タウンスピードでも楽しい──ランボルギーニ ウラカンEVOの後輪駆動モデルに公道試乗|Lamborghini

タウンスピードでも楽しい──ランボルギーニ ウラカンEVOの後輪駆動モデルに公道試乗|Lamborghini

ベビーランボと呼ばれて人気だったランボルギーニ・ガヤルド。その後継モデルとして2014年にデビューしたのがV10エンジン搭載モデルの「ウラカン」だ。今回試乗したのは2020年に登場した進化系モデルであるウラカンEVOの後輪駆動バージョンである「ウラカンEVO RWD」。今年1月にクーペ、5月にスパイダーが発表されており、試乗車としてどちらも用意されていた。サーキットを使用した試乗会が多いランボルギーニ だが、今回は箱根の一般道と高速道路が舞台だった。その意図とは。
マセラティ、新型スーパースポーツカー「MC20」をワールドプレミア|Maserati

マセラティ、新型スーパースポーツカー「MC20」をワールドプレミア|Maserati

マセラティは9月9日、新型スーパースポーツカー 「MC20」をワールドプレミアした。発表は、モデナでのイベント“MMXX: Time to be audacious”で行うとともに、同時刻に東京およびニューヨークでも同車両を披露した。新型 MC20の「MC」は Maserati Corse (マセラティコルセ)の略、「20」はワールドプレミアの年でありブランドの新時代の幕開けの年である2020年を意味している。
メルセデスAMG GT、エンジンをパワーアップするなど一部改良を実施|Mercedes AMG

メルセデスAMG GT、エンジンをパワーアップするなど一部改良を実施|Mercedes AMG

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデスAMGの「GT」の一部改良を実施。同時に、40台限定の特別仕様車「ナイトエディション」が設定され、予約注文の受付を開始した。
ランボルギーニ史上最強のV12搭載サーキット専用モデル「Essenza SCV12」発表|Lamborghini

ランボルギーニ史上最強のV12搭載サーキット専用モデル「Essenza SCV12」発表|Lamborghini

ランボルギーニは7月29日、ランボルギーニ史上最強となるV12エンジンを搭載したサーキット専用ハイパーカー「Essenza SCV12」を発表した。ランボルギーニ・スクアドラ・コルセによるテクニカルサポートと、ランボルギーニのデザイン部門チェントロ・スティーレがデザインを施した40台の限定モデルで、FIA(国際自動車連盟)のプロトタイプ・セーフティー・ルールに準じて開発された最初のGTハイパーカーでもあるという。
新型ポルシェ911ターボが日本デビュー|Porsche

新型ポルシェ911ターボが日本デビュー|Porsche

ポルシェジャパンは7月16日、「新型ポルシェターボ」と「新型ポルシェ911ターボ カブリオレ」を発表し、同日から予約受注を開始した。
5 件