MINIクロスオーバーのPHV、日本上陸|MINI

MINIクロスオーバーのPHV、日本上陸|MINI

MINI Cooper S E Crossover ALL4|ミニ クーパーS E クロスオーバー ALL4MINIクロスオーバーのPHV、日本上陸本年3月に導入が開始された、新型MINIクロスオーバーをベースにした、MINI初のプラグインハイブリッド「MINI クーパーS E クロスオーバー ALL4」が登場した。価格は479万円だ。Text & Photographs by UCHIDA Shunichiエンジンは前輪、モーターは後輪を駆動するALL 4MINIブランドとして初のプラグインハイブリッドとなる「MINI クーパーS E クロスオーバー ALL4」。注目はもちろんパワートレインだ。搭載されるエンジンは最高出力136ps、最大トルク 220Nmを発生する3気筒1.5リッターガソリンターボ。そこに、最大出力88ps、最大トルク165Nmの電気モーターが組み合わされ、総合出力は224psにおよぶ。6段ATとの組み合わせで、ガソリンエンジンは前輪を、電気モーターは後...
新型ミニ クロスオーバーに試乗|MINI

新型ミニ クロスオーバーに試乗|MINI

ガソリンエンジンの導入を中止し、ディーゼルとハイブリッドのみという構成も話題の中心となった、新しい「ミニ クロスオーバー」。ボディサイズもひとまわり大きくなった、第2世代のミニ クロスオーバーのディーゼルモデルに小川フミオ氏が試乗した。
SUVルックなup!の限定車|Volkswagen

SUVルックなup!の限定車|Volkswagen

Volkswagen cross up!|フォルクスワーゲン クロス アップ!SUVルックなup!の限定車フォルクスワーゲン グループ ジャパンは6月27日(火)、コンパクトカー「アップ!」をSUVルックに仕立てたクロスオーバータイプの限定車「クロス アップ!」を300台限定で設定。販売を開始した。Text by YANAKA Tomomi専用バンパーや16インチタイヤなどでSUVルックを演出今年4月にマイナーチェンジしたばかりの「up!」をベースに、SUVルックの限定車「cross up!」が誕生した。cross up!はup!の上級グレード「high up!」がベース。専用フロントバンパーやリヤバンパー、ルーフレールを採用し、16インチの専用アルミホイールを採用。さらに、全長を15mm、最低値上高も10mm上昇したことで、クロスシリーズ特有のSUVルックを際立たせた。インテリアでは、ダッシュ パッドやルーフ ライナー、ドアトリム、シートカラーなどをスポーティなブラックで統一。ド...
MINIクロスオーバーがフルモデルチェンジ|Mini

MINIクロスオーバーがフルモデルチェンジ|Mini

MINI Crossover|ミニ クロスオーバーMINIクロスオーバーがフルモデルチェンジMINIの4ドアSUVモデル「クロスオーバー」がフルモデルチェンジし、日本への導入が開始された。今回の最大のポイントはこれまでのBセグメントからCセグメントへ移行したことにある。Text & Photographs by UCHIDA Shunichiパワートレインはディーゼルとハイブリッド先代MINIクロスオーバーは、“ALL ABOUT 4”というキャッチフレーズのもと、2011年にデビュー。世界で54万台も販売された。その理由は、キャッチフレーズ通り、全長4メートル、4ドア、4輪駆動、4人が普通に乗れることにあった。そして今回はそれをさらに進化させサイズアップ。MINIファミリーらしい“ゴーカートフィーリング”は保ちながらも、走りを含めた質感を向上させ、ボディサイズも先代からは、全長195mm、全幅30mm、全高45mmアップ。それによりこれまでのBセグメントからCセグメントへ...
ボルボ、新フラッグシップ「S90」「V90」の発売開始|Volvo

