BMW

“キドニーグリル”と丸目四灯ヘッドライトにより、ひと目でそれとわかるフロンマスクが特徴のBMW。日本の輸入車市場においても常に高い人気を誇っているが、その名前が何を意味するのか、即座に答えられるひとは意外に少ないのではないだろうか。 Bayerische Motoren Werke(バイエリッシュ・モトーレン・ヴェルケ)。直訳すれば「バイエルン地方のエンジン工場」という意味だ。前身だったラップ社は、カール・フリードリッヒ・ラップが1913年にドイツのバイエルンに設立した航空機用エンジンのメーカーで、おなじバイエルンの機体メーカーのオットー社と組んで、ビジネスを成功に導く。1916年にはバイエリッシュ・モトーレン・ヴェルケ有限会社と改称。2年後には株式会社に組織変更するとともに、バイエルンの青い空と白い雲をイメージしたプロペラのロゴマークを登録している。 その後も革新的な技術により存在感を高めたBMWだったが、第一次世界大戦の敗戦により、航空機エンジンの製造中止を余儀なくされた。そこでBMWは、もてる技術をモーターサイクルに注ぎ、1923年にはシャフトドライブの「BMW R32」を発表して注目を浴びることに。しかし、それだけでは飽きたらず、オースチンセブンをライセンス生産するディクシー社を買収。これにより自動車ビジネスの足がかりをつかみ、1929年には「BMW3/15 PS」を発売、自動車メーカーとしての歴史をスタートさせている。 ちなみに、BMWと深い関係にあったオットー社は、ガソリンエンジンの理論を確立したニコラウス・アウグスト・オットーの実の息子であるグスタフ・オットーが創立した会社。BMWが内燃機関にこだわるのは、このあたりに理由がありそうだ。

ファッションディレクター森岡弘氏が語るBMW「M5」の魅力|BMW

ファッションディレクター森岡弘氏が語るBMW「M5」の魅力|BMW

BMW M5|ビーエムダブリュー M5ファッションディレクター森岡弘氏が語るBMW「M5」の魅力ファッション誌や広告でのスタイリングをはじめ、ビジネスエグゼクティブへのアドバイザリーなど幅広く活躍するファッションディレクター、森岡弘さん。歴代のBMW 5シリーズを乗り継ぐクルマ好きでもある。そんな彼にファッションのスペシャリストとして、BMW 「M5」 の魅力をひも解いてもらった。Photographs by MAEDA AkiraText by NANYO KazuhiroBMW M5に合わせたいファッションスタイルシンガポール・グレーという限りなく黒に近いボディカラーを纏ったBMW「M5」。ミッション・インポッシブル・シリーズの最新作『ミッション・インポッシブル/フォールアウト』の劇中でトム・クルーズが駆る車両と同じスペックのモデルだ。さらに同作品をイメージして特別装備が与えられるとともに625psへとパワーアップされた限定車「EDITION MISSION:IMPOSSIBL...
BMW 5シリーズのスポーティな限定モデル「Mスピリット」|BMW

BMW 5シリーズのスポーティな限定モデル「Mスピリット」|BMW

BMW 523i M Sprit|BMW 523i MスピリットBMW 523d Touring M Sprit|BMW 523d ツーリング Mスピリット5シリーズにスポーティなスタイリングの「Mスピリット」ビー・エム・ダブリューは10月29日(月)、5シリーズにスポーティなエクステリアの特別仕様車「523i Mスピリット」「523dツーリング Mスピリット」を設定。販売を開始した。Text by YANAKA Tomomiヘッドアップ ディスプレイやドライビング アシスト プラスも装備昨年、8年ぶりにフルモデルチェンジし、7代目へと進化した「5シリーズ」にスポーティな特別仕様車が登場した。セダンの「523i Mスピリット」は、最高出力135kW(184ps)、最大トルク135kW(184ps)を発生する2.0リッター ガソリンエンジンの「523i」がベース。いっぽうワゴンタイプの「523d ツーリング Mスピリット」は、最高出力140kW(190ps)、最大トルク400Nm(4...
BMW X3にディーゼルモデルのMパフォーマンスに追加|BMW

BMW X3にディーゼルモデルのMパフォーマンスに追加|BMW

BMW X3 M Performance|BMW X3 MパフォーマンスディーゼルモデルのMパフォーマンスをX3に追加ビー・エム・ダブリューは9月20日(木)、ミドルクラスSAV「X3」にディーゼルエンジンのMパフォーマンスモデル「X3 M40d」を設定。販売を開始した。Text by YANAKA Tomomi日本初導入の3リッター直列6気筒ディーゼルエンジンを搭載パワートレインやシャシーにBMW M社の技術に基づいたチューニングを施し、専用デザインでスポーティに仕上げるMパフォーマンス。昨年10月にフルモデルチェンジした「X3」にディーゼルエンジンのMパフォーマンスモデル「X3 M40d」が新たに追加された。このX3 M40dには、日本市場に初めて導入される3リッター直列6気筒のMパフォーマンス ツインパワー ターボ ディーゼルエンジンを採用。最高出力240kW(326ps)、最大トルク680Nmを発生する。また、Mスポーツ ディファレンシャルを搭載することで、より正確なトラク...
BMW 1シリーズがラインアップを一新|BMW

