ホンダ、再生可能エネルギー活用と充電コスト低減を両立させる新サービスを英国でローンチ |HONDA

ホンダ、再生可能エネルギー活用と充電コスト低減を両立させる新サービスを英国でローンチ |HONDA

ホンダは、再生可能エネルギーの活用と充電コストの低減を両立するため、電気自動車(EV)向けエネルギーマネジメントサービス「e:PROGRESS(イー プログレス)」の提供を英国で開始。欧州初の自動車メーカーによるエネルギーマネジメントサービスとなり、EV「Honda e(ホンダ イー)」のオーナー向けにローンチされた。
ホンダS660が2022年に生産終了 最後の特別仕様車をローンチ|HONDA

ホンダS660が2022年に生産終了 最後の特別仕様車をローンチ|HONDA

ホンダは、ミッドシップ2シーター オープンモデル「S660」の生産を2022年3月で終了すると発表するとともに、最後の特別仕様車として「モデューロX」に「バージョンZ」を設定。販売を開始した。
ホンダ、世界初の「自動運転レベル3」市販化──ホンダ レジェンド ハイブリッドEX・Honda SENSING Eliteデビュー|HONDA

ホンダ、世界初の「自動運転レベル3」市販化──ホンダ レジェンド ハイブリッドEX・Honda SENSING Eliteデビュー|HONDA

ホンダは、レベル3の自動運転システム「Honda SENSING Elite(ホンダ センシング エリート)」を搭載した新型「LEGEND(レジェンド)」を、3月5日に発売した。
フルモデルチェンジしたホンダ ヴェゼルがワールドプレミア|Honda

フルモデルチェンジしたホンダ ヴェゼルがワールドプレミア|Honda

ホンダが、SUV「ヴェゼル」をフルモデルチェンジし、オンラインでワールドプレミアを行った。
シビック タイプRがサーキット走行性能を進化させるマイナーチェンジ|HONDA

シビック タイプRがサーキット走行性能を進化させるマイナーチェンジ|HONDA

ホンダは、「シビック タイプR」をマイナーチェンジし、販売を開始した。同時に、国内200台限定となる「リミテッド・エディション」も発表。2020年11月30日(月)に発売される。
ホンダ、北京モーターショーで量産EVコンセプトの「SUVイーコンセプト」など公開|HONDA

ホンダ、北京モーターショーで量産EVコンセプトの「SUVイーコンセプト」など公開|HONDA

ホンダは、中国・北京で開催中の2020年北京モーターショー(第16回北京国際汽車展覧会、プレスデー:9月26日~27日、トレードデー:9月28日~29日、一般公開日:9月30日~10月5日)で、中国で初となるホンダブランド電気自動車(EV)の量産方向性を示すコンセプトモデル「Honda SUV e:concept(ホンダSUVイーコンセプト)」、中国ホンダとして初のプラグインハイブリッド搭載モデル「CR-V PHEV」、次世代の安全運転支援システム「全方位ADAS」の技術訴求ブースなどを出展した。
ホンダ、北京モーターショーにて中国でのEV量産を見据えたコンセプトカーを世界初披露|HONDA

ホンダ、北京モーターショーにて中国でのEV量産を見据えたコンセプトカーを世界初披露|HONDA

ホンダの中国現地法人、本田技術工業投資有限公司は、2020年9月26日(土)に開幕する北京モーターショーの出展概要を発表。EVコンセプトカーを世界初披露する。
セイコーアストロンと電気自動車Honda e のコラボレーションウオッチ|SEIKO

セイコーアストロンと電気自動車Honda e のコラボレーションウオッチ|SEIKO

世界初のGPS ソーラーウオッチ<セイコー アストロン>のハイエンドコレクションであるレボリューションラインより、ホンダの新型電気自動車(EV)である「Honda e」とコラボレートした数量限定モデルが、2020年9 月26 日(土)より日本国内限定で発売される。
トヨタとホンダが協力し、移動式発電・給電システムの実証実験を開始|TOYOTA  & HONDA

トヨタとホンダが協力し、移動式発電・給電システムの実証実験を開始|TOYOTA & HONDA

トヨタ自動車と本田技術研究所は、大容量水素を搭載する燃料電池バスと、可搬型外部給電器・可搬型バッテリーを組み合わせた移動式発電・給電システム「Moving e(ムービングイー)」を構築し、2020年9月から実証実験を開始する。
スーパーカブに映画『天気の子』バージョンが登場|Honda

スーパーカブに映画『天気の子』バージョンが登場|Honda

ホンダは「スーパーカブ50」と「スーパーカブ110」に、映画『天気の子』の劇中に登場するスーパーカブのカラーリングを再現した「『天気の子』ver.」を設定。2020年10月31日(土)までの受注期間限定で発売した。
スーパーカブC125にシックな新色が登場|Honda

スーパーカブC125にシックな新色が登場|Honda

ホンダは、原付二種のバイク「スーパーカブC125」にブラックの新色を追加。7月31日(金)に発売される。
新型ホンダ フィットのe:HEVとガソリンモデルに試乗|Honda

新型ホンダ フィットのe:HEVとガソリンモデルに試乗|Honda

2020年2月にデビューしたばかりのホンダのコンパクトハッチバックモデル「フィット」。4代目へと進化した新型は、従来からの性能や機能のほか、数値では表せない価値である「心地よい視界」「座り心地」「乗り心地」「使い心地」という4つの心地よさにこだわって開発したという。パワーユニットは、1.3リッターガソリンと、ホンダ独自の2モーターハイブリッドシステム「e:HEV(イーエイチイーブイ)」の2種類。さらに装備・仕様に応じて「ベーシック」「ホーム」「ネス」「リュクス」「クロスター」という5つのボディタイプから選択できるので、組み合わせの数は相当なものになる。今回は、ガソリンエンジンの「ホーム」とe:HEVの「ネス」を150kmにわたって試乗し、4つの心地よさを確かめてみた。
ホンダ「CR-V」がマイナーチェンジ 最上級ブラックエディション登場|HONDA

ホンダ「CR-V」がマイナーチェンジ 最上級ブラックエディション登場|HONDA

ホンダは6月18日、ミドルクラスのSUV「CR-V」をマイナーチェンジし、6月19日から発売すると発表した。
SDG’Sの時代のクルマ選び──サステイナブルにクルマに乗る、とは今後どういうことなのか?

SDG’Sの時代のクルマ選び──サステイナブルにクルマに乗る、とは今後どういうことなのか?

地球温暖化に対する早急な対策が世界的な課題となり、温室効果ガス排出量に対する欧米を中心とした規制が厳しさを増す昨今。EVやPHV、ハイブリッド車など、環境への負荷の少ないクルマへシフトする動きがますます顕著化している。そんな時代において、クルマ好きとしてどんなクルマに乗るべきなのだろうか。自動車ライターの南陽一浩氏が解説する。
FCV「クラリティ フューエル セル」の個人向けリースがスタート|Honda

FCV「クラリティ フューエル セル」の個人向けリースがスタート|Honda

ホンダは、燃料電池車(FCV)「クラリティ フューエル セル」の個人向けリースを開始した。
162 件