連載エッセイ|#ijichimanのぼやき「大井町編」

連載エッセイ|#ijichimanのぼやき「大井町編」

ひたすら肉体の安全無事を主張して、魂や精神の生死を問わないのは違う(三島由紀夫)」――日本初のコールドプレスジュース専門店「サンシャインジュース」のボードメンバーの伊地知泰威氏の連載では、究極に健康なサンシャインジュースと対極にある、街の様々な人間臭いコンテンツを掘り起こしては、その歴史、変遷、風習、文化を探る。第22回は、安くて旨い飲食店が多く立ち並ぶ昭和風情の街、大井町をナビゲート。
連載エッセイ|#ijichimanのぼやき「番外編」

連載エッセイ|#ijichimanのぼやき「番外編」

ひたすら肉体の安全無事を主張して、魂や精神の生死を問わないのは違う(三島由紀夫)」――日本初のコールドプレスジュース専門店「サンシャインジュース」のボードメンバーの伊地知泰威氏の連載では、究極に健康なサンシャインジュースと対極にある、街の様々な人間臭いコンテンツを掘り起こしては、その歴史、変遷、風習、文化を探る。第21回は、新型コロナウイルスによる外出自粛を受け、番外編をお送りする。
連載エッセイ|#ijichimanのぼやき「江戸川橋編」

連載エッセイ|#ijichimanのぼやき「江戸川橋編」

ひたすら肉体の安全無事を主張して、魂や精神の生死を問わないのは違う(三島由紀夫)」――日本初のコールドプレスジュース専門店「サンシャインジュース」のボードメンバーの伊地知泰威氏の連載では、究極に健康なサンシャインジュースと対極にある、街の様々な人間臭いコンテンツを掘り起こしては、その歴史、変遷、風習、文化を探る。第20回は、神田川が流れ、緑も多く感じられる江戸川橋にフォーカスする。
連載エッセイ|#ijichimanのぼやき「根津編」

連載エッセイ|#ijichimanのぼやき「根津編」

ひたすら肉体の安全無事を主張して、魂や精神の生死を問わないのは違う(三島由紀夫)」――日本初のコールドプレスジュース専門店「サンシャインジュース」のボードメンバーの伊地知泰威氏の連載では、究極に健康なサンシャインジュースと対極にある、街の様々な人間臭いコンテンツを掘り起こしては、その歴史、変遷、風習、文化を探る。第19回は、東京大学のお膝元にある小さな街、根津を散策する。
イタリアングリルとカクテルペアリングの競演! 「アルペジオ」提供開始|EAT

イタリアングリルとカクテルペアリングの競演! 「アルペジオ」提供開始|EAT

ストリングスホテル東京インターコンチネンタルのイタリアングリル「メロディア」にて、春の滋味溢れる4品のイタリアングリルとカクテルのペアリングディナーコース「アルペジオ(Arpeggio)」が、2020年3月4日(水)より4月30日(木)まで提供される。
EAT
連載エッセイ|#ijichimanのぼやき「池袋編」

連載エッセイ|#ijichimanのぼやき「池袋編」

ひたすら肉体の安全無事を主張して、魂や精神の生死を問わないのは違う(三島由紀夫)」――日本初のコールドプレスジュース専門店「サンシャインジュース」のボードメンバーの伊地知泰威氏の連載では、究極に健康なサンシャインジュースと対極にある、街の様々な人間臭いコンテンツを掘り起こしては、その歴史、変遷、風習、文化を探る。第18回は、東京の3大副都心と位置づけられる池袋の楽しみ方について。
EAT
連載エッセイ|#ijichimanのぼやき「自由が丘編」

連載エッセイ|#ijichimanのぼやき「自由が丘編」

ひたすら肉体の安全無事を主張して、魂や精神の生死を問わないのは違う(三島由紀夫)」――日本初のコールドプレスジュース専門店「サンシャインジュース」のボードメンバーの伊地知泰威氏の連載では、究極に健康なサンシャインジュースと対極にある、街の様々な人間臭いコンテンツを掘り起こしては、その歴史、変遷、風習、文化を探る。第17回は、おしゃれなお店や施設が立ち並ぶ自由が丘をナビゲートする。
EAT
ラデュレの新作はボックスにリバティプリントを採用|LADURÉE

ラデュレの新作はボックスにリバティプリントを採用|LADURÉE

パリの老舗パティスリー「LADURÉE(ラデュレ)」から、英国リバティ社が手がけるリバティ・ファブリックスをボックスに使用した気品溢れるコレクションが誕生。マカロンボックスは発売中、サブレボックスは2020年1月29日(水)より発売となる。
EAT
連載エッセイ|#ijichimanのぼやき「中目黒編」

連載エッセイ|#ijichimanのぼやき「中目黒編」

ひたすら肉体の安全無事を主張して、魂や精神の生死を問わないのは違う(三島由紀夫)」――日本初のコールドプレスジュース専門店「サンシャインジュース」のボードメンバーの伊地知泰威氏の連載では、究極に健康なサンシャインジュースと対極にある、街の様々な人間臭いコンテンツを掘り起こしては、その歴史、変遷、風習、文化を探る。第16回は、2000年代の再開発で劇的に生まれ変わった中目黒を紹介する。
EAT
フレッシュな本場のベトナム料理を堪能『テイスト オブ アマノイ』|AMAN TOKYO

