ポルシェのレーシングカー911 GT3R、2019年モデル登場|Porsche

ポルシェのレーシングカー911 GT3R、2019年モデル登場|Porsche

PORSCHE 911 GT3R|ポルシェ911 GT3Rポルシェのレーシングカー911 GT3R、2019年モデル登場ポルシェAGは、公道仕様のスポーツカー「911GT3RS」をベースとしたレーシングカー「911GT3R」の2019年シーズン用モデルを発表した。Text by HARA Akiraさらなるパワーアップとエアコン標準装備アルミとスチールの複合材による骨格を備えた市販スポーツカー「911GT3RS」をベースに、強力な自然吸気エンジンと軽量化されたボディを搭載して2016年にデビューしたレース専用モデルが「911GT3R」だ。ニュルブルクリンク24時間レースや、日本のスーパーGTでもおなじみのマシンであり、今回その2019年モデルの詳細が発表された。新型は、エンジンのパワーアップ、より効率的なエアロダイナミクス、最適化された安全性、サービスとスペアパーツのコスト削減に特に注意が払われたという。新型911GT3Rがリアに搭載するエンジンは、911GT3RSとほぼ同じとなる...
ポルシェ、EVコンセプトを世界初披露|Porsche

ポルシェ、EVコンセプトを世界初披露|Porsche

Porsche|ポルシェポルシェ、EVコンセプトを世界初披露「ミッションE クロスツーリスモ」などをジュネーブで世界初披露ポルシェは現地時間3月6日(火)に開幕したジュネーブモーターショーでEVのクロスオーバー ユーティリティ ビークルのコンセプトモデル「ミッションEクロスツーリスモ」と、発売が予定されるスポーツカー「911 GT3 RS」をワールドプレミアした。Text by YANAKA Tomomiトータル出力600psとなる2つのモーターで4輪を駆動「ミッションEクロスツーリスモ」は、2015年のフランクフルトモーターショーで披露された「ミッションE」の派生モデル。ポルシェでは2019年に市販モデルが発表される予定のクロスオーバーのスタディモデルだ。ポルシェが「我々がどのように電気自動車をとらえているかをあらわしているモデル」と謳う「ミッションEクロスツーリスモ」。ボディは全長4.9メートルで、2つのパーマネントマネジメントシステムモーター(PSM)を搭載し、四輪を駆動。最...
ジュネーブでポルシェ911GT3 RSを初公開|Porche

ジュネーブでポルシェ911GT3 RSを初公開|Porche

Porsche 911 GT3 RS|ポルシェ 911 GT3 RSジュネーブでポルシェ911GT3 RSを初公開4リッター自然吸気エンジンの「911 GT3 RS」ポルシェは3月6日に開幕するジュネーブモーターショーでハイパフォーマンスカー「911 GT3 RS」をワールドプレミアするとともに、1年以内に発売すると発表した。Text by YANAKA Tomomi1年以内に発売され、公道の走行も可能ポルシェの最高峰モデルでモータースポーツ向けの「911 GT3」をベースにした新型モデル「911 GT3 RS」の登場がアナウンスされた。「911 GT3 RS」は「911 GT3」「911 GT2 RS」につづき、ポルシェのGTスポーツカーとして3台目の公道走行可能モデルとなる。シャシーはポルシェのモータースポーツ部門がチューニング。パワーユニットは、4リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンで、最高出力は「911 GT3」より15kW(20ps)アップした383kW(520ps)/...
最新のポルシェ911GT3に試乗|Porsche

最新のポルシェ911GT3に試乗|Porsche

Porsche 911 GT3|ポルシェ 911 GT3最新のポルシェ911GT3に試乗今年3月のジュネーブショーで登場した、最新のポルシェ「911GT3」に、河村康彦氏が試乗した。ほかの911ファミリー同様、991型の後期モデルとして各所にマイナーチェンジを受けながらも、ターボ化の波には乗らず最新の自然吸気ユニットを心臓に持つポルシェ屈指のスポーツモデルは、どのように進化したのか。Text by KAWAMURA YasuhikoGT3という記号ポルシェ911フリークを自任する人の中でも、特にサーキット走行を無上の喜びとするような生粋のスポーツ派ドライバーにとっては、もはや「神格化された存在」と言っても差し支えないはずなのが“GT3”という記号の持ち主。このグレードが、「911」の中にあっても特別な存在として扱われる最大の理由は、例の独特な“猫背型”ボディ後端の低い位置に搭載される心臓部が、他の911シリーズのそれとは明確に一線を画した、特別な内容の持ち主であるからに違いない。水...
911GT3ツーリングパッケージをIAAで初披露|Porsche

