次世代の中型セダンコンセプトをデトロイトでワールドプレミア|Infiniti

次世代の中型セダンコンセプトをデトロイトでワールドプレミア|Infiniti

Infiniti Q Inspiration Concept|インフィニティ Q インスピレーションコンセプト次世代の中型セダンコンセプトをデトロイトでワールドプレミア日産自動車は現地時間の1月14日(日)にスタートしたデトロイトモーターで、インフィニティのコンセプトモデル「Q インスピレーション コンセプト」を世界初公開した。Text by YANAKA Tomomi日本の伝統的なエッセンスとモダンな雰囲気を融合したインテリア中型セダンセグメントの「Q インスピレーション コンセプト」がワールドプレミアされた。デザインは、流れるようなクーペスタイルで、インフィニティの新しいデザイン言語を表現。フロントでは、ダブルアーチグリルなど特徴的なスタイリングが見てとれる。またドアはピラーレスを採用し、乗り降りのしやすさとデザインが両立するような工夫も盛り込まれた。インテリアは無駄をそぎ落としたクリーンかつミニマルなデザイン。静粛性が高い室内では、ヒューマン マシン インターフェイス(HMI...
「スターウォーズ」と「スターデザイナー」|LOS ANGELES AUTO SHOW 2017

「スターウォーズ」と「スターデザイナー」|LOS ANGELES AUTO SHOW 2017

ロサンゼルス・オートショー2017|LOS ANGELES AUTO SHOW 2017「スターウォーズ」と「スターデザイナー」12月に開催されたロサンゼルス モーターショーは、近年の他のモーターショー同様、全世界が注目するような大型のワールドプレミアなど派手な主役が少なかった一方で、2つの「スター」が輝いていたという。現地を訪れた大矢アキオ氏がレポートする。Text and Photographs by Akio Lorenzo OYAニューモデルだけではないロサンゼルス・オートショーが2017年12月1日から10日まで一般公開された。LAショーの始まりは1907年に遡る。1929年には場内の電気系統から火災が発生。幸い犠牲者はなかったが、展示車両の大半が消失するという事故があった。しかし第二次大戦後は全米最大の自動車市場であるカリフォルニアのショーとして、独自の地位を維持してきた。昨年からは、同じ主催者によって催されてきた「コネクテッドカー・エクスポ」と統一するかたちで、プレス...
少ないEVと目立ったPHEVの関係|Geneva Motor Show

少ないEVと目立ったPHEVの関係|Geneva Motor Show

Geneva Motor Show 2017|ジュネーブ モーターショー2017 解析その3意外と少なかったEVニューモデルPHEVは2025年までの繋ぎなのか?大盛況のうちに幕を閉じたジュネーブ モーターショー 2017年。その会場を巡った、南陽一浩氏によるリポートの最終回は、近未来を占うEVやプラグイン ハイブリッドたちについて。⇒解析その1 スーパーカー篇⇒解析その2 SUV篇Photographs by Mochizuki HorohikoText by NANYO Kazuhiro電動化への圧力はあるもののノルウェーとオランダが2025年に、ドイツが2030年に、内燃機関エンジンのクルマの販売を禁じる法案を決議したのは昨年のこと。今のところ法的拘束力はないとはいえ、CO2オフセットの流れはいよいよ内燃機関を社会的に締め出す方向にと、話題になった。ドイツのコンストラクターも協調して充電ステーションの整備に乗り出すことを2016年末に発表し、いよいよ欧州がEV時代に前のめりに...
6車種一気試乗「ワールド カー アワード」|World Car Award 2017

6車種一気試乗「ワールド カー アワード」|World Car Award 2017

World Car Award 2017|ワールド カー アワード 2017ワールド カー アワード試乗会グローバルモデル6車種一気乗りその年の代表モデルを決める「ワールド カー アワード」は、2004年からはじまった賞で、世界中の自動車ジャーナリストたちによる非営利団体が運営し、グローバルモデルのみを対象とするのが特徴だ。そのワールド カー アワードの選考会が今年も行われ、日本から参加した選考委員のひとり、河村康彦氏が、国内ではなかなか乗る機会のない車両を中心に試乗した。Text by KAWAMURA YasuhikoPhotographs by SATO Yasuhikoなかなか乗る機会のないモデルを中心に選定世界複数のマーケットで販売される最新のグローバルモデルを、選考委員である各国ジャーナリストがあらゆる角度から検証。さまざまな項目から直近1年を代表するにふさわしい1台を選出するのが、2004年に創設をされた「ワールド カー アワード」だ。毎年春に開催されるニューヨークモ...
ロサンジェルス自動車ショーリポート|LOS ANGELES AUTO SHOW 2016

