OPENERS CAR Selection 2014 大谷達也篇

OPENERS CAR Selection 2014 大谷達也篇

OPENERS読者におくる2014年の5台OPENERS CAR Selection 2014 大谷達也 篇2014年も終わりつぎの1年も見えてきたこの時期だからこそ、あわてずじっくり振り返った「OPENERS Selection 2014」。昨年登場した数おおくのクルマのなかでも、大谷達也氏が注目したモデルはこれだ。Text by OTANI Tatsuyaスーパースポーツカーのひとつの到達点が登場2014年、個人的にとりわけ強く印象に残ったのはエコカーとスーパースポーツカーの台頭だった。CO2の削減が叫ばれ、またエネルギー セキュリティの観点から石油資源への過度な依存に警鐘が鳴らされている現在、プラグインハイブリッドやEV、燃料電池車といった次世代型エコカーに注目が集まるのは当然のことだろう。でも、面白いことに、エコカーとおなじくらいに、場合によってはエコカーを上まわるくらいの勢いで、昨年は多くのスーパースポーツカーが誕生したようにも思う。また、2014年に登場したスーパースポ...
ランボルギーニによる雪氷上のドライビングトレーニング (前編)|Lamborghini

ランボルギーニによる雪氷上のドライビングトレーニング (前編)|Lamborghini

Lamborghini Winter Accademia|ランボルギーニ ウィンター アカデミアランボルギーニで雪氷走行テクニックをまなぶミッドシップ4WDモデルを精力的に手がけるランボルギーニは、雪氷上でのドライビングトレーニング「ウィンター アカデミア」を定期的に開催している。アヴェンタドール、ウラカンをおもいっきり雪のなかで走らせることのできるこのトレーニングに、大谷達也氏が参加した。今回はその前編をお届けする。Text by OTANI Tatsuyaスーパーカーと氷雪のミスマッチなトレーニングミッドシップ スーパースポーツカーと雪上ないし氷上走行。これほどチグハグな組み合わせは滅多にないだろう。舗装路で強大なグリップを生み出す超ワイドなリアタイヤは雪や氷の上ではまったく役に立たず、自慢の大パワーは路面に伝えられることなくただタイヤを空転させるばかり。それに、スーパースポーツカーは最低地上高が極端に低いからチンスポイラーで雪をかくラッセル車(古い?)になりかねないし、そもそ...
ランボルギーニによる雪氷上のドライビングトレーニング (後編)|Lamborghini

ランボルギーニによる雪氷上のドライビングトレーニング (後編)|Lamborghini

Lamborghini Winter Accademia|ランボルギーニ ウィンター アカデミアランボルギーニで雪氷走行テクニックをまなぶランボルギーニが開催する雪氷上でのドライビングトレーニング「ウィンター アカデミア」。「アヴェンタドール」、「ウラカン」が“教習車”の豪気なスクールに参加した大谷達也氏がレポートする。後編では、さらにテクニックを磨く奥義の伝授が待っていた。前編「ランボルギーニによる雪氷上のドライビングトレーニング」はこちらText by OTANI Tatsuyaウィンタードライビングの醍醐味今回走行したコースは、タイトコーナーを主体とした長めのサーキットがひとつと、これに組み合わされる形で設けられたスキッドパッドが2ヵ所。さらに、パイロンを使ってジムカーナ的な走りを体験できるスペースが2ヵ所用意されていた。基本的には、受講生が助手席に座ってインストラクターのデモ走行を体験した後、インストラクターと受講生が入れ替わり、受講生のドライビングに対して助手席に腰掛けた...
ウラカン、アジアデビュー|Lamborghini

