フェラーリ 458 スペチアーレを試乗する|Ferrari

フェラーリ 458 スペチアーレを試乗する|Ferrari

Ferrari 458 Speciale|フェラーリ 458 スペチアーレ自然吸気V8エンジンを積んだピュアスポーツ フェラーリフェラーリ 458 スペチアーレを試乗する「360 モデナ」以降、「チャレンジストラダーレ」「430スクーデリア」とシリーズ最後を飾るにふさわしいハイパフォーマンスモデルを用意してきたフェラーリ。「458 イタリア」もその例に漏れず、マラネロは最終兵器として「458 スペチアーレ」を送り出した。新型「488 GTB」では姿を消した、自然吸気V8エンジンを積んだ伝統の乗り味を、大谷達也氏のインプレッションとともにお届けする。Text by OTANI TatsuyaPhotographs by ARAKAWA Masayukiレーシングカーに通ずる軽量化の努力恥を忍んで告白すると、地下駐車場ではじめてフェラーリ「458 スペチアーレ」と対面したとき、スタンダードな「458 イタリア」とのちがいがよくわからなかった。なるほど、そのアピアランスからは何ともいえな...
鈴木正文が語るフェラーリ458スパイダーの魅力|Ferrari

鈴木正文が語るフェラーリ458スパイダーの魅力|Ferrari

Ferrari 458 Spider|フェラーリ 458スパイダー鈴木正文が語る。フェラーリ458スパイダーの魅力イタリア、ドイツとともに日本でも先行販売された「フェラーリ458スパイダー」。さっそくイタリアで試乗してきた元『ENGINE』編集長、現『GQ』編集長の鈴木正文さんはこの新型、どう感じたのか? その感想を語ってもらった。Talk SUZUKI Masafumiハイライトはメタルトップ試乗はワインディングロードとモーターウェイのミックスでした。街中は20kmくらいあったかな。モデナのそばから出撃して、短い距離だけれどフェラーリの創設者エンツォ・フェラーリがレーシングドライバー時代に出たヒルクライムのコースもふくめ、急峻な山道を100km強くらい午前中は走って、帰りはモーターウェイを150kmくらい走りました。全体で350kmくらいの距離。タイトなワインディングが多くて、行きはオープンで、帰りはトップを閉めて帰ってきました。458スパイダーの一番のハイライトは、いうまでもな...
究極の458、スペチアーレ登場|Ferrari

究極の458、スペチアーレ登場|Ferrari

Ferrari 458 Speciale|フェラーリ 458 スペチアーレ“特別”を意味する車名にふさわしい究極の存在360モデナがベースの「チャレンジストラダーレ」、F430ベースの「430スクーデリア」につづく、V8 ミッドシップモデルのハイパフォーマンスバージョン「458 スペチアーレ」が、フランクフルト モーターショーで公開される。その注目のパフォーマンスとは?Text by SAKURAI Kenichi「フィオラーノ」でのラップタイムは1分23秒5の実力フェラーリは、9月開催のフランクフルト モーターショーで、V8ミッドシップモデル「458イタリア」のハイパフォーマンスバージョン、「458スペチアーレ」をワールドプレミアする。これまでフェラーリは、「360モデナ」シリーズ以降のV8ミッドシップモデルにおいて、ハイパフォーマンスバージョンの追加設定をつねにおこなっており、この「458 スペチアーレ」は、360モデナがベースの「チャレンジストラダーレ」、F430ベースの「4...
フランクフルト現地リポート|Ferrari

フランクフルト現地リポート|Ferrari

Ferrari|フェラーリフランクフルト現地リポートフェラーリ458スペチアーレ、デビュー!事前の予告どおり、フランクフルトモーターショーにおいてフェラーリが発表したのは、「458スペチアーレ」。名前のとおり、458の集大成としていかに特別なモデルであるかを、現地で目の当たりにした山崎元裕氏がリポートする。 Text by YAMAZAKI Motohiro最先端のテクニカル ソリューションを導入したモデルフィアット・グループ各社のブースで、最も熱い視線を集めていたのは、やはりフェラーリだった。フェラーリは今年のフランクフルトモーターショーで、「458イタリア」をベースとした高性能仕様となる、「458スペチアーレ」をワールドプレミア。ちなみに458イタリアは、4年前の2009年、おなじフランクフルトで発表されているが、フェラーリが、この458スペチアーレを、458シリーズの高性能仕様であると同時に、最終進化型と考えていることは、「360モデナ」にたいする「チャレンジ ストラダ...
究極のフェラーリ458、日本上陸|Ferrari

