映画「ミッション・インポッシブル」に最新BMWが登場|BMW

映画「ミッション・インポッシブル」に最新BMWが登場|BMW

BMW|ビー・エム・ダブリュー映画「ミッション・インポッシブル」に最新BMWが登場スパイアクション映画「ミッション:インポッシブル」シリーズ最新作の公開にあわせて、ウィーン国際歌劇場でワールドプレミアが開催。主演のトム・クルーズ氏とともに、最新のBMWが登場した。Text by AKIZUKI Shinichiro(OPENERS)新型7シリーズがスクリーンデビュー日本でも本日7日から全国ロードショーとなる、トム・クルーズ主演の最新作「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」のワールドプレミアが先日、映画の舞台となったオーストリアのウィーン国際歌劇場で開催された。レッドカーペットにはトム・クルーズ氏ほか、サイモン・ペッグ氏、レベッカ・ファーガソン氏などムービースターをはじめ、クリストファー・マッカリー監督が登場。さらに劇中におけるもうひとつの“出演者”である新型「7シリーズ」「M3」も、同時に披露された。秘密諜報機関のエージェントであるイーサン・ハント(トム・クルーズ)と、...
BMWグループ、フランクフルトの出展概要を発表|BMW & MINI & Rolls-Royce

BMWグループ、フランクフルトの出展概要を発表|BMW & MINI & Rolls-Royce

BMW|ビー・エム・ダブリューMINI|ミニRolls-Royce|ロールス・ロイスBMWグループ、フランクフルトの出展概要を発表BMW、MINI、ロールス・ロイスの3ブランドを擁するBMWグループは、9月15日より開催されるフランクフルトモーターショー(IAA)2015の出展概要を発表した。Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)BMWの主役は新型7シリーズ。最新M3の初披露もフランクフルトモーターショー(IAA)2015において、BMWグループは延べ床面積12,000平方メートルもの広大なブースを展開。各ブランドから新型車の発表や最新テクノロジーの展示がおこなわれる。ブースのなかには前回よりも長い延長400メートルに達するコースを設置。その内側に設けられた50メートルもの長さのあるステージでは、最先端技術や各モデルについて、来場者に向けて1日20回ものプレゼンテーションがおこなわれる。来訪者は、ステージのほかにも「BMW IAA App」を通じて...
BMWのフラッグシップ「7シリーズ」次世代モデル発表

BMWのフラッグシップ「7シリーズ」次世代モデル発表

BMWのフラッグシップ「7シリーズ」次世代モデル発表 ドイツのBMW AGは、フラッグシップ「7シリーズ」の次世代モデルを公表した。ヨーロッパでは2008年11月にデビューする予定という。 すべての要素で新境地を開くBMWブランドの頂点に君臨するラグジュアリーサルーン「7シリーズ」。その第5世代目となる新型は、スタイリング、高級感、ドライビングすべての要素で新境地を開いたとされる。デザイン上のキイワードは「自然な存在感」「さらに上をいくスポーティネス」そして「完全なるエレガンス」。BMWの証「キドニー・グリル」は存在感をますます高め、ワイド感あるボディ、抑揚ある彫刻のようなフォルムなど、見紛うことなき新世代の7シリーズとして登場した。インテリアでは、「X5」「X6」など最新のBMWモデルとおなじく、センターコンソールに備わる電子ATセレクターレバーを採用。先代7シリーズで先駆をつけた、マウス感覚で操作できる革新的インターフェイス 「iDrive」やマルチファンクションステアリ...
BMW ACTIVE HYBRID 7|レクサス LS600hの好敵手

BMW ACTIVE HYBRID 7|レクサス LS600hの好敵手

BMW ACTIVE HYBRID 7|ビー・エム・ダブリュー アクティブハイブリッド 7レクサス LS600hの好敵手BMWは、7シリーズにハイブリッドモデル「アクティブハイブリッド7」を設定することを発表した。文=ジラフ4.4リッターV8ツインターボ+電気モーターBMW アクティブハイブリッド7搭載されるシステムはマイルドハイブリッドと呼ばれるもので、エンジンとトルクコンバーター間に内蔵されるモーターが、走行中にエンジンをアシストするというものだ。エンジンには4.4リッターV8ツインターボが採用され、ここに最高出力15kW(20hp)、最大トルク210Nm(21.4kgm)のモーターが組み込まれる。バッテリーは、リチウムイオン電池を採用。これにより、システム全体で最高出力465ps、最大トルク71.4kgmを発生、8速ATの組み合わせで、0-100km/h加速で4.9秒を記録するという。約15%の燃費向上また回生ブレーキやアイドリングストップ機能を採用することで、さらなる燃費走...
7シリーズにスポーティかつエレガントな特別仕様|BMW

