「2017 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」が開催|CAR

「2017 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」が開催|CAR

CAR|恒例となったクラシックカーイベント日欧米のクラシックカー100台が神宮外苑に集結11回目を迎えるクラシックカーイベント「2017 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」が開催。約100台のクラシックカーが「明治神宮外苑イチョウ並木」から銀座の中央通りまでパレードする。企画展示もあわせて行なわれ、世界初のガソリンエンジン搭載車「ベンツ パテント モトールヴァ―ゲン(レプリカ)」から次世代の燃料電池車「トヨタ MIRAI」までが展示され、エネルギーの変遷を感じられる。日程は2017年11月25日(日)。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)企画展示のテーマは「過去を振り返る未来を想う -動力源の遷り変わり-」2016年に開催から10周年を迎え、恒例イベントとなった「トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」が今年も行われる。一般参加の約100台のクラシックカーが晩秋の東京の名所「明治神宮外苑イチョウ並木」から銀座...
自動運転可能な水素燃料電池プラットフォームをGMが初公開|GM

自動運転可能な水素燃料電池プラットフォームをGMが初公開|GM

GM SURUS|GM サイレント ユーティリティ ローバー ユニバーサル スーパーストラクチャー自動運転可能な水素燃料電池プラットフォームをGMが初公開自然災害や複雑な物流環境、地球規模の紛争によって生み出される過酷な環境における輸送問題の解決に取り組むゼネラルモーターズ(GM)は、2017年10月9日~11日に開催された米合衆国陸軍協会(AUSA)の年次総会と展示会で、自動運転可能な水素燃料電池プラットフォーム「SURUS(サイレント ユーティリティ ローバー ユニバーサル スーパーストラクチャー)」を公開した。Text by HARA Akira商用、軍事両面で活用できるユーティリティトラック「SURUS」は、GMによる最新の水素燃料電池システム、自動運転技術、トラックのシャシーコンポーネントを活用することで、物流の負担を最小限に抑え、人間が被害に晒されることを減らす高性能なゼロエミッションの推進力を実現した。その利点として、騒音や臭気の無さ、オフロードの走破性、複雑な地形へ...
トヨタ、燃料電池自動車のコンセプトカーを発表|Toyota

トヨタ、燃料電池自動車のコンセプトカーを発表|Toyota

Toyota Fine-Comfort Ride|トヨタ ファイン コンフォート ライド燃料電池自動車のコンセプトカーを東京モーターショーで披露トヨタ自動車は水素を使用する燃料電池自動車(FCV)のコンセプトモデル「ファイン コンフォート ライド」を発表。10月28日(土)より一般公開される東京モーターショーで初披露する。Text by YANAKA TomomiFCVならではの長い航続距離と、広い室内空間走行時にCO2や環境負荷物質を排出せず、3分程度の水素充填で長距離を移動できる燃料電池自動車(FCV)。すでに「ミライ」として市販化を果たしているトヨタから、新たに発表されたコンセプトモデル「ファイン コンフォート ライド」は、電動車ならではの自由なレイアウトと、水素をエネルギー源とする大電力量を生かした「プレミアムサルーンの新しいかたち」と謳われる。エクステリアは、車両前方から中央にかけて上下左右に広がりをもたせ、後部にかけて絞り込んだダイヤモンド型キャビンを採用。そうすること...
日産、エタノールで走る燃料電池車のプロトタイプを発表|Nissan

日産、エタノールで走る燃料電池車のプロトタイプを発表|Nissan

Nissan e-Bio Fuel-Cell|日産 eバイオ フューエル セル日産、エタノールで走る燃料電池車のプロトタイプを世界初公開日産自動車は、8月4日、バイオエタノールを原料に電気を発生させる、新しい燃料電池自動車のプロトタイプを、ブラジルで発表した。Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)CO2ニュートラルなサイクルを実現できる燃料電池車というと、昨年末に世界初の量産FCVとして発売されたトヨタ「ミライ」や、ホンダ「クラリティ フューエル セル」があるが、今回日産が発表した車両は、水素ではなく100パーセントのエタノールを燃料としたもの。これを「e-BIO Fuel-Cell」と名付けられた個体酸化物型燃料電池(SOFC)が電気に変換し、モーターを駆動する。SOFCを動力源とした自動車は世界初だという。プロトタイプ車両は、すでに市販されている電気自動車「e-NV200」をベースにしたもの。エタノール用に30リッターのタンクを備え、航続距離は...
ホンダの5人乗りFCV、クラリティ フューエル セルに試乗|Honda

