ボルボ、Uberと共同開発した自動運転のための生産車を発表|Volvo

ボルボ、Uberと共同開発した自動運転のための生産車を発表|Volvo

Volvo|ボルボUberと共同開発した自動運転のための生産車を発表ボルボ・カーズは、クロスオーバーSUV「XC90」をベースに、配車サービスUber(ウーバー)と共同開発した自動運転のための生産車を発表した。Text by YANAKA Tomomiボルボのベース車両にUberの自動運転システムを組み込むUberとボルボ・カーズは2016年に、自動運転を早期に実現すべく共同技術開発の契約を締結。それ以降、いくつもの試作車を開発してきたという。そしてついに、ボルボのプラットフォームにUberの自動運転システムを組み込んだ初の生産車が発表された。ベース車両の「XC90」には、Uberが開発した自動運転システムを容易に導入できるようにするための安全機能を装備。将来的にはUberネットワークで自動運転車による自動配車サービスを提供できるようにするという。自動運転車の重要な特徴としてあげられるのが、ステアリングやブレーキ機能における複数のバックアップシステムとバッテリーのバックアップ電力。...
ボルボV90、V90クロスカントリーのディーゼルモデルに特別限定車|Volvo

ボルボV90、V90クロスカントリーのディーゼルモデルに特別限定車|Volvo

Volvo V90 Noordic Edition|ボルボ V90 ノルディック エディションVolvo V90 Cross Country Noordic Edition|ボルボ V90 クロスカントリー ノルディック エディションボルボV90、V90クロスカントリーのディーゼルモデルに特別限定車ボルボ・カー・ジャパンは6月11日(火)、ボルボの最上級ステーションワゴン「V90」とクロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」のディーゼルモデルに特別限定車「ノルディック エディション」をそれぞれ60台限定で設定。販売を開始した。Text by YANAKA Tomomiパノラマガラスルーフやヘッドアップディスプレイなどを特別装備昨年、クリーン ディーゼルターボ エンジンモデル「D4」を追加し、約1年を迎えようとしている「V90」と「V90クロスカントリー」に特別装備を追加した限定車が登場した。V90の特別限定車「ノルディック エディション」は、2.0リッター ディーゼルターボ エ...
ボルボV60 PHEVモデルにベースグレードを追加|Volvo

ボルボV60 PHEVモデルにベースグレードを追加|Volvo

Volvo V60 T6 Twin Engine AWD|ボルボ V60 T6 ツインエンジンAWDV60 PHEVモデルにベースグレードを追加ボルボ・カー・ジャパンは、ミッドサイズ ステーションワゴン「V60」のプラグイン ハイブリッドモデル(PHEV)「T6 ツインエンジンAWD」にベースグレード「モメンタム」を追加するとともに一部仕様と価格を変更し、販売を開始した。Text by YANAKA Tomomiリチウムイオンバッテリーの容量も拡大昨年、7年ぶりにフルモデルチェンジした「V60」にラインアップされたPHEV。「T6ツインエンジンAWD」ではこれまで上級グレードの「インスクリプション」のみの展開だったが、新たにベースグレードの「モメンタム」が追加された。V60にはエンジン出力が異なる「T6ツインエンジンAWD」と「T8ツインエンジンAWD」の2種類のPHEVを展開。今回エントリーグレードが設定された「T6ツインエンジンAWD」は、最高出力186kW(253ps)、最大...
新型V60クロスカントリーを発表|Volvo

新型V60クロスカントリーを発表|Volvo

Volvo V60 CrossCountry|ボルボ V60 クロスカントリー新型V60クロスカントリーを発表|Volvoボルボ・カー・ジャパンは、2019年4月17日、ミッドサイズ クロスオーバー ワゴン「V60クロスカントリー」のフルモデルチェンジを発表し、同日より販売を開始した。価格は、549万円〜649万円となる。Text by OHTO Yasuhiroタフさを演出しながらコンパクトなボディサイズを堅持新型「V60クロスカントリー」は、昨年9月に、一足早く新型となったミッドサイズ ステーションワゴン「V60」をベースに、クロスオーバーモデルに仕立てたもの。基本的なスタリングはV60を踏襲するが、クロームで縁取られたマットブラックの専用フロントグリル、大径タイヤを収めるフェンダーエクステンション、グロスブラックのサイドウインドートリムなどの専用アイテムを装着。エレガントかつスポーティなV60な印象を受け継ぎながら、高い走破性を予感させるタフさを加えた。もちろんクロスオーバー...
ボルボ V40 T5 Rデザインの最終章を飾る特別限定車|Volvo

