これまでにない興奮に満ちたレース観戦体験を|LEXUS

これまでにない興奮に満ちたレース観戦体験を|LEXUS

Lexus Amazing Experience|レクサス アメイジング エクスペリエンスモータースポーツの楽しみ方を再提案これまでにない興奮に満ちたレース観戦体験を知性と好奇心に溢れた大人たちへレクサスが提案する体験型プログラム、それが「Lexus Amazing Experience」だ。革新的で驚きに満ちた非日常的なひとときが、本物の感動と、かつてない喜びを私たちに与えてくれる。小誌では前回、九州を舞台に開催された、旅を通じてクルマの楽しさを体験する「Tourism」をご紹介したが、今回は、富士スピードウェイで開催されたSUPER GTのレース観戦プログラムをレポートしたい。 Text by SHIOMI Satoshi大切な人を連れて、特別な体験として観戦を楽しみたい若い頃から自分でクルマを運転するのと同じくらいモータースポーツ観戦が好きで、かつては全国のサーキットへ足を運び、ひいきのチームとドライバーに声援を送ったもの。しかし、ふと振り返ってみると、もう何年もテレビ...
Car
技術と文化の両面からF1を支えるピレリ|PIRELLI

技術と文化の両面からF1を支えるピレリ|PIRELLI

PIRELLI|ピレリF1黎明期からつづくパートナーシップ技術と文化の両面からF1を支えるピレリ初戦オーストラリアGPから最終戦ブラジルGPまで、今シーズンも全19戦に渡り開催された世界最高峰のモータースポーツ「Formula One」。F1を純然たる競技として、またテクノロジーの発展の場として黎明期から支えつづけてきたピレリは、そのいっぽうで、エンターテイメントとしての魅力も高めてきた。1950年からつづく長いF1の歴史の中で、ピレリが果たしてきたその役割とは──。 Text by AKIZUKI Shinichiro(OPENERS)1950年からつづくピレリとF1の関係世界最高峰のモータースポーツ「Formula One」。1950年にスタートし半世紀以上もの歴史を持つこのグランプリは、今シーズンも全19戦を開催。初戦オーストラリアGPを皮切りに最終戦ブラジルGPまで、約9カ月間に及ぶ熾烈な争いが繰り広げられた。日本へは第15戦として、10月11日~13日の3日間にわた...
サーキット専用のウラカンLP620-2を発表|Lamborghini

サーキット専用のウラカンLP620-2を発表|Lamborghini

Lamborghini Huracan LP620-2 Super Trofeoランボルギーニ ウラカン LP620-2 スーパートロフェオサーキット専用モデル「ウラカン LP620-2」を発表アウトモビリ ランボルギーニは、「ウラカン LP610-4」をベースにモータースポーツ部門が開発した新世代サーキット専用モデル「ウラカン LP620-2 スーパートロフェオ」を発表した。このモデルは、2015年の「ランボルギーニ ブランパン スーパートロフェオ」シリーズでのデビューを予定しているという。Text by OHTO Yasuhiro10ps増の620psを発揮するV10で後輪を駆動米国カリフォルニア州で開催されたモントレー・カーウィークでワールドプレミアされたランボルギーニ「ウラカン LP620-2スーパートロフェオ」。このモデルは、アウトモビリ ランボルギーニのモータースポーツ部門が開発した、ウラカンをベースとした新世代のサーキット専用モデルである。開発は明確なレーシングコンセ...
PORSCHE|ポルシェ 「911 GT3カップ」を7台限定販売

PORSCHE|ポルシェ 「911 GT3カップ」を7台限定販売

PORSCHE|ポルシェ 911 GT3カップ更新つづけるポルシェ、RSの伝統ポルシェ ジャパンは、ポルシェ カレラカップ ジャパン(以下PCCJ)の2011年シーズンに向けて、PCCJ競技用車両である「911 GT3カップ」の2011年モデルを7台限定で販売する。Text by OPENERS911GT3カップの2011年モデル、販売開始「ポルシェ 911 GT3カップ」は、軽量なロードゴーイングバージョンの911 GT3 RSをベースとし、そこからさらに大幅な軽量化が図られているモデルで、最高出力450ps、最大トルク8500rpmに達する3.8リッター水平対向6気筒エンジンが搭載されている。 "PORSCHE|ポルシェ 911 GT3 RS" レーシングエグゾーストシステムには、自動車排出ガス中の有害物質を酸化還元浄化する、フルコントロール触媒コンバータが採用され、有害物質の排出を最小限に抑えている。またシーケンシャル6速トランスミッションが組み合わされ、車両重量は120...
Car
CITROEN DS3 WRC|シトロエン DS3 WRC ポルトガルで1、2フィニッシュ!

