グッドウッドで2台のスペシャルな911がデビュー|Porsche

グッドウッドで2台のスペシャルな911がデビュー|Porsche

Porsche 911GT2RS|ポルシェ 911GT2RSPorsche 911 Turbo Exclusive Series|ポルシェ 911ターボ エクスクルーシブ シリーズグッドウッドで2台のスペシャルな911がデビューイギリス南部グッドウッドで毎年6、7月頃に開催されている自動車の祭典「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」。今年はポルシェが2台のスペシャルな911をお披露目した。現地に足を運んだ小川フミオ氏が詳細をリポートする。Text by OGAWA Fumio最も速く最もパワフルな911ポルシェは911ファンをやきもきさせるようなニューモデルを発売した。歴代最もパワフルな後輪駆動の「911GT2RS」と、特別な内外装をもちベース車両よりもパワーアップした「911ターボ エクスクルーシブシリーズ」だ。2台が発表されたのは英国南部グッドウッド。2017年6月末の週末に開催された「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」のタイミングを利用して、ジャーナリス...
最新のポルシェ911ターボに試乗|Porsche

最新のポルシェ911ターボに試乗|Porsche

Porsche 911 Turbo|ポルシェ 911ターボ最新のポルシェ911ターボに試乗世界でもっともバーゲン価格のスーパースポーツカー昨年12月に、ほかの911ファミリーと同じく991型の改良版へ進化した、ポルシェ「911ターボ」。991 II型の発表に合わせて「911カレラ」をはじめ一部モデルを除くほとんどの911シリーズがターボチャージャー付きエンジンを搭載するなか、これまでトップモデルとして与えられてきた称号「ターボ」を名乗る矜持はどこにあるのか。河村康彦氏が南アフリカのサーキットと公道で試乗し、その答えを探る。Text by KAWAMURA Yasuhiko進化し続けるポルシェ911水平対向デザインのエンジンや、リアエンジンのレイアウト ―― ある意味“孤高”とも呼べそうなそうしたテクノロジーにこだわり、それを徹底して磨き上げることで、今も世界第一級のスポーツカーとしての座を守り抜くポルシェ「911」。半世紀以上に及ぶ長い歴史のあいだで共に歩んで来た多様な嗜好を持つユ...
911ターボも991 IIに進化|Porsche

911ターボも991 IIに進化|Porsche

Porsche 911 Turbo|ポルシェ 911 ターボPorsche 911 Turbo Cabriolet|ポルシェ 911 ターボ カブリオレ911ターボも991 IIに進化ダウンサイジングターボの搭載などをメインに、ビッグマイナーチェンジをおこなっている「911」シリーズ。その本命、「911ターボ」の進化したニューモデルが来年1月のデトロイト モーターショーでワールドプレミアされる。ベールモデルである911ターボのほか、高性能版となる「911ターボ S」と、オープン仕様「911ターボ カブリオレ」「911ターボ S カブリオレ」もそれぞれ同時に発表。12月1日より日本でも受注を開始している。Text by SAKURAI Kenichiいよいよ991 IIのラインナップが完成ポルシェ「911」の最新モデル、コードネーム991型にマイナーチェンジが実施され、まずその第1弾として後輪駆動の「カレラ」と「カレラ S」が、今秋開催されたフランクフルト モーターショーで世界初公開...
東京モーターショーに集結した、キーパーソンにインタビュー|Porsche

東京モーターショーに集結した、キーパーソンにインタビュー|Porsche

Porsche|ポルシェ911カレラ4ディレクター Dr.エアハルト・メスレ氏ターボ化の目的は燃費向上とパワーアップ(1)東京モーターショーで、新世代の「911カレラ4」をお披露目したポルシェ。最大の眼目は、フラットシックスの排気量が縮小されて、ターボ化されたところにある。すでに「911ターボ」があるのに,カレラもターボとは? ポルシェはいま何を考えているのか。911カレラ4ディレクターのDr.エアハルト・メスレ氏が、“2020年戦略”を語った。Text by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki911カレラと911ターボは別モノ911があたらしい時代に入りつつある。東京モーターショーに先がけて、2015年9月に開催されたフランクフルトの自動車ショーでベールを脱いだ「911カレラ」。その時のプレスリリースには、下記のようにある。「40 年以上にわたりポルシェが蓄積してきたターボ技術のノウハウにより、ニュー911 カレラのエンジンはパフ...
ポルシェ 911─その50年|Porsche

