オーデマ ピゲ|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|AUDEMARS PIGUET

オーデマ ピゲ|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|AUDEMARS PIGUET

進化を続けるロイヤル オーク(1)今年のオーデマ ピゲには2つの傾向をみいだすことができる。一つは、創業以来手がけてきた複雑機構ミニッツリピーターの最先端モデル、もう一つはこれもやはり創業時から受け継がれてきた素材、イエローゴールドをロイヤル オークのデザインコードで発表した点だ。文/河田昭則旗艦モデルにふさわしいコレクションの充実もはやブランドを代表するコレクションとして不動の地位を占める「ロイヤル オーク」が、コレクションを大きく拡充している。まず、ケースを初めとする外装について。大きく注目したいのは、18Kイエローゴールドケースモデルの新展開である。近年、ゴールドモデルは、肌への馴染みのよいカラーということもあって、ピンクゴールドに人気が集まる傾向にあったが、古典的なラグジュアリーカラーであるイエローゴールドを大きく取り上げることで、近年の時計界における原点回帰の流れに一石を投じることになりそうだ。同時に、好対照なヴィヴィッドでカジュアルなカラーを、ロイヤル オーク オフショ...
A.ランゲ&ゾーネ|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|A. LANGE & SÖHNE

A.ランゲ&ゾーネ|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|A. LANGE & SÖHNE

A. LANGE & SÖHNE|A.ランゲ&ゾーネ円熟のコンプリケーションが完成(1)ドイツ時計の芸術的な完成度の高さを象徴するA.ランゲ&ゾーネは、2015年に創業者の生誕200年を大々的に祝ったばかりだが、その歩みは衰えるところをしらない。実に精力的な開発を推し進めており、極めて印象に残るモデルを連発している。Text by KAWADA Akinori驚くほどの精力的な新モデルのラッシュ息切れを知らないとは、まさにこのことだ。2015年に創業者の生誕200周年の節目を迎えたA.ランゲ&ゾーネの1年は慌ただしく、年間を通して、メモリアルモデルのリリースが続いたほかに、イベントも目白押し。そのうえ、新工房の落成まで重なった。常人なら一休みしようと思いたくなる忙しさだっただろうが、2016年のジュネーブサロンは、常と変わらぬ新作のリリースが行われ、そのうちの3本は、圧倒的な完成度の高さを誇るコンプリケーションだった。インプレシッブなことこの上ない、新作をここでは紹介したい...
A.ランゲ&ゾーネ 創業者の生誕200年の最後を祝う記念モデルが登場|A.LANGE & SÖHNE

A.ランゲ&ゾーネ 創業者の生誕200年の最後を祝う記念モデルが登場|A.LANGE & SÖHNE

A.LANGE & SÖHNE|A.ランゲ&ゾーネ創業者の生誕200年の最後を祝う記念モデルが登場ナポレオンが最後に敗れたワーテルローの戦いを初め、近代の入り口として歴史書に刻まれる1815年。芸術的な時計作りで知られるドイツブランド、A.ランゲ&ゾーネの始祖、フェルディナント・アドルフ・ランゲの生誕から200年を迎えた2015年の最後を飾るにふさわしい、職人の手仕事が冴えわたる記念モデルが登場した。Text by KAWADA Akinori機構も、外装も、ドイツ時計を象徴する高品質芸術的な時計作りで知られるA.ランゲ&ゾーネの創業者、かつてのドイツ・ザクセン王国の宮廷時計師だったフェルディナント・アドルフ・ランゲは、1815年に生誕した。激動の時代の真っ只中で、近代ヨーロッパが確立されたこの年から、2015年はちょうど200年。A.ランゲ&ゾーネは、2015年に創業者の生誕200年を記念するモデルを、いくつか送り出してきたが、年末に締め括りの象徴的なモデルをリリースした...
世界で50本だけのオロロジカル・マシン|MB&F

