TAG HEUER

創業当時からスポーツ競技に積極的にかかわり、特にモータリゼーションの進化を支え続けた時計ブランドとして、レーサーをはじめとする多くのアスリートからリスペクトを受ける「タグ・ホイヤー」。

その前身である「ホイヤー」社は、1860年、当時弱冠20歳であったエドワード・ホイヤー氏によって、スイス・サンティミエに創業。1868年にリューズ巻き懐中時計の特許を取得、1889年にはパリ万国博覧会でスプリットセコンド・クロノグラフを出品し銀賞を受賞するなど、早い時期から頭角を現していた。

1916年には、いまなお語り継がれるストップウオッチのマスターピース「マイクログラフ」を発明。この100分の1秒計測が可能という画期的な計測機器によって、ホイヤー社はスポーツシーンに欠かすことのできないブランドとして一躍世界的に認知されることとなる。1964年には、伝説のロードレース「カレラ」の名を冠したクロノグラフを発表し、当時の多くのレーサーたちに愛用された。

続く1969年には、世界初の自動巻きクロノグラフ・ムーブメントを積んだ「モナコ」を披露。ハリウッドスターのスティーブ・マックウィーンが公私共に愛用したことでもよく知られ、その様子は名作フィルム「栄光のル・マン」によって、世界中のレースファンの目に焼きつけられた。

その後、ほかの多くのブランドが辿ったように、1970年代のクオーツショックによって、ホイヤー社も一時経営危機に陥る。しかし、1985年当時、F1マクラーレン・チームのオーナー会社でもあったタグ・グループの投資によって見事復活を遂げ、現在のタグ・ホイヤーに改称。

現在は、従来以上にモータースポーツとの関わりを深めるほか、2005年には腕時計で初めて100分の1秒計測が可能な自動巻きクロノグラフ「キャリバー360」を発表するなど、タグ・ホイヤーの革新は続く。

【創業年】1860年 【創業地】スイス、サンティミエ 【主なシリーズ名】グランドカレラ、カレラ、リンク、モナコ、ニューアクアレーサー、フォーミュラ1 【問い合わせ先】LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー ディヴィジョン Tel. 03-...

初のアストンマーティン スペシャルエディション|TAG Heuer

初のアストンマーティン スペシャルエディション|TAG Heuer

TAG Heuer|タグ・ホイヤータグ・ホイヤーがアストンマーティンの公式パートナーに就任。2つのスペシャルクロノグラフをリリースタグ・ホイヤーがアストンマーティンの公式パートナーに就任。これを記念し、2つのクロノグラフをリリースした。Text by YANAKA Tomomi新型ヴァンテージのディティールをイメージした「カレラ キャリバー ホイヤー01 クロノグラフ」今春、アストンマーティンとアストンマーティン・レーシングの公式パートナー、公式ウォッチパートナーに就任したタグ・ホイヤーだが、この新たなパートナーシップを記念し、スペシャル エディションのクロノグラフが発表された。アストンマーティンの新型ヴァンテージのディティールをイメージさせる「カレラ キャリバー ホイヤー01 クロノグラフ」は、専用ダイアル、専用ソリッドスチールケースを採用。ケースの特徴的なサイドラインがスポーティなイメージを体現する。一方の「フォーミュラ1 クロノグラフ」は、アストンマーティン・レーシングからイ...
現代のラグジュアラスの形。新作コネクテッドウォッチ コレクションを発表|TAG HEUER

現代のラグジュアラスの形。新作コネクテッドウォッチ コレクションを発表|TAG HEUER

TAG HEUER|タグ・ホイヤー機械式クロノグラフ同様にスイスの工房で精密に作られるコネクテッドウォッチスイスの高級時計ブランド、タグ・ホイヤーは、ジュネーブデイズ2018にて最新コネクテッドウォッチを発表した。新作は、バゲットカットダイヤモンドを全面にあしらったゴージャスなモデルと、従来のコレクションよりコンパクトな41mmのケースでありながら機能も改良されたモデルの2種だ。Text by OZAKI Sayakaプレシャスモデルが、ついにタグ・ホイヤーからタグ・ホイヤーがGoogle™、Intelと共同で開発した「タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー 45」コレクションは、時計の素材、ダイアルなどを豊富なラインナップから組み合わせることができるモジュラーコンセプトを採用したスイス製のスマートウォッチである。そのコレクションに、ホワイトゴールドのケースにバゲットカットダイヤモンドを全面に配したハイジュエリーモデルと、コンパクトなケース径41mmのモデルが登場した。「タグ・ホ...
ジャック・ホイヤー氏85歳の誕生日を祝う「オウタヴィア」限定モデル|TAG HEUER

ジャック・ホイヤー氏85歳の誕生日を祝う「オウタヴィア」限定モデル|TAG HEUER

TAG HEUER|タグ・ホイヤー伝説のクロノグラフ「オウタヴィア」にジャック・ホイヤー氏の誕生日を記念した限定モデルが登場タグ・ホイヤー名誉会長を務めるジャック・ホイヤー氏の85歳の誕生日を記念し、1962年に発表された伝説的なクロノグラフ「オウタヴィア」が、彼の生年にちなむ1932本のリミテッドエディションとして復刻された。Text by OZAKI Sayakaモーターレースの黄金時代に賛辞を贈る限定モデル「オウタヴィア」は、1933年にレーシングカーおよび航空機のコックピット用計器として誕生し、自動車を意味する“automobile”と、航空機を意味する“aviation”を組み合わせて命名された。その後、1962年にジャック・ホイヤー氏が両回転式ベゼルを採用した初のクロノグラフ腕時計に「オウタヴィア」の名を受け継いで発表。その卓越した性能とデザインにより、多くのモーターレーサーに愛用され、当時の人々を魅了した。今回、限定モデルとして登場した「オウタヴィア」も、ジャック・ホ...
TAG HEUER|プロテニスプレイヤー錦織 圭選手とコラボレートした限定モデル

