日産GT-RとフェアレディZに誕生50周年記念モデル|Nissan

日産GT-RとフェアレディZに誕生50周年記念モデル|Nissan

Nissan GT-R|日産GT-RNissan GT-R NISMO|日産GT-R ニスモNissan GT-R 50th Anniversary|日産GT-R 50th Anniversary Nissan Fairlady Z 50th Anniversary|日産フェアレディZ 50th AnniversaryGT-R 2020年モデルの発表と同時に50周年記念のGT-RとフェアレディZを発表日産自動車は4月17日、同社の情報発信拠点である東京・銀座のNISSAN CROSSING(ニッサン クロッシング)において、「GT-R」の2020年モデルと、生誕50周年を記念した「GT-R 50th Anniversary」、「フェアレディZ 50th Anniversary」を報道陣に公開した。Text & Photographs by HARA Akira「速さの質」を追求した2020年モデルのGT-R究極のドライビングプレジャーのために常に深化するスポーツカー「GT-...
日産GT-R 2017年モデルに試乗|NISSAN

日産GT-R 2017年モデルに試乗|NISSAN

NISSAN GT-R|日産 GT-R日産GT-R 2017年モデルに試乗ますます磨きがかけられた実力2007年のデビュー以来、毎年進化を続けてきたGT-R 。その最新版たるMY(=Model Year)17 GT-Rに、モータージャーナリストの島下泰久氏がドイツ~ベルギーの一般道とスパ・フランコルシャン サーキットで試乗した。Text by SHIMASHITA Yasuhisa日常域の走りっぷりが格段に進化筆者はかつて、登場直後の2007年の日産「GT-R」を所有していたことがある。その圧倒的なパフォーマンスには大いに満足していたが、一方でメインテナンスや保証に関するあまりの制限の多さ、そして飛ばさなければ楽しさの感じられない、日常域での味気ない乗り味に飽き足らず、2年ほどで手放してしまったのだった。しかしながら、今回ドイツ~ベルギーの一般道、そして難所として知られるスパ・フランコルシャン サーキットでテストした、過去最大級の変更を受けて登場したMY(=Model Year)1...
日産GT-R ニスモの2017年モデルが発売|Nissan

日産GT-R ニスモの2017年モデルが発売|Nissan

NISSAN GT-R NISMO|日産 GT-RニスモNISSAN GT-R Track edition engineered by nismo日産 GT-R トラックエディション エンジニアード バイ ニスモGT-R ニスモの2017年モデルが発売日産自動車は25日、「GT-R ニスモ」の2017年モデルを発売。同時に、ニスモモデルの足回りなどを標準モデルと融合させた「トラックエディション エンジニアードbyニスモ」の販売も開始した。Text by YANAKA Tomomiエンジンは標準モデルより30psアップの600psを発生今年5月にニュルブルクリンクで世界初披露された「GT-R ニスモ」の2017年モデル。すでに「GT-R」とあわせて850台以上を受注しているという。エンジンは、熟練した匠が専用のクリーンルームで組み立て、GT3選手権でも使用する高流量、大口径のターボチャージャーを搭載する3.8リッターV型6気筒エンジンを搭載。標準モデルより22kW(30ps)大きい4...
GT-Rニスモ2017年モデルをニュルブルクリンクで初披露|Nissan

GT-Rニスモ2017年モデルをニュルブルクリンクで初披露|Nissan

NISSAN GT-R NISMO|日産 GT-R ニスモGT-Rニスモ2017年モデルをニュルブルクリンクで初披露日産自動車は27日、「日産GT-R ニスモ」の2017年モデルをドイツ・ニュルブルクリンクで披露した。Text by YANAKA Tomomi空力性能が向上5月29日まで開催されていたニュルブルクリンク24時間耐久レースという大舞台で初披露された「日産GT-R ニスモ」の2017年モデル。ニュルブルクリンクはGT-Rニスモが走行性能を磨き、チューニングをおこない、開発を実施してきた場所でもある。2017年モデルは、標準モデルと同様、フロントエンドの新しいバンパーが特徴。ニスモモデル専用のカーボンファイバー製フロントバンパーが与えられ、大きなダウンフォースを発生させると同時に、ホイールハウス周辺の空気を吸引することで空力性能をさらに向上させるという。パワートレインもニスモ向けの特別なチューニングを施すことで、3.8リッターV6ツインターボエンジンは最高出力でGT-Rよ...
GT-R 2017年モデルを日本初披露|Nissan

