シトロエンC4ピカソの特別限定車「ワイルドブルー」登場|Citroen

シトロエンC4ピカソの特別限定車「ワイルドブルー」登場|Citroen

Citroen Grand C4 PICASSO WILDBLUE|シトロエン グランドC4ピカソ ワイルドブルーシトロエンC4ピカソの特別限定車「ワイルドブルー」登場プジョー・シトロエン・ジャポンは、CセグメントMPVのシトロエン「C4ピカソ」に特別仕様車「ワイルドブルー」を120台限定で設定し、発売した。Text by HARA Akiraブルーグリーンのインテリアに車中泊ができる装備追加今回の限定車「ワイルドブルー」は、昨年10月に登場したデューンベージュに続く、特別内装仕様の第2弾。テーマは“アクティブ”で、シートとインナードアハンドルのカラーに、豊かな太平洋やアマゾンの大自然をイメージした深いブルーグリーンを採用した。さらにパノラミックガラスサンルーフ、ハンズフリーテールゲート、フロントアクティブ ランバーサポート、ダッシュボード周りのクローム加飾、ステップガードを標準装備するほか、2、3列シートをたたんだ際にフロアをフラットにできるリジッドボードといった車中泊に適した装...
フルモデルチェンジした新型シトロエン「C3」に試乗|Citroen

フルモデルチェンジした新型シトロエン「C3」に試乗|Citroen

Citroen C3|シトロエン C3フルモデルチェンジした新型シトロエン「C3」に試乗シトロエンのコンパクトモデル「C3」がフルモデルチェンジし、今年から日本でも販売が開始された。先代の丸いスタイリングから一転し、独特のSUVライクなルックスを得た新型C3に、小川フミオ氏が試乗した。Photographs by ARAKAWA MasayukiText by OGAWA Fumioクロスオーバーをシトロエン的に解釈したかたちKawaiiという言葉をフランスのパティシエ、ピエール・エルメがコレクションのために使ったのは2003年。その頃すでにあちらでは、この日本独自の美意識が受け入れられるようになっていた。キャワイイ(とフランス人は発音する)がやはりベーシックコンセプトになっているのかと思ってしまったのが、シトロエンの新型「C3」。少なくとも日本に住むひとがこのクルマを見たときに口にする感想が“かわいい”である。17年にフルモデルチェンジを受けたC3。先代も円弧を意識させるルーフラ...
新型シトロエン C3、国内販売開始|Citroen

新型シトロエン C3、国内販売開始|Citroen

Citroen C3|シトロエン C3新型シトロエン C3、国内販売開始プジョー・シトロエン・ジャポンは、3代目になったシトロエン「C3」の販売を開始した。価格は216万円から。Text & Photographs by UCHIDA Shunichiベストセラーのフルモデルチェンジシトロエン「C3」は2002年の初代デビュー以降、世界累計販売は350万台を超えるベストセラーカーで、シトロエンブランドにおける5台に1台はC3であるという。さらに日本市場では、「その比率は3台あたり1台となり、非常に重要なモデルなのです」と、プジョー・シトロエン・ジャポンマーケティング部商品企画グループマネージャーの関博幸氏は語る。シトロエンは今回のフルモデルチェンジに際し、C3が属するセグメントのカスタマーが何を望んでいるのかを調査した。その結果、重視されるのは実用性、快適な乗り心地、価格であったが、同時に、守られているという安心感と、個性を主張できるようなユニークなデザイン、いつでも仲間と...
シトロエンC4が新グレードを設定し、仕様を変更|Citroen