TAG HEUER|プロテニスプレイヤー錦織 圭選手とコラボレートした限定モデル

TAG HEUER|タグ・ホイヤーテニス世界一を目指す錦織選手の情熱を時計で表現!自社製キャリバーを搭載した“錦織圭モデル”タグ・ホイヤーは、グローバルアンバサダーを務めるプロテニスプレイヤー錦織 圭選手とコラボレートした限定モデル第5弾「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー01 クロノグラフ AIR-K5」をリリース。日本国内のタグ・ホイヤー直営店での販売がスタートしている。Text by YANAKA Tomomiケースバックには錦織選手のサインをデザイン時計とテニス、それぞれのフィールドは異なるものの、お互い情熱を持って挑戦を続けていることからタグ・ホイヤーのアンバサダーを務めている錦織 圭選手。今回発売された限定モデルは、タグ・ホイヤーが5年の歳月をかけて開発した自社製キャリパー「ホイヤー01」を搭載し、アヴァンギャルドに進化を遂げたモデルとなる。日本限定モデルとなる「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー01 クロノグラフ AIR-K5」は、錦織選手の情熱を...
タグ・ホイヤーのブランドビジョンについて、ジャン−クロード・ビバーCEOが語る|TAG HEUER

タグ・ホイヤーのブランドビジョンについて、ジャン−クロード・ビバーCEOが語る|TAG HEUER

TAG HEUER|タグ・ホイヤー2017年のフォーカスは、「オウタヴィア」。そして、2018年に向けての展望とは(1)「世界を旅するホイヤー・ヴィンテージ」と題し、ミュージアムピースを世界各地で紹介するイベントを組んだタグ・ホイヤー。そのイベントに合わせて来日した、同社CEOジャン−クロード・ビバー氏に、イベント主旨およびブランドの展望を伺った。超過密スケジュールのなか、僅かな時間を縫うようにしてOPENERSの取材に対応してくださったビバー氏は、いつものごとく元気いっぱいの笑顔で、ブランドの未来を語った。Photographs by OHTAKI KakuText by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)貴重なミュージアムピースが、ラ・ショー・ド・フォンから世界へ――今回、スイスのラ・ショー・ド・フォン本社のミュージアムに所蔵されたヒストリカルピースを世界各地10カ所で披露するイベントが行なわれましたが、どういう経緯で実現に至ったのでしょうか?ビバー 私がLVM...
「世界を旅するホイヤー・ヴィンテージ」展が9月16日(土)から開催|TAG HEUER

「世界を旅するホイヤー・ヴィンテージ」展が9月16日(土)から開催|TAG HEUER

TAG HEUER|タグ・ホイヤーパリ、ジュネーブ、ミュンヘンなど世界10都市で同時開催。本社ミュージアムの貴重なヒストリカルピースを披露タグ・ホイヤーによる「世界を旅するホイヤー・ヴィンテージ」展が世界10都市で同時開催される。東京では「モーターレーシング&歴史を重ねたデザイン」をテーマに、9月16日(土)から10月9日(祝)まで直営ブティック「エスパス タグ・ホイヤー表参道」で開催される予定だ。Text by YANAKA Tomomi東京では「モーターレーシング&歴史を重ねたデザイン」がテーマ1860年に創業し、150年以上にわたってタイムピースを世に送り出してきたタグ・ホイヤー。今回、初めての試みとして、パリやジュネーブ、ミュンヘンなど世界10都市で同時に「世界を旅するホイヤー・ヴィンテージ」展を開催。それぞれの都市ごとにテーマを設け、歴史を彩ったユニークなヴィンテージ・ウォッチがスイス・ラ・ショー・ド・フォンにあるタグ・ホイヤー本社ミュージアムから旅立つという。東京・表参...
1960年代の伝説。レーシングクロノグラフ「オウタヴィア」が復活|TAG HEUER

1960年代の伝説。レーシングクロノグラフ「オウタヴィア」が復活|TAG HEUER

TAG HEUER|タグ・ホイヤーダッシュボード計器として誕生したオリジナルデザインをエッジの効いたヴィンテージテイストを用いて再現タグ・ホイヤーの名作「オウタヴィア」が今年、カムバック。1933年にダッシュボードクロックとして誕生し、腕時計としては1962年に再登場して以来、タグ・ホイヤーの人気機種となってきたモデルだ。ジャック・ホイヤー氏が考案した回転ベゼル付きクロノグラフは、積算時間の読み取りだけでなく、第2時間帯を読む際にも使用できる。現代の実用機としても、十分に役目を果たすのだ。Text by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)なぜクロノグラフに回転ベゼルが付いているのか?回転ベゼルといえば、ダイバーズウォッチ? と、早合点してはいけない。逆回転防止機構付きの回転ベゼルは、たしかにダイバーズウォッチの特徴のひとつであるが、オウタヴィアのそれは両方向回転式である。ベゼルに記されているのは、アラビア数字インデックス。ダイバーズのように、分刻みではない。オウタヴ...
102 件