ポルシェ 911─その50年|Porsche

Porsche 911|ポルシェ 911ポルシェ 911 ― その50年ポルシェ911が誕生から50周年を迎えた。水平対向6気筒エンジンをリアに搭載した2ドアクーペというレイアウトはそのままに、時代をリードするスポーツカーでありつづけた911。その希世の存在を多角的に読み解く。911 50周年 ワールドツアーリポート 第1回―901篇911誕生50周年を祝う「911ワールドツアー」。その皮切りはもちろん、ポルシェのお膝元シュトゥットガルトで開催された。7世代を数える911を一気に試すこの前代未聞の大試乗会に参加した島下泰久氏からのリポート、第一回目はもちろん、元祖911こと901型だ。911 50周年 ワールドツアーリポート 第2回―930、964、993篇より高性能に、より快適に。モデルバリエーションを拡大しながら、911は進化し、スポーツカーとしてその地位を盤石なものとしていった。リポート2回目は、911の道筋において、ひとつの黄金期たる空冷911をテスト。 911 50周年 ...
PORSCHE 911 TURBO|全方位的に性能アップ

PORSCHE 911 TURBO|全方位的に性能アップ

PORSCHE 911 TURBO|ポルシェ 911ターボ全方位的に性能アップポルシェ ジャパンは、9月15日に開幕するフランクフルトモーターショーでワールドプレミアムとなるポルシェの新たなフラッグシップ・モデル、ポルシェ911ターボ カブリオレ、911ターボの受注をポルシェ正規販売店において開始した。写真=ポルシェ ジャパン最高出力は500psへ、待望のPDKも採用ニューポルシェ911ターボは、広範囲にわたる技術革新とさまざまなアップデート、そしてデザインの徹底的な見直しによって誕生した1台だという。その結果、燃費性能、パワー・トゥ・ウエイトレシオ、最高速度、ドライビングダイナミクスといったあらゆる側面で、性能向上が図られている。第7世代となったニュー911ターボは、最高出力500PS(368kW)を発生する新開発の3.8リッター水平対向6気筒エンジンを搭載。同ユニットは、35年におよぶ911ターボの歴史を通じてはじめて全面的な改良を受けたもので、ダイレクト・フューエル・インジェ...
PORSCHE| ポルシェ 911ターボ|第15回 (前編)|「ポルシェ・ターボの真骨頂」

PORSCHE| ポルシェ 911ターボ|第15回 (前編)|「ポルシェ・ターボの真骨頂」

第15回 ポルシェ911ターボ(前編)「ポルシェ・ターボの真骨頂」スポーツカーといえばポルシェ。ポルシェといえば「911」。その頂点に君臨するモデルが「911ターボ」だ。0-100km/h加速=3.7秒を誇る最新型ハイパフォーマンスカーを前に、思いは30年前へとフラッシュバックした。文=下野康史Photo by Porsche昔のポルシェは、いまのポルシェなんてもんじゃなかった「ポルシェ911」、なかでも「ターボ」についてとなると、どうしても昔話からはじめないわけにはいかない。スーパーカー世代にとっても、“ポルシェ・ターボ”といえば、格別になつかしい響きをもつはずだ。1970年代後半のハイエンド911、「930ターボ」である。“タイプ930”とよばれる911ターボ(写真のモデルイヤーは1977年)東京12チャンネルの『対決!スーパーカークイズ』が小中学生に大人気だったころ、すでに大学生だったぼくは、その後、自動車専門誌の編集部に入ってすぐ、新車の930ターボに触らせてもらったことが...
Porsche|ポルシェ ジャパン 2012年モデル 受注開始!

Porsche|ポルシェ ジャパン 2012年モデル 受注開始!