911GT3ツーリングパッケージをIAAで初披露|Porsche

Porsche 911 GT3 Touring Package |ポルシェ911 GT3ツーリングパッケージ911GT3ツーリングパッケージをIAAで初披露ポルシェAGは、スポーツモデルの「911 GT3ツーリングパッケージ」を、第67回フランクフルト国際モーターショー(IAA、9月12日~24日)でワールドプレミアした。Text by OPENERS6段MT、リアウイング非装着のGTモデルポルシェ「911 GT3」に設定される「ツーリングパッケージ」の特徴的な名称は、1973年型「911カレラRS」(いわゆるナナサンカレラ)の装備仕様がルーツとなる。当時から純粋な911デザインと伝統的インテリアを主要エレメントにするコンセプトがあり、今回の「911 GT3ツーリングパッケージ」はその現代版。控えめな外観と伝統的なドライビングプレジャーを重視するスポーツカーファンを対象に開発したという。911 GT3ツーリングパッケージの特徴は、6段マニュアルトランスミッション搭載モデルを対象に、...
新型ポルシェ911GT3を発表|Porsche

新型ポルシェ911GT3を発表|Porsche

Porsche 911GT3|ポルシェ 911GT3新型ポルシェ911GT3を発表ポルシェ911ファミリーのなかでも、本格的なサーキット走行まで視野にいれたスポーツモデル「911GT3」がリニューアルを果たした。あわせて日本国内でも4月8日より予約受付が開始となる。Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)エンジンは911GT3カップ由来の4リッター自然吸気ポルシェは、ほかの911ファミリーで登場した最新装備などをまとう、新しい「911GT3」を発表した。公道走行可能でありながらサーキットにおける本格走行も可能なスポーツモデルだ。搭載されるエンジンは、サーキット専用のピュアレーシングマシン「911GT3カップ」のエンジンをほぼそのまま移植した、4リッター水平対向6気筒自然吸気エンジン。最高出力は368kW(500ps)を発揮する。車両重量は1,430kgなのでパワーウェイトレシオは3.88kw/kW(2.86kg/ps)に達する。標準で組み合わされるト...
ポルシェの最新モデル、世界初披露|Porsche

ポルシェの最新モデル、世界初披露|Porsche

Porsche Panamera 4E-Hybrid|ポルシェ パナメーラ4E-ハイブリッドPorsche 911 GT3 Cup|ポルシェ 911 GT3 カップポルシェの最新モデル、世界初披露ポルシェは、パリモーターショーでプラグインハイブリッドセダン「パナメーラ 4 E-ハイブリッド」とスポーツモデル「911 GT3カップ」を世界初披露。「パナメーラ 4 E-ハイブリッド」は10月11日(火)から日本でも予約受注を開始する。Text by YANAKA Tomomi「918スパイダー」のモーターシステムを活用今年6月にフルモデルチェンジされ、第2世代を迎えたばかりの4ドアモデル「パナメーラ」にハイブリッドモデルとなる「4 E-ハイブリッド」がくわわり、パリモーターショーでワールドプレミアされた。パワートレーンでは、ニュルブルクリンクの市販車最速である6分57秒をたたき出した「918スパイダー」のモーターシステムを活用。モーターでは100kW(136ps)の出力、400Nmのト...
ポルシェ 911─その50年|Porsche