ホンダの5人乗りFCV、クラリティ フューエル セルに試乗|Honda

Honda Clarity Fuel Cell|ホンダ クラリティ フューエル セルホンダの5人乗りFCV、クラリティ フューエル セルに試乗びっくりするほどの出来のよさホンダが満を持してリリースした5人乗りFCVセダン「クラリティ フューエル セル」。3月10日より販売が開始された同モデルに試乗した。Text by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA MasayukiV6エンジンと同等サイズのパワートレーン本田技研工業が燃料電池自動車「クラリティ フューエルセル」を2016年3月に発売。4月に試乗会が開かれた。燃料の水素を分解して電気を取り出すのが燃料電池車(FCV)。「本格普及を目指し、クルマとしての「普遍的価値」である実用性の高さ」を追求したと広報資料で謳うモデルだ。全長4,915mmという堂々たるボディは5人用の座席を備える。初年度は自治体や企業へのリースが中心で、ある期間モニタリングを実施した後、個人への販売を行う予定という。結論的なことを...
ホンダ、世界初5人乗りFCVセダンを発売|Honda

ホンダ、世界初5人乗りFCVセダンを発売|Honda

Honda Clarity Fuel Cell|ホンダ クラリティ フューエル セルホンダ、世界初5人乗りFCVセダンを発売ホンダは、新型燃料電池自動車「クラリティ フューエルセル」を3月10日より販売を開始したことを発表した。当初は既にFCVを活用している自治体や企業を中心にリースを行うが、およそ1年半後には個人への販売も行われる予定だ。Text by OHTO Yasuhiroミッドサイズセダンクラスの出力昨年秋に開催された東京モーターショーで、ワールドプレミアされたホンダの燃料電池自動車「クラリティ フューエル セル」の販売が開始された。新型車の特徴は、燃料電池パワートレインをV6エンジンサイズまで小型化を図り、ボンネット内に収めることで世界初となる5人乗りセダン型FCVが実現されたことにある。駆動用モーターの性能は、最大出力130kW、最大トルク300Nmを発生するもので、ガソリンモデルならアコードなどのミッドサイズセダンに相当する性能を有するという。パワートレインの小型化...
燃料電池車トヨタ MIRAI(ミライ)に試乗 |Toyota

燃料電池車トヨタ MIRAI(ミライ)に試乗 |Toyota

Toyota Mirai|トヨタ ミライ新世代パワープラントへの先導車燃料電池車トヨタ MIRAI(ミライ)に試乗水素をエネルギー源とする燃料電池車(FCV)の量産型モデルとして市販が開始されたトヨタ MIRAI(ミライ)。まだ先と思われていた次世代自動車を、トヨタが世界に先駆けて送り出し、日常の世界を走り出した。都心で試乗をおこなった大谷達也氏が、MIRAI誕生の背景を探る。Text by OTANI TatsuyaPhotographs by ARAKAWA Masayuki好印象のハンドリング今年4月、私はトヨタMIRAIをはじめて公道で走らせる機会に恵まれた。それ以前にもクローズドコースで短時間試乗し、その快適な乗り心地と正確なハンドリングに好印象を抱いていたが、今回、公道で改めて1時間以上もMIRAIを走らせてみて、そのおもいはさらに強まった。まず、ボディががっしりとしているおかげで、路面からの衝撃をはねのけるような安心感が味わえる。しかも、サスペンションはしなやかでスム...
トヨタ、次世代燃料電池車技術を「FCV-R」で披露|TOYOTA

トヨタ、次世代燃料電池車技術を「FCV-R」で披露|TOYOTA

TOYOTA|トヨタトヨタの次世代燃料電池車技術コンセプトカー「FCV-R」で披露ホンダとGMの燃料電池車における提携発表で、日本のメーカーを中心とする次世代パワートレーンの主導権争いが活発化している。BMWと燃料電池車の開発で提携しているトヨタは、リーダーとしての存在感をいっそう高めるため、フランクフルト モーターショーで、燃料電池車の技術プレゼンテーションを行う予定だ。Text by SAKURAI Kenichi2015年の市販化に向けたプレビュートヨタは、2015年に市販化予定の水素を燃料とした次世代燃料電池車の技術プレゼンテーションを、フランクフルト・モーターショーで行うと発表した。このプレゼンテーションには、2011年の東京モーターショーで発表したコンセプトカー「FCV-R」を、もちいるとされる。「FCV-R」は全長4,745×全幅1,790×全高1,510mmの4ドアセダン。リッターあたり3.0kWの出力を持つトヨタ製の燃料電池スタックを搭載し、約420マイル(675...
東京モーターショーで次世代燃料電池車を世界初披露|Toyota