Porsche|ポルシェポルシェ ジャパン 2012年モデルの受注を開始!ポルシェ ジャパンは、「911」「ボクスター」「ケイマン」「パナメーラ」「カイエン」の2012年モデルの受注を6月1日からポルシェの正規販売店で開始した。文=谷中朋美「911」は大幅な値下げへ2012年モデルの導入にともない、あたらしい価格も発表された。標準装備は全車種にETCがつけられ、「ボクスター」や「ケイマン」はいずれも5万円増、「パナメーラ」は4~25万円増、「カイエン」は4万円増の価格見なおし。それにたいし「911」は大幅に価格が下げられ、ほとんどの車種で100万円以上、「911 カレラ GTS カブリオレ」にかんしては210万円の大幅ダウンとなり、さらに魅力的な1台となった。カレラ 4 GTSのクーペとカブリオレがラインナップあたらしくくわわるラインナップとしては、「カレラ」の頂点に立つ「911 カレラ 4 GTS」のクーペとカブリオレが登場。ともにインテークマニホールドの最適化により、カレラシリ...
Car
PORSCHE 911 TURBO S|911シリーズのあらたなるフラッグシップモデル

PORSCHE 911 TURBO S|911シリーズのあらたなるフラッグシップモデル

PORSCHE 911 TURBO S|ポルシェ911 ターボS911シリーズのあらたなるフラッグシップモデルポルシェは、911シリーズのフラッグシップモデルたるターボに、パワーアップを図ったトップグレード「ターボS」を追加した。文=ジラフノーマルのターボ比でプラス30psの530psを実現この新型ターボSには、ノーマルのターボと同様に新開発の3.8リッターの水平対向6気筒ツインターボが搭載される。ただし、バルブコントロールシステムに変更がくわえられたほか、可変タービンジオメトリーなどの各所に専用チューニングがほどこされたいるのが特長。その結果、最高出力はノーマルのターボ比でプラス30psの530ps/6,250rpmを実現。最大トルクも2,100-4,250rpmの幅広い回転域で700Nmを発生する。トランスミッションは、7速PDK(ポルシェ・ドッペル・クップルング)。駆動方式は、ポルシェ・トラクション・マネージメントシステム(PTM)が導入されたフルタイム4WDとなり、ここにダ...
Car
PORSCHE 911 turbo(前編)|フラッグシップからグランドツアラーへ

PORSCHE 911 turbo(前編)|フラッグシップからグランドツアラーへ

PORSCHE 911 turbo|ポルシェ 911 ターボ(前編)フラッグシップからグランドツアラーへ初代が1974年に登場して以来、ポルシェのフラッグシップモデルとして君臨しつづけている911ターボ。その最新モデルが発表された。新設計の直噴3.8リッター・ツインターボを得たその真価を、気鋭の自動車ジャーナリスト、渡辺敏史が確かめた。文=渡辺敏史写真=ポルシェジャパン多様化するモデルラインナップ1974年の初代登場以来、ポルシェのカタログモデルとしてはフラッグシップの座を守りつづけている911ターボ。その認知度から「ポルシェターボ」と称されるスーパースポーツの代名詞は、その地道な、しかし着実な進化の過程で徐々にその位置づけをグランドツアラー寄りに振り込んでいる。その流れを明確化させたのはエンジンが水冷化され、ティプトロニックが選択可能となった2000年登場の966型といえるだろう。理由は911シリーズのモデルラインナップの多様化、より具体的にいえばGTシリーズの登場によるところが...
Car
PORSCHE|ポルシェ Brief Test Of 6 PORSCHE

PORSCHE|ポルシェ Brief Test Of 6 PORSCHE

PORSCHE|ポルシェ911ターボSからV6パナメーラまで注目の6モデルをブリーフテスト創業から約80年がたつポルシェ。デビューから約45年の歴史を誇る911を中心に、今もまだスポーツカーブランドのトップランナーとして走りつづけているのはご存知のとおり。今回、ポルシェのラインナップのなかでも注目の6モデルに試乗。そのショートインプレッションをお届けする。 Vol.1|PORSCHE 911 Carrera色褪せないスーパースポーツの原点スーパースポーツカーもさまざまあるが、スポーツカーの原点たるポルシェ911カレラは、いまもすばらしい走りで存在感を見せてつけてくれた。 Vol.2|PORSCHE 911 turbo S模範的スポーツカーの変わらない魅力「911 ターボ」より30ps高い最高出力をもつ530psエンジンに、フルタイム4WDを備えた「911 ターボ S」。ポルシェ最強のスポーツモデルは健在だ。 Vol.3|PORSCHE PanameraV...
PORSCHE 911 turbo S|ポルシェ 911 ターボ S 試乗

