ASTON MARTIN

いまもっともクールなスポーツカーブランドとして、世界中から注目を集めているのが、イギリスのASTON MARTIN(アストン・マーティン)だ。1914年にライオネル・マーティンとロバート・バンフォードにより設立された小さな会社は、アストン・クリントンと呼ばれるヒルクライム競技で成功を収めたことからアストン・マーティンのブランドを名乗るようになり、その後もモータースポーツやスポーツカーの歴史に輝かしい足跡を残す。 反面、経営の面では幾度も危機に追い込まれ、そのたびに救いの手が差し伸べられるという、まさに波瀾万丈の道を歩み続けてきた。たとえば、1947年にオーナーとなったデイビッド・ブラウンは、優れた経営力とエンジニアリングのセンスを活かして、自らのイニシャルを冠したスポーツカー「DB2」や、レース用マシーン「DBR1」で、その名前を残している。最近では、フォードがその株式を、プロドライブを創業したデイビッド・リチャード率いる投資家集団に売却したことが記憶に新しい。 しかし、アストン・マーティンはいつの時代も漲るパワーと美しいスタイルを備えたスポーツカーづくりを貫いている。現在のラインアップは「V8ヴァンテージ」と「DB9」。また近い将来「ヴァンキッシュ」にかわる新しいフラグシップモデル「DBS」が日本にもお目見えするはずだ。

新型アストンマーティン ヴァンテージに試乗|Aston Martin

新型アストンマーティン ヴァンテージに試乗|Aston Martin

Aston Martin Vantage|アストンマーティン ヴァンテージ新型アストンマーティン ヴァンテージに試乗アストンマーティンのラインナップ中、スポーツカーに位置づけられる「ヴァンテージ」。同モデルが、最新世代に生まれかわった。ポルトガル西部、アルガルヴェ サーキットで開催された国際試乗会より、モータージャーナリストの大谷達也氏がリポートする。Text by OTANI Tatsuyaサーキットで20分間連続走行してもブレーキは音を上げないポルトガル西部に位置するチャレンジングなレーシングコース、アルガルヴェ サーキット。その、大きく右に曲がり込みながら下っていく最終コーナーに135km/hでアプローチすると、下り勾配が一段ときつくなるところでテールが瞬間的に流れた。もっとも、リアタイヤの接地性は十分に感じられるし、スライドするのも一瞬だけなので、ほとんどカウンターステアをあてることなく、そのままクリッピングポイントをクリア。ゆるやかに加速しながらメインストレートに進入する...
アストンマーティンが新型「DBSスーパーレッジェーラ」を予告|Aston Martin

アストンマーティンが新型「DBSスーパーレッジェーラ」を予告|Aston Martin

Aston Martin DBS Superleggera|アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラアストンマーティンが新型「DBSスーパーレッジェーラ」を予告英アストンマーティンは4月18日、フラッグシップモデルとなる2ドアスポーツカー「DBSスーパーレッジェーラ」が2018年の第2四半期に登場すると予告した。Text by HARA Akira伝説的名称の復活間もなく登場することが予告された「DBS」は、50年以上にわたってアストンマーティンの歴史の中で重要な役割を果たしてきた名称で、モデルとしては1967年にウィリアム・タウンズによって設計された初代と、2007年に現在のチーフ クリエイティブ オフィサー、マレク・ライヒマンが手がけた2代目がある。今回予告された「DBSスーパーレッジェーラ」は、同社のスポーツカー ラインナップの頂点に君臨するよう、最高レベルのパフォーマンス、クラフトマンシップ、デザインを融合させたとし、既存の2ドアスポーツモデルを刷新するためのセカンド ...
ジュネーブショー2018リポート 市販モデルに見る各ブランドの"今"

ジュネーブショー2018リポート 市販モデルに見る各ブランドの"今"

Geneva Motor Show 2018|ジュネーブ モーターショー 2018ジュネーブショー2018リポート1市販モデルに見る各ブランドの"今"3月6日にスタートし、18日に幕を閉じたジュネーブモーターショー2018。歴史あるモーターショーであるとともに、地元に大きなメーカーを持たない地の開催ということも相まって、例年非常に国際色豊かな展示で盛り上がりをみせる。現地を訪れた小川フミオ氏によるリポート。前編では、各ブランドの“今”を知ることのできる市販モデルにフォーカスをあてる。Text & Photographs by OGAWA Fumio新型がひしめく濃密なショー2018年で88回を数える歴史あるジュネーブの自動車ショーが3月に開催された。注目すべき点はニューモデルの多さだった。ジュネーブの自動車ショーの会場は空港の隣り。この立地は長く変わっていない。会場もそれほど大きくないのだが、2018年はとりわけ内容が濃い。ニューモデルをみると、大きく分けてSUV、スポーツ...
アストンのEV「ラゴンダ ビジョンコンセプト」発表|Aston Martin

