ポルシェ カイエンクーペに試乗|Porsche

ポルシェ カイエンクーペに試乗|Porsche

ポルシェ カイエンの派生モデルとして、2019年3月に発表されたカイエンクーペ。リアに向かってルーフラインが傾斜するスポーティなフォルムが印象的だが、実際に走った印象はどうなのだろうか? モータージャーナリスト九島辰也氏によるリポートをお送りする。
ポルシェ新型「カイエン Eハイブリッド」の予約受注を開始|Porsche

ポルシェ新型「カイエン Eハイブリッド」の予約受注を開始|Porsche

Porsche Cayenne E Hybrid |ポルシェ カイエン E ハイブリッドポルシェ「カイエン E ハイブリッド」の予約受注を開始ポルシェ ジャパンは6月7日、第3世代に進化したSUV「カイエン」に新たに追加されたプラグイン ハイブリッドモデル(PHEV)「カイエン Eハイブリッド」の予約受注を開始するとともに、1,216万円という車両本体価格を発表した。Text by HARA Akira0-100km/h加速タイムはわずか5.0秒ポルシェ新型「カイエン」にプラグイン ハイブリッドモデル「カイエン E ハイブリッド」が追加されるカイエン Eハイブリッドのパワートレインは、先代に比べて5kW/7ps上回る250kW/360psを発生する3.0リッターV6エンジンと、43パーセント上回る100W/136psを発生するモーターの組み合わせ。システム合計では、先代を34kW/46ps上回る340kW/462psという最高出力を発生する。また、アイドリングをわずかに超える回転数...
ポルシェ カイエンに「Sクーペ」を追加|Porsche

ポルシェ カイエンに「Sクーペ」を追加|Porsche

Porsche Cayenne S Coupe|ポルシェ カイエン Sクーペカイエン クーペの中間モデルとなる「Sクーペ」を追加ポルシェAGは、SUV「カイエン クーペ」に新グレードでミドルレンジとなる2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載する「Sクーペ」を追加すると発表した。Text by YANAKA Tomomi2.9リッターV6エンジンはセンター ターボレイアウトを採用今年3月に発表された、スポーティなスタイリングが特徴のカイエン クーペに新モデルが追加。モデルバリエーションが強化された。投入されたのは2.9リッターツインターボエンジンの「カイエン Sクーペ」。これまでの3.0リッターエンジンが250kW(340ps)を発生する「カイエン クーペ」と、404kW(550ps)を発生する4.0リッターの「カイエン ターボ クーペ」の中間に位置する。Sクーペに搭載される2.9リッターV6ツインターボエンジンは最高出力324kW(440ps)、最大トルク550Nmを発生。最...
ポルシェ カイエンにスポーティなカイエン クーペを追加|Porsche

ポルシェ カイエンにスポーティなカイエン クーペを追加|Porsche

Porsche Cayenne Coupe|ポルシェ カイエン クーペポルシェ カイエンにスポーティなカイエンクーペを追加ポルシェAGは3月22日、第3世代となったSUV「カイエン」のボディバリエーションに、スポーティなルーフラインを持つ「カイエン クーペ」を追加したと発表した。Text by HARA Akiraガラスルーフとカーボンルーフの2タイプポルシェ「カイエン クーペ」の最大の特徴は、ルーフラインにある。フロントウインドウとAピラーはノーマルのカイエンより20mm低められたルーフエッジに呼応して寝かされ、傾斜するリアセクションに合わせてリアドアとフェンダーを再設計。流麗なクーペシルエットを創出した。全体的には、リアトレッドが18mmワイドになることで力強い印象を与えるほか、バンパーにナンバープレートを統合することで、車体はより地面に近づいて見えるようになった。また、ボディ後端に備えるポルシェ アクティブ エアロダイナミクス(PAA)のパーツとして、固定式ルーフスポイラーと...
ポルシェ カイエンにPHVモデル登場|Porsche

ポルシェ カイエンにPHVモデル登場|Porsche

Porsche Cayenne E Hybrid|ポルシェ カイエンEハイブリッドポルシェ カイエンにPHVモデル登場ポルシェAGは5月7日、新型「カイエン」のプラグインハイブリッド(PHV)モデル「カイエンEハイブリッド」を発表した。Text by HARA Akira462psを発生するPHV新型「カイエン Eハイブリッド」のパワートレインは、250kW/340psを発生する3.0リッターV6エンジンと、100kW/136psを発生するモーターの組み合わせ。システム最高出力は340kW/462psとなり、アイドリングをわずかに超える回転数で700Nmの最大トルクを供給する。2014年にデビューした先代「カイエンS E-ハイブリッド」に比べてエンジンで5kW/7ps、モーターで43パーセント出力を増し、合計で34kW/46ps上回るシステム最高出力により、0-100km/h加速5.0秒、最高速度253km/h(スポーツクロノパッケージ)を実現するという。先代モデルの10.8kWh...
オンロードが似合う注目のSUVたち Part 2|ポルシェ カイエンS

