER

タグ・ホイヤーとポルシェの共同プロダクトデザイン第4弾は、2022年に誕生50周年を迎える、初めてカレラの名を冠したポルシェ 911 カレラ RS 2.7をトリビュート。そのレーシングスピリットとパフォーマンスを余すことなく表現した2モデルに心が躍る。
668 件