ZENITH

ゼニスは完全自社一貫体制で、ムーブメントから時計の組み立てまでのすべての工程を担う、時計界でもきわめて稀有なブランドだ。

1865年に、ジョルジュ・ファーブル・ジャコによって設立されたマニュファクチュール・ド・モントレ社が前身。同社は高品位かつコストパフォーマンスに優れたムーブメントを製造し、1900年には画期的なリューズ巻きの懐中型ムーブメントを開発。

このムーブメントを積んだ時計は、エスペラント語で「天頂」を意味する「ゼニス」と命名され、パリ万国博覧会で金賞を受賞する。そして同名称が社名にも採用され、ファブリック・デ・モントル・ゼニス社と改称されたのである。

1940年代に入ると、ゼニスはスイス・ヌーシャテル天文台の精度コンテストに出品するため、今でも名機として名高いCal.135を開発。1945年に開催された同コンテストで見事に高精度の新記録を打ち立てると、続いて1948年には同社初の自動巻きムーブメントも発表。当時、ゼニスの技術力は、スイスでも屈指のレベルに達していた。

そして1969年には、ゼニスの名を一躍世界に轟かせた傑作ムーブメント「エル・プリメロ」を開発するのだ。毎時3万6000振動という世界最速を誇る自動巻クロノグラフ・ムーブメントであり、現在でも同社の旗艦ムーブメントとして製造されるロングセラーである。

1999年からはLVMHグループに参画するとともに、ラインナップ全般におけるクオリティアップが図られる。特に新しくCEOに就任したティエリー・ナタフの影響が大きく、彼の優れた采配が、ゼニスのその後の行方を大きく変えていった。

2003年にはメガヒット作「オープン」を発表。さらに2006年にはスポーツコレクション「デファイ」を市場に投入し、メカニズムだけでなくデザインでも魅せる、新しいゼニス像を打ち出すことに成功した。才色兼備なゼニスの作品は、今や飛ぶ鳥落とす勢いで、急速なる発展を遂げている。

【創業年】1865年 【創業地】スイス、ル・ロックル 【主なシリーズ名】クロノマスター、クラス、ポートロワイヤル、デファイ 【問い合わせ先】LVMHウォッチ・ジュエリ...

ゼニス「クロノ エルプリメロ」をバンフォードがカスタマイズ|BAMFORD WATCH DEPARTMENT

ゼニス「クロノ エルプリメロ」をバンフォードがカスタマイズ|BAMFORD WATCH DEPARTMENT

英国のカスタム時計メーカー、バンフォード ウォッチ デパートメントがゼニスの「クロノ エルプリメロ」をベースにデザインをカスタマイズ。プリンチペプリヴェ表参道店と公式オンラインストアを通じて日本でも発売される。
バンフォード ウォッチデパートメントによる公式カスタムモデルがオーダー受付開始|ZENITH

バンフォード ウォッチデパートメントによる公式カスタムモデルがオーダー受付開始|ZENITH

ZENITH|ゼニスカスタムを世界で唯一認可されたバンフォード ウォッチデパートメントによるゼニスの新作オーダー、受付開始東京・表参道の輸入時計を取り扱うプリンチプリヴェにて、イギリスのカスタム時計メーカー・バンフォード ウォッチデパートメントによるゼニスのカスタム時計のオーダーを開始した。Text by OZAKI Sayaka公認カスタムメーカーの確かな技術力と遊び心で、より魅力を放つウオッチバンフォード ウォッチデパートメントは、LVMHグループのゼニス、タグ・ホイヤー、ブルガリのカスタムを世界で唯一認可された、イギリスの公式カスタムメーカーだ。そのバンフォード ウォッチデパートメントが手掛けたゼニスのカスタムモデルが、東京・表参道のプリンチプリヴェ店頭および、オンラインストアでオーダー受付を開始した。オーダー受付が開始された時計は、ゼニスの「CHRONOMASTER EL PRIMERO」「HERITAGE 146CHRONO MASTER」「PILOT CHRONO TI...
歴史的パイロットウオッチをベースに、最旬レトロスタイルを魅力的にアピール|ZENITH

