アンダーズ 東京が提供する初夏のスペシャルメニュー|ANDAZ TOKYO

アンダーズ 東京が提供する初夏のスペシャルメニュー|ANDAZ TOKYO

ANDAZ TOKYO|アンダーズ 東京爽やかな風が心地よい時期にぴったりの食事やスパで身も心も満たされる(1)夏に向けて徐々に気温が高くなる初夏、アンダーズ 東京では、スペシャルなフードメニューやスパの特別メニューを用意。季節感たっぷりのラインナップでリラックスしたい。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)季節感が感じられるフードラインナップ夏に向けて徐々に気温が高くなる初夏、アンダーズ 東京では、スペシャルなフードメニューを豊富に取り揃える。メインダイニングのザ タヴァン グリル&ラウンジでは、ディナーのスペシャルメニューとして、沖縄の食材をタヴァンスタイルで楽しめる「沖縄ディナーセット」が提供される。久米島産の車海老やマングローブ蟹のカクテルを、さっぱりとした青パパイヤのガスパチョと海ぶどうの絶妙な塩味とともにいただく。メイン料理の、サトウキビや紅イモなどで育ったきびまる豚は、3種の異なる部位とそれぞれに適した調理法で、素材の良さを活かしきる仕上...
EAT
グランド ハイアット 東京が提供する「令和」時代を祝した贅沢バーガー|EAT

グランド ハイアット 東京が提供する「令和」時代を祝した贅沢バーガー|EAT

GRAND HYATT TOKYO|グランド ハイアット 東京黒毛和牛やフォアグラなどの高級食材を使用し、金粉をまとったラグジュアリーバーガーグランド ハイアット 東京は新元号が「令和」に決定したことを受けて、新しい時代を祝う贅沢なハンバーガーを提供している。高級食材をふんだんに使ったハンバーガーだ。数人でシェアする巨大バーガー、ひとりでも楽しめるレギュラーサイズもラインナップされている。期間は2019年6月30日(日)まで。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)シェア前提の巨大バーガーと1人で楽しめるレギュラーサイズをラインナップグランド ハイアット 東京は、新天皇即位および新元号施行を祝し、ホテル内のステーキハウス「オーク ドア」にて、ラグジュアリーなハンバーガーを提供している。ラインナップは6~8人でシェアするゴールデン ジャイアント バーガーと、一人で楽しめるレギュラーサイズのゴールデン “R” バーガーの2種類。どちらも、黒毛和牛やフォアグラ、トリュ...
EAT
連載エッセイ|#ijichimanのぼやき 第3回「昭和の残滓が散らばるサラリーマンの街・新橋」

連載エッセイ|#ijichimanのぼやき 第3回「昭和の残滓が散らばるサラリーマンの街・新橋」

連載エッセイ|#ijichimanのぼやき第3回「昭和の残滓が散らばるサラリーマンの街・新橋」「ひたすら肉体の安全無事を主張して、魂や精神の生死を問わないのは違う(三島由紀夫)」――日本初のコールドプレスジュース専門店「サンシャインジュース」のボードメンバーの伊地知泰威氏の連載では、究極に健康なサンシャインジュースと対極にある、街の様々な人間臭いコンテンツを掘り起こしては、その歴史、変遷、風習、文化を探る。第3回は、サラリーマンの聖地として知られる新橋の楽しみ方を提案する。Photographs and Text by IJICHI Yasutake新しい時代に残したい歴史ある街の記憶新橋は一般的に“サラリーマンの街”とよくいわれる。それに違わず、ボクも社会人になるまで新橋に足を踏み入れた記憶はほぼない。銀座に行くことはあっても新橋は素通りしていた。新橋が活動エリアのひとつになったのは、サンシャインジュースに携わるようになった30代から。いまはオフィスが新橋-虎ノ門にあるので、1日...
EAT
アレキサンダーワンがポップアップイベントを開催|alexanderwang