フレッシュな本場のベトナム料理を堪能『テイスト オブ アマノイ』|AMAN TOKYO

海外のアマンよりシェフを招き、各アマン本場の料理を提供する毎年恒例の特別企画が、好評を博した昨年に続き、2019年9月13日(金)~17日(火)までの5日間、ベトナムの「アマノイ」よりシェフを招いて『テイスト オブ アマノイ』として開催される。
EAT
日本の食の源流を辿る、特別なフルコース|HOSHINOYA Tokyo

日本の食の源流を辿る、特別なフルコース|HOSHINOYA Tokyo

日本旅館「星のや東京」は2019年10月1日(火)から10月31日(木)まで、宿泊者限定の特別なフルコース「Nipponキュイジーヌ~ときの旅~」を開催。平成から令和へと新たな時代に移り変わった今、これまで日本が辿ってきた食文化の歴史から着想を得た特別なコースメニューを通じて日本の食文化の魅力を伝える。
EAT
ドン ペリニヨン醸造最高責任者の「レガシーの継承」を発表|Dom Pérignon

ドン ペリニヨン醸造最高責任者の「レガシーの継承」を発表|Dom Pérignon

Dom Pérignon|ドン ペリニヨンリシャール・ジェフロワからヴァンサン・シャプロンへドン ペリニヨンの醸造最高責任者の変更が発表された。その節目と同時に現醸造最高責任者リシャール・ジェフロワ氏と、新任のヴァンサン・シャプロン氏の集大成ともいえるシャンパーニュ「ドン ペリニヨン ヴィンテージ 2008レガシー エディション ギフトボックス」がリリースされた。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)「ドン ペリニヨン ヴィンテージ 2008レガシー エディション ギフトボックス」をリリースドン ペリニヨンは、醸造最高責任者の変更を意味する「レガシーの継承」を発表した。2019年1月1日、新たな醸造最高責任者(シェフ・ド・カーヴ)としてヴァンサン・シャプロン氏が着任する。シャプロン氏は、2005年以来、現在の醸造最高責任者のリシャール・ジェフロワ氏の薫陶を受けてきた。シェフ・ド・カーヴの継承は、ドン ペリニヨンの歴史において大きな節目となる。ジェフロワ氏は19...
EAT
EAT|コスチューム ナショナルのデザイナーが監修した赤ワイン

EAT|コスチューム ナショナルのデザイナーが監修した赤ワイン

EAT|コスチューム ナショナルのデザイナーが監修イタリア・プーリア州から届いた2種類の赤ワイン「CANTINE ALIMINI」発売ファッションブランド「CoSTUME NATIONAL(コスチューム ナショナル)」のデザイナー、エンニョ・カパサ氏が監修を務め、イタリアのプーリア州オトラントで生産された2種類の赤ワイン「CANTINE ALIMINI」が日本で発売される。Text by KUROMIYA Yuzu葡萄の品種からボトルまでこだわり満点今回、日本上陸を果たしたイタリアンワイン「CANTINE ALIMINI」は、エンニョ・カパサ氏がアドリア海に面するプーリアの別荘で休暇を過ごす際、彼のゲストをもてなす目的で限定生産されたワインだ。7月末、西麻布のゲストハウスでおこなわれた発売記念パーティでの1コマ。当日会場には、コスチューム ナショナルが所有するアートコレクションから、草間彌生(写真左)やウィリアム・ケントリッジなど、さまざまな手法で描かれた12点の絵画が展示され、訪...
EAT
グランドニッコー東京 台場で味わう『冬の贅~海老・蟹ディナー』|EAT

グランドニッコー東京 台場で味わう『冬の贅~海老・蟹ディナー』|EAT

EAT|冬の間だけ楽しめる贅沢「広東料理 台場 楼蘭」で旬の海老や蟹を堪能グランドニッコー東京 台場「広東料理 台場 楼蘭」で、『冬の贅~海老・蟹ディナー』を提供。旬の海老や蟹を使用した料理が楽しめる。期間は2019年1月2日(水)~2月28日(木)まで。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)内容の異なる2コースをラインナップグランドニッコー東京 台場内のレストラン「広東料理 台場 楼蘭」にて、旬の海老や蟹を贅沢なコースで味わえる『冬の贅~海老・蟹ディナー』が期間限定で展開される。冬が旬の海老と蟹をふんだんに使用した2コースを用意。贅沢な味とひとときが愉しめる。湯通しをして香ばしさをプラスしたズワイ蟹に黒豆ソースを絡め、巣籠をイメージしたジャガイモを崩しながら食す「ズワイ蟹の黒豆ソース 巣籠入り」や、濃密な旨味がつまった蟹の爪を、中東で愛される麺状のカダイフで巻き、ユニークな食感も楽しめる「蟹の爪のカダイフ巻揚げ」など、楼蘭の伝統が織り成す贅沢な料理が提供され...
EAT
564 件