アウディ、CES2020で“共感力”を備えたコンセプトモデル「AI:ME」をワールドプレミア|Audi
CAR / NEWS
2020年1月10日

アウディ、CES2020で“共感力”を備えたコンセプトモデル「AI:ME」をワールドプレミア|Audi

Audi AI:ME|アウディ AI:ME

CES2020で“共感力”を備えたコンセプトモデル「AI:ME」を初披露

アウディは現地時間1月7日(火)、ラスベガスで開幕したコンシューマーエレクトロニクスショー(CES 2020)で、未来のビジョンを示したコンセプトカー「AI:ME」を初披露するとともに最新の技術を紹介した。

Text by YANAKA Tomomi

移動中は車載VRゴーグルで別の風景のバーチャルフライトを楽しむことも可能

自動運転車となる「AI:ME」は、アウディが家庭と職場に次ぐ“第3の生活空間”、“日常生活から解放される場”と謳うコンセプトカー。ユーザーの好みと車両のナビゲーションデータに基づいてコーディネートを行うのが特徴で、共感力のあるモビリティパートナーになるとされる。

AI:MEではアイトラッキング機能を使ってクルマとコミュニケーションをとることができ、車載VRゴーグルを装着すれば、壮大な山岳風景の中でバーチャルフライトを楽しむことも可能。さらに実車の走行に合わせてバーチャルコンテンツが調節され、目的地に到着するとバーチャル映像は現実の映像に戻るという。

またアウディでは、CES2020に「アウディ インテリジェンス エクスペリエンス」のプロトタイプも出展。ユーザーとその習慣を理解し、乗員の安全や健康、快適性を高めるもので、自己学習を行うナビゲーションシステムは現行モデルにもすでに組み込まれている。

システムは目的地のデータを保存し、日付や時間、現在の交通状況を考慮しながら推奨ルートを提案。将来的にはシートの位置やメディア、ルート案内、車内の温度から香りに至るまで、ユーザーの好む機能や設定に関する詳細な分析が行えるようになるとしている。

このほかにもドライバーの前方8~10メートルの距離に浮かんで見える3D複合現実ヘッドアップディスプレイや、ドライバーの疲労加減などシーンに応じて照明の色を活用する「ヒューマンセントリック ライティング」など最新の技術を公開。
車両でも12.3インチのタッチスクリーンを備えた市販車に近いショーモデル「Q4 eトロン コンセプト」や、2020年初に搭載が開始されるデジタルマトリクスLEDヘッドライトを備えた「eトロン スポーツバック」などが披露された。
問い合わせ先

Audiコミュニケーションセンター

Tel.0120-598106(9:00-19:00 年中無休)
https://www.audi.co.jp/

                      
Photo Gallery