世界で50本だけのオロロジカル・マシン|MB&F

MB&F|エム・ビー・アンドエフまるでSF映画の宇宙船世界で50本だけのオロロジカル・マシン今回ご紹介するのは、ハリー・ウィンストン・レア・タイムピーシーズの元最高経営責任者、マクシミリアン・ブッサー氏が立ち上げた、世界初のオロロジカルコンセプトブランド、MB&Fだ。才気あふれる独立時計師たちとの協同プロジェクトを成功させ、世界の時計愛好家から注目されている。ごく一部の業界関係者だけに公開された新作「HM6」の全貌をご紹介しよう。Text by SHIBUYA YasuhitoPhotographs by KISHIDA Katunori日本のアニメがモチーフひと目見て、「まるでSF映画の宇宙船じゃないか」と思ったあなたは大正解! この腕時計は日本のSFアニメからインスパイアを受けてデザインされた超絶トゥールビヨンモデルなのだ。その名も「オロロジカル・マシン No.6 スペースパイレート」。前後左右、そして中央にある、裏側も合わせれば合計9つの透明なサファイアクリス...
ドゥラクールCEOが語る新作「リフレクト・トゥールビヨン」|DELACOUR

ドゥラクールCEOが語る新作「リフレクト・トゥールビヨン」|DELACOUR

deLaCour|ドゥラクールまったく新しいケースシェイプの自信作2003年、独創的なデザインと複雑機構を組み合わせた「ビクロノ」で、鮮やかにバーゼルワールドデビューを果たしたドゥラクール。以来、各国王室やセレブリティ、有名スポーツ選手などへと一気にユーザーが広がり、特別なオーダーによる別注モデルの開発にも力を注いできた。今回、わずか十数年で世界的なブランドへと躍進させた同社の敏腕社長が2016年発表予定のニューモデルを携えて来日したという情報をキャッチ。ドゥラクールコレクションの取り扱いで国内随一を誇るノーブル スタイリング ギャラリーにて、インタビューが実現した。Text by YAMAGUCHI Yuya「リフレクト」からドゥラクールの新たな伝説が始まるふたつのクロノグラフを搭載する「ビクロノ」や、ふたつのフライング・トゥールビヨンを備えた「ビトゥールビヨン」で世界を席巻。日本では「サクラ」がヒットを続けるドゥラクールだが、これらとは異なる新フォルムの新作を開発したという。社...
ロジェ・デュブイが追求する2つのコンセプト|ROGER DUBUIS

ロジェ・デュブイが追求する2つのコンセプト|ROGER DUBUIS

ROGER DUBUIS|ロジェ・デュブイ「アストラル・スケルトン」と「エクスカリバー」ロジェ・デュブイが追求する2つのコンセプト(1)2015年のコレクションテーマを「スケルトン・イヤー」と定め、1月のジュネーブで「アストラル(星のような)・スケルトン」というコンセプトの下、「エクスカリバー・スパイダー」のダブルトゥールビヨンを筆頭に、時計界の常識である“スケルトン=クラシック”というイメージを完膚なきまでに打ち破り、バイヤーやジャーナリストを驚愕させたロジェ・デュブイ。それから約8カ月後のWATCHES & WONDERSでも、ポケットウォッチを筆頭に、このテーマをさらに追求したモデルを発表し、来場者を魅了した。Text by SHIBUYA Yasuhito大胆なスケルトンデザインに、メゾンが誇るベースプレートに加えて、ケースや針、フランジ(ムーブメントや文字盤を収める枠)までスケルトン化する…「エクスカリバー スパイダー」でスケルトン技術の限界を打ち破ったロジェ・デ...
香港で発表されたモンブランの限定モデル|MONTBLANC

