上質な乗り味を進化させたGT-R 2015年モデルを発表|Nissan

上質な乗り味を進化させたGT-R 2015年モデルを発表|Nissan

Nissan GT-R│日産 GT-RNissan GT-R 45th Anniversary│日産 GT-R 45th アニバーサリー上質な乗り味を進化させたGT-R 2015年モデルを発表日産は11月25日、スポーツカー「GT-R」の2015年モデルを発売。さらに、GT-R誕生45周年を記念した特別仕様車「GT-R 45th アニバーサリー」が来年2月3日から45台限定で販売されると発表した。Text by YANAKA Tomomiニスモのテクノロジーを融合させた新グレードも誕生初代「スカイライン GT-R」が1969年に発売されてから来年で45周年。その直系として日産のスポーツカーを代表する「GT-R」が2015年モデルに進化した。昨年同様、GT=「グランツーリスモ」、R=「レーステクノロジー」と定義され、さらなる乗り心地の追求がおこなわれている。2015年モデルでは、ショックアブソーバーの減衰力特性を変更することによりコーナリング性能が向上したほか、ステアリング ダイナミ...
ランボルギーニ アヴェンタドールに試乗|Lamborghini

ランボルギーニ アヴェンタドールに試乗|Lamborghini

Lamborghini Aventador LP700-4|ランボルギーニ アヴェンタドール LP700-4ランボルギーニの最新フラッグシップに試乗ランボルギーニの最新フラッグシップモデルとして昨年3月のジュネーブモーターショーでデビューし、昨年末、日本上陸を果たしたアヴェンタドール。21世紀の“キング・オブ・スーパーカー”ともいえる同車の真価を探るべく、モータージャーナリスト、西川 淳氏が試乗した。Text by NISHIKAWA JunPhoto by ARAKAWA Masayukiカウンタックの子孫日本において、「スーパーカー」というカテゴリーを確立したクルマは何か……。ランボルギーニ カウンタック(本当はクゥンタッチと発音する。カウンタックと海外で言ってもまったくもって通じない)だったとみて、まちがいない。大きなV12エンジンをドライバーの背後に縦置きにしたミドシップカー。おどろくほど平べったいスタイリングと、上方に跳ね上がるスィングアップ“シザー”ドアが、正に、クルマ...
Car
渡辺敏史氏によるインカー・インプレッション USTREAM ライブ

渡辺敏史氏によるインカー・インプレッション USTREAM ライブ

OPENERS USTREAM:CARメルセデス・ベンツ CLS 63 AMG & アウディ A7渡辺敏史氏によるインカー・インプレッション!OPENERS CARでは今後、USTREAMをとおして、インプレッション動画をお届けしていく。写真やテキストだけでは伝わりにくいクルマの魅力を、ライブ感ある映像でお届けするためだ。今回はその第一弾──。クーペのごとき流麗なボディをまとって2005年に登場した4ドアサルーン「メルセデス・ベンツCLS」は、4ドアクーペというあらたなるマーケットを創出した。その2代目となる新型CLSが今年2月、日本上陸。また5月にはアウディからも同様のコンセプトの5ドアハッチバック「A7」が登場。今、注目を集めるスタイリッシュな4(5)ドアクーペを、気鋭の自動車ジャーナリスト 渡辺敏史氏がテストドライブ。そのインカー・インプレッションをお届けする。
ポルシェ 911試乗─渡辺敏史篇

ポルシェ 911試乗─渡辺敏史篇

Porsche 911|ポルシェ 911試乗速報──渡辺敏史篇ネガをことごとく潰し、あらたなベンチマークへ(1)911のモデルチェンジは、その後のポルシェの行方を左右するほどの一大事だとする渡辺敏史氏。彼もサンタバーバラでおこなわれた新型ポルシェ911の国際試乗会に参加していた。ポルシェ特集第3回は、その渡辺敏史氏による試乗記をおとどけする。島下泰久氏の試乗記も公開されているので、こちらもあわせてご覧いただきたい。文=渡辺敏史写真=小川義文フルモデルチェンジにふさわしい盛りだくさんなトピックポルシェにとって911シリーズのフルモデルチェンジは、それ以降の会社の命運をも左右する重大な事態である。商業的にはカイエンやパナメーラのほうが優等生であることはまちがいないが、それらの精神的な支柱として君臨するだけでなく、数多のライバルたちと伍して世界最速の座を賭しつづける、その役割を一手に担ってもいる。クルマをして、究極の精緻さと適切な情感をもって最上のスポーツフィールを供しつづけることがブラ...
レクサスからティーザー第3弾!正式名称は「LF-LC」|LEXUS

