フレッシュな本場のベトナム料理を堪能『テイスト オブ アマノイ』|AMAN TOKYO

フレッシュな本場のベトナム料理を堪能『テイスト オブ アマノイ』|AMAN TOKYO

海外のアマンよりシェフを招き、各アマン本場の料理を提供する毎年恒例の特別企画が、好評を博した昨年に続き、2019年9月13日(金)~17日(火)までの5日間、ベトナムの「アマノイ」よりシェフを招いて『テイスト オブ アマノイ』として開催される。
EAT
日本の食の源流を辿る、特別なフルコース|HOSHINOYA Tokyo

日本の食の源流を辿る、特別なフルコース|HOSHINOYA Tokyo

日本旅館「星のや東京」は2019年10月1日(火)から10月31日(木)まで、宿泊者限定の特別なフルコース「Nipponキュイジーヌ~ときの旅~」を開催。平成から令和へと新たな時代に移り変わった今、これまで日本が辿ってきた食文化の歴史から着想を得た特別なコースメニューを通じて日本の食文化の魅力を伝える。
EAT
ドン ペリニヨン醸造最高責任者の「レガシーの継承」を発表|Dom Pérignon

ドン ペリニヨン醸造最高責任者の「レガシーの継承」を発表|Dom Pérignon

Dom Pérignon|ドン ペリニヨンリシャール・ジェフロワからヴァンサン・シャプロンへドン ペリニヨンの醸造最高責任者の変更が発表された。その節目と同時に現醸造最高責任者リシャール・ジェフロワ氏と、新任のヴァンサン・シャプロン氏の集大成ともいえるシャンパーニュ「ドン ペリニヨン ヴィンテージ 2008レガシー エディション ギフトボックス」がリリースされた。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)「ドン ペリニヨン ヴィンテージ 2008レガシー エディション ギフトボックス」をリリースドン ペリニヨンは、醸造最高責任者の変更を意味する「レガシーの継承」を発表した。2019年1月1日、新たな醸造最高責任者(シェフ・ド・カーヴ)としてヴァンサン・シャプロン氏が着任する。シャプロン氏は、2005年以来、現在の醸造最高責任者のリシャール・ジェフロワ氏の薫陶を受けてきた。シェフ・ド・カーヴの継承は、ドン ペリニヨンの歴史において大きな節目となる。ジェフロワ氏は19...
EAT
EAT|コスチューム ナショナルのデザイナーが監修した赤ワイン

EAT|コスチューム ナショナルのデザイナーが監修した赤ワイン

EAT|コスチューム ナショナルのデザイナーが監修イタリア・プーリア州から届いた2種類の赤ワイン「CANTINE ALIMINI」発売ファッションブランド「CoSTUME NATIONAL(コスチューム ナショナル)」のデザイナー、エンニョ・カパサ氏が監修を務め、イタリアのプーリア州オトラントで生産された2種類の赤ワイン「CANTINE ALIMINI」が日本で発売される。Text by KUROMIYA Yuzu葡萄の品種からボトルまでこだわり満点今回、日本上陸を果たしたイタリアンワイン「CANTINE ALIMINI」は、エンニョ・カパサ氏がアドリア海に面するプーリアの別荘で休暇を過ごす際、彼のゲストをもてなす目的で限定生産されたワインだ。7月末、西麻布のゲストハウスでおこなわれた発売記念パーティでの1コマ。当日会場には、コスチューム ナショナルが所有するアートコレクションから、草間彌生(写真左)やウィリアム・ケントリッジなど、さまざまな手法で描かれた12点の絵画が展示され、訪...
EAT
グランドニッコー東京 台場で味わう『冬の贅~海老・蟹ディナー』|EAT

グランドニッコー東京 台場で味わう『冬の贅~海老・蟹ディナー』|EAT

EAT|冬の間だけ楽しめる贅沢「広東料理 台場 楼蘭」で旬の海老や蟹を堪能グランドニッコー東京 台場「広東料理 台場 楼蘭」で、『冬の贅~海老・蟹ディナー』を提供。旬の海老や蟹を使用した料理が楽しめる。期間は2019年1月2日(水)~2月28日(木)まで。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)内容の異なる2コースをラインナップグランドニッコー東京 台場内のレストラン「広東料理 台場 楼蘭」にて、旬の海老や蟹を贅沢なコースで味わえる『冬の贅~海老・蟹ディナー』が期間限定で展開される。冬が旬の海老と蟹をふんだんに使用した2コースを用意。贅沢な味とひとときが愉しめる。湯通しをして香ばしさをプラスしたズワイ蟹に黒豆ソースを絡め、巣籠をイメージしたジャガイモを崩しながら食す「ズワイ蟹の黒豆ソース 巣籠入り」や、濃密な旨味がつまった蟹の爪を、中東で愛される麺状のカダイフで巻き、ユニークな食感も楽しめる「蟹の爪のカダイフ巻揚げ」など、楼蘭の伝統が織り成す贅沢な料理が提供され...
EAT
渋谷・富ヶ谷に誕生した完全予約制の小さな食堂|HITOTEMA