CITROEN DS3 WRC|シトロエン DS3 WRC ポルトガルで1、2フィニッシュ!

CITROEN DS3 WRC|シトロエン DS3 WRCポルトガルで1、2フィニッシュ!シトロエンは、第3戦ラリー・ポルトガルで今シーズンから投入したDS3 WRCでははじめてとなるワンツー・フィニッシュを達成した。文=松尾 大ふたりのセバスチャンによるワンツー1年前のおなじラリー・ポルトガルでWRC初優勝を遂げた新鋭セバスチャン・オジエと前人未到、7年連続の絶対王者であるセバスチャン・ローブが駆るシトロエンDS3 WRCがワンツー・フィニッシュを果たした。ラリー・ポルトガルの最終日となったデイ3にはすでに、3位に4分以上の差をつけて1、2位でスタート。この日の狙いは、ワンツー・フィニッシュを確実に決めることにくわえ、最終のパワーステージでボーナスポイントを獲得することだった。すこしウェットなコンディションでスタートしたパワーステージも、クルマが走るにつれ路面はドライに。ふたつの SS では、ペター・ソルベルグがトップをとったものの、最終SSで最速タイムを叩き出したのはセバスチャ...
PORSCHE 911 GT3 RSR|ポルシェ 911 GT3 RSR 2011年モデルを発表

PORSCHE 911 GT3 RSR|ポルシェ 911 GT3 RSR 2011年モデルを発表

PORSCHE 911 GT3 RSR|ポルシェ 911 GT3 RSRあたらしくなったGTレースカーの最高峰ポルシェは、世界的にヒットしたGTレースカー、911 GT3 RSRの2011年モデルを発表した。文=松尾 大最高出力455psを誇るボクサーエンジンあたらしくなった911 GT3 RSRはチューンナップされたサスペンションと、改良されたエンジン、そして空力の改善に重点が置かれた。エンジンは、ドライサンプ式の3,996cc水冷水平対向6気筒で、ボアが80.4mm、ストロークが102.7mmというロングストローク。7,800rpmで335kW(455ps)の最高出力を発生し、最大トルクは450 Nm(45.89kgm)/9,400rpmとなっている。現行モデルと比べると4kW(5ps)のアップ。これは、あたらしいECUを採用し、吸排気系を見なおしたことによるものだとしている。現行モデルとの比較ではっきりしたちがいがわかるのが、フロントセクションだ。リップスポイラーはあたらしい...
AUDI Twin-Cup

AUDI Twin-Cup

Audi Twin-Cup|アウディ ツインカップ世界一の技術を磨くアウディは、技術とサービスの向上を目指し、世界中からよりすぐられたアウディディーラーが参加する、「アウディ ツインカップ ワールドチャンピオンシップ」を開催している。そのアウディ ツインカップの日本代表を決めるコンテストが、10月17日に富士スピードウェイで開催された。文=松尾 大写真=荒川正幸日本代表が世界一にアウディ ジャパンは3つの成長戦略として、ブランド力の向上、より高い顧客満足度の獲得、店舗ネットワークの充実をかかげているがブランド力や顧客満足度の向上に欠かせないのが、サービス体制と整備技術だ。 アウディジャパンの大喜多寛社長は「地道でなかなか日が当たりにくい仕事ですが、アフターセールスは自動車の世界において非常に重要です」という。サービスの技術レベルが向上し、高いレベルでのサービスが提供できることで、顧客満足度が高まり、アウディブランドに対する信頼が増す。すると、またアウディへの買い替えというサイクル...
dunhill|ジャン・アレジがガヤルドを駆る!?

dunhill|ジャン・アレジがガヤルドを駆る!?

