アウディ A3 カブリオレが登場|Audi

アウディ A3 カブリオレが登場|Audi

Audi A3 Cabriolet|アウディ A3 カブリオレAudi S3 Cabriolet|アウディ S3 カブリオレアウディA3、第4のボディバリエーションはカブリオレアウディは、新型「A3」のボディバリエーションとして、ソフトトップを採用した「A3 カブリオレ」を発表した。これは、3ドアハッチバック、5ドアハッチバック、そして4ドアセダンにつづくアウディ「A3」の第4のモデル。実車は、きたるフランクフルト モーターショーで初公開する。 Text by SAKURAI Kenichiボディを拡大しながら軽量化に成功ニュー「A3」のフルラインナップが、いよいよ完成する。3ドアハッチバック「A3」、5ドアハッチバック「A3 スポーツバック」、そして4ドアセダン「A3 セダン」につづくアウディA3の第4のモデル「A3 カブリオレ」は、伝統的なソフトトップを採用した2ドアの4シーターモデルだ。ボディは従来型よりも拡大され、そのサイズは、全長が4,240mmから4,420mmに...
アウディ A3 Sportback e-tronの市販モデルを発表|Audi

アウディ A3 Sportback e-tronの市販モデルを発表|Audi

Audi A3 Sportback e-tron|アウディ A3 スポーツバック e–トロンアウディ初の市販プラグインハイブリッド、いよいよお披露目アウディは「A3」のバリエーションとして2014年春から発売される、アウディ「A3スポーツバック e-tron」の生産モデルを公開。アウディ初となるプラグインハイブリッドの市販モデル、その気になる価格も発表された。 Text by SAKURAI Kenichi登場は来春。価格も発表アウディ初の市販プラグインハイブリッドモデル、アウディ「A3 スポーツバック e-tron」のプロダクションモデルが、フランクフルト モーターショーで公開された。車両スペックは、ジュネーブ モーターショー 2013で公表された内容と同一だが、アウディは今回あらたに、量産モデルのデリバリーを2014年春から開始するとともに、ドイツでの販売価格は37,000ユーロ前後になると正式にアナウンスした。アウディ A3 スポーツバック e-tronは、110kW(...
国内導入されたアウディA3スポーツバックに試乗|Audi

国内導入されたアウディA3スポーツバックに試乗|Audi

Audi A3 Sportback |アウディ A3 スポーツバック10年ぶりのフルモデルチェンジ国内導入されたアウディA3スポーツバックに試乗新型のアウディ「A3スポーツバック」がついに国内上陸を果たした。おなじグループのフォルクスワーゲン「ゴルフ」とプラットフォームを共有しながらも、アウディのもつプレミアムな世界観をはっきりとまとうこの5ドアハッチバックモデルの、ベーシックな「1.4TFSI」と、1.8リッター直噴ターボに四輪駆動を組み合わせた「1.8TFSIクワトロ」に一気に試乗。 Text by SAKURAI KenichiPhotographs by MOCHIZUKI Hirohikoコンパクトでも、アウディのプレミアムな世界観に妥協はないアウディの屋台骨を支える人気のプレミアムCセグメントモデル、アウディ「A3 スポーツバック」が、実に10年ぶりとなるフルモデルチェンジをおこなった。“小さなプレミアムカー”をコンセプトに1966年に日本で販売を開始した初代モデ...
アウディ、S8をはじめS3セダンなど10モデルを展示|Audi

アウディ、S8をはじめS3セダンなど10モデルを展示|Audi

Audi|アウディアウディ、S8をはじめS3セダンなど10モデルを展示アウディ ジャパンは、東京モーターショーの開催に先駆けて、出展モデルの発表をおこなった。当日は「S8」「S3 セダン」「A3 スポーツバック e-トロン」のニューモデル3台が日本初披露される予定だ。 Text by AKIZUKI Shinichiro(OPENERS)ジャパンプレミアはハイパフォーマンス2台とハイブリッド開催まであと2週間に迫った「東京モーターショー2013」。閑散とした前々回(第41回)から一転。今年は、国内から14社/15ブランド、海外から18社/20ブランドが参加。ワールドプレミアは76台、ジャパンプレミアは81台と、かつての賑わいを取り戻すかのような勢いをみせている。アウディ ジャパンは今回のショーで全10モデルを展示。うち、日本初出展となるのは「S8」「S3 セダン」「A3 スポーツバック e-トロン」の3台だ。「S8」は、アウディのフラッグシップモデル「A8」をベースとしながら...
パリ現地リポート|Audi