究極のフェラーリ458、日本上陸|Ferrari

Ferrari 458 Speciale|フェラーリ 458 スペチアーレ究極のフェラーリ458、日本上陸先のフランクフルトモーターショーで公開された「458 イタリア」、「458スパイダー」に続く新しいラインナップ、「458 スペチアーレ」が日本でも発売を開始した。V8 ミッドシップモデル歴代最高となるパフォーマンスはいかなるものか。日本で開催された発表会の第一報をお届けする。 Text by SAKURAI KenichiNA最強の605psを誇る進化版9月にドイツで開催されたフランクフルトモーターショーでワールドプレミアされた、フェラーリのV8ミッドシップ「458スペチアーレ」が日本でも正式発表された。「458イタリア」のハイパフォーマンスバージョンとなるこのモデルは、「458 イタリア」、「458 スパイダー」に続く第3のラインナップで、その名のとおり、シリーズ中最高性能を持つ究極のスペシャルマシンである。日本での発表にあたり、会場には多くの報道陣が詰めかけ、関心の高...
ジュネーブモーターショーの現場から:フェラーリ篇|Ferrari

ジュネーブモーターショーの現場から:フェラーリ篇|Ferrari

Ferrari|フェラーリGeneva International Motor Show 2015ジュネーブモーターショーの現場から:フェラーリ篇数あるモーターショーのなかでも、ジュネーブでの発表に重きを置くブランドは多い。フェラーリもそのひとつだが、今年はV8ミッドシップスポーツ「458 イタリア」の後継モデル、「488 GTB」がデビューを飾った。ルカ・ディ・モンテゼーモロ氏が去ったフェラーリはどこへ向かうのか。プレゼンテーションの会場から大谷達也氏がその模様をお届けする。Text by OTANI Tatsuyaフェラーリに新時代がやってきた2013年は「ラ フェラーリ」、2014年は「カリフォルニアT」をここジュネーブショーで発表してきたフェラーリは、今年もその伝統に則り、同社の主力モデルとなることが確実視されている「488 GTB」をレマン湖のほとりでワールドプレミアした。もっとも、プレスコンファレンスの雰囲気は例年とはやや趣を異にしていた。これまでステージ上でスポットラ...
Ferrari Four(FF)|フェラーリ フォー(FF) ジュネーブでお披露目

Ferrari Four(FF)|フェラーリ フォー(FF) ジュネーブでお披露目

Ferrari Four(FF)|フェラーリ フォー(FF) ジュネーブでお披露目FFと458イタリアを出展フェラーリは、ジュネーブモーターショーに初の4輪駆動モデルFFとHELEシステムを搭載した458イタリアを出展した。文=松尾 大燃費6.5km/ℓ、CO2排出量360g/kmフェラーリ初の4輪駆動にして、シューティングブレークふうデザインを採用した野心的なGTカー、フェラーリFF。搭載されるエンジンは、65°V12。599に搭載されるユニットのボアを2mmアップした総排気量6,262ccの直噴エンジンは最高出力485kW(660ps)/8,000 rpm、最大トルク683Nm(69.6kgm)/6,000rpmを発生する。わずか1,000回転で 500 Nmものトルクを発生し、7段F1デュアル・クラッチ・ギアボックスを介して0–100 km/h加速は3.7秒、最高速度は335 km/hと、フェラーリという名前に恥じない性能をみせている。その一方、燃費性能は15.4 ℓ/100...
Car
Ferrari 458 SPIDER|フランクフルトに登場