オンロードが似合う注目のSUVたち Part 2|ポルシェ カイエンS

Porsche Cayenne S|ポルシェ カイエンS機械精度を極めたポルシェ製高級SUV毎年2月に日本輸入車組合(JAIA)がプレス向けに開催する試乗会からの一気乗りリポート。SUV編の第2弾として、今やスポーティなSUVの代名詞ともいえるポルシェ「カイエン」のメイングレード、「カイエンS」のショートインプレッションをお届けする。Text & Photographs by HARA Akiraボディが拡大されたにも関わらず65kgのダイエットに成功ポルシェといえば「911」。このイメージを打ち破り、2002年にデビューした高級SUVが「カイエン」だ。スポーツカー専業メーカーだったポルシェがなぜSUVをつくるのか、と違和感を抱く周囲の反応をよそにすぐに人気モデルとなり、10年に登場した2代目と合計して世界で76万台以上が販売されるという見事な結果を出した。その間に4ドアモデルの「パナメーラ」や小型SUVの「マカン」を世に送り出し、ポルシェはより広いジャンルへラインアップを...
3.9秒の疾走を体感する、新型カイエンのシネアドを公開|Porsche

3.9秒の疾走を体感する、新型カイエンのシネアドを公開|Porsche

Porsche|ポルシェ新型カイエンの疾走感を表現したシネアドポルシェ ジャパンは8月10日(金)、フルモデルチェンジするプレミアムスポーツSUV「カイエン」のCM動画『3.9sec Experience』を公開した。Text by YANAKA TomomiTOHOシネマズ2館では、4Dでよりリアルに体感昨年、フルモデルチェンジが発表され、日本でも7月末からデリバリーがスタートした新型「カイエン」。カイエン ターボでかつスポーツクロノパッケージを装着した場合、0-100km/h加速が3.9秒を記録することから、その疾走感を体感してもらおうと、45秒間の動画『3.9sec Experience』が制作された。この動画は、8月10日(金)から23日(木)まで、TOHOシネマズ六本木、TOHOシネマズなんばのMX4Dシアターで、映画本編の前に上映される広告“シネアド”として登場。気になる内容はというと、近未来都市をイメージしたバーチャルな世界観のなか、タイムリミットに追われながら3.9...
ポルシェが70周年を記念し、真夏の豊洲でグラマラスキャンピング

ポルシェが70周年を記念し、真夏の豊洲でグラマラスキャンピング

ポルシェといえばサーキットや高速道路のイメージかもしれないが、新型カイエンやパナメーラ・スポーツツーリズモなどは、じつは路面も遊びのフィールドも選ばないクルマでもある。スポーツカーの70周年を祝って、豊洲のワイルド・マジックがポルシェならではのグラマラス・キャンピングで沸いた。
1日限定イベント「Porsche Glamorous Camp」開催|Porsche

1日限定イベント「Porsche Glamorous Camp」開催|Porsche

Porsche|ポルシェフードの提供や、特別試乗会などのプログラムを用意ポルシェ ジャパンは、2018年7月16日(月・祝)都市型アウトドアパーク WILD MAGICを貸し切りにし、1日限りのイベント「Porsche Glamorous Camp」を開催。抽選で90組180名を招待。2018年7月2日(月)23:59までサイトにて応募中だ。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)抽選で90組180名を招待今年で70周年を迎えるポルシェ。そのポルシェがプロデュースする一日限りのスペシャルイベント「Porsche Glamorous Camp」が開催される。都市型アウトドアパークWILD MAGICで行なわれる本イベントは、“Glamorous Camp”を象徴するマカンシリーズ、パナメーラスポーツツーリスモの特別試乗会や、新型カイエン、伝説のラリーカー、ポルシェ 959 の展示を実施する。また前菜からメインの肉料理まで、ポルシェならではのGlamorous Ca...
新型カイエンに試乗|Porsche

新型カイエンに試乗|Porsche

Porsche Cayenne|ポルシェ カイエンウィークポイントが見当たらない2017年8月にフルモデルチェンジを受け、東京モーターショー2017でジャパンプレミアを果たした3代目「カイエン」。ポルシェ初のSUVとして登場し、今や同社の屋台骨となった重要なモデルの最新型に、モータージャーナリスト、金子浩久氏が試乗した。Text by KANEKO Hirohisa2代目のイメージを継承したフロントと、大きく変わったリアポルシェ「カイエン」がフルモデルチェンジして、3代目に生まれ変わった。ひと足先にヨーロッパ仕様をギリシアのクレタ島で試乗してきたので、その様子を報告したい。3代目となっても、ひと目見てカイエンと分かるほどシルエットは2代目と見分けがつきにくい。フロントグリルやヘッドライト周辺の造形も極力2代目のイメージを継承しようとしている。しかし、リアスタイルは大きく変わった。先にフルモデルチェンジを受けた「パナメーラ」のような横一線のガーニッシュとテールライトユニットが特徴にな...
新型ポルシェ「カイエン」の発表イベントに出席|Porsche

