ROLLS-ROYCE

ヘンリー・ロイスとチャールズ・ロールスが初めて会ったのは1904年のこと。イギリスでモーターなどを手がけていたロイス社が、新しいビジネスとして自動車を試作したところ、評判を聞きつけたロールスがこのクルマを試乗に訪れる。その仕上がりの良さに感銘を受けたロールスが、ロイスがつくるクルマの販売を申し入れたのがロールス・ロイスのスタートになった。 高級車ブランドとしてその名を知らしめたのは、1906年に生産を開始した「40/50HPシリーズ」。6気筒エンジンを搭載したこのモデルは、後に「シルバー・ゴースト」と呼ばれるのだが、そのエンジンの滑らかさや静粛性、クルマとしての高い信頼性、そして、質の高い素材による仕立の良さから、上流階級から大きな支持を得ることとなった。ロールス・ロイスのマスコットとして知られる“スピリット・オブ・エクスタシー”が生まれたのもこの時代だった。 その後、1929年には「ファントム」を世に送り出し、1931年には同じイギリスのベントレーを買収するなど順調な歩みを進めた同社。第二次世界大戦中は航空機エンジンなどに専念する時期もあったが、1947年から自動車の生産を再開。ファントムシリーズをはじめ、「シルバークラウド」「シルバーシャドウ」といった名車をつくりだしていく。しかし、1971年に航空機エンジン部門の不振から会社が倒産。この際、航空機エンジン部門は切り離され、残された自動車部門は一時政府の管理下へ。そして1980年にはヴィッカーズ社の傘下となった。 さらに1990年代後半にはフォルクスワーゲン(VW)とBMWによる買収劇が巻き起こる。混乱の末、工場とベントレーのブランドはVWの手に渡り、一方、BMWはロールス・ロイスの名前だけを手に入れる。そして2003年、新体制のもとで開発が進められてきたファントムにより、ロールス・ロイスは新しい歴史を踏み出すことになった。

Rolls-Royce 102EX|ロールス・ロイス 102EX ファントムのEVを発表

Rolls-Royce 102EX|ロールス・ロイス 102EX ファントムのEVを発表

Rolls-Royce 102EX|ロールス・ロイス 102EXついにロールス・ロイスからもEVが誕生!ロールス・ロイス・モーター・カーズは、102EXのコードネームで試験的に開発しているEVモデルのテスト車両を3月1日に開幕するジュネーブモーターショーで公表する。文=松尾 大ファントムベースのEVロールス・ロイスが開発中のEVは、フラッグシップモデルであるファントムをベースにしたもの。同社は、「ファントム・エクスペリメンタル・エレクトリック」とも呼ばれるこの102EXにたいする意見、反応をつのり、今後のロールス・ロイス車のあり方を慎重に検討するとしている。ショーの終了後には、ヨーロッパ、中東、アジア、北米をめぐるグローバルツアーを開催。一部顧客やメディアの試乗用に提供される。いまのところ製品化は計画されていないものの、100EXや101EXがそれぞれ市販モデルとなったことからみても、たんなるコンセプトカーではなく、ロールス・ロイス車のあらたな展開と捉えてもいいだろう。ロールス・ロ...
ROLLS-ROYCE 102EX|ロールス・ロイス 102EX “ファントムEE”の詳細

ROLLS-ROYCE 102EX|ロールス・ロイス 102EX “ファントムEE”の詳細

ROLLS-ROYCE 102EX|ロールス・ロイス 102EXロールス・ロイスがファントムEEの詳細を発表ロールス・ロイス・モーター・カーズは、ジュネーブショーで公開した「102EX」のコードネームをもつファントムのEVモデルについて詳細を発表した。文=松尾 大102EX、ザ・キャピトルホテル東京をベースに開催された試乗会の模様はこちら!ファントムベースのEVロールス・ロイスは「ファントム・エクスペリメンタル・エレクトリック=ファントムEE」ともよばれるEVコンセプト102EXをジュネーブショーで公開しているが、その詳細は思いのほか現実的な内容となっている。近年では、100EXや101EXがそれぞれ市販モデルとなったように、ロールス・ロイスのエクスペリメンタルモデルは、1919年の1EXにはじまる伝統を受け継ぎ、つねに将来的な製品開発につながる、あらたなテクノロジーとそのアプリケーションについて評価、検討することを目的にしている。エクスペリメンタルモデルは、いわゆるコンセプトカー...
ROLLS-ROYCE GHOST|新世代ロールス、日本上陸

