体感温度を調節しながら、ファッションもゴルフも楽しむ。ウェアラブルサーモデバイス「レオンポケット」に新型が登場|SONY

体感温度を調節しながら、ファッションもゴルフも楽しむ。ウェアラブルサーモデバイス「レオンポケット」に新型が登場|SONY

ソニーは、冷却機能を強化したウェアラブルサーモデバイス「REON POCKET(レオンポケット)2」を発売。さらに、「レオンポケット」に対応するウェアもエストネーションやEDIFICEなどから発表された。
SuicaそしてAmazon Alexaに対応。新型スマートウオッチ「wena 3」|SONY

SuicaそしてAmazon Alexaに対応。新型スマートウオッチ「wena 3」|SONY

ソニーより、 交通系ICカードSuicaのほか、複数の電子マネー機能や、Amazonが提供するAlexa機能、歩数や消費カロリーに加え、最大酸素摂取量(VO2 Max)推定などが可能な活動ログ機能を搭載した新型スマートウオッチ「wena 3(ウェナスリー)」がリリースされた。バックル部にスマートウオッチ機能を搭載したバンド部3モデルと、山中俊治氏とジウジアーロ氏がデザインを手掛けたヘッド部2モデル、バンド部とヘッド部をセットにした3つのコラボレーションモデルもラインナップする。「wena 3(ウェナスリー)」と3つのコラボレーションモデル、山中俊治氏が手掛けたヘッド部は2020年11月27日(金)より、ジウジアーロ氏がデザインを手掛けたヘッド部2モデルは2021年3月12日(金)に、ソニーが運営するEコマースサイト「First Flight」およびソニーストアほかにて取り扱い開始される。
ANA国際線ファーストクラスでソニーのノイズキャンセリングヘッドホン「WH-1000XM3」が採用|SONY

ANA国際線ファーストクラスでソニーのノイズキャンセリングヘッドホン「WH-1000XM3」が採用|SONY

ソニーのヘッドホン「WH-1000XM3」が、ANA国際線ファーストクラスで採用されている。周りの雑音を取り除くだけでなく、パーソナライズされたノイズキャンセリング機能で快適な空の旅が楽しめるアイテムだ。
LOWERCASE・梶原由景氏監修 SONY×SEIKOコラボレーションウオッチ|Sony

LOWERCASE・梶原由景氏監修 SONY×SEIKOコラボレーションウオッチ|Sony

ソニーのハイブリッド型スマートウオッチ「wena™ wrist(ウェナリスト)」シリーズより、LOWERCASE・梶原由景氏がプロデュースしたセイコーとのコラボレーションモデルが登場した。2019年11月23日(土)に、ソニーストア、ソニーのEコマースサイト「First Flight」および家電量販店のEコマースのサイトにて数量限定で取り扱われ、現在予約受付が開始されている。
ソニーの「wena™ wrist」から、新型ヘッド2モデルが登場|Sony

ソニーの「wena™ wrist」から、新型ヘッド2モデルが登場|Sony

Sony|ソニーハイブリッド型スマートウオッチ「wena™ wrist」にレトロテイストなヘッド2モデルがリリースソニーのハイブリッド型スマートウオッチ「wena™ wrist(ウェナリスト)」シリーズより、新型ヘッド2モデルがリリースされる。軽量薄型で軽快に身に着けられる「wena wrist Three Hands Retro head (ウェナリスト スリーハンズ レトロ ヘッド)」と、金属のきらめきが美しい「wena wrist Chronograph Classic head(ウェナリスト クロノグラフ クラシック ヘッド)」。華やかで遊び心のあるデザインで、それぞれホワイト、シルバー、プレミアムブラックの3色で展開される。Text by OZAKI Sayaka洗練された大人の佇まいを見せるNEWデザイン「wena™ wrist(ウェナリスト)」は、スマート機能を内蔵したバンド部分と、時計本体のヘッド部分を組み合わせたハイブリッド型スマートウオッチ。今回の新作は、ヘッド...
wena™ wristからセイコーとのコラボレーションモデルが登場|Sony

wena™ wristからセイコーとのコラボレーションモデルが登場|Sony

Sony|ソニーヘリテージデザインを継承し、独自機能を搭載したSony とSEIKOのコラボレーションによるスマートウオッチソニーがハイブリッド型スマートウオッチ「wena™ wrist」(ウェナリスト)シリーズの新モデルとして、セイコーとコラボレーションした「SEIKO wena wrist pro Mechanical head」と「SEIKO wena wrist active Digital Solar head」の2モデルを発表した。Text by OZAKI Sayakaユニークな機能が搭載されたハイブリッド型スマートウオッチ「wena™ wrist」ソニーのハイブリッド型スマートウオッチ「wena™ wrist」は、世界で初めて(※)腕時計のバンドの中にスマートウオッチの機能を搭載したシリーズだ。その「wena™ wrist」と、130年以上の歴史を誇るセイコーブランドとの初のコラボレーションモデル「SEIKO wena wrist active Digital So...
OLEDの「大峡谷」から自動通訳イヤフォンまで|CES 2018