7シリーズにスポーティかつエレガントな特別仕様|BMW

BMW 740i Exclusive Sport|ビー・エム・ダブリュー 740i エクスクルーシブ スポーツ7シリーズにスポーティかつエレガントな特別仕様ビー・エム・ダブリューは、フラッグシップモデル「7シリーズ」に、スポーティなエクステリアと利便性、安全性を高める装備を採用した、特別仕様車「740i エクスクルーシブ スポーツ」を設定。30台限定で発売した。 Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)成約記念品もフラッグシップにふさわしいラインナップ「740iエクスクルーシブ スポーツ」は、フラッグシップサルーン「7シリーズ」のなかでも、最高出力235kW(320ps)を発生する3リッター直列6気筒ツインパワーターボエンジンを搭載した「740i」をベースに、M Sportパッケージや特別なインテリアトリム、ドライバー支援システムを採用した限定車。アルピン ホワイトIII、または、カーボン ブラックのボディカラーに、M Sportパッケージ、2...
BMW、本格的なテレマチックサービスを開始|BMW

BMW、本格的なテレマチックサービスを開始|BMW

BMW|ビー・エム・ダブリューBMW、本格的なテレマチックサービスを開始ビー・エム・ダブリューは10月8日より、これまでの「BMWコネクテッド・ドライブ」を拡張した「BMW コネクテッド・ドライブ・プラス」をサービスとして開始する。これにより、スマートフォンとクルマを融合し安全、利便性、快適性を向上させる本格的なテレマチックサービスが提供される。 Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)ITを通じてクルマとヒトを繋げ、より安全、便利、快適にビー・エム・ダブリューが9月よりつぎつぎと車両に搭載してきた、3G回線をつかったテレマチックサービスが「BMWコネクテッド・ドライブ」だ。これは、事故発生時に自動的に発信し状況や位置などを伝えたり、車両の消耗品の状況をディーラーにオンラインで結び必要なときに素早くメンテナンスが受けられるようにするという、安全性向上が先行したサービスであった。今回開始される「BMW コネクテッド・ドライブ・プラス」は、この通信...
Car
BMW 7 Series|次世代のフラッグシップ

BMW 7 Series|次世代のフラッグシップ

BMW 7 Series|ビー・エム・ダブリュー 7シリーズ次世代のフラッグシップBMWは、フラッグシップモデルである7シリーズをフルモデルチェンジし、3月24日から発売した。文=ジラフエンジンは直6とV8のツインターボ1977年に初代モデルが誕生し、今回で第五世代となるこのニューBMW7シリーズの特徴としてまずあげられるのは、フラッグシップモデルにふさわしい存在感、スポーツ性、そしてエレガンスを併せもったエクステリアデザインだろう。ボディサイズは先代モデルと比べ、全幅はそのまま、全長で30mm長くなっている。しかしヘッドライト部のデザインを変更し、グリル位置をやや低くしたことによって、ワイド&ローが強調され、スポーツテイストもアップした。また抑揚のある躍動的なプロポーションは、そのエレガントな存在感をあますことなく露わにしている。インテリアもドライビングプレジャーと快適性を両立させた、機能的でシンプルなものとしながらも、高級感、高質感を表現。細部にまでこだわって高級素材を採用する...
BMWの日本人デザイナー、永島譲二氏インタビュー|BMW