渋谷・富ヶ谷に誕生した完全予約制の小さな食堂|HITOTEMA

HITOTEMA|ヒトテマ小さな空間にひとつの大きなテーブルがある“ごはんやさん”渋谷・富ヶ谷に誕生した完全予約制の小さな食堂渋谷駅から徒歩10分ほどの神山町や富ヶ谷エリアが、いま熱いスポットとしてひそかに注目を集めている。その“奥渋谷・裏渋谷”の一端をなす富ヶ谷2丁目の山手通り沿いに、完全予約制、限られた日数だけオープンする“ごはんやさん”「HITOTEMA(ヒトテマ)」がオープンした。Text by KAJII Makoto (OPENERS)メニューはお任せのみの6500円ヒトテマの店主は、ファッション&フードプランナーの直子さん。幼少のころから身体が弱く、病気がちだった彼女は、菓子をつくって家族に食べさせるように。やがて、菓子から料理へと関心が広がって、ローフード(ローフーディスト)やベジタリアンフードを6年試してみるなど、独学で知識を増やしていったという。「ヒトテマでは、“現代のお袋料理”というテーマで料理を提供しています」という直子さん。「祖父や祖母へは焼き魚、父へは酒...
EAT
フレデリック・カッセルの2018年クリスマスコレクション|Frédéric Cassel

フレデリック・カッセルの2018年クリスマスコレクション|Frédéric Cassel

Frédéric Cassel|フレデリック・カッセル店舗ごとにさまざまな限定スイーツを展開フレデリック・カッセルのクリスマスコレクションがお目見え。可愛らしさと美味しさを両立させたクリスマスにぴったりのスイーツだ。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)クリスマスシーズンを彩る華やかなビジュアルが魅力フレデリック・カッセルの2018年クリスマスコレクションが登場。可愛らしいルックスはスイーツ好きならずとも、魅力的に映るはずだ。銀座三越をはじめ、伊勢丹新宿店、西武池袋店、名古屋三越栄店、あべのハルカス近鉄本店など、それぞれの店舗限定のケーキが展開されることも魅力のひとつ。クリスマスの食卓をあざやかに彩ってくれる。ミルフイユ・フレイズ(銀座三越限定)フレデリック・カッセルのスペシャリテであるミルフイユがクリスマス仕様にドレスアップ。バニラたっぷりのクリームにピスタチオのビスキュイ、イチゴのクーリーが絶妙なハーモニーを奏でる。たくさん並んだイチゴにもクリスマス気分が...
EAT
唯一無二のギルトフリースイーツ「VEGGI de PAN(ベジ デ パン)」|h+diet Laboratory

唯一無二のギルトフリースイーツ「VEGGI de PAN(ベジ デ パン)」|h+diet Laboratory

h+diet Laboratory|エイチプラスダイエット ラボラトリー素材へのこだわりが生み出す、唯一無二のギルトフリースイーツh+diet Laboratoryの「VEGGI de PAN」「低糖質だけど美味しくて、なおかつ体にいいものを作りたい」。トータルダイエットカウンセラー・大西ひとみさんの熱い思いから生まれた焼き菓子が「VEGGI de PAN(ベジ デ パン)」だ。罪悪感を抱くことなく食べられる“ギルトフリースイーツ”が昨今のトレンドだが、経験に基づく科学的な知識と徹底した素材へのこだわりを融合させた大西さんの「ベジ デ パン」は、他のそれとは一線を画している。Photographs by UESAWA YukaText by HAYASHI Eimi30代からの食事で重要なのは、どのような糖質をとり入れるか日本とアメリカでパーソナルトレーナーとして20年近いキャリアを持ち、数々の栄養資格を取得してきた、トータルダイエットカウンセラーの大西ひとみさん。彼女が「ベジ デ...
EAT
ピエール・エルメ・パリとコラボレーションしたクリスマスケーキ|HOTEL NEW OTANI