パリ現地リポート|Audi

Audi|アウディアウディA3スポーツバックをワールドプレミアジュネーブモーターショーでワールドプレミアを果たした、アウディ「A3」。フルモデルチェンジとなったメルセデス・ベンツ「Aクラス」、5ドア、3ドア、4輪駆動のxDrive、Mパフォーマンスと、モデルバリエーションの充実を見せるBMW「1シリーズ」と真っ向からぶつかる、この「A3」にも5ドアの「A3 スポーツバック」がくわわり、コンパクトプレミアム界の3強が出揃った。Text by OTANI TatsuyaPhotographs by MOCHIZUKI Hirohikoゴルフとは、またちがう高級感今年のジュネーブショーで公開された3代目アウディ「A3」の5ドア ハッチバックモデル「アウディA3スポーツバック」がパリサロンでデビューした。エクステリアデザインはひと足早く発表された3ドア版にならったものだが、2代目「A3」では2,578mmで共通だった3ドアと5ドアのホイールベースが、3代目では3ドア 2,601mm、5ドア...
OPENERS CAR Selection 2013 小川フミオ 篇

OPENERS CAR Selection 2013 小川フミオ 篇

OPENERS読者におくる2013年の5台OPENERS CAR Selection 2013 小川フミオ 篇小川フミオ氏が2013年に登場したクルマのなかから気になった5台をセレクト。昨年につづき、今回もOPENERS CARにて執筆したジャーナリスト6名が、2013年のクルマで注目したい5台を選出し、ことしのクルマについて総括していただいた。Text by OGAWA Fumio5台では足りない2013年(とおそらく2014年)は、クルマの歴史においてエポックメーキングな年として記録されるのではないかと僕はおもう。なぜなら、自動運転が本格的に採用されはじめた年だから。自動運転は、このさき自律走行や、路車間通信などの技術と結びつくだろうし、いっぽうで電気自動車(フューエルセルも含む)や、そのさきの温暖化防止対策への道を拓くことになるかもしれない。ようするに、社会ぜんたいを巻き込んだ大きなシステムの萌芽が見られた年だったとおもう。だから、2013年にはいいクルマがたくさんつくられて...
OPENERS CAR Selection 2014 大谷達也篇

OPENERS CAR Selection 2014 大谷達也篇

OPENERS読者におくる2014年の5台OPENERS CAR Selection 2014 大谷達也 篇2014年も終わりつぎの1年も見えてきたこの時期だからこそ、あわてずじっくり振り返った「OPENERS Selection 2014」。昨年登場した数おおくのクルマのなかでも、大谷達也氏が注目したモデルはこれだ。Text by OTANI Tatsuyaスーパースポーツカーのひとつの到達点が登場2014年、個人的にとりわけ強く印象に残ったのはエコカーとスーパースポーツカーの台頭だった。CO2の削減が叫ばれ、またエネルギー セキュリティの観点から石油資源への過度な依存に警鐘が鳴らされている現在、プラグインハイブリッドやEV、燃料電池車といった次世代型エコカーに注目が集まるのは当然のことだろう。でも、面白いことに、エコカーとおなじくらいに、場合によってはエコカーを上まわるくらいの勢いで、昨年は多くのスーパースポーツカーが誕生したようにも思う。また、2014年に登場したスーパースポ...
Audi RS3 Sportback|アウディ RS3 スポーツバック 最強の“3”を発表!

Audi RS3 Sportback|アウディ RS3 スポーツバック 最強の“3”を発表!

Audi RS3 Sportback|アウディ RS3 スポーツバック史上最強のスポーツバック、RS3が誕生!アウディは、アウディ RS3 スポーツバックをドイツ本国で発表。発売は年明け以降の予定となっている。文=松尾 大伝統の直5エンジンを積む、TT-RSと同等のパワートレイン数年前からその登場が予想されていた「RS3 スポーツバック」をアウディが公式に発表した。来年、2011年中にはモデルチェンジが噂されるアウディA3。その最後を飾るべく、最強の“3”として圧倒的なパフォーマンスを誇る1台の登場だ。“RS”と名のつくすべてのモデルとおなじく、開発はアウディ傘下のレース部門であるクワトロGmbH。搭載されるエンジンは、TT-RSとおなじ直列5気筒2.5リッターターボ。82.5mmボアのブロックを使用し、250kW(340ps)/5400-6500rpm、最大トルク450Nm(45.9kgm)/1600-5300rpm。当然のごとく、4輪駆動のクワトロシステムを採用し、トランスミッ...
Audi e-tron A3|アウディ e-トロン A3 A3EVの誕生!