ボルボ、新フラッグシップ「S90」「V90」の発売開始|Volvo

Volvo S90|ボルボ S90Volvo V90|ボルボ V90Volvo V90 Crosscountry|ボルボ V90 クロスカントリーボルボ、新フラッグシップ「S90」「V90」の発売開始ボルボ・カー・ジャパンはラインナップの最上級となる90シリーズに、セダンの「S90」、エステートの「V90」、クロスオーバーの「V90クロスカントリー」の3モデルを追加し、2月22日(水)より発売を開始した。これらモデルは「S80」「V70」「XC70」の後継となるもので、これにより「XC90」を含めた90シリーズのラインナップが完成した。なお、S90のみ500台限定となる。Text & Photographs by UCHIDA Shunichi充実に先進安全・運転支援技術ボルボ「90シリーズ」は、将来の電動化やコネクティビティ、自動運転等を見据えて開発された新世代プラットフォーム「スケーラブル プロダクト アーキテクチャー(SPA)」と、自社開発の新世代パワートレーン「Dr...
コンパクトクロスーオーバーのC4 カクタスが200台限定で日本上陸|Citroen

コンパクトクロスーオーバーのC4 カクタスが200台限定で日本上陸|Citroen

Citroen C4 Cactus|シトロエン C4 カクタスコンパクトクロスーオーバーのC4 カクタスが200台限定で日本上陸プジョー・シトロエン・ジャポンは4日、シトロンのコンパクトクロスオーバー「C4 カクタス」を初回限定200台で、販売を開始した。Text by YANAKA Tomomiポリウレタン製の「エアバンプ」が存在感を発揮する独創的なエクステリア欧州では2015年に発売され、その年の「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」にも輝いた「C4 カクタス」がついに日本に上陸した。名前が示すようにベースとなるのはシトロエン「C4」。ボディサイズは全長4,155×全幅1,735×全高1,530mm。アルミ製のボンネットやライトウェイトの1.2リッター3気筒を積むなどの工夫を施し、1,070kgという軽量化を実現した。その独創的なエクステリアの側面には、ポリウレタン製の「エアバンプ」が存在感を発揮。空気を内包し、時速4キロまでの軽い衝撃からボディを保護したり、細かい傷が...
トヨタ、5ドアの小型クロスオーバーコンセプトを出展|Toyota

トヨタ、5ドアの小型クロスオーバーコンセプトを出展|Toyota

Toyota C-HR Concept|トヨタ C-HR コンセプトトヨタ、5ドアの小型クロスオーバーコンセプトを出展トヨタは9月27日(日)まで開催中のフランクフルトモーターショーでコンパクトクロスオーバーの「C-HR コンセプト」の5ドア仕様を出展。より市販車に近いスタイルが披露された。Text by YANAKA Tomomi販売を想定したモデルは来年3月のジュネーブでお披露目昨年9月のパリモーターショーで、トヨタが提案する新世代のコンパクトクロスオーバーとして、はじめて登場した「C-HR」。ダイヤモンドをモチーフにした軽快さと力強さが表現され、近年のトヨタのデザインテーマである「キーンルック」や空力や冷却性能、歩行者保護まで配慮する「アンダープライオリティ」が採用されていた。さらに進んだデザインスタディとして登場したのが、今回フランクフルトで出展された「C-HR コンセプト」。エクステリアはブラックルーフに、ボディカラーもより市販車に近いカラーを採用。さらに5ドア化へと変更...
コンパクトクロスオーバーのコンセプトを発表|Toyota

コンパクトクロスオーバーのコンセプトを発表|Toyota

Toyota C-HR|トヨタ C-HRトヨタ、コンパクトクロスオーバーのコンセプトを発表トヨタは、フランスで10月2日(現地時間)のプレスデイを皮切りに開催される2014年パリモーターショーに、コンパクトクロスオーバーのコンセプトカー「C-HR Concept」を出展する。Text by HAMADA Masaru(OPENERS)ダイヤモンドをモチーフにしたデザイン10月より開催されるパリモーターショーにおいて、トヨタは次世代コンパクトクロスオーバーのコンセプトモデル「C-HR Concept」を出展すると発表した。今後トヨタがCセグメントに投入を考えている新型を示唆するモデルだという。そのフロントは獲物を捕らえるような眼差し”を表現したという「キーンルック」や、空力や冷却性能、さらには歩行者保護まで配慮した「アンダープライオリティ」を採用。これは、今後のトヨタデザインのひとつの方向性を暗示するという。エクステリア デザインはダイヤモンドがモチーフ。コンパクトで曲線的なキャビン...
ジャガー初のSUV「F-PACE」が日本デビュー|Jaguar