香港で発表されたモンブランの限定モデル|MONTBLANC

MONTBLANC|モンブラン香港で発表されたモンブランの限定モデル(1)2014年の1月にジュネーブで、傘下に収めた名門ミネルバ・マニュファクチュールの技術を継承する「ヴィルレ」コレクションにくわえ、同じ性格ながらより身近な「ヘリテイジ スピリット」コレクションを発表したモンブラン。2015年1月にはさらにヴィルレであたらしい複雑時計、さらに「ヘリテイジクロノメトリー」というまったくの新コレクションを披露し、人気のクラシックテイスト・ウォッチを劇的に充実させてきた。さらに今回の香港では、1月発表のヴィルレ、ヘリテイジ スピリットの新バージョンモデルや「ヘリテイジ スピリット」の新モデルも発表。どれも魅力的で、クラシックテイストの腕時計が好きな人にとっては絶対に見逃せないタイムピースだ。Text by SHIBUYA Yasuhito超絶トリプルタイムゾーンモデルの限定新バージョン15世紀末にインド航路を発見し、大航海時代、世界貿易への扉を開いたポルトガル人、ヴァスコ・ダ・ガマへの...
パネライの薄型ムーブ搭載の新モデルが登場|PANERAI

パネライの薄型ムーブ搭載の新モデルが登場|PANERAI

PANERAI|パネライ新ムーブ搭載の薄型モデルが登場(1)昨年、2014年のWATCHES & WONDERSでは、ブランド初の薄型自動巻きムーブメント、キャリバーP.4000とその搭載モデルを発表し、注目を集めたパネライ。今年の香港でも、薄型手巻きの新ムーブメント、キャリバーP.1000とその搭載モデル、さらに昨年発表のP.4000を搭載した「ラジオミール 1940」42mmケース初の自動巻きモデルも登場し、着けやすい薄型モデルがさらに充実した。またマニアには、DLCブラックコーティングされたルミノールのチタンケースのスペシャルモデルも見逃せない。Photographs & Text by SHIBUYA Yashihito天才ガリレオ・ガリレイに捧ぐ希少な限定モデルイタリアが生んだ科学者といえば、機械式時計の基本原理・振り子の等時性の法則を発見するなど、偉大な業績を残したガリレオ・ガリレイ。パネライはフィレンツェのガリレオ博物館を後援するなど、かねてから敬意を...
ヴァシュロン・コンスタンタンの史上もっとも複雑な時計|VACHERON CONSTANTIN

ヴァシュロン・コンスタンタンの史上もっとも複雑な時計|VACHERON CONSTANTIN

VACHERON CONSTANTIN|ヴァシュロン コンスタンタンなんと57種類もの複雑機能を搭載オーダーメイドのユニークピースがついに完成2015年に創業260年を迎えた、現存最古級の時計ブランド、ヴァシュロン・コンスタンタンが、“史上最も複雑な時計”を完成させた。57もの複雑機能を搭載する時計は、文字通り、前代未聞。ジュネーブの時計職人キャビノティエの魂と技のこもった機械式時計の最高傑作だ。Text by KAWADA Akinori8年がかりで完成した唯一の時計このほど、ジュネーブでヴァシュロン・コンスタンタンから驚くべき複雑時計が発表された。ヴァシュロン・コンスタンタンと言えば、2015年に創業260周年を迎えた最古級の時計ブランド。創業以来、途切れることなく時計作りを継続し、古来よりのジュネーブの時計職人“キャビノティエ”の伝統を色濃く継承する。この節目の年に、伝統ある名門らしい特別な時計が誕生した。57ものコンプリケーション機能を有する“史上もっとも複雑な時計”である...
カルティエの芸術的なレアピース|CARTIER

カルティエの芸術的なレアピース|CARTIER

CARTIER|カルティエカルティエの芸術的なレアピース(1)2009年以降、完全自社開発による複雑時計を毎年発表して時計愛好家を虜にし、ジュエラーとしてはもちろんのこと、ウォッチメーカーとしても頂点を極めているカルティエ。そのクリエーションの勢いは止まらない。2015年9月30日〜10月3日に開催された香港の「WATCHES & WONDERS2015」でも新しい複雑時計が公開された。Photographs & Text by SHIBUYA Yashihitoミステリアスな時を演出歯車などの伝達機構は一切見えない。まるで魔法のように空間に浮かんだ状態の時分針が、時間の経過とともにそれぞれ動いて時刻を表示する。1912年に天才時計職人モーリス・クーエと共同で開発した「ミステリークロック」」は、時計の歴史に燦然と輝くカルティエの名作のひとつだ。このミステリアスなメカニズムを最新のウォッチメイキングの技術を使い、腕時計で実現したのが、2013年に発表された「ロトンド ...
BREGUET|ブレゲのプレ・バーゼル、ジュネーヴで新作を発表