レクサスからティーザー第3弾!正式名称は「LF-LC」|LEXUS

LEXUS|レクサスNorth American International Auto Show 2011レクサスからティーザー第3弾!レクサスは、2012年1月9日から米・デトロイトで開催される北米国際オートショーに出展するコンセプトモデルのティーザー画像を更新した。Text by OPENERS未来のスポーツクーペのあり方を示唆日々更新されていく、レクサスによるあたらしいコンセプトモデルのティーザー。本日、その外観がほぼ明らかになったと同時に、「レクサス LF-LC」というモデル名も公表された。フロントガラスは大きく傾斜され、ルーフにはパノラミックガラスルーフを装備。ロングノーズ&ショートデッキのアグレッシブなクーペスタイルをもち、フロントグリルには、2011年4月にニューヨークオートショーでお披露目された「LF-Gh」の最大の特徴だった、大胆な楔形のシングルフレームグリルが備えられているようだ。エンジンスペック、ディメンションなど、あらゆる数値にかんする情報はいまだ謎...
清水久美子のポルシェ911体験

清水久美子のポルシェ911体験

Porsche 911|ポルシェ 911清水久美子のポルシェ 911体験ポルシェ911の7代目、991型が日本にも登場した。OPENERSがさっそくこの991型と、先代にあたる997型を用意し、比較試乗にのぞんだのはご存知のとおり。青木禎之氏による徹底分析につづいては、これまであまり911には興味がなかったという清水久美子による乗り比べインプレッション!Text by SHIMIZU KumikoPhotographs by ARAKAWA Masayuki清水久美子的911先入観スポーツカーブランド、「ポルシェ」といえば、長い歴史をもった「911」がその代表。わたしにとっての911のイメージは、あこがれのステータスシンボルといった感じで、日常的に乗ることのできるスポーティなクーペではあっても、本格的な走りを追求するクルマというイメージがなかったんです。そう、たとえば都内でリッチな男性がデートの待ち合わせに911で乗りつける……そんなシチュエーションをおもい浮かべてしまうような車両...
Car
200万円を切ったフィアット500の限定車|Fiat

200万円を切ったフィアット500の限定車|Fiat

Fiat 500 1.2 Super Pop 2│フィアット チンクエチェント1.2 スーパーポップ 2Fiat 500 Twin Air Super Pop 2│フィアット チンクエチェント ツインエア スーパーポップ 2国内販売2万台突破を記念したフィアット500フィアット クライスラー ジャパンは21日、フィアット「チンクエチェント」に2台の限定車を発表。「チンクエチェント1.2 スーパーポップ2」は限定200台、「チンクエチェント ツインエア スーパーポップ2」は限定100台が2月1日(土)より販売される。Text by YANAKA Tomomi「ツインエア」ベースも初登場昨年11月に、チンクエチェントの国内販売2万台突破を記念し、限定300台で販売された限定車「チンクエチェント スーパーポップ」。ベース車両より安いという魅力的な価格が人気を集めた。そしてこの限定車につづく第2弾として登場したのが「スーパーポップ2」だ。「スーパーポップ2」では、前回になかった0.9リッタ...
鈴木正文が語るフェラーリ458スパイダーの魅力|Ferrari

