ASTON MARTIN

いまもっともクールなスポーツカーブランドとして、世界中から注目を集めているのが、イギリスのASTON MARTIN(アストン・マーティン)だ。1914年にライオネル・マーティンとロバート・バンフォードにより設立された小さな会社は、アストン・クリントンと呼ばれるヒルクライム競技で成功を収めたことからアストン・マーティンのブランドを名乗るようになり、その後もモータースポーツやスポーツカーの歴史に輝かしい足跡を残す。 反面、経営の面では幾度も危機に追い込まれ、そのたびに救いの手が差し伸べられるという、まさに波瀾万丈の道を歩み続けてきた。たとえば、1947年にオーナーとなったデイビッド・ブラウンは、優れた経営力とエンジニアリングのセンスを活かして、自らのイニシャルを冠したスポーツカー「DB2」や、レース用マシーン「DBR1」で、その名前を残している。最近では、フォードがその株式を、プロドライブを創業したデイビッド・リチャード率いる投資家集団に売却したことが記憶に新しい。 しかし、アストン・マーティンはいつの時代も漲るパワーと美しいスタイルを備えたスポーツカーづくりを貫いている。現在のラインアップは「V8ヴァンテージ」と「DB9」。また近い将来「ヴァンキッシュ」にかわる新しいフラグシップモデル「DBS」が日本にもお目見えするはずだ。

AM-RB 001の正式名称が「ヴァルキリー」に決定|Aston Martin

AM-RB 001の正式名称が「ヴァルキリー」に決定|Aston Martin

Aston Martin Valkyrie|アストンマーティン ヴァルキリーAM-RB 001の正式名称が「ヴァルキリー」に決定アストンマーティンは英国時間3月6日、レッドブル・アドバンスド・テクノロジーズと共同開発し、「AM-RB 001」のコードネームで呼ばれていたハイパーカーの名称を「ヴァルキリー」に決定したと発表した。Text by YANAKA Tomomiタイヤのテクニカルパートナーはミシュランにアストンマーティンと、F1レッドブルレーシングがタッグを組み、1,000kgのボディに最高出力1,000psを発揮するV12エンジンを搭載、さらに公道での走行可能といういまだかつてないハイパーカーとして大きな話題となった「AM-RB 001」に「ヴァルキリー」という名が与えられた。アストンマーティンにとって「V」の頭文字がつく名前はとても重要なもの。1951年の「ヴァンテージ」からはじまり、「ヴィラージュ」「ヴァンキッシュ」、「ヴァルカン」と特別なモデルに“Vの系譜”を受け継が...
アストンマーティン、レッドブル・レーシングとコラボレーションしたハイパーカーを発表|Aston Martin

アストンマーティン、レッドブル・レーシングとコラボレーションしたハイパーカーを発表|Aston Martin

Aston Martin AM-RB 001|アストンマーティン AM-RB 001公道走行可能なバージョンも用意されるAM-RB 001アストンマーティンとレッドブル・レーシングのテクニカル・パートナーシップから誕生したハイパーカー「AM-RM 001」が発表された。Text by WASEDA Kosakuパワーウェイトレシオは1.0kg/psを達成アストンマーティンは、2010年に発表したスーパーカー「One-77」に続くスーパーカーとしてコードネーム「AM-RM001」の開発を明らかにした。このAM-RM001は、アストンマーティンとレッドブル・レーシングがテクニカル パートナーシップを結び開発が進められている。パワーソースには新開発された高回転型V型12気筒自然吸気エンジンをミッドに搭載。最高出力、最大トルクなど車両の詳細スペックは明らかにされていないものの、カーボンファイバー構造の軽量ボディと組み合わせ、パワー ウェイト レシオは1.0kg/psを実現するという。高い性...
公道走行可能なハイパーカー「AM-RB001」日本初公開|Aston Martin

