マツダの新型SUV、CX-60のプロトタイプに試乗──ロードスター990Sと同様の足まわりがもたらす走りやいかに?|MAZDA

マツダの新型SUV、CX-60のプロトタイプに試乗──ロードスター990Sと同様の足まわりがもたらす走りやいかに?|MAZDA

マツダが、2022年4月7日に発表した新型クロスオーバーSUV「CX-60」。CX-5よりひとまわり大きなボディに、新開発の3.3リッター6気筒(ガソリンとディーゼル)のマイルドハイブリッドや、マツダ初となるPHEVを搭載し、ロードスター990Sと同様のキネティックポスチャーコントロールと呼ばれるサスペンションを採用するなど、マツダの技術力を結集した新型SUV(のプロトタイプ)に試乗した。
改良型マツダ ロードスターに試乗──KPCによる最高の走りを体感|MAZDA

改良型マツダ ロードスターに試乗──KPCによる最高の走りを体感|MAZDA

マツダのライトウェイトスポーツカー「ロードスター(ND型)」が、昨年末に商品改良を受けた。歴代ロードスターは、2人乗りのオープンスポーツカーとしては異例の110万台以上がグローバルで販売されてきた人気モデル。今回は、4代目ロードスターの開発コンセプトである「人生を楽しもう−“Joy of the Moment, Joy of Life”」をさらに深めるため、新機種1台を加えるとともに、「キネマティック・ポスチャー・コントロール(以下KPC)」と呼ぶ新技術を全モデルに導入したという。伊豆のワインディングで開催された試乗会に参加して、従来モデルとの違いを確かめてみた。
マツダ初のPHEVとなる新型クロスオーバーSUV、CX-60を欧州で初披露|MAZDA

マツダ初のPHEVとなる新型クロスオーバーSUV、CX-60を欧州で初披露|MAZDA

マツダが、新型クロスオーバーSUV「CX-60」を欧州で初披露した。
クルマと通じ合うシューズって?——マツダとミズノによる新コンセプトのドライビングシューズ体験記|MAZDA & MIZUNO

クルマと通じ合うシューズって?——マツダとミズノによる新コンセプトのドライビングシューズ体験記|MAZDA & MIZUNO

人間中心のクルマづくりで人馬一体の走りを追求すると謳うマツダが、独自の考えでドライビングシューズを作りあげた。スポーツウェアでおなじみミズノをパートナーに、ペダル操作のやりやすさを主眼に開発。さっそく試した印象は”こんなシューズ履いたことない”というものだった。
従来と同じような運転の楽しさを追求している──マツダMX-30 EVモデルに試乗|MAZDA

従来と同じような運転の楽しさを追求している──マツダMX-30 EVモデルに試乗|MAZDA

コンパクトでスタイリッシュなボディが魅力のマツダのクロスオーバーSUV「MX-30」にEVモデルが追加された。航続距離から走り味まで、そこにはマツダ開発陣のEVに対する思想がふんだんに込められていた。
マツダ初の量産EV「MX-30 EVモデル」誕生|MAZDA

マツダ初の量産EV「MX-30 EVモデル」誕生|MAZDA

マツダは初の量産電気自動車(EV)の「MX-30 EVモデル」を発売した。
マツダ、新型クロスオーバーSUV「MX-30」を発表|Mazda

マツダ、新型クロスオーバーSUV「MX-30」を発表|Mazda

マツダは10月8日、新世代商品群の第3弾である新型コンパクトSUV「マツダ MX-30(エムエックス サーティー)」のマイルドハイブリッドモデルを発表し、同日から販売を開始した。
マツダMX-30、今秋国内導入〜EVとマイルドHVモデルをラインアップ〜|Mazda

マツダMX-30、今秋国内導入〜EVとマイルドHVモデルをラインアップ〜|Mazda

マツダは同社の新世代商品群の第3弾となるコンパクトSUV「MAZDA MX-30(エムエックス サーティー)」を、日本国内に今秋導入すると発表した。
SDG’Sの時代のクルマ選び──サステイナブルにクルマに乗る、とは今後どういうことなのか?