アストンのEV「ラゴンダ ビジョンコンセプト」発表|Aston Martin

Aston Martin Lagonda Vision Concept|アストンマーティン ラゴンダ ビジョンコンセプトゼロエミッションのラゴンダ ビジョンコンセプト英アストンマーティンは電動パワートレーンを搭載したラグジュアリーカー「ラゴンダ ビジョンコンセプト」をジュネーブモータショーで初公開するとともに、伝統のブランドである「ラゴンダ」を、ゼロエミッションのラグジュアリーブランドとすると発表した。Text by HARA Akira4人乗りの流線型ワンモーションスタイル「ラゴンダ ビジョンコンセプトは、極めて大胆なデザインを採用しています」と語るのは、副社長兼チーフクリエイティブオフィサー、マレク・ライヒマン氏だ。巨大な内燃エンジンやギアボックス、トランスミッションが不要な電気自動車であり、バッテリーを車両のフロアに設置するため、ラゴンダのデザイナーはまずインテリアをディテールに至るまで最適化、その外側にエクステリアを構築するというデザインアプローチが行われたという。そのため...
アストンマーティン、新型「ヴァンテージ」を世界6カ国で同時披露|Aston Martin

アストンマーティン、新型「ヴァンテージ」を世界6カ国で同時披露|Aston Martin

Aston Martin Vantage|アストンマーティン ヴァンテージ新型「ヴァンテージ」を世界6カ国で同時披露アストンマーティンは中核モデルとなる新型「ヴァンテージ」を世界6カ国で同時公開した。日本での価格は1,980万円で、2018年の第2四半期からデリバリーを開始する。Text by HARA Akira名門スポーツカーブランドの伝統を受け継ぐ「ヴァンテージ」新型の詳細を説明する前に、まずは偉大なスポーツカーである“ヴァンテージ”の歴史から。ヴァンテージの名称が最初に使われたのは1951年で、当時の「DB2」に高性能エンジン(標準モデルの105bphに対し、Vantageエンジンは125bphを発生)を搭載したモデルだった。続いて62年の「DB4」を手始めに、「DB5」「DB6」「DBS」の各モデルに“ヴァンテージ”のバッジを付けた高性能バージョンを設定。77年にはウイリアム・タウンズがデザインした「V8ヴァンテージ」が、アストンマーティンの性能面におけるフラッグシップカ...
アストンマーティンDB11にコンバーチブル「ヴォランテ」を追加|Aston Martin

アストンマーティンDB11にコンバーチブル「ヴォランテ」を追加|Aston Martin

Aston Martin DB11 Volante|アストンマーティンDB11 ヴォランテDB11にコンバーチブル「ヴォランテ」を追加アストンマーティンは、2016年にデビューした「DB11クーペ」に続き、コンバーチブルの新型「DB11ヴォランテ」を追加したと発表した。ヴォランテは、パフォーマンス、イノベーション、スタイルの面で新たな基準を打ち立てる、2+2オープントップスポーツGTの最新の進化形だという。Text by HARA Akira4.0リッターV8ツインターボ+ファブリックトップアストンマーティン「DB11」にオープンタイプのバリエーション「DB11 ヴォランテ」が登場した。フロントに搭載した4.0リッターの90度V8ツインターボ エンジンは、最高出力375kW(510ps)/6,000rpm、最大トルク675Nm/2,000~5,000rpmを発生する。リアミッド マウントの電子制御シフトバイワイヤー8段ATを介して後輪を駆動し、0-100km加速4.1秒、最高速度3...
アストンマーティン ヴァルキリーのディテールを公開|Aston Martin

アストンマーティン ヴァルキリーのディテールを公開|Aston Martin

Aston Martin Valkyrie|アストンマーティン ヴァルキリーヴァルキリーのディテールを公開アストンマーティン・ジャパンは、ハイパーカーとして注目を集めている「ヴァルキリー」のほぼ完成形のエクステリアとインテリアのモックアップを公開した。Photographs by UCHIDA Shunichi & AstonMartin JapanText by UCHIDA Shunichi目指したのは1:1アストンマーティンのロードゴーイング ハイパーカー「ヴァルキリー」が日本で初公開された。ちょうど一年前にも、まだ「AM-RB001」というコードネームで呼ばれていたモックアップモデルが発表されたが、それはまだヘッドライトなども組み込まれず、インテリアにおいては未完成の状態だった。しかし、今回公開されたモデルはインテリアも組み込まれ、ほぼ95パーセントの仕上がりになっているという。そのエクステリアのエッセンスはほとんど変わっていないが、エイドリアン・ニューウェイがダウ...
AM-RB 001の正式名称が「ヴァルキリー」に決定|Aston Martin

AM-RB 001の正式名称が「ヴァルキリー」に決定|Aston Martin

Aston Martin Valkyrie|アストンマーティン ヴァルキリーAM-RB 001の正式名称が「ヴァルキリー」に決定アストンマーティンは英国時間3月6日、レッドブル・アドバンスド・テクノロジーズと共同開発し、「AM-RB 001」のコードネームで呼ばれていたハイパーカーの名称を「ヴァルキリー」に決定したと発表した。Text by YANAKA Tomomiタイヤのテクニカルパートナーはミシュランにアストンマーティンと、F1レッドブルレーシングがタッグを組み、1,000kgのボディに最高出力1,000psを発揮するV12エンジンを搭載、さらに公道での走行可能といういまだかつてないハイパーカーとして大きな話題となった「AM-RB 001」に「ヴァルキリー」という名が与えられた。アストンマーティンにとって「V」の頭文字がつく名前はとても重要なもの。1951年の「ヴァンテージ」からはじまり、「ヴィラージュ」「ヴァンキッシュ」、「ヴァルカン」と特別なモデルに“Vの系譜”を受け継が...
278 件