アレキサンダーワンがポップアップイベントを開催|alexanderwang

alexanderwang|アレキサンダーワン“チャイニーズアメリカン”がテーマの「collection 1」ローンチ記念新生alexanderwang(アレキサンダーワン)の新作コレクションのローンチ記念として、台湾のナイトマーケットをイメージしたフード&ドリンクポップアップイベントが開催される。期間は2019年4月6日(土)と7日(日)の二日間。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)チャイニーズフード&ドリンクが楽しめる2019年春夏シーズンよりALEXANDER WANGはブランド名をalexanderwangと変更し、コレクション名もcollection 1と銘打ち、ブランドが一新された。collection 1のテーマは“チャイニーズアメリカン”。このローンチを記念し、アレキサンダーワン 青山店にて台湾のナイトマーケットをイメージした「STRAIGH OUTTA CHINA(TOWN)“と題したフード&ドリンクのポップアップイ...
EAT
ジョエル・ロブションが贈る春の訪れを祝うコースメニュー|Joël Robuchon

ジョエル・ロブションが贈る春の訪れを祝うコースメニュー|Joël Robuchon

Joël Robuchon|ジョエル・ロブション旬の食材を使用した季節感あふれるメニュージョエル・ロブションの春メニューの提供がスタートした。厳選された春らしい食材をふんだんに使った料理は、おなかも心も満たしてくれる。ぜひこの季節のコースメニューで華やかな春の訪れを感じみてほしい。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)20種類以上のスイーツを好きなだけ食べられる「小菓子のワゴン」も魅力2019年3月12日(火)より、ガストロノミー“ジョエル・ロブション”では、春に旬をむかえる葉の花やハマグリなど、季節の食材を使用した、色あざやかな春のコースメニューの提供をスタートした。メニューは全3コースのなかから選択できる。なかでもひときわ目を惹く一皿が「アーティチョーク フォアグラと共にミルフィーユ仕立てにしレモンの香る春野菜のグレックを添えて」は、アーティチョークとフォアグラのテリーヌを、ギリシャ風に仕上げた彩りあざやかなカリフラワー、ラディッシュ、ミニフヌイユのマリネ...
EAT
日本酒の祭典「CRAFT SAKE WEEK」が今年も開催|EAT

日本酒の祭典「CRAFT SAKE WEEK」が今年も開催|EAT

EAT|厳選された110蔵の日本酒と一流レストランの料理が堪能できる今年のテーマは“日本酒と世界各国料理とのペアリング”日本酒ビギナーから、愛飲している方まで幅広い層が日本酒を愉しめるイベント「CRAFT SAKE WEEK」が今年も開催。日本酒と料理のペアリングに焦点を当て、世界各国から至極の名店が集結する。期間は2019年4月19日(金)~29日(月・祝) までText by WASEDA Kosaku(OPENERS)最終日には予約至難なレストランが一日限りの出店東京・六本木にて、日本最高峰の厳選された110蔵の日本酒と一流レストランの料理が堪能できるイベント「CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS 2019」が開催される。近年日本酒は、その人気が高まっていくなかで、和食だけでなくさまざまな料理との相性が認知されつつある。古くから日本と同じく米文化をもち、米による醸造酒や蒸留酒を造るアジア圏でも日本酒が注目され、消費量が年々拡大している。そのような...
EAT
“4つの手”で繰り広げられる、まさにスペシャルなイタリアン|AMAN TOKYO

“4つの手”で繰り広げられる、まさにスペシャルなイタリアン|AMAN TOKYO

AMAN TOKYO|アマン東京イタリアンレストラン「アルヴァ」で4日間だけの限定開催日伊シェフの夢の饗宴「-Four Hands- Chef Masakazu Hiraki×Chef Andrea Torre」アマン東京のイタリアンレストラン「アルヴァ」でイタリア人シェフ、アンドレア・トーレ氏と、アマン東京の総料理長、平木正和氏によるコラボレーションイベント「-Four Hands- Chef Masakazu Hiraki×Chef Andrea Torre」が3月14日(木)から17日(日)の4日間限定で開かれる。Text by YANAKA Tomomiアペリティーボのテーマは“春の息吹”アマン東京でも昨年1月にローンチし、アマンがグループとして打ち出したイタリアンのコンセプト「アルヴァ」。旬の食材を調達し、持続可能な料理の基本を維持するというイタリアの食の歴史にインスパイアされたコンセプトを発案、そして立ち上げたのが、今回登場するイタリア人シェフ、アンドレア・トーレ氏だ。...
EAT
世界各地のアミューズブーシェとお酒を楽しむ「コンラッド・アペロ」|CONRAD TOKYO