ROLLS-ROYCE GHOST|新世代ロールス、日本上陸

ROLLS-ROYCE GHOST|ロールス・ロイス ゴースト新世代ロールス、日本上陸これまでのモデルのなかでもっともパワフル、かつ自分でハンドルを握るひとのために作られたクルマ、と謳われるロールスロイスの新型車「ゴースト」が10月1日、東京でお披露目された。570馬力のエンジンを搭載するこのモデル、受注はすでに始まっており、デリバリーは2010年第2四半期からという。文=小川フミオ写真=ロールス・ロイス・モーター・カーズファントムより400mm短い全長ロールス・ロイスの新型車「ゴースト」は、570馬力ものハイパワーV12エンジンを搭載する4ドアセダン。「格式張らない雰囲気のなかに洗練された現代性が見事に調和し、ロール・ロイスの魅力を大きく広げています」と、ロールス・ロイス・モーターカーズのアジアパシフィック担当リージョナルディレクター、コリン・ケリー氏は発表会の席上で報道陣を前にして語った。ゴーストのエンジンは新開発の6.6リッターV型12気筒でターボチャージャーを2基装着。57...
Car
ROLLS-ROYCE Ghost Extended Wheelbase|日本上陸!

ROLLS-ROYCE Ghost Extended Wheelbase|日本上陸!

ROLLS-ROYCE Ghost Extended Wheelbase| ロールス・ロイス ゴースト エクステンディット ホイールベースさらなる居住性を得たゴーストのニューモデル、日本上陸!ロールス・ロイスは、2009年に誕生したロールス・ロイス史上もっともパワフルで、ドライバーのためのサルーンと謳われる「ゴースト」のホイールベースを延長し、居住性をさらに高めた「ゴースト エクステンディット ホイールベース」を日本で発表した。Text by OPENERSベースモデルより、ホイールベースを170mm延長「洗練されたデザインと他の追随を許さない高級感、最高水準のエンジニアリングによる乗り心地とハンドリング性能をあわせもつゴースト。そんなゴーストのホイールベースを延長することで、さらに居住性を高めた、妥協のない一台」と、ロールス・ロイス・モーター・カーズ CEO トルステン・ミュラー・エトヴェシュは、今回日本上陸を果たした最新モデル「ゴースト エクステンディット ホイールベース」につ...
ROLLS-ROYCE 102EX - PHANTOM EXPERIMENTAL ELECTRIC 試乗

ROLLS-ROYCE 102EX - PHANTOM EXPERIMENTAL ELECTRIC 試乗

ROLLS-ROYCE PHANTOM EXPERIMENTAL ELECTRIC|ロールス・ロイス ファントム エクスペリメンタル エレクトリックもっとも大型でもっとも豪華なロールス製EVに試乗(1)ロールス・ロイス・モーター・カーズでは、さきごろ「102EX」別名「ファントムEE(エクスペリメンタル エレクトリック)」という、電気自動車の実証実験用モデルを発表。日本においても2011年9月30日に、東京・キャピトル 東急ホテルにおいて報道陣にお披露目された。文=小川フミオ写真=荒川正幸ロールスにとって電気自動車とは相容れる概念なのか?ファントムEEの特徴は、従来の6.75リッターV12エンジンに代わり、電気モーターとバッテリーパックを搭載していること。 「超高級セグメントにおける世界初のバッテリー駆動電気自動車です」と、ロールス・ロイス・モーター・カーズ(以下RR)でコーポレートコミュニーケーション マネージャーを務めるハル・セルディン氏は、誇らしげに語る。「RRは自動車の世...
和服もモチーフに豪華をきわめたロールス・ロイスのビスポーク|Rolls-Royce