ロサンジェルス自動車ショーリポート|LOS ANGELES AUTO SHOW 2016

ロサンジェルス自動車ショーリポート|LOS ANGELES AUTO SHOW 2016今年のロサンジェルスはSUVに注目世界最大の自動車マーケットであるアメリカにおいて、もっとも大きな試乗であるカリフォルニア。それゆえ、同地で開催されるロサンジェルス自動車ショーは、世界中のカーメーカーがこぞって注目のモデルと持ち込む。11月18日から開催されたロサンジェルス自動車ショー2016ではどんなモデルが登場したのか。彼の地を訪れた小川フミオ氏がリポートする。Text by OGAWA Fumio各メーカーからSUVの最新モデルが登場米国一のマーケットとして世界の自動車メーカーがつねに重要視しているカリフォルニア。2016年11月18日からロサンジェルス自動車ショーが開催された。2016年は原油安を背景に大型トラック(ピックアップやSUVの一部を米国人はトラックと呼ぶ)が売り上げを伸ばしたのが同国マーケットの特徴だ。ショーではさまざまなSUVが多くみられ、各国のメーカーが力を入れているのが...
インフィニティの近い将来のSUVを示すコンセプト|Infiniti

インフィニティの近い将来のSUVを示すコンセプト|Infiniti

Infiniti QX Sport Inspiration|インフィニティ QXスポーツ インスピレーションインフィニティのSUVのデザイン方向性を表すコンセプト日産がグローバルに展開するラグジュアリーブランド、インフィニティは北京モーターショーにおいて、中型SUVのコンセプトモデル「QXスポーツ インスピレーション」を公開した。Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)世界中のインスピレーションを集めたグローバルなデザイン北京モーターショーでインフィニティが公開したのは、コンセプトモデル「QXスポーツ インスピレーション」。同ブランドのSUVモデルに共通する記号「QX」の名が示すとおり、インフィニティの中型SUVの将来像を示すモデルだ。エクステリアはコンパクトモデル「Q30」やそのSUVモデル「QX30」で示されたデザイン言語を踏襲。ショートオーバーハングかつワイドなボディは、全長4,600×全幅1,900×全高1,650mm、ホイールベースは2,8...
中村史郎氏にインフィニティのデザイン戦略を聞く|Infiniti

中村史郎氏にインフィニティのデザイン戦略を聞く|Infiniti

Infiniti|インフィニティ中村史郎氏にインフィニティのデザイン戦略を聞く日本らしさも積極的に取り入れていきたい1月の北米国際オートショーにて来場者の視線を集めたのが、レクサスとインフィニティという日本のメーカーがワールドプレミアした2台の2ドアクーペだった。ここでは、エモーショナルなスタイリングが印象的なインフィニティ「Q60」(日本名=スカイラインクーペ)のデザインを取りまとめた中村史郎氏(日産自動車専務執行役員)に、インフィニティのデザイン戦略について聞いた。Text by KUSHIMA Tatsuya注目を集めたレクサスとインフィニティの2ドアクーペ毎年年始に開催される北米国際オートショー(NAIAS)、通称デトロイトモーターショー。かつて“ビッグ3”と呼ばれたアメリカのカーメーカーのお膝元で開かれるショーは派手な演出で有名だったことでも知られる。が、それも今は昔。リーマンショック以降それらは一切省かれ、過美なところは一切なくなった。そして今年も、その流れでショーは行...
次期スカイライン クーペ公開|INFINITI

次期スカイライン クーペ公開|INFINITI

INFINITI Q60|インフィニティ Q60次期スカイライン クーペ公開日産自動車の北米向けプレミアムブランド「インフィニティ」は、北米国際自動車ショー=NAIAS(通称デトロイト モーターショー)において、新型クーペ「Q60」(日本名=スカイライン クーペ)をワールドプレミアした。Q60は、昨年開催されたデトロイト モーターショーで同じく初公開した「Q60コンセプト」の市販版となるモデル。大胆で力強いエクステリアデザインは、プレミアムスポーツクーペにふさわしいもので、前回のNAIASで公開したコンセプトモデルに採用した独特のアピアランスを裏切ることなく表現している。Text by SAKURAI Kenichiコンセプトカーのデザインを継承インフィニティ(日産自動車)が実施した「Q60」のプレスカンファレンスには、日産自動車のカルロス・ゴーンCEOが自ら登壇。「第3世代となったインフィニティの新型クーペは、昨年の同ショーで初公開した「Q60 コンセプト」が持つ(デザイン)要素...
インフィニティQ60コンセプト、あきらかになる次世代クーペデザイン|Infiniti

インフィニティQ60コンセプト、あきらかになる次世代クーペデザイン|Infiniti

Infiniti Q60 Concept |インフィニティ Q60 コンセプトインフィニティとしてスカイラインはエモーショナルに変貌する日産が北米で展開するプレミアムブランド、インフィニティから、先のデトロイトで発表された「Q60コンセプト」は、「Q50」のクーペ版、すなわち日本の次期「スカイライン クーペ」と目されるデザインコンセプトである。実際に現地で目にした九島辰也氏が、デザイナーのプレゼンテーションを通じて、インフィニティが提案するあたらしいクーペの姿をお伝えする。Text by KUSHIMA Tatsuya柔らかさの中にエッジをきかせた情感あふれるクーペこのところにわかに日本でも話題になりつつある“インフィニティ”。新型「スカイライン」のエンブレムとしてフロントグリルに輝いているのは言わずもがな、今度は「フーガ」にも取り付けられた。もちろん、どちらも北米ではインフィニティブランドで展開される。スカイラインは「Q50」、フーガは「Q70」というモデル名だ。そして1月におこ...
51 件