PORSCHE

ドイツを代表するスポーツカーブランドとして世界中の腕利きから圧倒的な支持を得ているのがPORSCHE(ポルシェ)である。はじまりは1931年。20代の頃から自動車エンジニアとして頭角をあらわした奇才・フェルディナンド・ポルシェは、ダイムラー社の技術部長を経験したあと、ドイツのシュトゥットガルトに「ポルシェ設計事務所」を設立して独立。以後、自動車メーカーからさまざまなクルマの開発を託されることになる。なかでも有名なのが、ドイツの「国民車」としてモータリゼーションに大きく貢献した「フォルクスワーゲン・ビートル」だ。 自動車メーカーとして、自らの名を初めて冠したのは、1948年に登場した「356」であった。それからポルシェは「911」「924」「928」といったスポーツカーを世に送り出すとともに、モータースポーツに力を注ぐ。たとえば、世界でもっとも苛酷なレースといわれるルマン24時間で16回の優勝を手に入れたほか、F1でもエンジンサプライヤーとして3度のシリーズ優勝に貢献するなど、輝かしい戦績を収めたのだった。その技術力と走りへのこだわりがいまなお彼らの製品に息づいているのはいうまでもない。 現在は、デビューから45年が経ったいまでもスポーツカーのトップランナーとして高い評価を得る「911」をはじめ、オープンスポーツの「ボクスター」、ボクスターのクーペ版の「ケイマン」、そして、プレミアムスポーツSUVの「カイエン」、5ドアハッチバック「パナメーラ」と、ラインナップすべてが高い人気を誇る。

電動化された魂──ポルシェのフル EV「タイカン」がジャパンプレミア|Porsche

電動化された魂──ポルシェのフル EV「タイカン」がジャパンプレミア|Porsche

11月20日、東京都内でポルシェ初のフル電動4ドアスポーツサルーンとなる「タイカン」のジャパンプレミアが行われた。
ポルシェ タイカンのエントリーモデル「タイカン4S」デビュー |Porsche

ポルシェ タイカンのエントリーモデル「タイカン4S」デビュー |Porsche

独ポルシェは、フル電動スポーツカー「タイカン」シリーズのエントリーモデルとなる「タイカン4S」を発表した。
パナメーラの誕生10周年を記念したスペシャルエディションが登場| Porsche

パナメーラの誕生10周年を記念したスペシャルエディションが登場| Porsche

ポルシェAGは現地時間10月2日(水)、ポルシェ初の4ドアハッチバックサルーン「パナメーラ」の10周年を記念したスペシャルエディション「パナメーラ10イヤーエディション」を発表した。
マカンのトップグレード「マカンターボ」の予約受注をスタート| Porsche

マカンのトップグレード「マカンターボ」の予約受注をスタート| Porsche

ポルシェジャパンは10月1日(火)、コンパクトSUV「マカン」のトップモデルとなる「マカンターボ」の予約受注を開始した。
史上最強となるポルシェ カイエンの予約受注を開始|Porsche

史上最強となるポルシェ カイエンの予約受注を開始|Porsche

ポルシェジャパンは、カイエンシリーズのトップエンドモデル、「新型カイエンターボSEハイブリッド」と「新型カイエンターボSEハイブリッドクーペ」の予約受注を9月13日(金)より開始した。
ポルシェ初となるフルEV「タイカン」がついにワールドプレミア|Porsche

ポルシェ初となるフルEV「タイカン」がついにワールドプレミア|Porsche

ポルシェAGは9月4日(水)、北米、中国、ヨーロッパの3大陸で同時に、ポルシェ初となるフルEVスポーツカー「タイカン」をワールドプレミアした。
ポルシェ初の電動SUV「タイカン」がニュル最速新記録を達成|Porsche

ポルシェ初の電動SUV「タイカン」がニュル最速新記録を達成|Porsche

ポルシェA.G.は、初のフルEVスポーツカー「タイカン」が、9月のワールドプレミアを前にドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおいて、フルEV4ドアスポーツカーとして最速となる7分42秒のラップタイムを記録したと発表した。
ポルシェ カイエンクーペに試乗|Porsche