公道走行可能なハイパーカー「AM-RB001」日本初公開|Aston Martin

Aston Martin AM-RM 001|アストンマーティン AM-RM 001公道走行可能なハイパーカー「AM-RB001」日本初公開アストン・マーティン ジャパンは、アストンマーティンとF1チームのレッドブル レーシングのコラボレーションにより誕生した“ハイパーカー”、アストンマーティン「AM-RB001」を日本で初公開した。Text & Photographs by UCHIDA Shunichi1,000kg、1,000馬力「AM-RB001」という名称はまだコードネームで、正式名称は発表されていない。また、今回日本でお披露目されたモデルはモックアップであり、スペックの詳細は明らかにされなかった。しかし、当日のプレゼンテーション等からエンジンは自然吸気V型12気筒がミッドにマウントされ、そのパワーは1,000馬力。車重は1,000kgで、パワーウエイトレシオは1.0であることが明かされた。更に、そのボディは軽量なカーボンファイバー構造で、公道走行可能なクルマとし...
アストンマーティンが潜水艇開発に挑戦|Aston Martin

アストンマーティンが潜水艇開発に挑戦|Aston Martin

Aston Martin Project Neptune|アストンマーティン プロジェクト ネプチューンアストンマーティンが潜水艇開発に挑戦アストンマーティンは9月28日、世界的な潜水艇メーカーであるトリトン・サブマリーンズLLC(米国フロリダ州ベロビーチ、以下トリトン)と業務提携を結び、少量限定生産の高級潜水艇の開発に挑戦すると発表した。Text by OPENERSコードネームは「プロジェクト・ネプチューン」発表によると、今回のベンチャー・プログラムに付けられたコードネームは「プロジェクト・ネプチューン」。これにより、アストンマーティンは、ラグジュアリー市場の新たな領域に挑戦するとともに、人々が同社に求めるパフォーマンス、美しさ、エレガンスを完璧な形で表現したという。業務提携を結ぶトリトンは、研究者、冒険者、大型高級ヨットオーナーのための潜水艇のデザイン、製造、操縦の面で膨大なノウハウを持つ会社だ。製造する潜水艇は、安全で高性能、かつ最も深くまで探索する能力を有する。プロジェク...
「ヴァンキッシュ ザガート」にスピードスターとシューティングブレークを追加|Aston Martin

「ヴァンキッシュ ザガート」にスピードスターとシューティングブレークを追加|Aston Martin

Aston Martin Vanquish Zagato Speedsterアストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート スピードスターAston Martin Vanquish Zagato Shooting Brakeアストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート シューティングブレーク「ヴァンキッシュ ザガート」に2モデルを追加アストンマーティンは、イタリアのカロッツェリアであるザガートとコラボレーションしたクリエイティブモデル「ヴァンキッシュ ザガート」シリーズに、新たに「スピードスター」と「シューティングブレーク」を加え、生産を開始すると発表した。同シリーズは先にデビューした「クーペ」、「ヴォランテ」と合わせて4モデルとなり、その総生産台数は325台の限定となる。Text by OPENERSヴァンキッシュ ザガートのカルテットが完成4モデルとなった「ヴァンキッシュ ザガート」ファミリーは、そのどれもがアストンマーティン「ヴァンキッシュS」をベースモデルとしたもので、600...
アストン「ヴァルカン」のアップグレードキット「AMR Pro」を発表|Aston Matin

