ROLLS-ROYCE

ヘンリー・ロイスとチャールズ・ロールスが初めて会ったのは1904年のこと。イギリスでモーターなどを手がけていたロイス社が、新しいビジネスとして自動車を試作したところ、評判を聞きつけたロールスがこのクルマを試乗に訪れる。その仕上がりの良さに感銘を受けたロールスが、ロイスがつくるクルマの販売を申し入れたのがロールス・ロイスのスタートになった。 高級車ブランドとしてその名を知らしめたのは、1906年に生産を開始した「40/50HPシリーズ」。6気筒エンジンを搭載したこのモデルは、後に「シルバー・ゴースト」と呼ばれるのだが、そのエンジンの滑らかさや静粛性、クルマとしての高い信頼性、そして、質の高い素材による仕立の良さから、上流階級から大きな支持を得ることとなった。ロールス・ロイスのマスコットとして知られる“スピリット・オブ・エクスタシー”が生まれたのもこの時代だった。 その後、1929年には「ファントム」を世に送り出し、1931年には同じイギリスのベントレーを買収するなど順調な歩みを進めた同社。第二次世界大戦中は航空機エンジンなどに専念する時期もあったが、1947年から自動車の生産を再開。ファントムシリーズをはじめ、「シルバークラウド」「シルバーシャドウ」といった名車をつくりだしていく。しかし、1971年に航空機エンジン部門の不振から会社が倒産。この際、航空機エンジン部門は切り離され、残された自動車部門は一時政府の管理下へ。そして1980年にはヴィッカーズ社の傘下となった。 さらに1990年代後半にはフォルクスワーゲン(VW)とBMWによる買収劇が巻き起こる。混乱の末、工場とベントレーのブランドはVWの手に渡り、一方、BMWはロールス・ロイスの名前だけを手に入れる。そして2003年、新体制のもとで開発が進められてきたファントムにより、ロールス・ロイスは新しい歴史を踏み出すことになった。

ロールズのSUV「カリナン」日本上陸|Rolls-Royce

ロールズのSUV「カリナン」日本上陸|Rolls-Royce

Rolls-Royce Cullinan|ロールス・ロイス カリナンロールス・ロイスのSUV「カリナン」日本上陸ロールス・ロイス・モーター・カーズは、同社初のSUVとなる「カリナン」を日本でも発表した。価格は3,800万円からで、納車は2019年第一四半期を予定している。グローバルでの発表から約1か月での日本導入となる。Text & Photographs by UCHIDA Shunichi妥協せず、大量生産もしないこれまでに発見された世界最大のダイヤモンドの名前を冠された「カリナン」は、究極のオフローダーとして、また、オンロードにおいてもロールス・ロイスの名にふさわしい乗り心地と走りを提供しているという。「SUV市場に進出するに際しても、価格面で妥協したり、また平凡なラグジュアリーを提供したりして、大量生産するつもりは一切ありせん。新しいSUVのベンチマークとなるのがカリナンです」と定義づけるのは、同社アジア太平洋リージョナルディレクターのポール・ハリス氏だ。ロールス・...
ロールス・ロイス初のSUV「カリナン」をワールドプレミア|Rolls-Royce

ロールス・ロイス初のSUV「カリナン」をワールドプレミア|Rolls-Royce

Rolls-Royce Cullinan|ロールス・ロイス カリナンロールス・ロイス初のSUV「カリナン」をワールドプレミアロールス・ロイスは英国時間の5月10日正午(日本時間午後8時)、グローバル ライブストリーミング映像を通して同社初のSUVとなる「カリナン」の姿を世界初公開した。Text by HARA Akira究極のぜいたく空間の中、どこへでも行けるクルマ=カリナンロールス・ロイス初となるSUV「カリナン」のローンチは、定刻通りにYouTubeとFacebookによるストリーミング映像で行われた。約15分間に渡る映像は、「砂漠における1台のロールス・ロイスは複数のルビーをしのぐ」と語ったアラビアのロレンスの走行シーンから始まった。その後は、トルステン・ミュラー・エトヴィシュ社長、ジャイルズ・テイラー取締役兼デザインディレクター、キャロライン・クリスマー エンジニアリングプロジェクトリーダーが商品説明を行ったほか、工場の様子やアルミスペースフレームの概要を紹介した。走行シー...
ロールス・ロイスの新型SUV、その名は「カリナン」|Rolls-Royce

ロールス・ロイスの新型SUV、その名は「カリナン」|Rolls-Royce

Rolls-Royce CULLINAN|ロールス・ロイス カリナンロールス・ロイスの新型SUV、その名は「カリナン」ロールス・ロイス モーター カーズは2月13日、開発中の同社初となる新型SUVの名称を「カリナン」に決定したと発表した。Text by HARA Akira由来は南アで発見された世界最大のダイヤモンドから新型ロールス・ロイス「カリナン」は、昨年デビューした「ファントム」に続いて同社が新開発したオールアルミニウム製スペースフレーム構造「アーキテクチャー オブ ラグジュアリー」を採用した2番目のモデル。2015年に発表した「豪華な旅という概念を塗り替え、何処へでも快適に出かけることができる、まったく新しいハイボディビークル」として開発が続けられてきたもので、そのプロジェクト名称である「カリナン」が、そのまま車名として採用されたことになる。「カリナン」は、1905年に南アフリカで発見された世界最大のダイヤモンドに付けられた名前。南ア政府が15万ポンドで購入し、国王にふさわ...
黒を纏った特別なロールス・ロイス「ドーン ブラック バッジ」|Rolls-Royce

