Volkswagen Golf | フォルクスワーゲン・ゴルフ(前編)

Volkswagen Golf | フォルクスワーゲン・ゴルフ(前編)

Volkswagen Golf|フォルクスワーゲン・ゴルフ(前編)「いいなあ!」と感心する1974年のデビュー以来、つねにベストセラーとして世界中のカーメーカーの指標となってきたゴルフ。このたび登場したその6代目にさっそく試乗した。文=小川フミオ写真=荒川正幸ドライバーとクルマの一体感が気持ちいいそう思ったのが、2009年4月9日に日本発売が開始された新型フォルクスワーゲン・ゴルフに乗ったとき。1974年に初代が本国で発表され、今回で6代目になるのだが、その間に2600万台も売ったのだそうだ。ゴルフで感心するのは、初代から6代目まで「大人5人が乗れるハッチバック車」というコンセプトが不変だったこと。途中、惰性でつくっているんじゃないの? と突っ込みたくなるような、わりと凡庸な出来のモデルもあったが、先代の5代目からゴルフは大きく進化。ゴルフってやっぱりいいかも、と思っていたところに、このモデルチェンジ。6代目、乗ると「いいなあ!」と感心する出来だ。6代目ゴルフについておさらい。2つ...
Volkswagen Golf|フォルクスワーゲン・ゴルフ(後編)

Volkswagen Golf|フォルクスワーゲン・ゴルフ(後編)

Volkswagen Golf|フォルクスワーゲン・ゴルフ(後編)じつに効率的なクルマ1974年のデビュー以来、つねにベストセラーとして世界中のカーメーカーの指標となってきたゴルフ。このたび登場したその6代目にさっそく試乗した。文=小川フミオ写真=荒川正幸燃料計の針がなかなか動かないふたつ用意されたグレードのうち、とりわけハイラインは、低回転域ではスーパーチャージャーが太いトルクを与え、エンジン回転が上がるとターボチャージャーが動いて、がつんとパンチのある加速力を味わわせてくれる。知らなければ2リッターの感覚だ。さらに運転感覚を上質なものにしてくれているのが、DSGと呼ばれる新世代のギアボックスだ。従来のオートマチックと同じ感覚で運転できるのに、マニュアルトランスミッションのようなダイレクトなシフトフィーリングを味わえる。今回は7スピード化されるとともに乾式となり、従来の湿式多板クラッチの6段DSGがクラッチ冷却用のオイルを必要としたのに対して、こちらはより軽量化に成功。「これから...
Volkswagen|フォルクスワーゲン ゴルフ第2のスポーツモデル

Volkswagen|フォルクスワーゲン ゴルフ第2のスポーツモデル

Volkswagen Golf GTD|フォルクスワーゲン・ゴルフ GTDゴルフ第2のスポーツモデルフォルクスワーゲンは、環境性能の高いディーゼルターボを搭載した「ゴルフGTD」の販売をドイツ本国で開始した。文=ジラフ最大出力は170ps、最大トルクは35.7kgmを発生この「GTD」の特徴のひとつが、エクステリアデザインや足回りなどがスポーツモデルである「GTI」とほぼおなじだということ。フォルクスワーゲンでは新型ゴルフを発表した時点で、新型には3つのスポーツ仕様を用意する準備があるとしてきたが、この「GTD」こそがその2番手にあたるものだ。搭載されるエンジンは、2.0リッター直4ターボディーゼルの「TDI」。そのスペックは最大出力170ps、最大トルクは35.7kgmとされ、トランスミッションには6速MTと7速DSGが用意される。この組み合わせから生み出されるパフォーマンスは0-100km/h加速8.1秒、最高速222km/hを記録する。足回りのチューニングはGTIゆずり環境性...
番外編|エコカー3モデル乗りくらべ新潟ツアー 前篇

番外編|エコカー3モデル乗りくらべ新潟ツアー 前篇

TOYOTA PRIUS G Touring Mercedes-Benz E 350 BlueTEC AVANGARDEVolkswagen Golf TSI Trendline番外編|エコカー3モデル乗りくらべ新潟ツアー 前篇(1)今回の長期リポートは番外編。リポート2号車のプリウスと、3号車のE 350 ブルーテック アバンギャルド、そして直噴エンジンとダウンサイジング・コンセプトにより低燃費を実現した話題のフォルクスワーゲン ゴルフ TSI トレンドラインの3台を乗り比べました。目指すは新潟の荻ノ島。今なお茅葺きの住居が残る集落です。昔ながらの暮らしを残す荻ノ島へ、アプローチの異なる3台の最新エコカーで、いざ出発。文=オウプナーズ写真=荒川正幸今回のツアーはエコカーの三つ巴戦エコカーといっても、まったくちがうアプローチをしている3台。トヨタ プリウス(以下プリウス)は1997年のデビューから進化しつづけるハイブリッドカー、いっぽうヨーロッパでは熱効率がよく環境コンシャスである...
新型ゴルフにもっとも過激な「R」登場|Volkswagen