ポルシェ カイエンクーペに試乗|Porsche

ポルシェ カイエンの派生モデルとして、2019年3月に発表されたカイエンクーペ。リアに向かってルーフラインが傾斜するスポーティなフォルムが印象的だが、実際に走った印象はどうなのだろうか? モータージャーナリスト九島辰也氏によるリポートをお送りする。
新型911のエントリーモデルがデビュー|Porsche

新型911のエントリーモデルがデビュー|Porsche

ポルシェAGは7月30日、8代目となる新型ポルシェ911(992型)のエントリーモデルである「911カレラ」「911カレラ カブリオレ」を発表。すでにデビューしている高性能な「S」「4S」モデルに追加されたことで、911シリーズのモデルレンジが拡大した。
ポルシェ初のフルEVスポーツカーが中国でデモランを実施|Porsche

ポルシェ初のフルEVスポーツカーが中国でデモランを実施|Porsche

ポルシェは、9月にワールドプレミアされる予定の新型EVスポーツカー「タイカン」プロトタイプのデモンストレーション走行イベントを中国・上海で実施。今後、英国と米国でも実施する。
ポルシェ、6気筒NAの718スパイダー、718ケイマンGT4を追加|Porsche

ポルシェ、6気筒NAの718スパイダー、718ケイマンGT4を追加|Porsche

ポルシェAGは6月18日(火)、4リッター6気筒の自然吸気ボクサーエンジンを搭載する「718スパイダー」と「718ケイマンGT4」を718シリーズのトップモデルとして追加すると発表した。
新型ポルシェ911ジャパンプレミア|Porsche

新型ポルシェ911ジャパンプレミア|Porsche

Porsche 911|ポルシェ 911新型ポルシェ911が日本上陸ポルシェジャパンは5月29日、第8世代となる911(992型)の日本仕様を都内で発表した。7月上旬よりデリバリーされる仕様は4種類。AWDの「カレラ4S」とRWDの「カレラS」というふたつの駆動方式に、それぞれのクーペと電動開閉式ソフトトップのカブリオレというボディバリエーションだ。すべて右ハンドル、トランスミッションは8段PDKとなる。Photographs by SATO YukiText by NANYO Kazuhiro成長をつづけるポルシェの切り札日本市場で2018年まで9年連続で販売台数を伸ばし、今年は10期連続成長を目指すポルシェにとって切り札となるニューモデルが、伝統の大看板である今回の新型「911」、そして9月上旬に投入される予定のEVスポーツサルーン「タイカン」だ。新型911プレスカンファレンスの壇上で、ポルシェジャパン代表取締役社長の七五三木敏幸氏は、タイカンのデビューに備え、全国のポルシェセ...
祐真朋樹が新型911を語る|Porsche

祐真朋樹が新型911を語る|Porsche

Porsche 911 Carrera S & 4S|ポルシェ 911 カレラS & 4S編集大魔王、祐真朋樹が新型911を語るポルシェ911の機能美より肝心なもの7世代目へと進化したポルシェ911(992型)が、7月5日からついに日本でも発売される。歴代モデルで進化に次ぐ進化を重ね、「最新の911は最良の911」と評され、スポーツカーとしてひとつの頂点を極めた911。その最新モデルのジャパンプレミアイベントに参加した祐真朋樹が同車の魅力を語る。Photographs by SATO YukiText by NANYO Kazuhiro911はデザイン優先のクルマだ5月29日、都下で行われた新型ポルシェ911(992型)のジャパンプレミア。スモークが焚かれる会場でヴェールの下から姿を現した911カレラ4Sと同カレラSに、じっくりと熱い視線を投げかけつつ、祐真朋樹はこう述べた。「911と言えば、ポルシェのアイコン的存在ですよね。僕にとっても、やはりポルシェと言えば91...
604 件