黒を纏った特別なロールス・ロイス「ドーン ブラック バッジ」|Rolls-Royce

Rolls-Royce Dawn Black Badge|ロールス・ロイス ドーン ブラック バッジ翌日には六本木ヒルズでアジアプレミアも黒を纏った特別なロールス・ロイス「ドーン ブラック バッジ」ロールス・ロイスは6月28日(水)、コンバーチブル「ドーン」に漆黒のボディカラーを纏った「ブラックバッジ」を発表。同モデルは6月29日(木)にイギリスで開幕するグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで世界初公開されるとともに、翌日の6月30日(金)には、早くも東京・六本木ヒルズアリーナでアジアプレミア。7月2日(日)まで展示される。Text by YANAKA Tomomiパワートレインも強化し、2.5トンでありながら0-100km/h加速は4.9秒を記録これまで「ゴースト」や「レイス」に設定されてきたスペシャルなモデルの「ブラックバッジ」。その第3として、昨年日本に上陸したコンバーチブルモデル「ドーン」にも設定された。ブラックバッジの最大の特徴となるのが、ロールス・ロイスが「深く...
新作ファントムを7月末に『ザ・グレート・エイト・ファントム展』で発表|Rolls-Royce

新作ファントムを7月末に『ザ・グレート・エイト・ファントム展』で発表|Rolls-Royce

Rolls-Royce Phantom|ロールス・ロイス ファントム新型ファントムへのカウントダウンロールス・ロイスは、歴代の有名な「ファントム」が一堂に会した『ザ・グレート・エイト・ファントム展』を7月27日(木)よりロンドン・メイフェアで開催。その際8代目となる新作ファントムを披露するという。Text by YANAKA Tomomi歴代の有名なファントムが集結1925年に誕生し、条約調印や国家行事をはじめ、生産開始から92年にわたりさまざまな歴史の一場面に立ち会ってきたロールス・ロイス「ファントム」。永きにわたり、世界各国の王族をはじめ、政治家、映画スター、セレブリティらに愛されてきたモデルだ。そんなファントムも、7代目が13年にわたった生産を終了しており、いよいよ8代目の登場が予告された。今年7月末に歴代のファントムとともに披露される予定だという。Fred Astaire Phantom Iそのお披露目までのカウントダウンとして、歴代のファントムにフィーチャーしてゆく『ザ・...
ロールス・ロイスのミューズの物語を動画で公開|Rolls-Royce

ロールス・ロイスのミューズの物語を動画で公開|Rolls-Royce

Rolls-Royce House of Rolls-Royce|ロールス・ロイス ハウス オブ ロールス・ロイスロールス・ロイスのミューズの物語を動画で公開ロールス・ロイスがブランドを紹介するデジタルコンテンツ「ハウス オブ ロールス・ロイス」の日本語字幕版の第一弾「スピリット オブ エクスタシー」を公開。同時に、2017年後半にフラッグシップサルーン「ファントム」が新たに登場することも示唆した。Text by YANAKA Tomomiナレーションはオスカー女優のケイト・ウィンスレットはじめてブランドを紹介するデジタルコンテンツを発表したロールス・ロイス。動画のシリーズは1年以上つづくとアナウンスされており、来年後半に発表予定という「ファントム」のフルモデルチェンジとも関係していると予想される。第一弾となる今回はロールス・ロイスのミューズである「スピリット オブ エクスタシー(フライングレディ)」誕生の物語。動画はモーションキャプチャと3Dスキャン技術を駆使して制作され、ナレー...
ロールスのSUV、世界各地でのテストへ|Rolls-Royce

ロールスのSUV、世界各地でのテストへ|Rolls-Royce

Rolls-Royce Project Cullinan|ロールス・ロイス プロジェクト カリナンロールスのSUV、世界各地でのテストへロールス・ロイスは、2015年2月にアナウンスした初のSUV開発「プロジェクト カリナン」が順調に進んでいることを発表。今後は試験車両を用いて、世界各地でテストを行う段階に入るという。Texy by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)どんな場所でもエフォートレスにロールス・ロイスが初のオールラウンダーの開発として進めている「プロジェクト カリナン(Project Cullinan)」は順調に進んでおり、12月からは世界のさまざまな場所に持ち込み、多様な環境下での試験へと進むことが明らかにされた。それにあわせて、新たな試験車両の写真も公開された。以前の試験車両は「ファントム II」をベースに改良したものだったが、新たな試験車両は、4輪駆動システムの開発と同時に、2018年からロールス・ロイス各モデルのベースとなるオールアルミニウ...
専用ブラックカラーで陰影を強調する「レイス ブラック・バッジ」|Rolls-Royce

専用ブラックカラーで陰影を強調する「レイス ブラック・バッジ」|Rolls-Royce

Rolls-Royce Wraith Black Badge|ロールス・ロイス レイス・ブラック・バッジ専用ブラックカラーをまとうロールス・ロイスロールス・ロイスは、2016年3月に開催されたジュネーブ・モーターショーで発表した「レイス ブラック バッジ」を日本で初披露した。2016年末までには発売を開始する。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)破天荒に生きる成功者たちへ「レイス ブラックバッジ」はロールス・ロイスが、型破りでいながら妥協せず言い訳もしないという若い世代の成功者に向けて造り上げたモデルだ。この名称は、2016年に開催されたジュネーブ・モーターショーで発表された、「ゴースト」及び「レイス」に冠している。エンジンは6.6リッターV型12気筒DOHCターボ。最高出力は632psとノーマルのレイスと変わりないが、最大トルクは70Nmアップの870Nmと向上が図られた。これに組み合わされる8段オートマチックトランスミッションも強化。加えて、セッティング...
117 件