Audi e-tron A3|アウディ e-トロン A3 A3EVの誕生!

Audi e-tron A3|アウディ e-トロン A3A3をe-トロンラインアップに追加アウディが開発を進める電気自動車「e-トロン」にA3があらたに追加された。文=高橋進一軽さとパワーを兼ね備えたEVフロントフェイスのデザインは、A3のスタンダードモデルとほぼ同一であるが、e-トロン仕様として改良がくわえられた機能や、アルカンターラで覆われたシートを採用するなど、特別性を随所に見ることができる。そのほか、ヒーテッドフロントガラスや、最適化されたエアコンシステムで快適な車内環境を実現させているという。パワートレインにあたるモーターは、最高出力100kW(136ps)、最大トルク270Nmを発生する。バッテリーには、26.5kWhのリチウムイオンバッテリーを採用。0-100km/h加速は11.2秒で到達し、最高時速は145km/hと、必要にして十分といえる結果だろう。1回の充電で約140km(87マイル)の距離を走行することができ、充電に要する時間は、230Vの家庭用コンセントで9...
Audi│アウディ 「ミシュランチャレンジビバンダム」に参加

Audi│アウディ 「ミシュランチャレンジビバンダム」に参加

Audi Q5 Hybrid|アウディ Q5 ハイブリッドクルマの環境フォーラム「ミシュランチャレンジビバンダム」に参加アウディは、ドイツ・ベルリンで開かれたクルマの環境フォーラム「第11回ミシュランチャレンジビバンダム」に参加。最新の環境技術を展示したほか、代替燃料車ラリーでは優秀な成績を収め、ドライビングのすばらしさと環境性能を両立するアウディのスピリットをアピールした。文=谷中朋美代替燃料ラリーでは優秀な成績を記録持続可能なモビリティにかんする世界最大のフォーラムに数えられる「ミシュランチャレンジビバンダム」。今年はベルリンのテンペルホフ空港跡地で5月18日から22日まで開催された。会場には見本市が開かれ、各社が最新の技術を展示したほか、代替燃料や資源に優しい駆動コンセプトを採用した120台の車両も終結。アウディでもスタディモデルや量産開始間近の5車種を出展し、高い環境性能を披露した。「ミシュランチャレンジビバンダム」のハイライトは各社が力を注ぐあたらしい技術が結集したクルマ...
アウディ、RS 3 スポーツバックをジュネーブでワールドプレミア|Audi

アウディ、RS 3 スポーツバックをジュネーブでワールドプレミア|Audi

Audi RS 3 Sportback|アウディ RS 3 スポーツバックアウディ、RS 3 スポーツバックをジュネーブでワールドプレミアアウディは開催中のジュネーブモーターショーで、A3シリーズの頂点に立つスポーツモデル「RS 3 スポーツバック」をはじめて披露した。Text by AKIZUKI Shinichiro(OPENERS)最高出力は先代比プラス27psの367psアウディは、「A3」シリーズのなかでもっともパワフルなバージョンとなる「RS 3 スポーツバック」を、現在開催中のジュネーブモーターショーで初披露した。開発をおこなったのは「RS 7」「RS Q3」など、他のRSシリーズとおなじく、いまやお馴染みとなったアウディの子会社、クワトロGmbH。“RS”は、BMWにおける「M」や、メルセデス・ベンツにおける「AMG」に並ぶ、アウディにおけるハイパフォーマンスモデルという立ち位置だ。RS 3 スポーツバックのために用意されたパワーユニットは、先代同様、直4でもV6で...
Audi RS3|アウディ RS3 より詳細な情報を発表