dunhill Motorities Challenge|ダンヒル モートリティ チャレンジジャン・アレジ、ガヤルドを駆る自動車旅行用品を数多く取り揃え、“Everyting but the Motor=クルマ以外ならなんでも扱っている”と称されたダンヒルは、袖ヶ浦FOREST RACEWAYを舞台に「dunhill Motorities Challenge」と題したイベントを開催。ジャン・アレジ氏が、ランボルギーニ「ガヤルド LP570-4 スーパートロフェオ・ストラダーレ」を駆った。Text by SUZUKI Fumihiko(OPENERS)ダンヒルとランボルギーニとジャン・アレジ「ジャン・アレジさんとともに、ランボルギーニ ガヤルド スーパートロフェオ・ストラダーレを体験しませんか?」この質問は、まったく質問になっていない。なにせ、これにNoとこたえる理由がない。ふたつ返事で誘いにのってから、送られてきた招待状をためつすがめつ、はて、これはいったいどういうことだろう、と首...
Car
サーキット専用モデル、マクラーレンP1GTR日本公開|McLaren

サーキット専用モデル、マクラーレンP1GTR日本公開|McLaren

McLaren P1 GTR|マクラーレン P1 GTRサーキット専用モデルマクラーレンP1 GTR日本初公開ペブルビーチ コンクール デレガンスにおいて発表された、マクラーレン「P1」のサーキット専用モデル「P1 GTR」が日本でも公開された。Text & Event Photographs by UCHIDA ShunichiP1オーナーしか買えないサーキット専用モデルは約3億5,000万円昨年のジュネーブモーターショーでワールドプレミアを果たし、2013年9月から生産が開始された「P1」は、発売後約半年で375台すべてがソールドアウト。現在までに150台の納車が完了しているという。そのオーナーたちからの、サーキットを走れるクルマが欲しいという強い要望にこたえるかたちで開発された「P1 GTR」がデビューした。購入条件は現在P1を保有していることで、価格は1.98ミリオンポンド。日本円に換算して3億4,000~5,000万円。30-35台の販売を想定している。最後のP1...
サーキット専用モデルFXX Kを公開|Ferrari

サーキット専用モデルFXX Kを公開|Ferrari

Ferrai FXX K|フェラーリ FXX Kサーキット専用モデルFXX Kを公開フェラーリは、限られた顧客のためのサーキット専用モデル「FXX K」を、12月5日にアラブ首長国連邦のアブダビにあるヤス・マリーナ・サーキットで全世界初公開する。FXX Kの基本ボディデザインやメカニズムなどはスペチアーレモデル「ラ フェラーリ」がベースであるものの、最高出力を772kW(1,050ps)、最大トルク900Nm(91.8kgm)に向上させた専用ドライブトレーンを採用。独自のR&Dプログラムをもちい、ユーザーはフェラーリ社のテストドライバーとしてこのマシンをドライブすることになる。 Text by SAKURAI Kenichiフェラーリの開発に携わる、FXXプログラム専用マシンフェラーリがサーキット専用モデル「FXX」を発表したのは2005年。アメリカ・カリフォルニア州のモントレーで開催された、ペブルビーチ・コンクールデレガンスの会場で限られた顧客にのみ公開された。ベー...
トゥインゴとメガーヌにレッドブル・レーシング カラーの特別限定車|Renault

トゥインゴとメガーヌにレッドブル・レーシング カラーの特別限定車|Renault

Renault Twingo R.S. Redbull Racing RB7|トゥインゴ R.S. レッドブル・レーシング RB7Renault Megane R.S. Redbull Racing RB7|メガーヌ R.S. レッドブル・レーシング RB7トゥインゴとメガーヌにレッドブル・レーシング カラーの特別限定車2011年のF1世界選手権において、ルノーがエンジンを供給する「レッドブル・レーシング」はコンストラクターズ(チーム)チャンピオンを獲得した。それを記念して、ルノー・ジャポンは、「トゥインゴ ルノー・スポール」と「メガーヌ ルノー・スポール」に特別カラーをまとった限定車を発売する。Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)黒と黄のまぶしい2台ルノーはF1において、レッドブル・レーシングに2007年からエンジンを供給している。レッドブル・レーシングは2010年にはF1マシン「RB6」で、つづく2011年には「RB7」で、コンストラクターズ...
世界最高のレースを楽しむ週末―WEC第7戦リポート|Audi