BMW 1シリーズがラインアップを一新|BMW

BMW 1 Series|ビー・エム・ダブリュー 1シリーズBMW 1シリーズがラインアップを一新ビー・エム・ダブリューは9月5日(水)、「1シリーズ」のラインアップを一新。過去に特別仕様車として販売された「118i/118d Mスポーツ エディション シャドウ」と「118i/118d ファッショニスタ」、そしてあらたに「M 140i エディション シャドウ」を導入し、販売を開始した。Text by YANAKA Tomomi特別仕様車「エディション シャドウ」と「ファッショニスタ」を追加ラインアップが刷新された「1シリーズ」。エンジンは、1.5リッター3気筒ガソリンターボの「118i」と2リッター4気筒ディーゼルターボの「118d」にくわえ、3リッター6気筒ガソリンエンジンで最高出力250kW(340ps)、最大トルク500Nmを発生させる「M140i」の3種類を中心に展開する。今回カタログモデルとなる「エディション シャドウ」は、ダークヘッドライトやジェット ブラックの18イン...
BMWが新型スポーツア クティビティ クーペ「X4」を発表|BMW

BMWが新型スポーツア クティビティ クーペ「X4」を発表|BMW

BMW X4 M40i|ビー・エム・ダブリュー X4 M40iBMW X4 xDrive30i|ビー・エム・ダブリュー X4 xDrive30i新型スポーツ アクティビティ クーペ「X4」を発表BMWは9月6日、新型SAC(スポーツ アクティビティ クーペ)「X4」の発表会を都内で開催した。X4は同社のSAV(スポーツ アクティビティ ビークル)「X3」をベースとしたクーペ版で、2014年に初代がデビュー。今回が2代目となる。Text & Photographs by HARA Akira優雅でダイナミックなエクステリア新型BMW X4は、2.0リッター直列4気筒エンジン搭載の「X4 xDrive30i」と、3.0リッター直列6気筒エンジンの「X4 M40i」をラインナップ。ボディは全長4,760×全幅1,920(M40iは1,940)×全高1,620mmで、ホイールベースを先代モデルから55mm延長した2,865mmとすることで、ルーフのクーペラインの優雅さを際立たせると...
BMW 6シリーズ グランツーリスモに新モデルを追加|BMW

BMW 6シリーズ グランツーリスモに新モデルを追加|BMW

BMW 630i GranTurismo |BMW 630iグランツーリスモBMW6シリーズ グランツーリスモに630iが新たにラインアップBMWは6シリーズ グランツーリスモのラインアップに、新たに「BMW 630i グランツーリスモ」を追加し、販売を開始した。Text by HARA Akira2リッター直4搭載の630i「BMWらしいスタイリッシュでエレガントなデザインと、ロングドライブでも快適に過ごせる高い機能を兼ね備えたモデル」として昨年登場した6シリーズ グランツーリスモに。「BMW 630i グランツーリスモ」が登場した。630iグランツーリスモが搭載するのは、最高出力258PS(190kW)/5,000rpm、最大トルク400Nm/1,550-4,400rpmを発生するガソリンの2.0リッター直列4気筒ツインパワー ターボエンジンで、高精度ダイレクトインジェクション システムや無段階可変バルブ制御システムのバルブトロニック、可変カムシャフト システムのダブルVANO...
3リッター直6を搭載したM2コンペティション登場|BMW

3リッター直6を搭載したM2コンペティション登場|BMW

BMW M2 Competition|BMW M2 コンペティションM4譲りずりの3リッター直6を搭載したM2コンペティションBMWは8月23日、より高性能な3.0リッター直列6気筒エンジンと強化した剛性、制動力を持つコンパクト スポーツクーペ「M2コンペティション」を発表、同日から販売を開始した。Text by HARA Akira最高出力410ps、冷却系や足回りも強化従来の「M2」に取って代わる「M2コンペティション」が搭載するのは、最高出力410ps/5,250rpm、最大トルク550Nm/2,350-5,200rpmを発生する3.0リッター直列6気筒ツインパワーターボ エンジンだ。上位モデルの「M4」と同等の冷却システムを採用し、ラジエーターやオイルクーラーを追加することでポテンシャルを最大限に引き出すほか、11.2km/ℓ(7段M DCTモデル)という燃料消費率を実現した。さらにボンネット内にはカーボンファイバー強化樹脂(CFRP)を使用したストラットブレイズを装備して...
そこは東洋のトリノだった|Auto China 2018

そこは東洋のトリノだった|Auto China 2018

Beijing International Automotive Exhibition 2018|北京モーターショー 2018コンセプトカー編そこは東洋のトリノだった今年の4月25日から10日間にわたり開催された北京モーターショーでは、64台と数多くのコンセプトカーが発表された。近年欧州や北米で開かれるショーではその数が激減している事を鑑みれば、それだけでもエキサイティングなモーターショーであることがうかがえる。特に地元中国のメーカーは、多角的なアプローチで次々とコンセプトカーを発表しているのが特徴的だ。そんな、かつてのトリノ・ショーを彷彿とさせる会場の賑わいを、大矢アキオ氏がレポートする。Photographs & Text by Akio Lorenzo OYAドイツ勢も世界初公開のコンセプトカーを出展北京モーターショーが2018年4月25日から5月4日まで開催された。同ショーは今年で15回目。展示面積22万平方メートルと、参加国/地域の数14は2年前の前回と同じである...
944 件