PORSCHE

ドイツを代表するスポーツカーブランドとして世界中の腕利きから圧倒的な支持を得ているのがPORSCHE(ポルシェ)である。はじまりは1931年。20代の頃から自動車エンジニアとして頭角をあらわした奇才・フェルディナンド・ポルシェは、ダイムラー社の技術部長を経験したあと、ドイツのシュトゥットガルトに「ポルシェ設計事務所」を設立して独立。以後、自動車メーカーからさまざまなクルマの開発を託されることになる。なかでも有名なのが、ドイツの「国民車」としてモータリゼーションに大きく貢献した「フォルクスワーゲン・ビートル」だ。 自動車メーカーとして、自らの名を初めて冠したのは、1948年に登場した「356」であった。それからポルシェは「911」「924」「928」といったスポーツカーを世に送り出すとともに、モータースポーツに力を注ぐ。たとえば、世界でもっとも苛酷なレースといわれるルマン24時間で16回の優勝を手に入れたほか、F1でもエンジンサプライヤーとして3度のシリーズ優勝に貢献するなど、輝かしい戦績を収めたのだった。その技術力と走りへのこだわりがいまなお彼らの製品に息づいているのはいうまでもない。 現在は、デビューから45年が経ったいまでもスポーツカーのトップランナーとして高い評価を得る「911」をはじめ、オープンスポーツの「ボクスター」、ボクスターのクーペ版の「ケイマン」、そして、プレミアムスポーツSUVの「カイエン」、5ドアハッチバック「パナメーラ」と、ラインナップすべてが高い人気を誇る。

カレラRS2.7をモチーフとした新型ポルシェ911スポーツクラシックが登場|Porsche

カレラRS2.7をモチーフとした新型ポルシェ911スポーツクラシックが登場|Porsche

ポルシェAGは4月28日、4モデルの登場が予定されているポルシェヘリテージデザインモデルの2番目となる、新型「ポルシェ911スポーツクラシック」を発表。世界限定1,250台が販売される。
日本初の都市型コンセプトストア「ポルシェスタジオ日本橋」がオープン|Porsche

日本初の都市型コンセプトストア「ポルシェスタジオ日本橋」がオープン|Porsche

ポルシェジャパンは、日本初の都市型コンセプトストア「ポルシェスタジオ日本橋」を東京日本橋タワーアネックスに2022年4月1日(金)オープンした。
“T”の名を冠した最初の4ドアモデル、ポルシェ マカン Tがデビュー|Porsche

“T”の名を冠した最初の4ドアモデル、ポルシェ マカン Tがデビュー|Porsche

ポルシェジャパンは、ミドルサイズSUV「マカン」に新グレード「マカンT」を設定。予約受注を開始した。
ポルシェデザインの50周年を祝う911タルガ4GTSの限定モデルが登場|Porsche

ポルシェデザインの50周年を祝う911タルガ4GTSの限定モデルが登場|Porsche

ポルシェジャパンは、ポルシェデザインの50周年を記念し、「911タルガ4GTS」をベースにした750台限定の「911エディション50Yポルシェデザイン」を発表。予約受注を開始した。
ポルシェ カイエンにサテンプラチナ塗装のデザインエレメントが光る特別仕様車|Porsche

ポルシェ カイエンにサテンプラチナ塗装のデザインエレメントが光る特別仕様車|Porsche

ポルシェジャパンは、SUV「カイエン」に特別仕様車「プラチナエディション」を発表。予約受注を開始した。
タイカンに初めて航続距離500kmの壁を破るグランツーリスモスポーツモデルが誕生|Porsche

タイカンに初めて航続距離500kmの壁を破るグランツーリスモスポーツモデルが誕生|Porsche

ポルシェジャパンは、フル電動スポーツカー「タイカン」のモデルレンジに、500km以上の航続距離を備えるグランツーリスモスポーツモデル(GTS)「タイカンGTS」を導入。予約受注を開始した。
718レンジのトップモデル、718ケイマンGT4 RSが予約受注を開始|Porsche