新型ゴルフにもっとも過激な「R」登場|Volkswagen

Volkswagen Golf R|フォルクスワーゲン ゴルフ R新型ゴルフにもっとも過激な「R」登場第7世代のゴルフが2012年9月にワールドプレミアをはたしてから、矢継ぎ早にあたらしいバリエーションを展開するフォルクスワーゲン。このたび、歴代のスポーティモデルである「GTI」、GTIのディーゼル版といえる「GTD」、ワゴンモデルである「エステート(ヴァリアント)」、3.2ℓ/100kmという燃費をほこる「TDIブルーモーション」につづき、もっとも過激な「R」が発表された。Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)プラス30ps、マイナス18パーセント新型「ゴルフR」は、ゴルフ7をベースにモータースポーツ部門Volkswagen R GmbHが手掛けたもっともパワフルなモデルだ。エンジンは、先代とおなじ直列4気筒2リッターターボながら、最高出力は30ps増の最高出力300ps(221kW)を発揮。0-100km/h加速は、6段MTモデルで5.1秒、オ...
電気自動車のゴルフ「eGolf」|Volkswagen

電気自動車のゴルフ「eGolf」|Volkswagen

Volkswagen eGolf|フォルクスワーゲン eゴルフ量産型 EVゴルフ登場ゴルフ7をベースに、最高出力85kW(115PS)、最大トルク270Nm(27.5kgm)を発生する電気モーターを搭載し、約190kmの航続距離を持つ量産純EVモデル、「e-ゴルフ」がフランクフルト モーターショーでワールドプレミアする。以前、ゴルフ6をベースとした「Golf blue-e-motion」が日本に上陸したさいにフォルクスワーゲンのEV戦略についてはお伝えしたとおりだが、「e-up!」とともに、ドイツでの発売を前提にした「e-ゴルフ」の登場は、欧州モビリティの常識を変える可能性を持っている。Text by SAKURAI Kenichiドイツでの一般利用にあわせた航続距離フォルクスワーゲンはフランクフルト モーターショーにおいて、すでに公開を予告している同社初の量産EV「e-up!」の発表と同時に、ゴルフの量産EVモデル「e-ゴルフ」もあわせてワールドプレミアする。「e-ゴルフ」は、通...
新型ゴルフRでWRCドライバーがサーキットを走行|Volkswagen

新型ゴルフRでWRCドライバーがサーキットを走行|Volkswagen

Volkswagen Golf R|フォルクスワーゲン ゴルフ R新型ゴルフRでWRCドライバーがサーキットを走行フォルクスワーゲンは、フランクフルトモーターショーでワールドプレミアを予告している、「ゴルフR」の動画を先行して公開した。 Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)幸運な青年フォルクスワーゲンがインターネット上で公開しているのは“The lucky one”と題した動画だ。サーキットの清掃係である青年がパドックの床掃除をしている最中、片隅に見つけたのはヴェールの掛かった、新型「ゴルフR」。よく見ようとドアに手をかけたとき登場するのは、WRCでフォルクスワーゲン「ポロ R WRC」を駆る、セバスチャン・オジェ。そして幸運な青年は、夢のような瞬間へ。フランクフルトモーターショーでワールドプレミアをかざる、第7世代のゴルフをベースにした「ゴルフ R」は、最高出力221kW(300ps)、最大トルク380Nmをほこる、2リッター直列4気筒タ...
ゴルフにミニバンのコンセプト、スポーツバン登場|Volkswagen