ポルシェ 911─その50年|Porsche

Porsche 911|ポルシェ 911ポルシェ 911 ― その50年ポルシェ911が誕生から50周年を迎えた。水平対向6気筒エンジンをリアに搭載した2ドアクーペというレイアウトはそのままに、時代をリードするスポーツカーでありつづけた911。その希世の存在を多角的に読み解く。911 50周年 ワールドツアーリポート 第1回―901篇911誕生50周年を祝う「911ワールドツアー」。その皮切りはもちろん、ポルシェのお膝元シュトゥットガルトで開催された。7世代を数える911を一気に試すこの前代未聞の大試乗会に参加した島下泰久氏からのリポート、第一回目はもちろん、元祖911こと901型だ。911 50周年 ワールドツアーリポート 第2回―930、964、993篇より高性能に、より快適に。モデルバリエーションを拡大しながら、911は進化し、スポーツカーとしてその地位を盤石なものとしていった。リポート2回目は、911の道筋において、ひとつの黄金期たる空冷911をテスト。 911 50周年 ...
最新の911 GT3を雨の富士スピードウェイでテスト|Porsche

最新の911 GT3を雨の富士スピードウェイでテスト|Porsche

Porsche 911 GT3|ポルシェ 911 GT3最新の911 GT3を雨の富士スピードウェイでテストモータースポーツを楽しみたいオーナーに向けて開発されたポルシェ911 GT3は、数ある911ファミリーのなかでも、サーキットで培ったレーシングテクノロジーを受け継ぐ特別な存在だ。最高出力475馬力、0-100km/加速3.5秒、さらにRRというハイパフォーマンスモデルを、西川淳氏が雨の富士で試した。Text by NISHIKAWA JunPhotographs by NAITO Takahitoウェットコンディションで知る真の限界性能これを“役得”と言わずして、何と言おうか。ポルシェの最新モデル、それもレン シュポルト(RS、レーシングスポーツ)の血を色濃く継いだモデルを、グランプリサーキットでおもう存分に走らせる。タイヤが減ること、個体に大きなストレスをかけること、何もかも気にしないで。高性能モデルに大枚を叩いたオーナーでしか本来は体験できないような素晴らしい経験を、とき...
ポルシェ、ジャパンプレミア4モデルを出展|Porsche

ポルシェ、ジャパンプレミア4モデルを出展|Porsche

PORSCHE|ポルシェ第42回東京モーターショー2011ポルシェ、ジャパンプレミア4モデルを出展ポルシェ ジャパンは12月3日(土)から11日(日)に東京ビッグサイトで開催される「第42回東京モーターショー2011」への出展概要を発表した。文=小池りょう子ニュー911 カレラを中心とするエキシビション今回のモーターショーのポルシェブースでは4モデルのジャパンプレミアが予定されている。まず注目すべきは2011年9月にフランクフルトモーターショーでワールドプレミアを果たした「ニュー911カレラ」および「911カレラS」だろう。約90パーセントものコンポーネンツを改良することで、従来の911を凌ぐパフォーマンスと環境性能を両立し、おおいに話題を得ている同モデルが、いよいよ日本で公開される。11月にロサンゼルスモーターショーで初公開されたばかりの「パナメーラGTS」や、「世界最速のワンメークレース」と謳われるポルシェ カレラカップ ジャパンの競技車輌「911 GT3 Cup」の2012年...
Porsche│フランクフルトでのラインナップ!

Porsche│フランクフルトでのラインナップ!

Porsche│ポルシェ新生911はじめ注目モデルが目白押しポルシェAGは、9月13日に開幕するフランクフルトモーターショーで「911 カレラ(およびカレラ S)」「パナメーラ ディーゼル」「911 GT3 RS 4.0」「ケイマンS ブラックエディション」の4モデルをワールドプレミアすると発表した。文=谷中朋美新型911のさらなる詳細を説明するイベント『911スニーク・プレビュー』リポートはコチラ!軽量化と新型トランスミッションの採用などで省燃費に成功した「911 カレラ」シリーズボディサイズはほぼ据え置きながら、ホイールベースが100mm延長されるとともに、20インチのホイールの装着で、よりワイド&ローを強調するスポーティなスタイルで登場した「911 カレラ」。フルモデルチェンジをおこない、ハイパフォーマンスカーのアイコンは、より環境に配慮したクルマに生まれ変わった。 「911 カレラ」では、350psを発生する3.4リッターの新型水平対向エンジンが、トランスミッショ...
Car
PORSCHE 911 GT3|さらなるパフォーマンスの向上