世界各地のアミューズブーシェとお酒を楽しむ「コンラッド・アペロ」|CONRAD TOKYO

CONRAD TOKYO|コンラッド東京味や食感も多種多様。ユニークな世界のアミューズブーシェを愉しむ魅惑の「コンラッド・アペロ」メニューを一新コンラッド東京のバー&ラウンジ「トゥエンティエイト」で人気の「コンラッド・アペロ」がリニューアル。世界各地の料理をアレンジしたアミューズブーシェとフリーフローのドリンクでリラックスした大人の時間を演出する。Text by YANAKA Tomomi5種のオリジナルカクテルなど、多彩なドリンクもフリーフローコンラッド東京28階、天井高8メートルの開放的な窓から東京のきらめく美しい夜景が望める「トゥエンティエイト」で人気の「コンラッド・アペロ」が一新された。「コンラッド・アペロ」はフリーフローのドリンクと一口サイズのアミューズブーシェ8種類でラインアップ。一新されたメニューでは前回と異なる地域のメニューが用意された。スペイン・アンダルシア地方に由来するセラーノハムを使ったサルモレッホ、柚子の香りが効いたずんだディップ、ペルーの国民食といわれるセ...
EAT
グランドニッコー東京 台場で味わう『冬の贅~海老・蟹ディナー』|EAT

グランドニッコー東京 台場で味わう『冬の贅~海老・蟹ディナー』|EAT

EAT|冬の間だけ楽しめる贅沢「広東料理 台場 楼蘭」で旬の海老や蟹を堪能グランドニッコー東京 台場「広東料理 台場 楼蘭」で、『冬の贅~海老・蟹ディナー』を提供。旬の海老や蟹を使用した料理が楽しめる。期間は2019年1月2日(水)~2月28日(木)まで。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)内容の異なる2コースをラインナップグランドニッコー東京 台場内のレストラン「広東料理 台場 楼蘭」にて、旬の海老や蟹を贅沢なコースで味わえる『冬の贅~海老・蟹ディナー』が期間限定で展開される。冬が旬の海老と蟹をふんだんに使用した2コースを用意。贅沢な味とひとときが愉しめる。湯通しをして香ばしさをプラスしたズワイ蟹に黒豆ソースを絡め、巣籠をイメージしたジャガイモを崩しながら食す「ズワイ蟹の黒豆ソース 巣籠入り」や、濃密な旨味がつまった蟹の爪を、中東で愛される麺状のカダイフで巻き、ユニークな食感も楽しめる「蟹の爪のカダイフ巻揚げ」など、楼蘭の伝統が織り成す贅沢な料理が提供され...
EAT
“白ごはん”のような存在。自分だけのグラノーラを作る「素」が登場|FRUCTUS

“白ごはん”のような存在。自分だけのグラノーラを作る「素」が登場|FRUCTUS

FRUCTUS|フラクタスその日の気分で味や食感に変化を。自由度が高いグラノーラ“CRAFT”をテーマに掲げ、さまざまな形でグラノーラの楽しみ方を提案している「FRUCTUS」。このたび発売された「FRUCTUSの素」は、オートミール、アーモンドスライス、ココナッツフレークが入った、すべての商品の基本となるもの。言わば“白いごはん”のような存在。お茶碗の白米に明太子やふりかけをのせて食べるように、乾燥フルーツ類やチョコレートを混ぜるなどして、それぞれの好みに合ったカスタムができる。召し上がるときはこの上にフレッシュなフルーツをのせ、さらにヨーグルトや蜂蜜と組み合わせるのがおすすめ。「素」の美味しさと食感を楽しみながら、優雅な気持ちで一日をはじめることができるだろう。FRUCTUSの素 プレーン内容量|400g価格|1200円(税別)問い合わせ先FRUCTUSTel.092-731-8040 http://fructus.jp/PRODUCT Tokyo Tips TOP へ
連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ『ノーマ東京 世界一のレストランが日本にやって来た』

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ『ノーマ東京 世界一のレストランが日本にやって来た』

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ第7回 プロの何たるかを知る、滋味豊かなドキュメンタリー『ノーマ東京 世界一のレストランが日本にやって来た』近頃メディアでさまざまな分野のプロたちの素顔が紹介されているが、共通して見えてくるのは、彼らにとって仕事は単なる職ではなく一種の生き様であるということだ。なぜその仕事をするのか、どこまで努力すればいいのかといった疑問はそこにはない。ただ、高みを目指し、手が、足が、創造力が、そして心が自然に動きだす。Text by MAKIGUCHI June飽くなきチャレンジ精神と、枯れることのない情熱「世界のベストレストラン50」で4度の1位に輝き、7年連続で入賞を果たしたデンマークのレストラン「ノーマ」のオーナー・シェフ、レネ・レゼピもそんなプロのひとりだ。彼とそのチームを1年にわたって追ったドキュメンタリー『ノーマ東京 世界一のレストランが日本にやって来た』を観れば、だれもがそれを確信するだろう。2015年1月、マンダリン オリエンタル東京に5週間限...
野生のきのことフォアグラを堪能するフレンチ|Karuizawa Hotel Bleston Court