ゴルフにミニバンのコンセプト、スポーツバン登場|Volkswagen

Volkswagen Golf Sportvan|フォルクスワーゲン ゴルフ スポーツ バンゴルフにミニバンのコンセプト、スポーツバン登場「ハッチバック」、「ヴァリアント」につづく市販前提の第3のモデルラインナップ、「ゴルフ スポーツバン」がフランクフルト モーターショー 2013で発表される。これは、「ゴルフ プラス」の後継となるコンパクトミニバンで、いっけんそうとは見えないミニバンらしからぬエクステリアデザインが特徴である。 Text by SAKURAI Kenichi本気度の高いコンパクトミニバンフォルクスワーゲンは、フランクフルト モーターショーでゴルフ ファミリーのニューモデル、「ゴルフ スポーツバン」のコンセプトカーを公開する。これは、ハッチバック、ヴァリアントにつづく市販前提の第3のモデルラインナップで、「ゴルフ プラス」の後継となるコンパクトミニバンだ。発売は2014年のなかばを予定している。「ゴルフ スポーツバン」は、「ゴルフ」から延長されたホイールベー...
歴代最速のゴルフGTI 日本上陸|Volkswagen

歴代最速のゴルフGTI 日本上陸|Volkswagen

Volkswagen Golf GTI|フォルクスワーゲン ゴルフ GTI歴代最速のゴルフGTI 日本上陸フォルクスワーゲン「ゴルフ」の高性能バージョン、「ゴルフ GTI」が、日本で正式発売された。今回導入されたのは、220psを発揮する2リッター直4エンジンを搭載したモデル。最高出力を230psに向上させた「GTI パフォーマンス」の導入は見送られたものの、依然として「GTI」がハイパフォーマンス ホットハッチのメートル原器であることにかわりはない。 Text by SAKURAI Kenichホットハッチの新基準今年3月のジュネーブ モーターショーでワールドプレミアされたフォルクスワーゲン「ゴルフ」の高性能バージョン、「ゴルフ GTI」が、早くも日本で正式発売された。本国では220psを発揮する2リッター直4エンジンを搭載した「GTI」と、同じエンジンながら、チューニングを施し、最高出力を230psに向上させた「GTI パフォーマンス」の2モデルをラインナップするが、今回...
国内導入されたゴルフ GTIに早速試乗|Volkswagen

国内導入されたゴルフ GTIに早速試乗|Volkswagen

Volkswagen Golf GTI|フォルクスワーゲン ゴルフ GTI大人のちょい辛スポーツハッチフォルクスワーゲン ゴルフ GTIに試乗7代目「ゴルフ」の導入から遅れること4ヶ月、待望の「GTI」が日本でも発表された。まったくあたらしいプラットフォームに、220psの2リッターターボエンジンを搭載し、ゴルフ伝統のスポーツモデルは、この新型でどう進化したのか。小川フミオが富士スピードウェイを舞台にテストドライブ。 Text by OGAWA FumioPhotographs by ABE Masayaナチュラルな操縦感覚高性能ゴルフにとどまらず、自動車界のアイコンともいうべき「ゴルフ GTI(369万円)」が、2013年9月25日に日本で発表・発売された。あたらしいプラットフォームを与えられた「7代目ゴルフ」にやや遅れて、220psの2リッターターボエンジンを搭載しての登場だ。新型ゴルフ GTIをして、フォルクスワーゲン(以下VW)は「操縦性は高性能スポーツカーの領域へ」...
新型ゴルフ ヴァリアントが日本でも発売|Volkswagen

新型ゴルフ ヴァリアントが日本でも発売|Volkswagen

Volkswagen Golf Variant|フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント新型ゴルフ ヴァリアントが日本でも発売フォルクスワーゲン グループ ジャパンは25日、ステーションワゴン「ゴルフ ヴァリアント」の国内導入モデルを発表した。1月6日(月)から販売を開始する。Text by YANAKA Tomomi新型ゴルフの長所そのままに、荷室拡大でユーティリティが向上2013年に輸入車としてはじめて「日本カー オブ ザ イヤー」に輝いた7代目「ゴルフ」。あらたに発表された「ゴルフ ヴァリアント」も、欧州カー オブ ザ イヤーをはじめさまざまな賞で評価された安全性能や環境性能、走りなどを引き継ぐものとなる。国内向けのグレードは、「TSIコンフォートライン」と「TSIハイライン」を展開。コンフォートラインのパワートレーンは、最高出力77kW(105ps)/4,500-5,500rpm、最大トルク175Nm(17.8kgm)/1,400-4,000rpmを発揮する1.2リッター ...
OPENERS CAR Selection 2013 河村康彦 篇