世界最高のレースを楽しむ週末―WEC第7戦リポート|Audi

FIA World Endurance Championship 6 Hours of Fuji|FIA 世界耐久選手権 富士6時間レース世界最高のレースを楽しむという週末ル・マン24時間レースを頂点に、全8戦をあらそう、FIA 世界耐久選手権(WEC)の第7戦が、富士スピードウェイで開催された。Audiと記されたたくさんの看板を用意し、場所によっては、あたかもアウディのホームのようにも見えるほど、富士スピードウェイでも存在感を発揮するアウディ。そして、正真正銘ホームとなる富士スピードウェイに、じつに24年ぶりに帰ってきたWECへと、自慢のハイブリッドレーサーを投入するトヨタ・レーシング。ル・マン24時間レースを戦ったアウディとトヨタの両雄は、最新、最高のマシンをもって、3万人超が見守るなか、富士の裾野で激突した。Text by OGAWA Fumioまるでスプリントレースみたいだ!去る2012年10月14日に、FIA世界耐久選手権第7選が開催された。全長4.563kmのコースを6...
Car
ポルシェ、モータースポーツ活動の一年を祝う。ポルシェ モータースポーツ ナイト ジャパン 2014を開催|Porsche

ポルシェ、モータースポーツ活動の一年を祝う。ポルシェ モータースポーツ ナイト ジャパン 2014を開催|Porsche

Porsche Motorsport Night Japan 2014ポルシェ モータースポーツ ナイト ジャパン 2014ポルシェ、モータースポーツ活動の一年を祝う1年間ポルシェを駆りモータースポーツシーンで戦ってきたドライバー、およびチームの健闘と栄誉を称え、今シーズンを振り返る恒例のパーティー「ポルシェ モータースポーツナイト ジャパン 2014」が、今年も東京・恵比寿で開催された。Text by OPENERS世界最高峰のワンメイクレース、ポルシェ カレラカップ日本を含む世界13カ国で開催されるポルシェ カレラカップ シリーズ。全世界イコールコンディションとなる専用マシン「911 GT3 Cup」を駆り、今シーズンも白熱のレースが繰り広げられた。日本では2001年からスタートし、来シーズンで開催15年目を迎える世界最高峰のワンメイクレースである。会場となったウェスティンホテル東京では、約260名の出席者が会場を埋めるなかポルシェ ジャパン会長の黒坂 登志明氏がホストとして挨...
悪天候の中で勝利をものにしたアストンマーティン|Aston Martin

悪天候の中で勝利をものにしたアストンマーティン|Aston Martin

Aston Martin|アストンマーティンWEC第6戦「富士6時間」レース/2013年10月19日~20日 富士スピードウェイ悪天候の中で勝利をものにしたアストンマーティンアストンマーティンは、世界最高峰の耐久レース「WEC(世界耐久選手権)」のLMGTE-ProとLMGTE-Amの2クラスに「V8 ヴァンテージ」をもちいて参戦している。多くのファンが開催を待ち望んだ、日本ラウンドWEC第6戦「富士6時間」レースに密着し、常にレースと供に歩む「アストンマーティン」というブランドの魅力と、チームの戦いを報告する。Text by SAKURAI Kenichiもっともコンペティティブで熱い戦い現在のレースで、世界選手権の名がつくものはわずか4つしかない。ひとつは自動車レースの最高峰F1(フォーミュラワン世界選手権)、もうひとつはWRC(世界ラリー選手権)、残るふたつはWTCC(世界ツーリングカー選手権)とWEC(世界耐久選手権)である。レースのカテゴリーは大きくふたつに分けられる。レ...
ランボルギーニ ブランパン スーパートロフェオ アジアシリーズ|Lamborghini

ランボルギーニ ブランパン スーパートロフェオ アジアシリーズ|Lamborghini

総勢50台もの猛牛が、創立50周年を祝うパレードランで盛り上げるランボルギーニ ブランパン スーパートロフェオ アジアシリーズ富士スピードウェイで開催されたランボルギーニと、パートナーである高級時計メーカーのブランパンが共催する「ランボルギーニ・ブランパン スーパートロフェオ アジアシリーズ」の第4ラウンド、ここでは、ジェントルマンドライバーたちの熱戦が2日間にわたって繰り広げられ、同時にランボルギーニ50周年を祝うべく、全国からレアなランボルギーニが50台も集まり、華やかなパレードランを行ったのだ。Text by SAKURAI Kenichiスタートは、いまから5年前となる2009年ご存知のように2013年は、イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニの創立50周年にあたるメモリアルイヤーであった。イタリアで50周年記念イベントも催されたほか、少数限定生産のスペシャルモデル「ヴェネーノ」やそのオープン版となる「ヴェネーノ ロードスター」も発表した。そして、全世界のランボルギ...
39 件