まさに背の高いアストンマーティン──アストンマーティンDBXに試乗|ASTON MARTIN
CAR / IMPRESSION
2020年11月27日

まさに背の高いアストンマーティン──アストンマーティンDBXに試乗|ASTON MARTIN

ASTON MARTIN DBX|アストンマーティンDBX

エモーショナルなスタイルでは競合から一頭地を抜いている

競合ブランドから次々とSUVモデルを投入されるなか、満を持してイギリスの老舗スポーツカーメーカー、アストンマーティンが投入したDBX。先発に対していかなるアドバンテージがあるのか? モータージャーナリストの小川フミオ氏が試乗した。

Text by OGAWA Fumio
Photographs by MOCHIZUKI Hirohiko

まず特筆すべきはスタイリング

アストンマーティンの、ながらく待たれていたSUV、「DBX」がついに日本に入ってきた。高性能4リッターV8エンジンを、専用開発したシャシーに搭載。スポーツカーのような走りを持つ大型モデルだ。そしてカッコいい。
一言でいうと、キャラクターがしっかり立っている。運転が楽しめるSUVが好きな人。あるいはなによりスタイリッシュなSUVが欲しい人。あるいは高速リムジンみたいに使えるSUVが欲しい人。その人たちにぴったりなのだ。
DBXの開発にゴーサインが出たのは、2015年あたりという。ここにいたるまで、メーカーから途中経過を知らせる情報が、おりにふれて渡されてきたとはいえ、本当に出るのかな、とファンが不安がっていたのも事実。
はたして、登場のタイミングとしては、悪くなかったかもしれない。ベントレー・ベンテイガがフェイスリフトを受けて装備もアップデート化されたり、ロールスロイスがカリナンのおかげでユーザーの若返りに成功したりしているのが、高級SUVをめぐる昨今の動きだ。その時期に、“さらなる選択肢”が増えたのは、高級かつ高性能のSUVを求めている人に、おおいなる朗報といえる。
DBXでまず特筆すべきは、スタイリングだ。全長5039×全幅1998×全高1680mmのボリュウム感と、曲面を多用したエモーショナルな面表現とが、圧倒的な存在感をもつ。加えて、アストンマーティン車とすぐわかるグリルとヘッドランプの組合せ。
グリルは大きすぎるきらいもあるものの、今後、(ひょっとして)EV化が検討されているとしたら、おそらく強力なインバーターを積むだろうから、冷却のためにも大きな開口部が必要になるかもしれない。意外に理にかなったデザインといってもいい。
38 件