SDG’Sの時代のクルマ選び──サステイナブルにクルマに乗る、とは今後どういうことなのか?

地球温暖化に対する早急な対策が世界的な課題となり、温室効果ガス排出量に対する欧米を中心とした規制が厳しさを増す昨今。EVやPHV、ハイブリッド車など、環境への負荷の少ないクルマへシフトする動きがますます顕著化している。そんな時代において、クルマ好きとしてどんなクルマに乗るべきなのだろうか。自動車ライターの南陽一浩氏が解説する。
マツダがバーチャルレースカーの新作をオンライン上で公開|Mazda

マツダがバーチャルレースカーの新作をオンライン上で公開|Mazda

マツダは、バーチャルレースカーの新作「RXビジョン GT3 コンセプト」を「グランツーリスモSPORT」ゲーム上で公開。すべてのユーザーがドライビングを楽しめる。
CX-3に1.5リッターエンジンや新色ボディカラーなどを追加|Mazda

CX-3に1.5リッターエンジンや新色ボディカラーなどを追加|Mazda

マツダは、コンパクトSUV「CX-3」に1.5リッターガソリンエンジンや新色のボディカラーなどを追加したモデルの受注を開始し、6月4日(木)に発売。併せて、100周年記念特別記念車を設定し、7月下旬から発売する。
マツダ、「MAZDA3 Sedan」に1.5Lガソリンモデルを追加|Mazda

マツダ、「MAZDA3 Sedan」に1.5Lガソリンモデルを追加|Mazda

マツダは5月21日、コンパクトセダンの「マツダ3 セダン」に、SKYACTIV-G 1.5リッターガソリンエンジン搭載モデルを追加し、同日から販売を開始した。
デザインと室内パッケージの両立を目指した意欲作──マツダCX-30に試乗|Mazda

デザインと室内パッケージの両立を目指した意欲作──マツダCX-30に試乗|Mazda

マツダの新世代商品の第2弾となるコンパクトクロスオーバーSUV「CX-30」。スタイリッシュな外観が大きな話題となった小型ハッチバック「マツダ3」のSUV版というべきモデルで、現在最も人気の高い小型SUV市場にあっても、飛び抜けてレベルの高いデザインを採用している。ではその走りはどうか。都内で開催された試乗会に参加して確かめてみた。
マツダ初となる量産EV「MX-30」が東京モーターショー2019でワールドプレミア|Mazda

マツダ初となる量産EV「MX-30」が東京モーターショー2019でワールドプレミア|Mazda

マツダは10月23日(水)に開幕した東京モーターショー2019で、マツダ初の量産EV「MX-30」をワールドプレミアした。
マツダの新型SUV「CX-8」に試乗|Mazda

マツダの新型SUV「CX-8」に試乗|Mazda

Mazda CX-8|マツダ CX-8マツダの新型SUV「CX-8」に試乗ファミリーに大人気というがCX-8の魅力はそれだけではない2017年9月に発表、同12月より販売を開始したマツダ「CX-8」。フラッグシップSUVであると同時に、終了した「MPV」の後継を担うべく3列シートMPVのユーティリティをも併せ持つクロスオーバーモデルだ。マツダの最新デザイン、最新技術の詰まったこのニューモデルに小川フミオ氏が試乗した。Text by Fumio OGAWA新時代の幕開けとなるかマツダの新型車「CX-8」は注目すべきマルチ パーパス ビークルだ。理由は最大7人が乗れる3列シートのパッケージ。同時に走りも楽しめる。マツダが新しい時代に入ったと感じさせてくれる1台なのだ。マツダの特徴は何か。もちろんいろいろある。ここで強調したいのは、車種はそれほど多くないが、市場の空白をうまくついてくる商品企画力だ。2017年12月に発売開始されたCX-8は好例だ。米国で人気の大型SUV、「CX-9」のサ...
74 件