BENTLEY

「クラス最高の速さと価値を持つクルマをつくりたい」。“W.O.”の呼び名で親しまれているBENTLEY MOTORS(ベントレー・モーターズ)の創業者、ウォルター・オーウェン・ベントレーの言葉である。 若い時分からエンジニアとして経験を積んできたW.O.だが、はじめはクルマではなく蒸気機関車を相手とする仕事だった。仕事の合間にモーターサイクルでレースに参加するうち、彼の興味はエンジンに向けられていき、退職後、レーシングエンジンの開発を本格化させたのが第一次大戦のあと。 1920年代になると、イギリス内外のレースに参加。なかでもルマン24時間レースでは、“ベントレー・ボーイズ”の活躍により、1924年から1930年の7年間に5度の優勝を手に入れ、その名を知らしめた。しかし、経営状況は厳しく、1931年にはロールス・ロイスに買収され、かろうじてその名を残すことになった。 その後67年のあいだロールスの支配が続くが、1998年に転機が訪れる。フォルクスワーゲンがベントレーの名前とイギリスのクルー工場を買収。これによりベントレーはロールスとは別の道を歩みはじめ、「コンチネンタルGT」を皮切りに、「コンチネンタル・フライングスパー」「コンチネンタルGTC」といったニューモデルの投入により、見事、高級車市場での復活をはかった。さらに、2003年のルマン24時間では73年ぶり、6度目の優勝を手中に収めている。

コンチネンタルGTが4代目へと進化しPHEVに──6月に世界初披露へ|BENTLEY

コンチネンタルGTが4代目へと進化しPHEVに──6月に世界初披露へ|BENTLEY

ベントレーは4世代目となる新型「コンチネンタルGT」を6月にワールドプレミアすると発表し、ティザーを公開した。
W12エンジンを搭載した18台限定の2シーターGT「バトゥール」開発が完了|BENTLEY

W12エンジンを搭載した18台限定の2シーターGT「バトゥール」開発が完了|BENTLEY

ベントレーは、2023年の登場をアナウンスしていたコーチビルドカー「バトゥール」の開発プログラムの全工程を終了したと発表した。現在は18台の顧客に向け、車両の仕様決定に向けて作業を進めているという。
クルマに乗ったままエレベーターで自宅フロアへ──「ベントレーレジデンス」がマイアミに誕生へ|BENTLEY

クルマに乗ったままエレベーターで自宅フロアへ──「ベントレーレジデンス」がマイアミに誕生へ|BENTLEY

ベントレーモーターズは、アメリカ・フロリダ州のマイアミに2026年に完成予定のレジデンシャルタワー「ベントレーレジデンス」の詳細を発表。各住戸に4台駐車可能で、EV充電設備用のスペースも備えたガレージを各戸に完備するほか、各部屋まではエレベーターにクルマごと乗り、各住戸のガレージまで移動することが可能になるという。
マリナーが手掛ける世界で18台限定の2シーターGT「バトゥール」を公開|BENTLEY

マリナーが手掛ける世界で18台限定の2シーターGT「バトゥール」を公開|BENTLEY

ベントレーモーターズは、ビスポーク&コーチビルド部門であるベントレー・マリナーが、手掛ける新たな2シーターグランドツアラー「バトゥール」を公開。18台限定で製作される。
フライングスパーにSモデルが誕生。グッドウッドで初披露へ

フライングスパーにSモデルが誕生。グッドウッドで初披露へ

ベントレーは、ベントレー最高峰の4ドアセダン「フライングスパー」に、よりスポーティな「S」モデルを追加。英国時間2022年6月23日(木)に開幕するグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでワールドプレミアする。
走りも、見た目もスポーティに進化したコンチネンタルGT SとGTC Sが誕生|Bentley

走りも、見た目もスポーティに進化したコンチネンタルGT SとGTC Sが誕生|Bentley

ベントレーは「コンチネンタルGT」シリーズに、ドライビングパフォーマンスとビジュアルプレゼンスを重視したモデル「コンチネンタルGT S」と、カブリオレの「コンチネンタルGTC S」を追加すると発表した。
ベンテイガの最上級ロングホイールモデルが登場──キーワードは“ウェルネス”|Bentley

ベンテイガの最上級ロングホイールモデルが登場──キーワードは“ウェルネス”|Bentley

ベントレーは、ラグジュアリーSUV「ベンテイガ」に、ロングホイールを採用した最上級グレードとなる「エクステンデッド ホイールベース(EWB)」モデルを導入すると発表した。
ベントレー フライングスパーにハイブリッドモデル登場|Bentley

ベントレー フライングスパーにハイブリッドモデル登場|Bentley

電動化戦略を展開中のベントレーモーターズは、最新のラグジュアリーモデルとなる新型プラグインハイブリッドモデル「フライングスパーハイブリッド」を発表した。
ベントレー、パフォーマンスを強化したベンテイガ初の“S”モデルを発表|Bentley

ベントレー、パフォーマンスを強化したベンテイガ初の“S”モデルを発表|Bentley

ベントレーは、SUV「ベンテイガ」の運動性能を高めた「ベンテイガS」を発表した。
マリナーが手掛けた日本限定、10台のみのベントレー コンチネンタルGT限定車が登場 |Bentley

マリナーが手掛けた日本限定、10台のみのベントレー コンチネンタルGT限定車が登場 |Bentley

ベントレーマリナーは10台限定で生産した日本向けモデル「コンチネンタルGT V8エクイノックス・エディション」を発表した。
ベントレー、新型コンチネンタルGTスピード コンバーチブルを発表 |Bentley

ベントレー、新型コンチネンタルGTスピード コンバーチブルを発表 |Bentley

ベントレーは4月14日、オープントップ最高峰のグランドツアラーとなる新型コンチネンタルGTスピード コンバーチブルを発表した。
ベントレー史上最高のパフォーマンスを発揮──新型コンチネンタルGTスピードがデビュー|Bentley

ベントレー史上最高のパフォーマンスを発揮──新型コンチネンタルGTスピードがデビュー|Bentley

ベントレーは、2021年3月23日(火)16時、日本時間の24日(水)1時に、史上最高の運動性能を誇る新型グランドツアラー「コンチネンタルGTスピード」を発表した。
コンチネンタルGTスピードの新型を3月24日にワールドプレミア|Bentley

コンチネンタルGTスピードの新型を3月24日にワールドプレミア|Bentley

ベントレーは、新型の「コンチネンタルGTスピード」を英国時間の2021年3月23日(火)16時、日本時間の24日(水)1時にワールドプレミアすると発表した。
ベントレー、レアアースマグネットのリサイクルによる電気自動車のサステナビリティを研究、実用化へ|Bentley

ベントレー、レアアースマグネットのリサイクルによる電気自動車のサステナビリティを研究、実用化へ|Bentley

ベントレーは2月18日、電動自動車の持続可能性のブレークスルーとしてレアアースマグネットのリサイクルを目指す3年間の研究活動を行うことを発表した。ベントレーは2026年までにすべてのラインナップをハイブリッド車、もしくは電気自動車のみに移行するという目標を掲げており、この研究により、リサイクルされたレアアースマグネットを世界で初めて一部の補助モーターに利用できる可能性があるという。
ベントレー、ベンテイガのPHEVモデルを発表|Bentley

ベントレー、ベンテイガのPHEVモデルを発表|Bentley

ベントレーは持続可能な未来に向けた次なるステップとして、SUV「ベンテイガ」のプラグインハイブリッドモデル(PHEV)を発表した。
272 件