和服もモチーフに豪華をきわめたロールス・ロイスのビスポーク|Rolls-Royce

Rolls-Royce Serenity|ロールス・ロイス セレニティ和服の柄もモチーフに豪華をきわめたロールス・ロイスのビスポークモデルロールス・ロイスは3月に開催されるジュネーブモーターショーにおいて、豪華絢爛なインテリアをほどこしたビスポークモデル「セレニティ」を展示すると予告した。Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)ビロードにつつまれてジュネーブモーターショーでロールス・ロイスが展示するのは、同社のビスポーク デザインチームが手掛けた特別な一台。静粛、安寧などを意味する“セレニティ”と呼ばれるこのクルマは、ビロード(織物)などにみられるように、歴史的に王侯貴族たちがその力の象徴として愛してきたシルクに着目したという。セレニティはあらたなラグジュアリーモデルのベンチマークとしてふさわしい、もっとも豪華絢爛なインテリアを目指したというワンオフモデルとなる。そのために、最高級のシルク織物、すぐれたクラフツマンシップ、クリエイティビティが注ぎ込ま...
シリーズIIに進化したロールス・ロイスゴースト、日本へ上陸|Rolls-Royce

シリーズIIに進化したロールス・ロイスゴースト、日本へ上陸|Rolls-Royce

Rolls-Royce Ghost Series II|ロールス・ロイス ゴースト シリーズ2シリーズIIに進化したロールス・ロイスゴースト、日本へ上陸ことしのジュネーブモーターショーで発表されたロールス・ロイス「ゴースト シリーズII」が、ついに日本に上陸した。リアシートのホスピタビリティを高める広いエクステンデッド ホイール ベース(EWB)が用意されるいっぽうで、ドライバーズカーとしての性格も強められている。Text & Event Photographs by UCHIDA Shunichi販売好調な日本市場ロールス・ロイス・モーター・カーズは10月31日、「ゴースト シリーズII」を発表した。価格は標準ボディが3,132万円、エクステンデット ホイール ベース(EWB)が3,712万円。11月より納車が開始される。2014年上半期(4-9月)の日本市場での登録台数は71台と、前年同期48台(JAIA調べ)から大幅に成長しているロールス・ロイス。来日したロールス・ロ...
アール・デコから着想を得たロールス|Rolls-Royce

アール・デコから着想を得たロールス|Rolls-Royce

Rolls-Royce|ロールス・ロイスアール・デコから着想を得たロールスロールス・ロイス モーターカーズのパリモーターショー2012のブースでは、シャンパンレセプションがおこなわれるという。同時に、ロールス・ロイスは、アール・デコから着想を得たスペシャルコレクションを出展するとのことで、そのイメージ画像を公開している。Text by SUZUKI Fumihiko(OPENERS)ファントム、ゴーストに特別な装い9月27日のパリモーターショー プレスデイ初日、ロールス・ロイス モーターカーズはシャンパンレセプションをおこなうという。同時に、アール・デコから着想をえたスペシャルコレクションを公開するようだ。アール・デコは1910年代から30年代にかけて、アメリカを中心に流行した、装飾デザインの総称。その内容は多岐にわたるため、一概には定義はしづらいが、植物的な曲線を強調したアール・ヌーヴォーにたいして、幾何学的な表現、機能主義的なデザインで特に知られる。建築では、摩天楼と称される、...
ロールス・ロイス アール・デコ インスパイヤード カーズ公開|Rolls-Royce

ロールス・ロイス アール・デコ インスパイヤード カーズ公開|Rolls-Royce

Rolls-Royce|ロールス・ロイスロールス・ロイス アール・デコ インスパイヤード カーズ公開昨日おつたえした、アール・デコから着想を得たロールス・ロイスが、さっそく公開となった。Text by SUZUKI Fumihiko(OPENERS)これがロールス・ロイスのビスポーク基調となる黒に白がアクセントをくわえ、グリーンのパイピングと、ステンレススティールがちりばめられた、「ファントム」の内装。鮮やかなコバルトブルーとシルバー2トーンのボディの「ゴースト」には美しい細工の化粧板。白のインテリアに、真珠層をちりばめた「ファントム ドロップヘッドクーペ」……昨日、イラストでお伝えした、アール・デコに着想を得たロールスが、ついに公開となった。ロールス・ロイス モーターカーズCEO、Torsten Müller-Ötvös氏は、「パリで、我々は20世紀の偉大なデザインの時代のエッセンスを、エレガントに捉えることにしました。これはロールス・ロイスのビスポークの幅の広さの証明で、高級品...
ダイナミズムを高めた「ゴースト」を期間限定受注|Rolls-Royce