新型ポルシェ「カイエン」の発表イベントに出席|Porsche

Porsche Cayenne|ポルシェ カイエン新型ポルシェ「カイエン」の発表イベントに出席ポルシェは8月29日(ドイツ現地時間)、第3世代となる新型「カイエン」を世界初公開。その発表会に金子浩久氏が参加した。Text by KANEKO Hirohisaカイエンの歴史を辿るミュージアム新型ポルシェ「カイエン」の発表イベントに出席してきた。会場は、本拠地シュツットガルトのポルシェ ミュージアム。夜9時からの屋上でのセレモニーの前に、ガイド付きでミュージアムを案内された。新型カイエン発表に合わせて、フロアの一部分には歴代カイエンとその派生モデル「959」のパリ・ダカール仕様など、オフロードに縁のあるポルシェを展示してある。“それらの延長線上に新型カイエンが開発されたのですよ”というわけである。中でも感慨深かったのは、「カイエンS トランスシベリア」。ロシアのモスクワからモンゴルのウランバートルまでを競うアドベンチャー ラリー「トランスシベリア」用にヴァイザッハで25台造られたラリー...
“モーター”ショーの向かう先|IAA 2017

“モーター”ショーの向かう先|IAA 2017

IAA 2017|フランクフルト モーターショー 2017“モーター”ショーの向かう先次はフェードアウトか「有人ドローン館」かフランクフルト モーターショーの現地に足を運び、現地の熱と報道を肌で感じた大矢アキオ氏。市販モデルの傾向はもとより、俯瞰してみたとき見えてくる、モーターショー自体の未来についての考察。Photographs by Akio Lorenzo OYA / Mari OYAText by Akio Lorenzo OYA今年はiPhoneにはかき消されなかったがフランクフルト モーターショーにおける過去数回のライバルは、ずばり「アップル」であった。具体的には彼らが、ショーとほぼ同時期に大西洋の向こうで催す新製品発表会だ。BMW i8 Memphis StyleLamborghini Aventador S Roadsterメディアの多くは、たとえ夏中にメーカーが配信するコンセプトカーや新型車のティザー画像を並べ立てていても、いざ新しいiPhoneが発表されると...
PHEVを搭載したカイエンをパリで初公開|Porsche

PHEVを搭載したカイエンをパリで初公開|Porsche

Porsche|ポルシェパリでPHEVを搭載したカイエンなどを初公開ポルシェAGは、フランスで開催されるパリモーターショーにて、初めてPHEVを搭載した「カイエン S E-ハイブリッド」をふくむ、あたらしいカイエンのワールドプレミアをおこなう。Text by OHTO Yasuhiroあたらしいカイエンファミリーが登場パリモーターショーのプレスデイ初日、10月2日のワールドプレミアが公表されたのは、すでに日本でも予約が開始されている、あたらしい「カイエン」だ。この新型の投入によりポルシェは、従来のハイブリッドモデルをすべてプラグインハイブリッド方式へと進化させることができたかたちとなる。カイエンはこのプラグインハイブリッドモデルで、プレミアムSUVのあらたなベンチマークとしての座を確立していく狙いだ。カイエン初となる「カイエン S E-ハイブリッド」のパワーユニットは、スーパーチャージャーのついた3.0リッターV6エンジンにモーターを組み合わせて搭載。エンジン単体の最高出力は245...
ポルシェ「カイエン」がフルモデルチェンジ|Porsche

ポルシェ「カイエン」がフルモデルチェンジ|Porsche

Porsche Cayenne|ポルシェ カイエンポルシェ「カイエン」がフルモデルチェンジポルシェAGは8月29日、フルモデルチェンジして3代目となったプレミアムスポーツSUV「カイエン」を発表した。Text by OPENERS見た目はキープコンセプト2002年にデビューし06年にマイナーチェンジ、10年に2代目となり14年にマイナーチェンジと順調に進化を続け、販売も好調なポルシェのSUV「カイエン」が2017年、ついに第3世代へとフルモデルチェンジした。新型は、パワフルなターボエンジン、新しい8段ティプトロニックSトランスミッションとシャシーシステム、総合的コネクティビティを備えるディスプレイやコントロール コンセプトなどを採用し、ポルシェ特有の運動性能と抜群の実用性を新しい段階に進めたという。発売時のラインナップは、標準モデルの「カイエン」と高性能モデルの「カイエンS」の2グレードになる。先代モデルに比べて63mm長く、25mm広く、9mm低くなった新型のボディーサイズは全長...
34 件