歴史的パイロットウオッチをベースに、最旬レトロスタイルを魅力的にアピール|ZENITH

ZENITH|ゼニス最旬レトロスタイルを存分に表現した「パイロット クロノメトロ TIPO CP-2 フライバック」1960年代に製造されたイタリア空軍正式採用の「カイレリ モデル」。この歴史的モデルに、ブロンズケースとエイジング加工を施したSSケースを採用した2モデルが加わった。Text by KOIZUMI Yoko仕上げの異なるふたつのマテリアルで構成されたケースが魅力2016年に限定モデルとして復刻された「ヘリテージ パイロット クロノメトロ TIPO CP-2」。そのエクステンションモデルとして、2018年は最旬レトロスタイルに身を包んだ「パイロット クロノメトロ TIPO CP-2 フライバック」が登場。その特徴であるレトロな雰囲気を醸している要素がケース素材だ。ブロンズとエイジング加工を施したステンレススチールをそれぞれ採用し、ダイアルはグレイン加工(細かな凹凸をつくる)を施したブロンズカラーとスレートグレーを合わせている。またラバーで裏張りしたブラウンオイリーヌバッ...
ゼニスの人気PILOT WATCHコレクションにブロンズモデルがラインナップ|ZENITH

ゼニスの人気PILOT WATCHコレクションにブロンズモデルがラインナップ|ZENITH

ZENITH|ゼニス自社キャリバーを搭載した「パイロットタイプ20 エクストラ スペシャル」最新作ヴィンテージテイストを極めたゼニスの人気コレクション「パイロット タイプ20 エクストラ スペシャル」に、ブロンズケースを採用した新作が登場した。Text by KOIZUMI Yokoブロンズ素材の経年変化を楽しむ“エージングモデル”ゼニスが自社のヘリテージパイロットウオッチにインスパイアされ生み出した「パイロット タイプ20 エクストラ スペシャル」。ビッグサイズのオニオンリューズ、夜光塗装を施したアラビア数字インデックス、特徴的なコブラ針など、伝統的な意匠を盛り込んだデザイン、そしてゼニス自社開発の自動巻きキャリバー(エリート679)を搭載する人気コレクションだ。2018年の新作は、これら意匠はそのままに、ヴィンテージ感を向上させたブロンズケースを採用。ブロンズはネオレトロな表現ができる素材として近年人気を博しているが、ブラックおよびブルーのマットダイアルと組み合わせることで、ス...
鮮やかなブルーをテーマカラーとした「デファイ エル・プリメロ21 ブルー」が登場|ZENITH

鮮やかなブルーをテーマカラーとした「デファイ エル・プリメロ21 ブルー」が登場|ZENITH

ZENITH|ゼニスコバルトブルーで複雑顔に奥行きをもたらした「デファイ エル・プリメロ21」2017年にデビューしたばかりの「デファイ エル・プリメロ21」だが、すでに高評価を得て、ゼニスの新たなアイコンへと成長。そして2018年、ビビッドなブルーカラーを採用した印象的なモデルをラインナップし、コレクションの拡充を図った。Text by KOIZUMI Yokoダブルテンプの超絶モデルが、色遣いにより、また一歩進化1969年に発表されたクロノグラフ・ムーブメントの傑作「エル・プリメロ」。その後継機として2017年に登場したのが、1/100秒の計測を可能にした「エル・プリメロ21」だ。モデル名の“21”は21世紀を表したものだ。ファーストコレクションは、その登場とともに、世界中のファンの間で話題騒然となったことは記憶に新しい。なんといっても注目はこのシリーズに搭載されるキャリバー(Cal.9004)である。振動数は36万振動/時と、オリジナルのエル・プリメロの10倍。センターのクロ...
真っ白なシンプルフェイス。デファイ エル・プリメロ21の日本限定モデル|ZENITH