Audi RS3|アウディ RS3 より詳細な情報を発表

Audi RS3|アウディ RS3史上最強のスポーツバック 詳細を発表アウディAGは、史上最強のスポーツバックであるRS3のより詳細な情報を発表した。文=松尾 大RSらしいパフォーマンスアウディのA3シリーズのトップモデルとして、あたらしく追加されるRS3。搭載されるエンジンは、2,000~2,500ccカテゴリーで2010年エンジン・オブ・ザ・イヤーに輝いた、TT-RSと共通のユニットだ。インタークーラーつきターボで過給圧は1.2barという5気筒TSFI、総排気量2,480ccのエンジンは、最高出力250kW(340ps)/5,400-6,500rpm、最大トルク450Nm(45.9kgm)/1,600-5,300rpmを発生する。この数値は、TTの最強モデル「TT-RS」と同等である。ラリーシーンで活躍したクワトロを想起させる特別な響きをもつ、このアウディの5気筒ターボユニットは、クランクシャフトが144度回転するごとに1→2→4→5→3の順に点火され、ボア×ストロークは82...
Car
ジュネーブモーターショーの現場から:アウディ篇|Audi

ジュネーブモーターショーの現場から:アウディ篇|Audi

Audi|アウディGeneva International Motor Show 2015ジュネーブモーターショーの現場から:アウディ篇フルモデルチェンジとなった新型「R8」を中心に、「R8 e-tron」「Q7 e-tron クワトロ」、そして「プロローグ アヴァント」と、今後の展開を期待させる内容で幕を開けたアウディのジュネーブモーターショー。現地取材をおこなった大谷達也氏が、ショー会場からレポートする。Text by OTANI Tatsuya新型R8で幕を開けたアウディアウディのメインステージを飾ったのは3台の新型「R8」だった。2007年のデビューから8年が経過してようやく2世代目に生まれ変わったR8は、ボディやパワートレーンなどをおなじグループのランボルギーニ「ウラカン」と共用しているものの、いかにもアウディらしいスタイリングや幅広いモデル展開でランボルギーニとの差別化を図っている。まず印象に残るのがそのエッジの利いたエクステリアデザインだ。ウラカンにもシャープな部分は...
Audi A3 e-tron|アウディ A3 e-tron A3にもe-tron!

Audi A3 e-tron|アウディ A3 e-tron A3にもe-tron!

Audi A3 e-tron|アウディ A3 e-tron次期型A3にもe-tron!アウディAGは、上海オートショーで次期A3ベースのプラグインハイブリッド車「A3 e-tron」を出展した。文=松尾 大モーターだけで54kmの走行が可能3月に開催されたジュネーブショーではRS3のパワーユニットを搭載したノッチバックボディの次期型A3のスタディモデルを発表したアウディ。今回、上海ではそのプラグインハイブリッド仕様を発表した。ボディサイズは、先に公開されたA3コンセプトとおなじ、全長4,440×全幅1,840×全高1,390mm、ホイールベースもおなじく2,630mmとなる。あたらしいA3はこれまで以上にプレミアム感を演出しており、後席のニースペースはプレミアムコンパクトセダン・セグメントにおいては最高レベルだという。また、ラゲッジスペースも410リットルと十分なものだ。 パワーユニットは、エンジンが155kW(211hp)の直列4気筒TFSIエンジンと、20kW(27h...
Audi A3 concept|アウディ A3 コンセプト A3にセダンが誕生

Audi A3 concept|アウディ A3 コンセプト A3にセダンが誕生

Audi A3 concept|アウディ A3 コンセプトセダンタイプのA3コンセプトを公開アウディAGは開催中のジュネーブショーでA3のセダンボディのコンセプトモデルを公開した。文=松尾 大300kW、500Nmのスポーツセダン2011年のはじめから日本でも発売されたA1をはじめ、世界的に売り上げを伸ばしているアウディにあたらしいモデルが登場しそうだ。今回ジュネーブモーターショーのアウディ・ブースで目を引いたのが、ノッチバックのA3だった。A3コンセプトという名前で登壇したこの4シーター・ノッチバックセダンのデザインは、CFRP製のシングルフレームグリル、新世代のLEDテクノロジーをもちいたというヘッドライト、筋肉質なボディパネル、Cピラーまで流れるフラットでクーペライクなラインをそなえた低いルーフなど、アウディらしくスポーティかつエレガントなスタイルとなっている。実際のボディサイズも低く、長く、広い。全長4,440×全高1,840mmというサイズに対し、全高はセダンタイプとして...
Car
53 件