Ferrari 458 SPIDER|フランクフルトに登場

Ferrari 458 SPIDER│フェラーリ 458 スパイダーフランクフルトモーターショーで初公開フェラーリは、ミッドシップスポーツカー「458 イタリア」のオープントップモデル「458スパイダー」を、9月に開かれるフランクフルトモーターショーで披露する。文=谷中朋未ミッドシップにしてフル・リトラクタブル・ハードトップの組み合わせまず注目すべきは、アルミニウムを使ったフル・リトラクタブル・ハードトップを採用していること。これはミッドシップエンジンを搭載するスポーツカーとしては世界初という。従来のソフトトップに比べても重量が約25kgも削減され、開閉時間もわずか14秒にまで短縮された。オープントップでの走行を最大限快適にするため、可変式電動ウィンド・ストッパーを装備。これにより、コックピット内の空気流を穏やかにし、時速200キロを超えるスピードで走行しても通常の会話ができるという。車体後部が膨らんだ「バッドレス」のある革新的なフォルムは、エンジン吸気口への空気の流れを最適化させ...
Ferrari 458 SPIDER|史上最速のオープン・フェラーリ日本上陸!

Ferrari 458 SPIDER|史上最速のオープン・フェラーリ日本上陸!

Ferrari 458 SPIDER│フェラーリ 458 スパイダー史上最速のオープン・フェラーリ日本上陸!フェラーリは、ミッドシップスポーツカー、458 イタリアのオープントップモデルとして458 スパイダーを追加。10月12日に東京・芝にある増上寺でジャパンプレミアがおこなわれた。販売価格は3060万円から。文=松尾 大写真=荒川正幸アルミニウム製リトラクタブル・ハードトップを採用2009年のフランクフルトショーでF430の後継として登場したV8ミッドシップモデル、458イタリア。4.5リッターとV型8気筒に由来する車名をもつ、このスーパースポーツにオープンモデルが登場。世界に先駆け、イタリア、ドイツとともに日本で先行発売されるこの458 スパイダーのジャパンプレミアが芝・増上寺大殿前でおこなわれた。 オープン4座モデル、カリフォルニアでも採用されたリトラクタブル・ハードトップがピュアスポーツの458 イタリアにも採用されたということは、大きなニュースだ。これまで、多くのスーパ...
ユナイテッドアローズ元社長から見たフェラーリ|Ferrari

ユナイテッドアローズ元社長から見たフェラーリ|Ferrari

Ferrari 458 Spider & FF|フェラーリ 458スパイダー & FFユナイテッドアローズ創設メンバーから見たフェラーリユナイテッドアローズ創設メンバーの一人であり、元社長でもある岩城 哲哉氏。彼もまた、クルマ好きである。OPENERSは今回、渡辺敏史氏とともに、その岩城哲哉氏に、それぞれ性格のことなる2つのフェラーリ、「458スパイダー」と「FF」を初体験してもらった。はたしてクルマの専門家ではない目から見た、現在のフェラーリとは、どんなクルマなののか? どんなつきあいかたが浮かんでくるのか?Talk IWAKI Tetsuya & WATANABE ToshifumiPhotographs by ABE Masaya岩城哲哉とは?渡辺敏史(以下 渡辺) 最初に自己紹介をお願いできますか?岩城哲哉(以下 岩城) 私は、重松さんの部下です(笑)。(“重松さん”とは、ユナイテッドアローズ取締役会長 重松 理氏。重松氏はビームスの立ち上げに参画、...
フェラーリのある生活 - 458スパイダー & FF|Ferrari