GT-R 2017年モデルを日本初披露|Nissan

NISSAN GT-R|日産GT-RGT-R 2017年モデルを日本初披露日産自動車は、スポーツラインナップのフラッグシップモデル「GT-R」の2017年モデルを、夏の発売に先立ち、4月1日に日本で初披露した。Text by YANAKA TomomiPhotographs by KEISUKE Kariyaフロントグリルが拡大するなど、デザインを大幅に変更3月末に開催されたニューヨーク国際オートショーでワールドプレミアされたばかりの日産「GT-R」2017年モデル。今夏の正式発表に先立ち、日本でも先行披露された。エンジン、内外装とともに2007年の発売以来最大規模となる変更がくわえられたという2017年モデル。1台1台手組みされるエンジンは、3.8リッターV6エンジンとおなじながらも最高出力は20psアップの570ps/6,800rpm、最大トルクも0.1kgm大きい633(64.6kgm)/3,300-5,800rpmとなる。また6段デュアルクラッチトランスミッションも改良。中...
エクストレイル、GT-Rはじめ日産各モデルに雪上で試乗|NISSAN

エクストレイル、GT-Rはじめ日産各モデルに雪上で試乗|NISSAN

NISSAN|日産 エクストレイル、GT-Rはじめ日産各モデルに雪上で試乗雪道でもっとも必要なのは自制心というオプションフルラインナップメーカーである日産が、長野県・霧ヶ峰を舞台にまでさまざまなモデルを取り揃え、雪上試乗会を開催した。FRのスポーツカーから4WDのSUVまで、雪道でいかなる走りを見せるのか。モータージャーナリスト、小川フミオ氏によるショートインプレッションをお送りする。Text by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki雪山でもスタイリッシュなSUV──エクストレイル ハイブリッド日産車を雪上で乗る機会にめぐまれた。2016年1月、場所は長野県・霧ヶ峰だ。日産自動車はフルラインナップを持つメーカーだけに、コンパクトカーからSUVまで、4輪駆動仕様を豊富に揃えている。それだけでなく、2輪駆動でもちゃんと走れることがわかる機会をくれた。当初は、凍結した女神湖の上で運転する予定だったようだが、暖冬のあおりを受け、氷の厚みが足...
GT-Rを旗艦に“走り”を前面に押し出す日産|Nissan

GT-Rを旗艦に“走り”を前面に押し出す日産|Nissan

Nissan|日産東京モーターショー 現地リポートGT-Rを旗艦に“走り”を前面に押し出す日産日産は、モーターショー開催前日に「GT-R」の2014年モデルとNISMOを発表。初日には、20歳代と協業でデザインしたという2台のレトロ&スポーティなコンセプトカーも登場させた。飛行機のような三角形の「ブレードグライダー」とともに、“走り”のイメージを前面に強く打ち出した日産のブースを、大谷達也氏がリポート。 Text by OTANI TatsuyaPhotograhs by ARAKAWA Masayukiニュル7分8秒679を記録したGT-R NISMOニッサンは計3台のコンセプトカー、そしてマイナーチェンジ版のGT-Rなどを東京モーターショーに持ち込み、走りのイメージを強く打ち出していていた。なかでも、もっとも熱い注目を集めていたのが2014年モデルの「GT-R」と、これをベースにした「GT-R NISMO」である。ニッサンのワークスチームとしてこれまでさまざまなモータース...
あらたなる価値を得た日産GT-R 2014年モデルに試乗|Nissan

あらたなる価値を得た日産GT-R 2014年モデルに試乗|Nissan

Nissan GT-R 2014 model|日産GT-R 2014年モデル分化することで進化する和製スーパースポーツあらたなる価値を得た日産GT-R 2014年モデルに試乗スーパースポーツカー界に衝撃を与えた「GT-R」が登場してから7年。2014年型として登場したアップデートモデルは、しかし、これまでとは趣のことなる仕上がりで既存オーナーやファンを戸惑わせた。GT-Rの開発からずっと見てきたモータージャーナリストの渡辺敏史氏が、その最新モデルに試乗して感じたこととは──Text by WATANABE ToshifumiPhotographs by ARAKAWA MasayukiGT-Rはスーパーカーの世界を変えたのか第3世代となる日産「GT-R」の登場は2007年の冬のこと。早いもので7年が経とうとしている。通常のクルマのモデルサイクルでいえば、ゆうに一世代ぶんは超えていることになる計算だ。昨今はスポーツカーセグメントの代替も早く、その当時にライバルと目されていたポルシェや...
上質な乗り味を進化させたGT-R 2015年モデルを発表|Nissan