ジャガー初のSUV「F-PACE」が日本デビュー|Jaguar

Jaguar F-Pace|ジャガー Fペースジャガー初のSUV「F-PACE」が日本デビュージャガー・ランドローバー・ジャパンは、昨年9月に開催されたフランクフルトモーターショーにて、ワールドプレミアを果たしたジャガー初のSUV「F-PACE」を6月13日(月)より本格受注を開始した。価格は、639万円から1,108万9,000円で、デリバリーは7月下旬の開始を予定しているという。Text by OHTO Yasuhiro大人5人が快適に過ごせるスポーティなSUVジャガー初となるSUV「F-PACE」は、昨年10月末より開催された東京モーターショーでジャパンプレミアを迎え、世界限定2,000台の発売記念限定車「FIRST EDITION」のみ11月より受注を行っていた。これは最上級グレード「S」をベースに特別装備を追加した豪華仕様で、日本には50台が導入されるもの。これに加え、昨日よりカタログモデルの受注も開始され、日本向けのグレード構成や仕様などが公表された。ジャガーの次世代モ...
ジャガー初のSUV「Fペース」に試乗|Jaguar

ジャガー初のSUV「Fペース」に試乗|Jaguar

Jaguar F-Pace|ジャガー Fペースジャガー初のSUV「Fペース」に試乗速くて快適、そしてスポーティジャガーが史上初めて手掛けたSUV「Fペース」。最初のコンセプトモデル「C-X17」が披露されてから3年、巨大な垂直ループのスタントでSUVらしからぬ高い運動性能を証明しながらのワールドプレミアも記憶に新しい。そのFペースに河村康彦氏がモンテネグロで試乗。ジャガーは、初となるSUVをどのように仕上げたのか。Text by KAWAMURA Yasuhikoランドローバーに隠れていた存在ジャガーが手掛けるSUV――ほんの10年程の前までは、そうしたモデルなど、想像だにできなかったものだ。フォードが“親会社”であったそんな当時のジャガー車ラインナップは、「満を持しての市場投入」であったはずの「Sタイプ」や「Xタイプ」が、思い通りの成果を果たせずに大苦戦。並行して販売中のフラッグシップセダンである「XJシリーズ」は、自身の歴史と伝統に過分の重きを置くあまり、最新技術を駆使したアル...
新型ボルボXC90に試乗|VOLVO

新型ボルボXC90に試乗|VOLVO

VOLVO XC90|ボルボ XC90新型ボルボXC90に試乗余裕ある大人のためのSUV12年ぶりにフルモデルチェンジを受けた、ボルボのフラッグシップSUV「XC90」。ボルボが巨額の投資により開発した新世代のプラットフォーム「「スケーラブル プロダクト アーキテクチャー(SPA)」を初採用して登場した同モデルに試乗した。Text by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki新型プラットフォームを初めて採用新世代に入った、とボルボカーでは自社の製品について語る。その第一弾になる新型「XC90」が2016年1月に日本発売開始された。全長4.9メートルのボディに7つのシートを備える大型SUVで、同社にとって初のプラグインハイブリッドモデルもラインナップに持つ。2003年発表の先代以来、12年ぶりのフルモデルチェンジとなったXC90。巨額の開発費を投入して、これからのボルボ車の基本骨格となる新型プラットフォームを最初に採用したのも大きな特徴だ...
ボルボ60シリーズの最上級グレードに新エンジンを搭載|Volvo

ボルボ60シリーズの最上級グレードに新エンジンを搭載|Volvo

Volvo S60|ボルボ S60Volvo V60|ボルボ V60Volvo XC60|ボルボ XC60ボルボ60シリーズの最上級グレードに新エンジンを搭載|Volvoボルボ・カー・ジャパンは2月1日、ボルボ60シリーズに2.0リッタースーパーチャーチャージャー直噴4気筒ターボのガソリンエンジンをあらたに搭載し、「T6 AWD R-DESIGN」として販売を開始すると発表した。Text by YANAKA Tomomi1.5リッターターボのT3も同時投入セダンの「S60」、ワゴンの「V60」、クロスオーバー「XC60」の3モデルで構成されるボルボ60シリーズの上級グレードに新エンジン「T6」が搭載された。T6エンジンは2.0リッタースーパーチャーチャージャー+直噴ターボのガソリンエンジンが最高出力225kW(306ps)、最大トルク400Nm(40.8kgm)を発揮。電子制御による四輪駆動システムや新開発の8段ATが組み合わせられており、いずれのモデルでも最上級グレードの「T6 ...
153 件