フェラーリのある生活 - 458スパイダー & FF|Ferrari

Ferrari 458 Spider & FF|フェラーリ 458 スパイダー & FFフェラーリのある生活最新フェラーリの大きな特徴は、世界の頂点たるスーパーカーである、という性格は維持したまま、日常にあっても優れたロードカーである、というところにも、見ることができるのではないだろうか? 今回、OPENERSでは、イタリアンラグジュアリーカーとしてのフェラーリに注目し、「458スパイダー」と「FF」をロードテスト。おなじみ渡辺敏史氏にくわえ、ユナイテッドアローズの創設メンバーである岩城哲哉氏にもフェラーリを初体験してもらった。フェラーリ 458スパイダー&FFをロードテストフェラーリを語るとき、その圧倒的な運動能力ばかりが注目されすぎてはいないだろうか――OPENERSは、渡辺敏史氏とともに、日常的な領域における、フェラーリの魅力とフェラーリがもたらす価値を問いなおす。ユナイテッドアローズ創設メンバーから見たフェラーリはたしてクルマの専門家ではない目から見た、現在...
フェラーリ 2台のV8モデルをテストドライブ!|Ferrari

フェラーリ 2台のV8モデルをテストドライブ!|Ferrari

Ferrari 458 ITALIA|フェラーリ 458 イタリアFerrari California|フェラーリ カリフォルニア2台のV8モデルをテストドライブ!フェラーリ現行のV8ファミリーである「カリフォルニア」と「458 イタリア」。OPENERSでは、この2台のテストドライブを敢行した。おなじみの自動車ジャーナリスト 渡辺敏史氏が、イタリアが誇るクルマ界の至宝の魅力を探る。Text by WATANABE ToshifumiPhoto by ARAKAWA Masayuki“環境”にたいするフェラーリの施策自動車メーカーが抱えるふたつの環境問題がある。ひとつは温暖化を筆頭とした地球環境への負荷低減、もうひとつは新興国も絡んで多様化する市場環境への適応。片やモラル、片やビジネスと相反するような課題ではあるが、いくらフェラーリとてそれは避けてとおれない。いや、大きな社会的責任を背負うオーナーたちに支えられるフェラーリだからこそ、他社に先んじて一手を講じるべきだともいえる。まず...
499台限定、フェラーリ 458 スペチアーレ Aがパリでデビュー|Ferrari

499台限定、フェラーリ 458 スペチアーレ Aがパリでデビュー|Ferrari

Ferrari 458 Speciale A|フェラーリ 458 スペチアーレ A499台限定、フェラーリ 458 スペチアーレ Aがパリでデビューフェラーリは、来る10月のパリモーターショーにてお披露目する特別限定モデル「458 スペチアーレ A」の概要をはじめて公開した。Text by AKIZUKI Shinichiro(OPENERS)マラネロ史上最速のスパイダーフェラーリが、跳ね馬史上最もパワフルなスパイダー「458 スペチアーレ A」を公開した。選ばれし世界各国のフェラーリ コレクターに向けて499台限定で販売される。ベースとなるモデルは、2011年のフランクフルトモーターショーでデビューを飾った「458 スパイダー」で、キャラクターの位置づけとしては昨年8月に登場した「458 イタリア」の特別モデル「458 スペチアーレ」のスパイダー版となる。458 スペチアーレ Aの“A”は、イタリア語のアペルタ(Aperta)の頭文字であり、オープンモデルのことを意味する。搭載さ...
フェラーリ 458スパイダー&FFをロードテスト|Ferrari

フェラーリ 458スパイダー&FFをロードテスト|Ferrari

Ferrari 458 Spider & FF|フェラーリ 458 スパイダー & FF優美な力で人生を彩る2台のフェラーリをロードテストフェラーリを語るとき、その圧倒的な運動性能ばかりが注目されすぎてはいないだろうか──OPENERSは今回、渡辺敏史氏とともに「458スパイダー」、そして「FF」をロードテスト。あくまで日常的な領域において、その魅力とフェラーリがもたらす価値を問いなおす。Text by WATANABE ToshifumiPhotographs by MOCHIZUKI Hirohikoスポーツ性能を突き詰めたことで高い日常性を獲得した21世紀に入ってからの十幾年における、フェラーリの最大の進化。それを誤解をおそれずにいえば「誰にでも扱える」ものになったということだろう。単にドライビングスキルを問われなくなったというだけではない。安全性や信頼性や快適性に……と、市販車としてのあらゆるファクターで、フェラーリはおおくのユーザーを満足させるべく、間口を...
Car
14 件