上質な乗り味を進化させたGT-R 2015年モデルを発表|Nissan

Nissan GT-R│日産 GT-RNissan GT-R 45th Anniversary│日産 GT-R 45th アニバーサリー上質な乗り味を進化させたGT-R 2015年モデルを発表日産は11月25日、スポーツカー「GT-R」の2015年モデルを発売。さらに、GT-R誕生45周年を記念した特別仕様車「GT-R 45th アニバーサリー」が来年2月3日から45台限定で販売されると発表した。Text by YANAKA Tomomiニスモのテクノロジーを融合させた新グレードも誕生初代「スカイライン GT-R」が1969年に発売されてから来年で45周年。その直系として日産のスポーツカーを代表する「GT-R」が2015年モデルに進化した。昨年同様、GT=「グランツーリスモ」、R=「レーステクノロジー」と定義され、さらなる乗り心地の追求がおこなわれている。2015年モデルでは、ショックアブソーバーの減衰力特性を変更することによりコーナリング性能が向上したほか、ステアリング ダイナミ...
試乗、日産GT-R NISMO|Nissan

試乗、日産GT-R NISMO|Nissan

Nissan GT-R NISMO|日産 GT-R ニスモ試乗、日産GT-R NISMO日産GT-Rがデビューをしてから8年。日産のモータースポーツ部門、NISMOの手によりサーキット志向のエンジニアリングがほどこされた「GT-R NISMO」に渡辺敏史氏が試乗。通常モデルとは何がちがうのか。その真価を探ってみた。Text by WATANABE ToshifumiPhotographs by HANAMURA Hidenoriスピードに対する価値軸を変えた存在一般道とサーキット。鳥瞰の地図で見ればおなじ、直線やカーブの組み合わせにみえるも、その場を実際に走ってみればそのフィードバックはまったくことなるものだ。サーキットの路面は綺麗に均らされているうえ、舗装もタイヤのグリップを重視したものが配されるなど、クルマのパフォーマンスを完全に引き出せるよう留意されている。対すれば、刻々と変わる舗装状態にひび割れや凹凸に轍などがくわわり、さらにはコーナーを跨ぐように白線が引かれていたりと、一...
NISSAN GT-R 2012 Model Review

NISSAN GT-R 2012 Model Review

NISSAN GT-RModel 2012, more elaborated GT-R (1)Nissan GT-R 2012 is not a simple latest version of GT-R. Acquiring 20ps of more power and Asymmetric Suspension, GT-R 2012 made an excellent progress. Hot review by Mr. Toshifumi Watanabe.Original text in Japanese by Toshifumi WatanabePhotos by Masayuki ArakawaPerfection“Automobile manufacturers often say proudly “Our new car uses the new technology for the first time in the world !” That’s what I...
PORSCHE PANAMERA SpecV|ポルシェ・パナメーラ ターボ 1|NISSAN GT-R Spec V  LONG TERM TEST 番外編(1)

PORSCHE PANAMERA SpecV|ポルシェ・パナメーラ ターボ 1|NISSAN GT-R Spec V  LONG TERM TEST 番外編(1)