東京モーターショーで次世代燃料電池車を世界初披露|Toyota

TOYOTA│トヨタ2015年に発売される水素を使った次世代燃料電池車を世界初披露トヨタ自動車は、11月22日(金)から12月1日(日)まで東京ビッグサイトで開かれる東京モーターショーの出展概要を発表。水素エネルギーをもちい、2015年に発売されるセダンタイプの次世代燃料電池車(FCV)のコンセプトカーがワールドプレミアされる。 Text by YANAKA Tomomi約3分の充填で500km以上の航続距離2年に1度の東京モーターショーでトヨタが提案する未来のモビリティライフ。なかでも注目なのが、2015年に発売が予定されている次世代燃料電池車(FCV)のデザインコンセプト「FCV CONCEPT」だ。電気にくらべてエネルギー密度が高く、多様な原料からつくることができる水素を使用。セダンタイプの専用ボディの床下に小型・軽量化した新型燃料電池や高圧水素タンクが配置され、高効率なパッケージを実現させた。実用航続距離は500km以上を想定。水素充填は3分とガソリン車並の短時間でお...
ホンダのあたらしい燃料電気自動車、LAで発表|Honda

ホンダのあたらしい燃料電気自動車、LAで発表|Honda

Honda FCEV Concept|ホンダ FCEV コンセプトホンダのあたらしい燃料電気自動車、LAで発表ホンダは、あたらしい燃料電気自動車をロサンゼルス オートショーで公開すると発表した。 Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)FCXクラリティの後継ホンダは、11月19日のプレスデイで幕を開けるロサンゼルスオートショーにおいて、新型の燃料電池電気自動車「FCEV Concept」を出展する。現時点ではデザインスケッチのみだが、そのイラストからは、空力を最適化した流麗なボディが想像される。ホンダが、2008年にリースというかたちで発売した燃料電池車「FCX クラリティ」の後継となるこの新型車は、2015年に日本とアメリカ、つづけて欧州での販売が予定されている。水素をもちいて電気と水を発生させる燃料電池は、近い将来のクリーンかつ普遍的に入手が容易なパワーソースとして各社が開発に注力しており、まさに、トヨタが東京モーターショーで公開する燃料電...
2010-2011年 3人の論客がクルマ界の是非を語る 後編

2010-2011年 3人の論客がクルマ界の是非を語る 後編

3人の論客がクルマ界の2011年を語る2011年に求められるクルマ像とは? 特別座談会 後編(1)今回お送りするのは、自動車界を展望する座談会の後編。近年の欧州製4ドアクーペのブーム分析からはじまり、環境性能向上を目的とした注目の技術の数かず、そして、2011年のクルマ界についてまで、縦横無尽に3人の語り部が繰り広げるトークを堪能していただきたい。語るひと=小川フミオ島下泰久渡辺敏史写真=JAMANDFIXまとめ=松尾 大撮影協力=BoConcept GINZA4ドアクーペという潮流――欧州車の新セグメントとも呼べるのが、4ドアクーペのカテゴリーでしょうか。日本では80年代なかばにトヨタ カリーナEDが大ヒットしたものの、結局定着しなかった。それがここにきて、高価格帯の欧州車で増えました。島下 セダンが飽きて、SUVにいって飽きて、つぎになにかないかなというところで出てきたのがこのカテゴリーです。小川 フォルクスワーゲンにはパサートCCというクーペのような流麗なルーフラインを特徴と...
あたらしい時代づくりに取り組むひとと企業──トヨタ自動車編