鈴木正文が語るフェラーリ458スパイダーの魅力|Ferrari

Ferrari 458 Spider|フェラーリ 458スパイダー鈴木正文が語る。フェラーリ458スパイダーの魅力イタリア、ドイツとともに日本でも先行販売された「フェラーリ458スパイダー」。さっそくイタリアで試乗してきた元『ENGINE』編集長、現『GQ』編集長の鈴木正文さんはこの新型、どう感じたのか? その感想を語ってもらった。Talk SUZUKI Masafumiハイライトはメタルトップ試乗はワインディングロードとモーターウェイのミックスでした。街中は20kmくらいあったかな。モデナのそばから出撃して、短い距離だけれどフェラーリの創設者エンツォ・フェラーリがレーシングドライバー時代に出たヒルクライムのコースもふくめ、急峻な山道を100km強くらい午前中は走って、帰りはモーターウェイを150kmくらい走りました。全体で350kmくらいの距離。タイトなワインディングが多くて、行きはオープンで、帰りはトップを閉めて帰ってきました。458スパイダーの一番のハイライトは、いうまでもな...
スタイリッシュなデザインに磨きをかけたアウディA7/S7|Audi

スタイリッシュなデザインに磨きをかけたアウディA7/S7|Audi

Audi A7 Sportback |アウディ A7 スポーツバックAudi S7 Sportback |アウディ S7 スポーツバックスタイリッシュなデザインに磨きをかけたアウディA7/S7アウディは、スポーティな4ドアハッチバッククーペ、「A7 スポーツバック」と「S7 スポーツバック」をマイナーチェンジし、欧州で今夏より発売を開始する。デザインのブラッシュアップと最新テクノローの搭載、そしてエンジンのパワーアップがおもな変更点だ。 Text by SAKURAI Kenichi内外装をブラッシュアップアウディは「A7 スポーツバック」とスポーティバージョンの「S7 スポーツバック」をマイナーチェンジし、2014年の夏後半からドイツでの発売を開始する。新型A7 スポーツバックおよびS7 スポーツバックは、パワーアップしたエンジン、あたらしいトランスミッション、ブラッシュアップされたヘッドライトやテールライトデザインが与えられたほか、最新のインフォテイメントシステムも採用する。A...
Jaguar XK|2012年モデルが11月に登場

Jaguar XK|2012年モデルが11月に登場

Jaguar XK│ジャガー XKエクステリアが大胆に生まれ変わった最新のXKが11月に登場ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、XKシリーズの2012年モデルを11月5日(土)に発売する。文=谷中朋美インテリアもさらなる高級感を演出フロントグリルを中心に大胆にチェンジしたスポーツクーペXKの2012年モデル。ヘッドランプは細目に生まれ変わり、近年の流行でもあるLEDのビジュアルサインがくわえられた。ブーツリッドのフィニッシャーのスリム化やひとまわり大きくなったグリルなど、見るひとによりスリムかつシャープな印象を与える。リアではトランクリッドにジャガーの象徴でもあるリーパーが追加された。また、高性能を誇るRシリーズの「XKR」では、専用装備として、フロントアッパーグリルにバッジが追加されるなど、“特別な1台”であることを主張している。 Luxury Coupe XKR Coupeインテリアでは、ステアリングホイールのデザインを刷新。センターコンソール全域にピアノブラックフィニッ...
ポルシェ ニュー911 カレラ 予約受付開始!|Porsche

ポルシェ ニュー911 カレラ 予約受付開始!|Porsche

Porsche 911 Carrera|ポルシェ 911 カレラPorsche 911 Carrera S|ポルシェ 911 カレラS新型911 いよいよ予約受付開始!2011年9月のフランクフルトモーターショーでワールドプレミアを果たした、待望のニュー911 カレラが日本での予約受付を11月10日より開始する。価格はカレラのMT仕様が1117万円(ステアリング左のみ)、PDK仕様が1192万円(ステアリング左右ともに用意)。カレラSのMT仕様が1381万円(ステアリング左のみ)、PDK仕様が1456万円(ステアリング左右)となっている。Text by OPENERS約90パーセントのコンポーネンツを改良コードネーム“991”を与えられた7代目911は、パフォーマンスと効率性、スポーツ性能と日常における利便性、これらの相反する特性を融合させるべく、ほぼ完全刷新ともいえる約90パーセントのコンポーネンツに改良をほどこしたニューモデル。911 カレラは、3.6リッターからダウンサイジン...
ポルシェ 911をつくる男たち─開発者ブリーフインタビュー|Porsche