ウラカン、アジアデビュー|Lamborghini

Lamborghini Huracan LP610-4ランボルギーニ ウラカン LP610-4Lamborghini Aventador LP700-4 Nazionaleランボルギーニ アヴェンタドール LP400-4 ナツィナオーレウラカン、アジアデビューアウトモビリ ランボルギーニは、北京国際モーターショーにおいて、「ウラカン LP610-4」のアジアデビューと「ナツィオナーレ」と名付けられた特別仕様の「アヴェンタドール LP700-4」のワールドプレミアをおこなった。Text by OHTO Yasuhiroアジアデビューを中国で飾ったウラカンランボルギーニ史上、もっとも多くの販売台数を誇る「ガヤルド」の後続モデルとして、今年のジュネーブ モーターショーで初披露された「ウラカン LP610-4」が、ついにアジアでその姿をあらわした。ウラカンは、あたらしい5.2リッターのV型10気筒エンジンを搭載。そのスペックは最高出力610ps、最大トルク560Nmを発揮する。トランスミッ...
新世代ランボルギーニ「ウラカン」がついに日本上陸|Lamborghini

新世代ランボルギーニ「ウラカン」がついに日本上陸|Lamborghini

Lamborghini Huracan LP610-4|ランボルギーニ ウラカン LP610-4新世代ベビーランボ「ウラカン」がついに日本上陸アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンは、新型スポーツモデル「ウラカン LP610-4」を日本で正式に発表した。「ガヤルド」の後継として、すべてが一新されたランボルギーニ期待の一台である。 Text by OHTO YasuhiroPhotographs by OHTO Yasuhiro & Automobili Lamborghini Japanシャシー、エンジン、トランスミッションも一新ウラカン LP610-4は、ランボルギーニ史上記録的な販売台数を残した「ガヤルド」の後継にあたる最新モデルで、すべてが一新されたランボルギーニ期待の一台である。ジャパンプレミアがおこなわれた東京渋谷のアイア・シアターでは、ニューモデルのPVが放映された直後に、会場の静寂を打ち破るがごとく、逞しいエグゾーストノートが響き、スモークのなかから、特徴的な...
ランボルギーニ ウラカン初試乗|Lamborghini

ランボルギーニ ウラカン初試乗|Lamborghini

Lamborghini Huracan LP610-4|ランボルギーニ ウラカン LP610-4新世代ベビーランボランボルギーニ ウラカン初試乗史上もっとも成功したランボルギーニ、「ガヤルド」の後継としてジュネーブモーターショーで華々しいデビューを飾った「ウラカン」。新開発の5.2リッターV10エンジンから最高出力610ps、最大トルク560Nmを発揮、0-100km/h加速をわずか3.2秒でこなす実力をそなえたスーパーカーだ。そんな新世代ベビーランボを、大谷達也氏がランボルギーニの故郷サンタガタと、ポール・リカール・サーキットで初試乗した。Text by OTANI Tatsuyaミウラに比肩する美しさ誠に申し訳ないが、ランボルギーニのデザインで心から美しいと思ったのは、この「ウラカン」が初めてかもしれない。いやいや、1台だけ例外があった。ミッドシップ ランボの礎を築いた「ミウラ」は抜群に美しい。けれども、現代までつづくランボルギーニ デザインの系譜は、すべてその後継モデルである...
Car
イタリア警察に新型ウラカンを配備|Lamborghini

イタリア警察に新型ウラカンを配備|Lamborghini

Lamborghini Huracan LP610-4 Polizia|ランボルギーニ ウラカン LP 610-4 ポリツィアイタリア警察に新型ウラカンを配備ランボルギーニは、ガヤルド後継としてジュネーブモーターショーで発表した「ウラカンLP610-4」をイタリア警察に寄贈。年内にはパトカーとしてデビューする予定だ。 Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)ガヤルドで証明した有用性と耐久性ランボルギーニは、デビューしたばかりの新型「ウラカン LP610-4」に警察向けの装備を搭載したパトカーを製造。今月、イタリア警察へと寄贈した。 「ガヤルド」の後継モデルとして今年3月のジュネーブモーターショーで発表したばかりの「ウラカン LP610-4」は、新開発の5.2リッターV10エンジンを搭載。最高出力610ps、最大トルク560Nmを発揮し、0-100km/h加速3.2秒、最高速度325km/hを誇るスーパーカーだ。イタリア警察とランボルギーニの関係は、2...
37 件