あたらしい時代づくりに取り組むひとと企業──トヨタ自動車編

あたらしい時代づくりに取り組むひとと企業――トヨタ自動車編次世代の代替燃料車が担う役割とは?(1)トヨタ自動車では、代替燃料車の新世代を準備中。2012年に、充電ができる新世代のプラグイン・ハイブリッドと、さらに電気自動車の発売を予定。トヨタが代替燃料車にかける意気込みをうかがった。文=小川フミオ2012年投入予定のあたらしいプリウスハイブリッド車プリウスの登場は1997年。当時は「近い将来、(水素を改質して発電し電気モーターをまわす)燃料電池車がメインストリームになる予定なのに、ガソリンエンジンと電気モーターの組み合わせにどれだけの意味が?」と海外などで揶揄された。しかし、いまだ環境への負荷が少ない乗用車としてトップを走りつづけている。 さらにクルマは進化をつづける――。現在、プリウスの近未来系として、プリウス プラグイン ハイブリッドが路上を走り出している(一般への販売は2012年を予定)。くわえて、やはり2012年に、トヨタiQをベースにした電気自動車(EV)の発売も予定さ...
論客がポスト3.11のクルマ界を語る─前編

論客がポスト3.11のクルマ界を語る─前編

論客がポスト3.11のクルマ界を語る特別座談会 前編(1)再生可能エネルギー社会の一端を担うクルマとは?3月11日に発生した東日本大震災は、これからの社会を考えるうえで大きなターニングポイントとなった。とくに電力供給に問題が発生しているなか、スマートグリッドについての議論も盛んになりつつある。これからのクルマが果たす役割とは、そして進んでいく道はどこにあるのか、3人の論客とOPENERS編集長が議論を交わした。語るひと=小川フミオ、島下泰久、渡辺敏史、山口幸一(本誌編集長)写真=JAMANDFIX(人物)まとめ=松尾 大SNV=ソーシャルネットワークビークルとしての自動車山口 OPENERSでは今回の震災を受け、あたらしい社会のあり方を考え、取材し、情報を提供していこうと思っています。そのなかでも、クルマが果たす役割は、劇的に変化するのではないかと考えています。ところで、福島原発事故をうけて、再生可能エネルギーを中心とした社会づくりの必要性が、さまざまなメディアで議論されています。...
トヨタから2015年の発売を示唆する燃料電池自動車「FCV-R」が登場!|TOYOTA

トヨタから2015年の発売を示唆する燃料電池自動車「FCV-R」が登場!|TOYOTA

TOYOTA FCV-R|トヨタ FCV-R第42回東京モーターショー20112015年発売予定の燃料電池自動車が登場!トヨタは、東京ビッグサイトで開催される第42回東京モーターショー2011に燃料電池自動車「FCV-R」を世界初出展する。 文=松尾 大排出するのは水だけ、航続距離700km以上!トヨタがついに、燃料電池(FC)自動車を発売する。2015年ごろからの市場導入に向け、実用性の高い燃料電池専用車として提案するコンセプトモデルがこの「FCV-R」だ。周知のとおり、水素は、多様な原料から作ることができ、貯蔵・輸送が可能な、将来の有力なエネルギー。その水素の化学反応を用いて発電しモーターを駆動するため、走行中に排出ガスやCO2を出さないのが燃料電池自動車。これまでトヨタはクルーガーをベースとしたプロトタイプによる開発・実験をおこなってきたが、実用性の高いセダンボディをもつこのFCV-Rの発表はトヨタのFC技術があたらしいフェイズにはいったことを示している。フロントやリア...
Mercedes-Benz F125!|将来のSクラスを示唆する(?)画期的な水素燃料PHV

Mercedes-Benz F125!|将来のSクラスを示唆する(?)画期的な水素燃料PHV

Mercedes-Benz F125!|メルセデス・ベンツ F125!将来のSクラスを示唆する(?)画期的な水素燃料PHVダイムラーは、フランクフルトモーターショーでメルセデス・ベンツの燃料電池プラグインハイブリッドのコンセプトカーF125!を公開した。文=松尾 大2025年導入開始を目指した技術Fという文字が頭につくように、メルセデスのコンセプトモデルとして公開されたF125!。数字の125は自動車の125年、つまりダイムラーとベンツが自動車を発明してから125周年となることを意味するものだ。そして、次世代の燃料としてダイムラーが注目する水素をモーターの動力源とする燃料電池車である。このF125!、ディメンションを見てもわかるとおり、将来のSクラスのありかたを示唆したモデルだと言える。ダイムラーによると2025年の導入開始を目指した技術だということで、二代先のSクラスはこのようなカタチで登場するのかもしれない。注目の燃料電池技術は水素から電力を生み出し、前後各車輪付近にレイアウト...
24 件