NISSAN GT-R Spec V|日産 GT-R スペックV 番外編日産 GT-R スペックV VS ポルシェ パナメーラ ターボ (1)今回お送りするのは、日産GT-R スペックVの「LONG TERM TEST」特別編。ポルシェが911、ボクスター/ケイマン、カイエンにつづく第4のモデルとして開発した「パナメーラ ターボ」をリポート車の番外編として迎え、ボディ形状はちがえど日本とドイツのFRベース四駆ターボモデルの最高到達点ともいえる2台をリポート。日々の足として実際に乗っているオーナーの視点で、オウプナーズ クルマ担当が語ります。Text by OPENERSPhoto by ARAKAWA Masayukiポルシェ パナメーラ<ポルシェ パナメーラ>単なるサルーンでも、ありふれた4シーターでもない、ポルシェ エンジニアリングの枠を集結したスポーツサルーンの最高到達点「パナメーラ」。今回登場するパナメーラ ターボは、全長4970×全幅1930×全高1420mmのボディに、...
PORSCHE PANAMERA SpecV|ポルシェ・パナメーラ ターボ 2|NISSAN GT-R Spec V  LONG TERM TEST 番外編(2)

PORSCHE PANAMERA SpecV|ポルシェ・パナメーラ ターボ 2|NISSAN GT-R Spec V  LONG TERM TEST 番外編(2)

NISSAN GT-R Spec V|日産 GT-R スペックV 番外編日産 GT-R スペックV VS ポルシェ パナメーラ ターボ (2)今回お送りするのは、日産GT-R スペックVの「LONG TERM TEST」特別編。ポルシェが911、ボクスター/ケイマン、カイエンにつづく第4のモデルとして開発した「パナメーラ ターボ」をリポート車の番外編として迎え、ボディ形状はちがえど日本とドイツのFRベース四駆ターボモデルの最高到達点ともいえる2台をリポート。日々の足として実際に乗っているオーナーの視点で、オウプナーズ クルマ担当が語ります。Text by OPENERSPhoto by ARAKAWA Masayuki速く走ることを追求したGT-Rか、走りのクオリティを実現したパナメーラか── 具体的に、クルマのセッティングのちがいはどこで感じました?担当A まず、タイヤの使い方に対する考え方がまったくちがう。たとえばパナメーラの場合、タイヤの空気圧がつねにモニター表示されていて、...
PORSCHE PANAMERA SpecV|ポルシェ・パナメーラ ターボ 3|NISSAN GT-R Spec V  LONG TERM TEST 番外編(3)

PORSCHE PANAMERA SpecV|ポルシェ・パナメーラ ターボ 3|NISSAN GT-R Spec V LONG TERM TEST 番外編(3)

NISSAN GT-R Spec V|日産 GT-R スペックV 番外編日産 GT-R スペックV VS ポルシェ パナメーラ ターボ (3)今回お送りするのは、日産GT-R スペックVの「LONG TERM TEST」特別編。ポルシェが911、ボクスター/ケイマン、カイエンにつづく第4のモデルとして開発した「パナメーラ ターボ」をリポート車の番外編として迎え、ボディ形状はちがえど日本とドイツのFRベース四駆ターボモデルの最高到達点ともいえる2台をリポート。日々の足として実際に乗っているオーナーの視点で、オウプナーズ クルマ担当が語ります。Text by OPENERSPhoto by ARAKAWA Masayuki── 逆にパナメーラには要改善点は感じました?担当A インストゥルメントパネルのレイアウト。デザインを優先させたせいか、ボタンが操作しにくい。「スポーツ」や「ノーマル」といった走行モードの切り換えからオーディオや空調のスイッチまでピアノの鍵盤みたいに均質に並べられてい...
GT-Rに特別限定車 スペシャルエディション登場|Nissan

GT-Rに特別限定車 スペシャルエディション登場|Nissan

Nissan GT-R Special edition|日産 GT-R スペシャル エディションGT-Rに特別限定車 スペシャルエディション登場日産は、「NISSAN GT-R」の特別仕様車「スペシャルエディション」を全世界で限定100台発売すると発表した。Text by SUZUKI Fumihiko(OPENERS)世界限定100台日本の誇るスーパーカー「NISSAN GT-R」に特別仕様車「スペシャルエディション」が登場した。このモデルは、一台一台、匠の手によって磨き込みをおこなうことで、見る角度や光のあたりかたによって変化する、宝石のような深みのある美しい色彩をうむという、専用の特別カラー「ミッドナイトオパール」をボディーカラーに採用したのが最大の特徴。くわえて、高速域での安定した空力性能を実現するというドライカーボン製リヤスポイラー、バネ下重量を軽減し、しなやかな乗り心地を実現するという、ハイパーチタンカラーコートを施した高剛性鍛造アルミホイールを装備する。そして、エンジ...
22 件