718レンジのトップモデル、718ケイマンGT4 RSが予約受注を開始|Porsche

ポルシェジャパンは11月17日(水)、718レンジのトップモデル「718ケイマンGT4 RS」の予約受注を開始した。
ポルシェ好きには天国のような場所──「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」に行ってみた|Porsche

ポルシェ好きには天国のような場所──「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」に行ってみた|Porsche

ポルシェが世界で展開するスポーツドライビングとブランド体験ができる施設「ポルシェ・エクスペリエンスセンター」。世界で9番目、日本では初めて開設される「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」が10月1日にオープンした。43ヘクタールを誇る敷地に、2.1kmの周回距離を持つ「ハンドリングトラック」をはじめ、「キックプレート」「ローフリクションハンドリング」など6つのモジュールで構成された同センターにさっそく訪れた。
ポルシェ、クラシックモデルに対応したインフォテインメントシステムを発売|Porsche

ポルシェ、クラシックモデルに対応したインフォテインメントシステムを発売|Porsche

ポルシェジャパンは、クラシックモデルに対応したコミュニケーションマネジメントシステムの販売をスタート。クラシックモデルでもタッチスクリーンディスプレイから音楽再生や電話機能などを利用できるようになった。
ポルシェ、アップデートしたタイカン2022年モデルを発表|Porsche

ポルシェ、アップデートしたタイカン2022年モデルを発表|Porsche

ポルシェAGは電動モデル(EV)「タイカン」とクロスオーバーEV「タイカンクロスツーリスモ」の2022年モデルを発表。リモートパークアシストの利用が可能となったほか、インフォテインメントシステムでAndroid Autoが接続できるようになった。
ポルシェ、フル電動モータースポーツのコンセプトモデル「ミッションR」を発表|Porsche

ポルシェ、フル電動モータースポーツのコンセプトモデル「ミッションR」を発表|Porsche

ポルシェは9月7日、独ミュンヘンで開催中のIAA 2021で、最先端のテクノロジーと持続可能な素材を融合したフル電動コンペティションカーのコンセプトモデル「ミッションR」を発表した。
2021年新作「スポーツ・クロノ・サブセコンド 39」全3機種を発表|PORSCHE DESIGN

2021年新作「スポーツ・クロノ・サブセコンド 39」全3機種を発表|PORSCHE DESIGN

ポルシェ・デザインが2020年にリリースした「スポーツ・クロノ・コレクション」は、ポルシェ スポーツカーのクラシックなデザイン、マテリアル、パフォーマンス特性をリストウオッチとして再現したコレクションだ。この2021年新作として、初めて39ミリ径ケースを採用した「スポーツ・クロノ・サブセコンド 39」全3モデルが発表された。ダイアルカラーはブラック、ブラウン、ブルーの3つから選択可能だ。
ポルシェ・デザインがオールブラックの「1919 グローブタイマー UTC」を発表|PORSCHE DESIGN

ポルシェ・デザインがオールブラックの「1919 グローブタイマー UTC」を発表|PORSCHE DESIGN

ポルシェ・デザインより、オールブラックの「1919 グローブタイマー UTC」が発表された。ポルシェ車のインテリアと同じ素材を採用し、機能面ではボタンをプッシュするだけで時刻調整が行える、GMT表示機構搭載のスポーティなウオッチだ。
日本初となるポルシェのブランド体感施設が10月オープン|Porsche

日本初となるポルシェのブランド体感施設が10月オープン|Porsche

ポルシェジャパンは、ポルシェが世界で展開するスポーツドライビングとブランド体験ができる施設「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」を2021年10月1日(金)に千葉県木更津市にオープンすると発表。7月29日からプログラムの予約受付を開始した。
新ハイパーカーメーカー「ブガッティ-リマック」が誕生へ|Bugatti-Rimac

新ハイパーカーメーカー「ブガッティ-リマック」が誕生へ|Bugatti-Rimac

ポルシェAGとリマックは、ブガッティを組み込んだ合弁会社を設立し、新たなハイパーカーメーカー「ブガッティ-リマック」を立ち上げると発表した。
651 件