BMWの日本人デザイナー、永島譲二氏インタビュー|BMW

BMW|ビー・エム・ダブリュー未来へつづく“BMWのカタチ”日本人デザイナー、永島譲二氏へのインタビュー日本車とはちがうスタイリッシュさを求め、BMWのクルマに対して漠然とした憧れを抱く人は少なくない。だが、そのデザインを手掛けている人物が、じつは日本人だということをご存知だろうか。世界の舞台を求め旅立った日本のトップデザイナーたちは、いまさまざまな欧州のメーカーで活躍する。ここで紹介する永島譲二さんも、まさにそうしたなかの第一人者。OPENERSでは、はじめての登場だ。Interview & Text by KAWAMURA YasuhikoPhotographs by TSUKAHARA Takaaki今度はドイツも良いかな、と──永島さんは1988年からBMWで活躍されていますが、じつは「その前」があって、欧州でのキャリアはもう30年以上になられるとか。永島譲二氏(以下、永島氏) はい、じつは最初に就職したのはオペルなんです。アメリカ・デトロイトの大学を出たのですが、...
マイナーチェンジを受けた「7シリーズ」が日本発売|BMW

マイナーチェンジを受けた「7シリーズ」が日本発売|BMW

BMW 7 series|BMW 7シリーズフラッグシップ「7シリーズ」がマイナーチェンジビー・エム・ダブリューは同社のフラッグシップモデルで、本国ではすでにマイナーチェンジがおこなわれていた「7シリーズ」を、日本で発売した。Text by OTSUKI Takuma(OPENERS)エンジン、トランスミッションにまで手が入るビッグマイナーチェンジ今年6月にマイナーチェンジを受けた、BMWのフラッグシップである「7シリーズ」が、いよいよ日本でも販売開始となった。今回インテリアやエクステリアが変更されたほか、パワーユニットやトランスミッションの更新などがおこなわれている。各エンジンに組みあわされるトランスミッションは全車8段ATになり、あらたに採用となった「ECO PROモード」では、時速50キロ以上での走行時に、アクセルをオフにするとエンジンとトランスミッションを切り離して惰性で走り、燃料を節約する「コースティング機能」が採用されている。これにより、一部グレードで最大50パーセント...
7シリーズ、6シリーズの安全装備を向上|BMW

7シリーズ、6シリーズの安全装備を向上|BMW

BMW 6 series|ビー・エム・ダブリュー 6シリーズBMW 7 series|ビー・エム・ダブリュー 7シリーズ6シリーズ、7シリーズに安全装備の向上と通信モジュールを搭載ビー・エム・ダブリューは、フラッグシップサルーン「7シリーズ」および、2ドアクーペ「6シリーズ」、4ドアクーペ「6シリーズ グランツーリズモ」、オープンモデル「6シリーズ カブリオレ」に、歩行者検知機能を搭載したドライバーアシスタント機能を標準で採用し発売した。あわせて、3G回線の通信モジュールを搭載し、緊急時のコールや車両情報の取得などに利用できるようになる。Text by Uekusa Koutaroドライビング・アシストに歩行者検知機能付が追加7シリーズのエントリーモデルである「740i」「740 Li」、および、6シリーズ全車種においては「ドライビング・アシスト」が標準搭載となった。これは、衝突の危険性が高まったさいにドライバーに警告を発する「前車接近警告機能」、追突が不可避な場合に短時間軽いブレ...
Car
7シリーズを一新|BMW

7シリーズを一新|BMW

BMW 7 series|BMW 7シリーズ最新のテクノロジーを搭載した7シリーズBMWはフラグシップモデル「7シリーズ」をマイナーチェンジ。内外装に改良を施すとともに、エンジンやトランスミッションなどに環境対応を重視する最新の技術を採用した。Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)ラグジュアリーかつスポーティを演出今回のマイナーチェンジにともなう主な外観上の変化は、BMWの特徴であるリング型をふくめたヘッドライトがLEDに変更されたこと、キドニーグリルのフィンが12本から9本になったことが挙げられる。正面からみると、ヘッドライトの下端とキドニーグリルの頂点が一直線に並ぶのも、最近のBMWのニューモデル・モデルチェンジに共通する点だ。くわえて、フロントバンパーの形状が変わり、下半分のエプロン部分が3分割されたことも大きな変化だ。この分割された左右部分にはクロムメッキの横ラインとLEDのフォグランプが設置され、以前よりスポーティさを強調している。そのフ...
BMW 7シリーズの画像と動画を公開|BMW