OPENERS CAR Selection 2013 河村康彦 篇

OPENERS読者におくる2013年の5台OPENERS CAR Selection 2013 河村康彦 篇2013年のベストカー5台を河村康彦氏がセレクト。いま“OPENERS読者が注目すべきクルマ”とはなにか。そして、ことしのクルマ業界についても総括していただいた。Text by KAWAMURA Yasuhiko豊作な年「オススメの5台を選んで欲しい」と問われても、それだけの数を選出するのに困ってしまう年もあるいっぽうで、2013年はまちがいなく“豊作”とよべる1年となった。2008年の“リーマンショック”からまる5年。そのショックを引きずりながら、成長をつづける新興国市場にターゲットを絞り込んで、ひたすらコストダウンに走った事があからさまに見えるニューモデルもまだ少なくはない。が、「やはりそれでは自動車としての進化は見込めない」と考えをあらため、ふたたび世界の最先端で戦える商品力をそなえた日本車が復活し始めたのが、2013年という年であったようにもおもう。たとえば、マツダ「...
OPENERS CAR Selection 2013 大谷達也 篇

OPENERS CAR Selection 2013 大谷達也 篇

OPENERS読者におくる2013年の5台OPENERS CAR Selection 2013 大谷達也 篇2013の自動車業界を大谷達也氏が振り返る。いま“OPENERS読者が注目すべきクルマ”とはなにか。そして、ことしのクルマ業界についても総括していただいた。Text by OTANI Tatsuyaエコは当然、その先のクルマの本質が問われはじめたハイブリッド技術ではまだいくぶんのバラツキがあるものの、ダウンサイジング コンセプトなどによる省エネ技術がひと段落したいま、エコというキーワードはどのメーカーでも当たり前のように使われるようになってきました。もちろん、CO2排出量削減に向けた努力は今後もつづけられるでしょうが、そうした環境性能だけでクルマを評価するのはやや時代遅れになってきたような気がします。つまり、エコであるのはもはや当然。そのうえで、どんな付加価値があたえられているかが、各自動車メーカーの腕の見せどころになっているように思うのです。そのひとつが快適性やクォリティで...
番外編|エコカー3モデル乗りくらべ新潟ツアー 後篇

番外編|エコカー3モデル乗りくらべ新潟ツアー 後篇

TOYOTA PRIUS G Touring Mercedes-Benz E 350 BlueTEC AVANGARDEVolkswagen Golf TSI Trendline番外編|エコカー3モデル乗りくらべ新潟ツアー 後篇(1)今回の長期リポートは前回にひきつづき番外編。リポート2号車のプリウスと、3号車のE 350 ブルーテック アバンギャルド、そして直噴エンジンとダウンサイジング・コンセプトにより低燃費を実現した話題のフォルクスワーゲン ゴルフ TSI トレンドラインの3台を乗り比べました。目指すは新潟の荻ノ島。今なお茅葺きの住居が残る集落です。昔ながらの暮らしを残す荻ノ島へ、アプローチの異なる3台の最新エコカーで、いざ出発。文=オウプナーズ写真=荒川正幸燃費だけでなくCO2排出量にも注目を担当A そもそも、エコカーの比較って燃費だけでは語れませんよね。メルセデスの本国オフィシャルサイトで調べたんですが、E350 ブルーテックのCO2排出量は180-188g/km。プリウ...
Volkswagen Golf GTI adidas|フォルクスワーゲン ゴルフ GTI アディダス 発売

Volkswagen Golf GTI adidas|フォルクスワーゲン ゴルフ GTI アディダス 発売

Volkswagen Golf GTI adidas|フォルクスワーゲン ゴルフ GTI アディダスアディダス仕様のゴルフ GTIが登場フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、主力モデルであるゴルフ GTIの特別仕様車「ゴルフ GTI adidas」を発表。1月21日より全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーにて、350台限定で販売を開始した。Text by OPENERSよりスポーティに彩られた内外装このたび発売された「ゴルフ GTI adidas」は、ゴルフのホットハッチ仕様「ゴルフ GTI」に、日本国内でも高い人気があり、フォルクスワーゲンとおなじくドイツ生まれのスポーツブランド「adidas」とのコラボレーションによって、特別なデザイン、装備が追加設定されたモデルである。ゴルフ GTIは高い走行性能と環境適合性を両立させたプレミアムコンパクト。そこにadidasのエッセンスがくわわることで、よりスポーティな仕様に生まれ変わっている。現行のゴルフ GTIがもっているカラーリ...
107 件