シトロエンC4が新グレードを設定し、仕様を変更|Citroen

Citroen C4 Shine|シトロエンC4シャインCitroen C4 Shine BlueHDi|シトロエンC4シャイン ブルーHDiシトロエンC4が新グレードを設定し、仕様を変更プジョー・シトロエン・ジャポンは7月10日(月)、5ドアハッチバック「C4」に新グレード「Shine(シャイン)」を設定。販売を開始した。Text by YANAKA Tomomi装備を充実させながら、価格は据え置きこれまで「C4フィール」と「C4フィール ブルーHDi」の2グレード設定をしていたC4。先日発表された新型「C3」にならい、グレード名を「シャイン」にするとともに、仕様の変更を行った。「C4シャイン」のパワートレーンは2種類。1.2リッター3気筒ガソリン ターボ エンジンが最高出力96kW(130ps)、最大トルク230Nmを発生する「C4 シャイン」と、1.6リッター4気筒クリーンディーゼルターボで最高出力88kW(120ps)、最大トルク300Nmの「C4シャイン ブルーHDi」の...
世界で最もエキサイティングなショー 上海モーターショー リポート|Auto China 2017

世界で最もエキサイティングなショー 上海モーターショー リポート|Auto China 2017

Auto China 2017|上海モーターショー2017世界で最もエキサイティングなショー上海モーターショー リポートいまや北米と並んで世界の自動車の巨大市場となりつつある中国。その中国における最大の自動車ショー「Auto China」が今年も4月末に開催された。北京と上海で隔年の交互となっており、今年は上海が舞台だ。作る側、買う側ともに熱い視線を送るその会場を訪れた大矢アキオ氏が、既存の日欧米系ブランドから新進気鋭の中国ブランドまでを総括する。Text & Photographs by Akio Lorenzo OYA中国はEVの主戦場に第17回上海モーターショーが、2017年4月21日から28日まで市内のメッセで開催された。今回ワールドプレミアは、113を数えた。4年前は中国市場専用ロングホイールベース、2年前のSUV/クロスオーバーに続くトレンドは?ひとつはプレミアム・コンパクトセダンだ。メルセデス・ベンツは「コンセプトAセダン」をワールドプレミア。対するアウディは...
そろそろ上死点のSUVトレンドとポストSUVの出口戦略とは?|Geneva Motor Show

そろそろ上死点のSUVトレンドとポストSUVの出口戦略とは?|Geneva Motor Show

Geneva Motor Show 2017|ジュネーブ モーターショー2017 解析その2 そろそろ上死点のSUVトレンドとポストSUVの戦略とは? 大盛況のうちに幕を閉じたジュネーブ モーターショー 2017。新型のスーパーカーが華々しくデビューする一方で、相変わらず人気のSUVたちが覇を競い合う。またプラグインハイブリッドなどのエコカーや最新技術も人々の強い関心を集めた。そんなアタリ年の会場を巡った南陽一浩氏によるリポートを3部に分けて報告する。第2回は、隆盛衰えないSUVに注目。 ⇒解析その1 スーパーカー篇 Photogtaphs by MOCHIZUKI HirohikoText by NANYO KazuhiroSUVがみせる変化今年のジュネーブ モーターショーもBセグからハイエンドまで、大小さまざまのSUVが登場した。ワールドプレミアだけでなく追加モデルや今後登場するコンセプト、欧州プレミアまで、20数台以上の...
ジュネーブモーターショーで2つのコンセプトカーを世界初披露|Citroen

ジュネーブモーターショーで2つのコンセプトカーを世界初披露|Citroen

Citroen|シトロエンジュネーブモーターショーで2つのコンセプトカーを世界初披露シトロエンは、3月7日にスイスで開幕するジュネーブモーターショー2017で「Cエアクロス コンセプト」「スペースツアラー 4×4 Eコンセプト」の2つのコンセプトカーを世界初披露する。Text by YANAKA TomomiWRCに再参戦を果たすシトロエンの新マシン「C3 WRC」も登場今回シトロエンがワールドプレミアするのは2つのコンセプトカー。「Cエアクロス コンセプト」は、新型の「C3」をベースに、シトロエンならではの遊び心のあるカラーリングや個性を主張し、世界展開を視野に入れているというコンパクトSUVのコンセプトカーだ。エクステリアとインテリアでは、ともにポイントカラーを配したアヴァンギャルドなデザインを採用。観音開きのドアを開けて入る室内には、カラー表示されるヘッドアップディスプレイやリアビューカメラ、ワイヤレス式スマートフォン充電装置なども装備している。C-Aircross Conc...
161 件