真っ白なシンプルフェイス。デファイ エル・プリメロ21の日本限定モデル|ZENITH

ZENITH|ゼニス1/100秒の精度を誇る「デファイ エル・プリメロ21」から爽やかなホワイトに身を包んだ日本限定モデルが登場SIHH 2018開催に合わせてゼニスがオープンしたGENEVE DAYS 2018会場にて、「デファイ コレクション」から、爽やかなホワイトが特徴の日本限定モデル「デファイ エル・プリメロ21 Japan Limited」が発表された。Text by YANAKA Tomomi衝撃の「デファイ」シリーズ発表から1年昨年のBASELWORLDで鮮烈なデビューを果たし、早くも1年を迎えた「デファイ エル・プリメロ21」。量産モデルでありながら、1/100秒の精度を誇り、1秒毎にセンタークロノグラフ針が1回転する驚くべき新作は、多くの人に衝撃をもたらした。この「デファイ エル・プリメロ21」に、いよいよ日本限定モデルが登場する。日本人のために提案されたこのモデルは、ホワイトをモチーフに爽やかで颯爽としたイメージが特徴だ。デザインは、ノーマルの「デファイ エル・...
伝説のクロノグラフ「エル・プリメロ」は、ついに1/100秒計測の時代へ|ZENITH

伝説のクロノグラフ「エル・プリメロ」は、ついに1/100秒計測の時代へ|ZENITH

ZENITH|ゼニスクロノグラフ針がビュンビュン回る。文句なく楽しい、この疾走感っ!2016年に襲った時計産業低迷の波を受け、2017年のバーゼルワールドは攻め組と守り組にクッキリ分かれた。いや、経済の落ち込み時期を無難にやり過ごし、再び好機が訪れるのを待つのは順当な姿勢である。しかしゼニスは違った。1/100秒計測を可能とした機械式クロノグラフの量産化にこぎつけ、このタイミングで発表したのである。びっくりだ。そのずば抜けた姿勢には、数々のブランドを大成功に導いたジャン-クロード・ビバー氏による強気の采配も垣間見える。Text by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)2017年の目玉新作「デファイ エル・プリメロ 21」クロノグラフ針が、1秒間に1回転するのである。男の子は動くものに目を奪われるというが、その意味では、もう右目も左目も奪われまくりだ。もちろん過去にも1/100秒計測モデルは複数のブランドから誕生してきたが、それらは限定品もしくは、少量生産品だった。つ...
RANGE ROVERとゼニスによる特別なタイムピース第2弾|ZENITH

RANGE ROVERとゼニスによる特別なタイムピース第2弾|ZENITH

ZENITH|ゼニスジュネーブ・モーターショー2017で発表された「RANGE ROVER VELAR」発売を記念するスペシャルエディションRANGE ROVERとゼニスとのパートナーシップが結実した第2弾モデル「Zenith Chronomaster El Primero Range Rover Velar Special Edition(ゼニス クロノマスター エル・プリメロ レンジローバー ヴェラール スペシャル エディション)」が発表された。都会派のダークカラーに身を包んだ、シックで軽量な現代のエル・プリメロ クロノグラフだ。Text by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)2017年3月8日、スイス ジュネーブにて、その姿を現したランドローバーは、RANGE ROVERファミリーの4番目の新型モデル「RANGE ROVER VELAR(レンジローバー・ヴェラール)」の発売を記念して、ゼニスとのコラボ2作目となる「Zenith Chronomaster El...
ランドローバーとゼニスがパートナーシップを締結|LAND ROVER

ランドローバーとゼニスがパートナーシップを締結|LAND ROVER

LAND ROVER RANGE ROVER SVAutobiography DYNAMICランドローバー レンジローバー SVオートバイオグラフィ ダイナミックZENITH|ゼニス新型車と新作ウォッチを同時に発表ランドローバーはスイスの時計メーカーであるゼニスとパートナーシップを締結。これを記念する特別限定ウォッチ「Zenith El Primero Range Rover(ゼニス・エル・プリメロ・レンジローバー)」を、新型モデル「レンジローバー SVAutobiography DYNAMIC(SVオートバイオグラフィ ダイナミック)」の発表イベントで披露した。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)共通点は“47年”という歴史 ランドローバーとゼニスのパートナーシップ締結により発表された特別限定ウォッチ「Zenith El Primero Range Rover(ゼニス・エル・プリメロ・レンジローバー)」が、レンジローバー史上最もラグジュアリーでパワフルな性...
41 件