OLEDの「大峡谷」から自動通訳イヤフォンまで|CES 2018

CES 2018リポート 家電・エレクトロニクス編OLEDの「大峡谷」から自動通訳イヤフォンまでPhotographs by Akio Lorenzo OYA / Mari OYAText by Akio Lorenzo OYAIoT家電、加速するマンハッタン風の町並みの向こうに“エッフェル塔”がそびえ、その先にはヴェネツィアのリアルト橋風の歩道橋が掛かるラスベガスの街並み。そこに出展企業による自動運転車がたたずむ光景は、まるで仮想都市に迷いこんだかのような錯覚を与えてくれた。世界最大級の家電・エレクトロニクス・ショー「CES」。1月9日から12日まで開催された2018年度は、昨年とほぼ同数である3900の企業と団体が11の会場にブースを繰り広げた。このイベントの主役である家電・エレクトロニクス部門には、ラスベガス・コンベンションセンターの中央ホールが充てられている。今年の見どころは、「Googleアシスタント」「Amazon Alexa」といったAIアシスタントとIoT家電のさら...
テクスチャー自在のディスプレイウォッチ「FES Watch U」がDJ DARUMAとコラボ|Sony

テクスチャー自在のディスプレイウォッチ「FES Watch U」がDJ DARUMAとコラボ|Sony

Sony|ソニー電子ペーパー技術を応用した「FES Watch U」が10月のコラボクリエイターDJ DARUMAによるデザインを配信電子ペーパー技術によりテクスチャーを自在に変更できるSonyのディスプレイウォッチ「FES Watch U」。発売を記念したキャンペーン「TOKYO MONOCHROME」の10月のコラボクリエイターとして「FULL BK」デザイナーのDJ DARUMAが発表され、彼が手掛けたデザイン「4by4」の配信が開始された。Text by YANAKA Tomomi時代のエッジとコラボする、スタイリッシュデバイス“自分らしく、時を着る”をコンセプトに、ソニーの社内ベンチャー「Fashion Entertainments」が手掛けたディスプレイウォッチ「FES Watch U」。ボタンを押すだけで柄が変わり、スマートフォンアプリ「FES Closet」を使えば、さまざまなクリエイターのオリジナルデザインを取り入れることができ、そしてデザインを自作することも可能...
香りを持ち運ぶパーソナルアロマディフューザー「AROMASTIC」|Sony

香りを持ち運ぶパーソナルアロマディフューザー「AROMASTIC」|Sony

Sony|ソニー5種類の香りを自由に持ち運ぶ ソニーはカートリッジ式のパーソナルアロマディフューザー、「AROMASTIC(アロマスティック)」の正式販売を開始した。ソニー社内からビジネスアイデアを募るソニーの新規事業創出プログラム(Seed Acceleration Program)から生まれた製品だ。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)ニールズヤード レメディーズ監修のアロマカートリッジを用意「AROMASTIC(アロマスティック)」は、2015年11月~2016年1月に、ソニーの運営するサイト「First Flight(ファースト フライト)」にてクラウドファンディングを実施し、支援者の意見を取り入れながら製品開発を進めた。片手に収まるコンパクトなサイズながら、5種類の香りが入ったカートリッジを装着することで、異なる香りを切り替えて楽しむことができる。その香りは英国のオーガニックコスメブランドであるニールズヤード レメディーズのアロマテラピスト監修によ...
業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を持つヘッドホン|Sony

業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を持つヘッドホン|Sony

Sony|ソニーいい音も、そうでない音もハイレゾ級にアップスケーリング。ワイヤレスで楽しめる!ソニーから登場した新作ヘッドホン『MDR-1000X』は、ワイヤレス使用時でも圧縮音源をハイレゾ相当にアップスケーリング。業界最高クラスのノイズキャンセリング性能も実現し、時と場所を選ばずに自分だけの世界に浸ることができる。またジェスチャーにより音量を瞬時に絞ったり、曲送り/曲戻しもできるなど、使い勝手に優れるインターフェイスも魅力的だ。Text by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)メーカーが言うようにこの音を聴くと“確かに”もう戻れないCDやMP3などは、いわゆる圧縮音源と言われている。本来の音データを一定量省くことで、データをコンパクトにしているのだ。ところがソニーのヘッドホン『MDR-1000X』は、その圧縮音源を本来の姿に戻すべく、アップスケーリングする回路をヘッドホン本体に搭載する。音楽データを供給するプレーヤーやスマートフォンがハイレゾ音源に対応していなくて...
52 件