野生のきのことフォアグラを堪能するフレンチ|Karuizawa Hotel Bleston Court

Karuizawa Hotel Bleston Court|軽井沢ホテルブレストンコート軽井沢ホテルブレストンコートで堪能する秋の味覚。芳醇な香りと旨みを凝縮した「茸とフォアグラのヴェッシー包み」星野リゾート「軽井沢ホテルブレストンコート」のメインダイニング「ブレストンコート ユカワタン」で、野生のきのことフォアグラを堪能するひと皿「茸とフォアグラのヴェッシー包み」が2018年9月15日(土)~11月30日(金)の期間に提供される。Text by OZAKI Sayaka伝統的なフレンチ料理の調理方法で、芳醇な香りと旨みを凝縮星野リゾート「軽井沢ホテルブレストンコート」のメインダイニング「ブレストンコート ユカワタン」で、野生のきのことフォアグラを堪能する前菜「茸とフォアグラのヴェッシー包み」が提供される。ヴェッシー包みはフランス料理の古典的な調理方法。風船状にしたヴェッシー(豚の膀胱)に食材を入れ、鍋に浮かべて60℃のお湯を一定時間かけ続け、蒸し焼きにするもの。ゆっくりと火が入る...
EAT
非日常をドラマチックに。クルーズ旅の目的は"美食"で決まり!|OCEANIACRUISES

非日常をドラマチックに。クルーズ旅の目的は"美食"で決まり!|OCEANIACRUISES

OCEANIACRUISES|オーシャニアクルーズとびきりの「非日常」を体感できる、クルーズ旅へ楽ちんで快適で美味しい! いまクルーズ旅が面白い。グルメ客船で行く、クルーズ旅は「天国」でした(1)「クルーズ(船旅)」と聞いて、どんな印象を抱くだろうか。ほんの少し前まで、日本では「リタイア後のお金持ちの旅のスタイル」と考えられていた、クルーズのイメージは、ここ最近、変わりつつある。世界的なクルーズ人気を受け、豪華客船からカジュアル船までバリエーションも年々多彩になっている。日本発着クルーズや「クルーズ船で旅をする日本人」の数も右肩あがりだ。Text by HASEGAWA Ayaクルーズは限られた人のための旅のスタイルじゃない!国土交通省によれば、2017年の日本人のクルーズ人口は過去最多の31.5万人を記録。日本の港湾へのクルーズ船の寄港回数は前年比37%増の2764回となり、こちらも過去最高を記録した。この6月には、JTBが、ホテル不足が予想される2020年の東京五輪期間中、横浜...
秋の美食を堪能するメニューが勢ぞろい|GRAND HYATT TOKYO

秋の美食を堪能するメニューが勢ぞろい|GRAND HYATT TOKYO

GRAND HYATT TOKYO|グランド ハイアット 東京グランド ハイアット 東京で世界各国の"秋"の美食メニューを堪能東京・六本木のダイナミックなラグジュアリーホテル、グランド ハイアット 東京で、秋のみ収穫できるフレッシュポルチーニ茸や香り高いトリュフをはじめ、琵琶湖にしか生息していない希少なビワマス、秋の中国料理の定番、上海蟹など、秋に旬を迎える世界各国の食材を楽しむメニューが提供される。Text by OZAKI Sayaka秋に旬を迎える豪華食材を、世界各国の様々な調理方法で堪能グランド ハイアット 東京内のカフェおよびダイニングで、秋が旬のフレッシュポルチーニ茸やトリュフ、希少なニジマスやジビエ、上海蟹や松茸などの、世界各国の秋に旬を迎える食材を用いたメニューが登場する。1階のイタリアンカフェ「フィオレンティーナ」では、フレッシュポルチーニ茸をふんだんに使い、フレッシュならではの深い味わいと豊かな香りを楽しめる「イタリア産フレッシュポルチーニリゾット フレッシュト...
EAT
81 件