PORSCHE 911 GT3|さらなるパフォーマンスの向上

PORSCHE 911 GT3|ポルシェ 911 GT3さらなるパフォーマンスの向上ポルシェは1月28日、ジュネーブモーターショー(3月3日より開催)において、ニュー911GT3を披露することを発表した。文=ジラフエンジンは3.6リッターから3.8リッターへ今回の新型はマイナーチェンジが施されたモデルとなるが、かなり大きく手が加えられているという。まずはエンジンだが、こちらは先代モデルから排気量を200ccアップした3.8リッター 6気筒NA ボクサーエンジンが搭載されることが決定。これによりパフォーマンスも大きく向上し、最高出力で先代から20psアップの435ps、最高速度は約2km/hアップの312km/h、0-100m加速でコンマ2秒速い4.1秒を記録する。またGT3では初となる、ポルシェ・スタビリティ・マネージメントシステム(PSM)が採用されることによって、スタビリティコントロールとトラクションコントロールが2段階で調節することが可能となり、より懐の深いドライビングを実現...
PORSCHE 911 GT3 RS|すべてはレースでの成功のために

PORSCHE 911 GT3 RS|すべてはレースでの成功のために

PORSCHE 911 GT3 RS|ポルシェ 911 GT3 RSすべてはレースでの成功のためにフォルクスワーゲンやアウディをベースとしたチューニングでおなじみのコックスは、2009年のフランクフルト・モーターショーで正式発表された新型ポルシェ911 GT3 RSの日本国内での販売業務を担当することを発表、10月20より受注を開始した。最高出力は15psアップの450ps新型911 GT3 RSは、カップカーなど911 GT3をベースにしたレーシングカーのホモロゲーション用として開発されたもの。レースシーンでの成功を目指すべく、エンジンパワーの向上や軽量化のみならず、ボディからサスペンションにいたるまでグレードアップが図られている。パワーユニットは、すでにノーマルのGT3に搭載されている3.8リッター水平対向6気筒エンジンをベースに手がくわえられた結果、最高出力は15psアップの450psを達成。1リッターあたりの最高出力はNAエンジンとしては驚異的な118psを誇っている。また...
PORSCHE 911 GT3 R|レーサーにとって最高の1台

PORSCHE 911 GT3 R|レーサーにとって最高の1台

PORSCHE 911 GT3 R|ポルシェ911 GT3 Rレーサーにとって最高の1台ポルシェは、9月のフランクフルトショーで公開した2010年モデルのポルシェ911GT3 カップにつづき、FIAが定めた国際格式のGT3レギュレーションをクリアした911GT3カップSの後継モデル、ポルシェ911GT3 Rを発表。2010年1月14日に開幕する、バーミンガムモーターショーで初公開することを決定した。文=ジラフ4リッター・フラット6を搭載ポルシェ911GT3 Rは、911GT3 cupをベースに、最高峰の動力性能とハンドリングの実現を目指して開発されたモデル。その重量は911GT3 cupと同様の1200kgを実現し、パワーユニットには911GT3 cupの3.8リッター・エンジンをベースに排気量を0.2リッター拡大した4.0リッター水平対向6気筒エンジンを搭載。30bhpの出力向上を実現し、最高出力は480bhpを記録する。またトランスミッションに、シーケンシャルタイプの6段ドッグ...
ポルシェ 911 GT3 R|PORSCHE 911 GT3 R

ポルシェ 911 GT3 R|PORSCHE 911 GT3 R

PORSCHE 911 GT3 R|ポルシェ 911 GT3 R究極のレース仕様車が日本上陸2010年シーズンからのレースデビューに向けて開発された新型レーシングカー「ポルシェ 911 GT3 R」。20台が生産され、すべて完売、日本には1台が導入された。販売代理店はコックス(神奈川県足柄上郡)である。文=小川フミオエンジンは4リッター、車体重量は1,200kgに進化ポルシェのレーシングカー、911 GT3 Rが先ごろ、日本に持ちこまれ、お披露目された。公道を走れるGT3 RSをベースに開発されたモデルで、4リッター水平方向6気筒エンジンを搭載、480psを発生する。バイザッハの研究開発センターにて生産される911 GT3 Rは、レースに出ることを好むポルシェ・ファンのために開発されたモデルだ。エンジンは4リッターに排気量拡大され、車体は1,200kgに軽量化、そしてシークエンシャル6段ギアボックスが搭載される。くわえて、電子制御スロットル、トラクションコントロールシステム、ABS...
28 件