ダイナミズムを高めた「ゴースト」を期間限定受注|Rolls-Royce

Rolls-Royce Gphost V-Specification|ロールス・ロイス ゴースト Vスペシフィケーションダイナミズムを高めた「ゴースト」を期間限定受注ロールス・ロイス ゴーストにエンジン出力を高めた特別仕様車「ゴースト Vスペシフィケーション」を設定。1月から6月までの期間限定で注文をうけつけると発表した。Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)ゴーストのもつダイナミズムを強調ロールス・ロイス「ゴースト」に、2014年1月から6月のあいだ限定で受注可能な特別仕様車「Vスペシフィケーション」が発売された。ゴーストのもつダイナミズムを強調したモデルだと謳う。通常のゴーストに搭載されるエンジンは最高出力563bhp(570ps)、最大トルク780Nmを発生する、6.6リッターV型12気筒ツインターボ。2.5トンちかい重量ながらも、その気になれば0-100km/h加速を4.9秒でこなす運動性能をほこる。また、アイドリング状態からすでに最大トル...
水上での世界最速記録を称えるファントム|Rolls-Royce

水上での世界最速記録を称えるファントム|Rolls-Royce

Rolls-Royce Phantom Drophead Coupe Water Speed Collection│ロールス・ロイス ファントム ドロップヘッド クーペ ウォーター スピード コレクション水上での世界最速記録を称えるファントムロールス・ロイスが、「ファントム ドロップヘッド クーペ」の限定ビスポークモデル「ウォータースピード コレクション」のスケッチを公開。水上世界最速の称号を得たボートをイメージさせる精悍なスタイルで、世界限定35台のみ製造される。Text by YANAKA Tomomiマジョーレ湖をイメージした特別カラーを採用水上における世界最速の称号をめぐり、イギリスとアメリカが記録更新の応酬を続けていた1937年、イギリス人のマルコム・キャンベル卿が、ロールス・ロイスのR型エンジンを搭載したレース用パワーボート「ブルーバード K3」号で、208.4km/hの記録を打ち立て、5年間にわたりアメリカが守っていた水上の世界最速記録を塗り替えた。それを称えるべく誕...
ロールス・ロイス、そのビスポークの世界|Rolls-Royce

ロールス・ロイス、そのビスポークの世界|Rolls-Royce

Rolls-Royce|ロールス・ロイス究極の居心地のよさを求めてロールス・ロイス、そのビスポークの世界1904年にイギリスで設立され、今年で創業110周年を迎えたロールス・ロイス・モーターカーズ。ビスポークと呼ばれる、個人の注文をベースに仕立てる技は、現代にも引き継がれる同社の象徴とも呼べるクルマ作りだ。今回、本社グッドウッドから職人を日本へ招き、匠の技を披露する「ジ・アイコンツアー」が開催された。 Text by OGAWA FumioPhotographs by ABE Masayaロールズとロイスが出会って110周年特別あつらえを意味する「ビスポーク」は、ロールス・ロイス・モーターカーズのセリングポイントだ。いかなる特注にも応じるという同社の職人たちが先頃来日したのを機に、ビスポークの世界をのぞいてみよう。「ビスポークは少なくないエクストラマネーをお払いいただきます。それでも注文する方が多いのは、成功の証になるからでしょう」。そう語るのは、アジア太平洋担当ゼネラルマネージャ...
ロールス・ロイスがレースゲームに初登場|Rolls-Royce

ロールス・ロイスがレースゲームに初登場|Rolls-Royce

Rolls-Royce Wraith|ロールス・ロイス レイスロールス・ロイスがレースゲームに初登場ロールス・ロイス モーター カーズは、XBOX One用レーシングシミュレーター「Forza Motorsport5」に「レイス」を提供すると発表した。欧米では8月12日よりフリーダウンロードが可能だ。Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)フォルツァ5にレイスで参戦ロールス・ロイス モーター カーズは、Turn 10 Studiosが製作するXBOX One用レーシングシミュレーター「Forza Motorsport5」に、クーペモデル「レイス」を提供すると発表した。Forza Motorsport 5は欧米においてマイクロソフトのゲーム機XBOX One発売と同時にローンチしたタイトル。最新ハードウェアの性能を最大限に活かし、前作を超えるリアルなグラフィックがひとつの特徴となっている。登場する車両も、フェラーリ「ラ フェラーリ」やマクラーレン「P1...
117 件