アストン「ヴァルカン」のアップグレードキット「AMR Pro」を発表|Aston Matin

Aston Martin Vulcan AMR Pro|アストンマーティン ヴァルカン AMR Proヴァルカンのアップグレードキット「AMR Pro」を発表アストンマーティンは英国時間の6月30日(金)、サーキット専用モデル「ヴァルカン」のアップグレードキット「ヴァルカン AMR Pro」を発表。同日、英国で開幕した「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で初披露した。Text by YANAKA Tomomiダウンフォースの最大化を図るとともに、刺激的なスタイリングを創出昨年、最高出力820psのハイパワーエンジンを搭載し、わずか24台のみが製作されたアストンマーティン「ヴァルカン」。ル・マンで優勝したレースカーの興奮を伝えるとともに、パフォーマンスはそれを上まわるモデルとして設計された。ヴァルカンのオーナーは販売されてから2年のあいだ、ル・マンでこれまで3回の勝利を挙げてきたダーレン・ターナー選手をはじめとするアストンマーティンのプロのインストラクターから世界有数のサ...
DB11にAMG製4.0リッターV8エンジンモデルを追加|Aston Martin

DB11にAMG製4.0リッターV8エンジンモデルを追加|Aston Martin

Aston Martin DB11|アストンマーティン DB11DB11にAMG製4.0リッターV8エンジンモデルを追加アストンマーティンは英国時間6月29日(木)、グランドツアラー「DB11」に4.0リッターV8ツインターボのモデルを追加したと発表。イギリスで6月29日(金)に開幕する「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」でデビューを飾る。Text by YANAKA TomomiメルセデスAMG製をアストンマーティンの走りにリセッティング昨年9月に日本に上陸した「DB11」。これまでは、5.2リッターV12ツインターボ エンジンモデルのみだったが、新たに4.0リッターV8ツインターボモデルが追加された。テクニカル・パートナーであるメルセデスAMGから提供を受けたというエンジンは、最高出力510ps、最大トルク675Nmを発生。V12モデルより98ps、25Nm劣るものの、0-100km/h加速は4.0秒、最高速度も300km/hに達する。いっぽうで環境性能は向上し、C...
アストン&ホーガンのコラボレーションによるレザースニーカー|Aston Martin

アストン&ホーガンのコラボレーションによるレザースニーカー|Aston Martin

Aston Martin|アストン・マーティンHogan|ホーガンアストンマーティンとホーガンとコラボレーション世界で3,000足限定のレザースニーカーアストンマーティンとイタリアのシューズブランド、ホーガンがコラボレーション。世界3,000足限定のレザースニーカーが6月末から販売される。Text by YANAKA Tomomiホーガンの定番スニーカーにアストンマーティンのエッセンスを注入イタリアのラグジュアリーシューズブランド、ホーガンにアストンマーティンのエッセンスを注入したオリジナリティあふれるスニーカーが誕生した。ベースとなったのは、ホーガンの定番シューズ「オリンピア」。本革とナイロンメッシュを組み合わせた、カジュアルかつスマートな雰囲気のスニーカーに、アストンマーティンが誇るスポーツカーのエレガントなシルエットを反映。細部のデザインはアストンマーティンのレザークラフトから引用されているという。特に注目はスニーカーのトング部分。アストンマーティンで古くから使われているケス...
アストンマーティン ヴァンキッシュS日本上陸|Aston Martin

アストンマーティン ヴァンキッシュS日本上陸|Aston Martin

Aston Martin Vanquish S|アストンマーティン ヴァンキッシュ Sアストンマーティン ヴァンキッシュS日本上陸アストンマーティン・ジャパンは同社のフラッグシップモデル「ヴァンキッシュ S クーペ」とそのオープン版「ヴァンキッシュ S ヴォランテ」を発表した。価格は3,457万9,982円から。Text & Photographs by UCHIDA Shunichiアストンマーティン史上最高のスーパーGTアストンマーティン・ラゴンダ社最高責任者兼CEOのアンディ・パーマー氏が「アストンマーティン史上最高のスーパーGTに仕上がっている」と、大きな自信を見せる「ヴァンキッシュ S」。エンジンはインテークシステムに改良が施され、吸気効率が高まった結果、最高出力588ps(先代モデルは573ps)を発生する6.0リッターV型12気筒を搭載。最高速度323km/h、静止状態から100km/hまでわずか3.5秒で到達する。改良によりスロットルレスポンスも向上し、これ...
280 件