BMW 7シリーズの画像と動画を公開|BMW

BMW 7 Series|BMW 7シリーズBMW 7シリーズの画像と動画を公開BMWは先月公開した新型7シリーズの詳細につづき、写真と動画を公開した。Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)これがBMWのあらたなフラッグシップあたらしい7シリーズの詳細は既報のとおり、スポーティなあたらしいフェイスを得るとともに、環境負荷の低いエンジンを搭載。フラッグシップであるV型12気筒の「760i」は最高出力400kW(544ps)/5,250rpm、最大トルク750Nm/1,500rpm、0-100km/h加速4.6秒というスペックをほこる。ディーゼルエンジン搭載モデルの最高峰、「760d xDrive」も3リッター直列6気筒をトリプルターボで過給し、わずか2,000rpmから発生する740Nmという圧倒的なトルクで、0-100km/h加速はわずか4.9秒。いっぽうでディーゼルならではの優れた環境対応性能ももちあわせており、燃費は6.4ℓ/100km(およそ...
特集|BMWエフィシエントダイナミクス

特集|BMWエフィシエントダイナミクス

特集|BMWとエコロジーエフィシエントダイナミクスとは?BMWが提案するエコロジーの現在 日本上陸中欧州では小排気量ガソリンエンジンを効率よく使う「ダウンサイジング技術」とともに、エコロジカルな選択肢としてもはや一般的なクリーンディーゼル。しかしながら、日本では、ユーザーの意識や制度法律のちがいもあり、 輸入されるクリーンディーゼルエンジン搭載モデルがまだまだ限られてしまっているというのが実情だ。そんななか、積極的にディーゼルエンジンモデルを日本に向けてラインナップする意向をしめすBMW。すでに導入済みのSUV「BMW X5 xDrive35dブルーパフォーマンス」をはじめ、同社のラインナップの中核をなす、3シリーズにもディーゼルモデルが導入された。さらに、日本では3シリーズのトップモデルとして登場したのは、ハイブリッドカー「ActiveHybrid 3」。ここでは、徐々に日本に上陸しつつある、これらBMW最新の低環境負荷モデルの試乗記を振り返りつつ、あわせてBMWが一般向けカーシ...
Car
BMW 7シリーズに試乗|BMW

BMW 7シリーズに試乗|BMW

BMW 7 Series|ビー・エム・ダブリュー 7シリーズBMW 523d BluePerformance|ビー・エム・ダブリュー 523d ブルーパフォーマンスBMWフラッグシップあたらしくなった7シリーズに試乗BMWが誇る最上級サルーンである「7シリーズ」。マイナーチェンジで搭載エンジンの変更がおこなわれた。特にかわったのは、先代とくらべてスペック数値だけで見ればパワー削減となった「アクティブハイブリッド7」。それを含め新型7シリーズはどのようなキャラクターに生まれかわったのか。大谷達也氏の見解はこうだ。Text by OTANI TatsuyaPhotographs by ABE Masaya高級車ってなんだろう?高級車に求められる要件って、なんだろう?いまどき「高級車」なんて言葉は流行らないから、「ラグジュアリーサルーン」と言いかえても構わないが、それだとちょっとニュアンスがちがってくる。やっぱり、ここは高級車でとおすことにしよう。高級車の要件は、大きくわけてふたつあるよ...
Car
BMW 7シリーズにV12エンジンを搭載した限定車登場|BMW

BMW 7シリーズにV12エンジンを搭載した限定車登場|BMW

BMW 7 Series V12 Bi-Turbo|ビー・エム・ダブリュー 7シリーズ V12 ビ・ターボ完全受注生産6リッターV12エンジンを搭載した限定車登場ビー・エム・ダブリューは、フラッグシップモデルの「7シリーズ」に、現代のエンジン技術の最高峰と同社が誇る6リッターV型12気筒ツインパワーターボエンジンを搭載した完全受注生産の期間限定モデル「 7シリーズ ブイ・トゥエルブ・ビ・ターボ」を設定、5月21日から注文の受付を開始した。8月末までオーダーを受けつけ、納車は10月からを予定している。Text by YANAKA TomomiM社による専用装備で頂点にふさわしいエクスクルーシブなスタイリングに「BMW 7シリーズ ブイ・トゥエルブ・ビ・ターボ」は6リッターV型12気筒エンジンにツインターボチャージャーや高精度ダイレクトインジェクション、ダブルVANOS(給排気可変バルブタイミング)を組みあわせたツインパワーターボエンジンを搭載。最高出力は400kW(544ps)/5,...
30 件