PORSCHE 911 turbo S|ポルシェ 911 ターボ S 試乗

PORSCHE 911 turbo S|ポルシェ 911 ターボS模範的スポーツカーの変わらない魅力(1)「911 ターボ」より30ps高い最高出力をもつ530psエンジンに、フルタイム4WDを備えた「911 ターボ S」。ポルシェ最強のスポーツモデルは健在だ。文=小川フミオ写真=清水博孝強力な3.8リッターエンジンを搭載 「S」がつく911ターボの最強版、ポルシェ 911 ターボS。3.8リッターという排気量は同等ながら、エンジン各部に手が入れられ、ターボチャージャーのブースト圧は約0.2バール増えて1.2バール。超がつくほど強力だ。かつて「ポルシェ 911 ターボ」といえば、スーパーをつけてもいいスポーツカーの鉄板銘柄だった。昨今はライバルが増えており、どこに911 ターボならではの魅力があるのか。それが最大の興味だ。外観はボディ幅が911に比べて40mmも大きくなっているだけでない。大きく張り出したフェンダーに収まった、レースカー同様のセンターロックシステムをもつ19イ...
Car
PORSCHE 911 turbo(後編)|最新ターボが辿り着いた境地とは

PORSCHE 911 turbo(後編)|最新ターボが辿り着いた境地とは

PORSCHE 911 turbo|ポルシェ 911 ターボ(後編)最新ターボが辿り着いた境地とは初代が1974年に登場して以来、ポルシェのフラグシップモデルとして君臨しつづけている911ターボ。その最新モデルが発表された。文=渡辺敏史写真=ポルシェジャパンピュアスポーツカーとしては究極の快適性新型911ターボ、一般道での試乗で際立つのはその快適性にある。とくに音、振動の要素は前型に対して劇的ともいえる進化を遂げており、常識的なスピードで流すかぎりは普通のカレラと比べてもまったく乗り心地に見劣りはない。911のライド感はもはやスポーツセダンに近いほど洗練されており、日常のアシとしての適性は、ピュアスポーツカーとしてはもはや究極というところまで達している。このなめらかな身のこなしには、変速によるショックの少ないPDKの完璧な調律ぶりも一助している。そして燃費は街中から高速と、普段乗りのシーンを概ね織り込んだドライブで6~12km/lのあたりを示していた。その優れたCO2排出量が証明さ...
Car
PORSCHE|ポルシェ 911ターボ|第16回 (後編)|「まさに感動超大作」

PORSCHE|ポルシェ 911ターボ|第16回 (後編)|「まさに感動超大作」

第16回 ポルシェ911ターボ(後編)「まさに感動超大作」ポルシェの代名詞「911」のトップモデル「911ターボ」。その最新型“タイプ997”に試乗した。乗りはじめこそ芳しくなかった印象が、山道で走り出すと一転……。文=下野康史Photo by Porsche最初は退屈だった3.6リッター水平対向6気筒に新しいターボ・システムを搭載した最新型「911ターボ」は、480psを誇る。このくらいのパワーになると、左様ですかと思うだけで、ピンとこない。というよりも、混んだ都内を走りはじめたときのファーストコンタクトは、正直言ってあまり芳しくなかった。ティプトロニックS(マニュアルモードのついたオートマチック)のおかげで、なんの苦もなく転がせるが、渋滞に阻まれて回せないと、3.6リッター・ターボはむしろ退屈だ。低速域だと、アクセルの応答性はけっしてシャープではないし、アイドリング時の音や振動は、低くこもりがちで、どこか建設機械的だ。足まわりも、タウンスピードではひたすらズデンとしていて、大味...
ポルシェ911の50年をたたえる写真集|Porsche

ポルシェ911の50年をたたえる写真集|Porsche

Porsche 911 x 911|ポルシェ 911 × 911ポルシェ911の50年をたたえる写真集ポルシェ ジャパンは、ポルシェのアイコンモデル「911」が2013年に誕生50周年をむかえたことを記念し、その歴史をたたえる写真集「911×911」を、全国のポルシェ正規ディーラーにて発売する。Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)ポルシェ ミュージアムが編集2013年、さまざまなイベントをつうじて盛大に祝われた、ポルシェ「911」50周年。OPENERSでも、特集「ポルシェ 911─その50年」をはじめ、50周年記念イベントのリポート、「911 50th アニバーサリーエディション」の発売、祝賀動画の紹介やグッドウッド フェスティバルでの様子など、その模様を随時お伝えしてきた。それら世界中でおこなわれたお祝いの集大成として発売されるのが、ポルシェ ミュージアムが編集したフォトブック「911×911」だ。ドイツのポルシェ本社所蔵の貴重な写真や図面、...
17 件