ポルシェ 911をつくる男たち─開発者ブリーフインタビュー|Porsche

Porsche 911|ポルシェ 911開発者ブリーフインタビュー911をつくる男たち(1)脅威的な進化を遂げた新型911は、半世紀にもおよぶ歴史によって形成された、オーセンティックな遺伝子を引き継ぎながら、もっとも先進なクルマを作ろうという野心をもち、911を愛しつづけた男たちがいたからこそ誕生した。スタイリング、シャシー、メカニズム、そして開発マネージャー、それぞれの責任者にショートインタビューをおこない、新型911で目指したもの、達成したものについて聞いた。文=島下泰久エクステリアデザイン責任者Matthias Kulla|マティアス・クーラ スタイリングにおいてなにより大事にしたのは、911のようなオーセンティックなクルマが、同時にどれほど現代的でもあり得るかということを証明することでした。あたらしい911は、いま路上を走っているクルマのなかでもっとも先進的なクルマですが、その内側には、ずっと継承されてきた911の遺伝子が継承されています。新型911は、外観でもそれを表現し...
新生ベントレーのアイコン「コンチネンタル GT」に待望のV8が登場!|BENTLEY

新生ベントレーのアイコン「コンチネンタル GT」に待望のV8が登場!|BENTLEY

BENTLEY CONTINENTAL V8 RANGE|ベントレー コンチネンタル V8 レンジ新生ベントレーのアイコンに待望のV8モデルが登場!ベントレーは、2012年1月9日、アメリカ・デトロイトでおこなわれる北米国際オートショーで、ラグジュアリークーペ「コンチネンタル GT」にあたらしくラインナップされる、V8エンジン搭載モデルを公開することを発表した。Text by OPENERS燃費、CO2排出量ともに40パーセント向上2003年、市場に導入されていらい、ラグジュアリークーペとしては異例の大ヒットとなる販売台数を記録(全世界で5万台)し、ベントレーの総生産台数を10倍まで引きあげる契機を生みだしたという、同社のあたらしいアイコン「コンチネンタル GT」。これまで、6リッターW12気筒ツインターボエンジンを搭載するモデルのみの展開だったが、このたびあたらしく4.0リッターV8エンジン搭載モデルの追加が発表された。このパワートレインの採用は当然、環境にたいする配慮が主たる目...
Porsche 911 Story─2代目930型

Porsche 911 Story─2代目930型

Porsche 911|ポルシェ911Porsche 911 Story──2代目930型70~80年代のポルシェ黄金時代を支えた花形ポルシェ 911の歴史を振り返る『Porsche 911 Story』。第2回に登場するのは、自動車市場の多様化が進んだ1970~80年代に、モデルバリエーションを拡充することで訴求した930型。“つねに世界でもっとも高性能で、かつ快適なスポーツカーを”といういまでも使われている枕詞を生み出し、シグネチャーモデルとしての存在価値をさらにアピールしたモデルといえる。Text by OGAWA Fumioカブリオレの登場車体が大型化して、イメージが大きく変わったのが1974年。新型バンパーを採用したことにより、コードネーム930は「ビッグバンパー」とも呼ばれる。モデルチェンジの背景には、主要市場のひとつであった北米において、車両の衝突安全基準が厳しくなったことと、排ガス規制が強化されたことにある。マイナーチェンジを繰り返しながら、長い期間生産されただけあ...
インタビュー|日産 GT-R開発総責任者 水野和敏氏 Part.1|NISSAN

インタビュー|日産 GT-R開発総責任者 水野和敏氏 Part.1|NISSAN

NISSAN GT-R|日産 GT-R開発総責任者 水野和敏氏─インタビュームービー Part.1左右非対称サスペンションと匠の業を語る2011年11月に宮城県・スポーツランドSUGOでお披露目された日産GT-R 2012年モデル。イヤーモデルにもかかわらず、驚異的な進化を見せた同車について、開発総責任者 水野和敏氏に話を聞いた。第1弾は、あらたに採用された左右非対称サスペンションとGT-Rを生み出す匠の技術について。インタビュアーはモータージャーナリスト 渡辺敏史氏だ。
502 件