ピエール・エルメ・パリとコラボレーションしたクリスマスケーキ|HOTEL NEW OTANI

HOTEL NEW OTANI|ホテルニューオータニ「イスパハン」と「スーパーシリーズ」の夢の共演ホテルニューオータニが、ピエール・エルメ・パリ開業20周年を記念して誕生した「エクストラスーパーイスパハンショートケーキ」をクリスマス仕様のホールケーキとしてリリースする。販売期間は2018年12月21日(金)~25日(火)。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)エクストラスーパーイスパハンショートケーキ米VOGUE誌で、“パティシエ界のピカソ”と称され、そのユニークな感性でスイーツの既成概念を覆したパティシエ、ピエール・エルメ氏。彼が自身の名を冠したペストリーブティックの世界第一号店をホテルニューオータニに出店し、今年で20周年を迎える。彼が創り出す“味覚、感性、歓喜の世界”は、ホテルニューオータニの食文化にも影響を与え、またピエール・エルメ氏も日本の食材や味わいを取り入れたマカロンを開発するなど、さまざまな相互作用を経て、共に進化を続けてきた。この度、「ピエー...
EAT
モエ・エ・シャンドン74番目のヴィンテージ「グラン ヴィンテージ 2012」|MOËT & CHANDON

モエ・エ・シャンドン74番目のヴィンテージ「グラン ヴィンテージ 2012」|MOËT & CHANDON

MOËT & CHANDON|モエ・エ・シャンドン厳しい天候を乗り越え、過去10年で最も甘味と酸味が強い“2012”モエ・エ・シャンドンの74番目のヴィンテージ シャンパン「グラン ヴィンテージ 2012」が、2019年初春に登場する。しなやかさとみずみずしさが特徴の一本だ。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)シャルドネの存在感を抑えた珍しいブレンド1743年創業以来、世界中の人々を魅了し続けているシャンパーニュメゾン、モエ・エ・シャンドン。天候に恵まれ、抜群に品質の良いブドウが育った年に、その年のワインだけを使用して作られるのが、「グラン ヴィンテージ コレクション」だ。1842年に初のヴィンテージ シャンパンが登場して以来、多くのワイン通をうならせてきた。法廷熟成年数より長い期間をかけて熟成させるヴィンテージ シャンパンは、醸造最高責任者ブノワ・ゴエズ氏の自由な発想と芸術性で完成する特別な品。ブドウの個性とポテンシャルを極限まで表現した味わいは、...
EAT
夫婦が心地良い距離で食事ができるレストラン「TABLE898」期間限定オープン|EAT

夫婦が心地良い距離で食事ができるレストラン「TABLE898」期間限定オープン|EAT

TABLE898|テーブル898夫婦が心地良い距離で食事ができるレストランが期間限定オープン2018年11月22日(木)の“いい夫婦の日”から東京・代々木上原に期間限定でオープンする「TABLE898」は、夫婦が向き合って心地良く会話ができる距離を追求した新感覚のレストラン。マガジンハウスが発足した、新しい時代の夫婦のあり方を提唱する「Rethink 夫婦の時間」プロジェクトの一環として展開する。これまでも数多くの人気店舗を手掛けてきたフランス料理人の丸山智博氏がプロデューサーとして参加し、パリで人気のモダンフレンチ「Restaurant A.T」のオーナーシェフ、田中淳氏によるフルコースが提供される。オープンを間近に控えた心境を2人に聞いた。Text by ANDO Sara (OPENERS)夫婦限定の夫婦のためのレストラン――TABLE898の特徴はなんですか? 丸山智博氏(以下、丸山)今回お話をいただいた時、テーブルについたそれぞれの夫婦が主役となり、夫婦で過ごす時間そのも...
EAT
フランスの美食文化をぎゅっととじこめたマカロン「Macaron Gourmand by ドミニク・ブシェ」|EAT

フランスの美食文化をぎゅっととじこめたマカロン「Macaron Gourmand by ドミニク・ブシェ」|EAT

EAT|故郷、シャラント地方の大地の恵みをイメージ 2つの食材のハーモニーが口に広がるマカロンドミニク・ブシェが贈る新作マカロン「Macaron Gourmand by ドミニク・ブシェ」。2つの食材を組み合わせたマリアージュが特徴だ。種類は5つ。一日のあらゆる時間に楽しめる。 Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)5つのマリアージュが楽しめるパリを拠点に、ミシュラン2つ星を獲得した「ドミニク・ブシェ トーキョー」、ビストロ「レ・コパン」、金沢のステーキハウス「ル・グリル」の3店舗を構え、至極のフレンチを提供する、ドミニク・ブシェ。この度、彼の故郷シャラント地方の大地の恵みをイメージして作られたマカロン「Macaron Gourmand by ドミニク・ブシェ」が登場した。この新たなマカロンは、“Gourmand”(食いしん坊の意)の名を冠する、2つの食材のマリアージュが特徴の一品。ふっくらとしてサクサクした歯ざわりのひと粒を口に運ぶと、なめらかで香り高いエッ...
EAT
555 件