BREGUET|ブレゲのプレ・バーゼル、ジュネーヴで新作を発表

BREGUET|ブレゲブレゲのプレ・バーゼル、ジュネーヴで新作を発表Text by OPENERS先の1月20日、スイス ジュネーブにて開催されたブレゲのプレ・バーゼルにて、今年の新作が発表された。登場したのは「トラディション トゥールビヨン・フュゼ シリシオン」。あらたにシリコン素材のブレゲひげぜんまいを搭載したモデルである。1795年にブレゲの創始者であるアブラアン-ルイ・ブレゲが考案した「ブレゲ式オーバーコイル(ブレゲひげぜんまい)」。ぜんまい外側の先端を内側へとカーブさせたこのひげぜんまいはすぐれた等時性を得るために発案され、いまでもたくさんの時計に採用されているものだ。通常ひげぜんまいはメタル製でできているため、振動や磁気、重力の影響などによりゆがみが生じることがある。そこでブレゲはこのムーブメントの主要パーツへと、長い時間をかけて探求を重ねてきた。その開発には、酸化を防ぐためのゴールド製ひげぜんまいや、ブレゲの「マリー・アントワネット」に使用されている等時性改善のための...
ジェイコブ|BASELWORLD 2015 バーゼルワールド速報|JACOB & CO.

ジェイコブ|BASELWORLD 2015 バーゼルワールド速報|JACOB & CO.

JACOB & CO.|ジェイコブダイヤモンドを使用したラグジュアリートゥールビヨン巨大な3軸トゥールビヨンがケース内で回転ラグジュアリーウォッチの作り手としてのジェイコブの手腕は、やはり一流である。2014年に引き続いて登場した「アストロノミア トゥールビヨン」や今回のバーゼルワールド最高額を噂されるバケットダイヤでケースもストラップも埋め尽くした「ビリオネア」は、ハイジュエラーとしての面目躍如のデキ映えだ。Text by KAWADA Akinori超弩級の天文トゥールビヨンが帰ってきた2014年に登場した超弩級の複雑時計が、2015年2本の新作として再登場した。「アストロノミア トゥールビヨン」は、そのメカニズムをすべて明らかにした姿にまず驚かされる。中央から4方向に伸びるアームがあり、それぞれの先端には、立体的に運動する3軸トゥールビヨン、地球儀、文字盤、月を模したダイヤモンドの球体がセットされ、それぞれが回転運動しつつ、時計のケース内を公転するように運動する。この...
ユリス・ナルダン|BASELWORLD 2015 バーゼルワールド速報|ULYSSE NARDIN

ユリス・ナルダン|BASELWORLD 2015 バーゼルワールド速報|ULYSSE NARDIN

ULYSSE NARDIN|ユリス・ナルダン海洋クロノメーターの名門ブランド驚異の新機構を披露(1)創業者ユリス・ナルダンは、海洋クロノメーターの名手であり、やはり海とは切っても切れない縁で繋がっている。2017年のアメリカスカップに挑戦するスウェーデン艇のチーム“アルテミス レーシング”と公式スポンサーシップを締結したという知らせは、今回のバーゼルワールドでも大きなニュースのひとつであった。そんなユリス・ナルダンの高い開発力を実感させる新作を発表。イノベーティブな技術に挑む姿勢を今回も見せてくれた。Text by KAWADA Akinori独自素材によって実現した高精度のトゥールビヨン美しいグランフー・エナメル文字盤とともに6時位置には、トゥールビヨン機構が搭載されている。通常のトゥールビヨンと異なり、このユリス・アンカー・トゥールビヨンの脱進機には、ナノ微結晶ダイヤモンドでシリコンをコーティングした「ダイヤモンシル」が脱進機に使用されている。脱進機の革新に挑みつづけてきたユリ...
68 件