ボルボ V40 T5 Rデザインの最終章を飾る特別限定車|Volvo

Volvo V40 T5 R-Design Final Edition|ボルボ V40 T5 Rデザイン ファイナル エディションボルボ V40 T5 Rデザインの最終章を飾る特別限定車ボルボ・カー・ジャパンは4月11日(木)、ハッチバック「V40」の特別限定車「V40 T5 Rデザイン ファイナル エディション」を50台限定で設定。販売を開始した。Text by YANAKA Tomomiパノラミックガラスルーフとリアシートヒーターを特別装備ボルボ「V40」のなかでもハイパフォーマンスな2.0リッター4気筒直噴ガソリンターボエンジン「T5」を搭載し、スポーティなデザインが施された「V40 T5 Rデザイン」に、最終章として限定モデル「ファイナル エディション」が登場した。今回のモデルでは「V40 T5 Rデザイン」をベースに、室内に開放感をもたらすパノラマ ガラスルーフや、標準仕様のフロントヒーターに加え、リアシート ヒーターが特別装備されている。エクステリアは、Rデザイン専用デ...
ボルボXC60の安全装置や装備をアップデート|Volvo

ボルボXC60の安全装置や装備をアップデート|Volvo

Volvo XC60|ボルボXC60ボルボがXC60の一部仕様と価格を変更ボルボ・カー・ジャパンは3月27日、ミドルサイズSUV「XC60」の一部仕様と価格を変更し、同日から販売を開始すると発表した。Text by HARA Akiraセーフティ機能を強化今回、「XC60」に加えられた仕様変更では、「CTA(クロス トラフィック アラート)」に衝突回避・被害軽減ブレーキ機能を追加。駐車場からバックで発進する際、リアバンパー内のミリ波レーダーがクルマや歩行者、自転車を検知し、警告音で知らせるだけでなく、新たに衝突回避や被害を軽減するブレーキが作動するようになった。また、車線を維持するためにステアリングを穏やかに自動修正し、車線の中央を保持して走るよう支援する「パイロット アシスト(車線維持支援機能)」に、ステアリングホイールの微振動で運転者に一時解除を知らせる新機能を追加した。このほか、スポーティグレードである「R-Design」では、サイドウインドウトリム、ドアミラーカバー、インテ...
オンロードが似合う注目のSUVたち Part 3|ボルボXC40

オンロードが似合う注目のSUVたち Part 3|ボルボXC40

VOLVO XC40 T4 Momentum|ボルボXC40 T4 モメンタムスカンジナビアデザインに惚れる毎年2月に日本輸入車組合(JAIA)がプレス向けに開催する試乗会からの一気乗りリポート。SUV編の第3弾として、メルセデス「GLA」やBMW「X1」など競合ひしめくコンパクトSUV市場にボルボが満を持して投入した「XC40」のショートインプレッションをお届けする。Text & Photographs by HARA Akira欧州カー オブ ザ イヤーと日本カー オブ ザ イヤーのダブル受賞トールハンマーのヘッドライトと、シンプルでクリーンなスカンジナビアデザインが人気のボルボ製SUV、XCシリーズ。フルサイズの「XC90」、ミドルサイズの「XC60」に続いて2017年にワールドデビューしたコンパクトSUVの「XC40」は市場の評価が非常に高く、2017-18年の欧州カー オブ ザ イヤーに続いて、2018-19年の日本カー オブ ザ イヤーも受賞した。同じジャンルに...
ボルボ、「オートモビリティLA」に車両なしのブース展示|Volvo

ボルボ、「オートモビリティLA」に車両なしのブース展示|Volvo

Volvo|ボルボ「オートモビリティLA」に車両なしのブース展示を表明ボルボ・カーズは米国時間11月26日(月)から29日(木)までロサンゼルスで開催されている「オートモビリティLA」に出展。しかし、ブースには1台の車両も展示をしないという世界初の試みを行う。Text by YANAKA Tomomi「THIS IS NOT A CAR」のオブジェを展示し、自動車の未来について対話モーターショーの主役といえば常にクルマであり、常にステージの中心でターンテーブルの上に載せられてきた。その常識を打ち破るように、ボルボが「オートモビリティLA」にクルマを出展しないことを発表した。「オートモビリティLA」は、一昨年から輸送とモビリティの将来を取り巻く喫緊の問題を議論すべくロサンゼルス オートショーの期間前後に開催。今年はロサンゼルス オートショーの直前に開催される。ボルボが会場で展示するのは「THIS IS NOT A CAR(これはクルマではありません)」と書かれたオブジェ。そして、「イ...
新型「V60クロスカントリー」の予約注文を開始|Volvo

新型「V60クロスカントリー」の予約注文を開始|Volvo

Volvo V60 Cross Country|ボルボ V60 クロス カントリー新型V60クロスカントリーの予約注文を開始ボルボ・カー・ジャパンは3月1日(金)、4月に発売予定の新型「V60クロス カントリー」の予約受注を開始した。Text by YANAKA Tomomi新型V60シリーズでガソリンモデル初のAWD車昨年、ベースとなるミッドサイズ ステーションワゴン「V60」が7年ぶりにフルモデルチェンジしたことを受け、新型として生まれ変わった「V60クロスカントリー」。悪路走破性を高めるため、最低地上高をV60と比べて65mmプラスした210mmとし、専用サスペンションを採用することでラフロード性能が強化されているのが特徴だ。また、通常のV60とはことなるクロスカントリー専用のエクステリアデザインが与えられている。新型では、新たに従来の「モメンタム」に相当する「クロスカントリー」と、上級仕様の「サマム」に相当する「クロスカントリー プロ」の2種類のグレード展開に。エンジンはい...
181 件