いま明かされるドイツが封印した衝撃の真実『ヒトラー暗殺、13分の誤算』|MOVIE

いま明かされるドイツが封印した衝撃の真実『ヒトラー暗殺、13分の誤算』|MOVIE

MOVIE|ヒトラーがもっとも恐れた暗殺者は平凡な家具職人だった?いま明かされる衝撃の真実『ヒトラー暗殺、13分の誤算』『ヒトラー ~最期の12日間~』のオリヴァー・ヒルシュビーゲル監督新作は、ドイツが封印した真実に迫る衝撃の感動実話。『ヒトラー暗殺、13分の誤算』が10月16日(金)よりTOHOシネマズシャンテ、シネマライズほかにて全国順次ロードショーされる。Text by KUROMIYA Yuzu恋と音楽、そして自由を謳歌していた男の揺ぎない信念1939年11月8日、ドイツ・ミュンヘンで演説をおこなっていたヒトラーはいつもより早く切り上げる。その13分後、仕かけられていた時限爆弾が爆発。犯人として逮捕されたのは36歳の平凡な家具職人ゲオルク・エルザーだった。本作はこのヒトラー暗殺未遂の実話をもとに制作。音楽やダンス、恋を楽しみ、自由を謳歌していた男の信念。なぜヒトラーは彼を恐れ、生かしつづけたのか。ドイツが封印した知られざる衝撃の真実を暴く。監督は『ヒトラー ~最期の12日間...
本年度映画賞を席巻! 本当の成功とはなにかを問う社会派ドラマの傑作|MOVIE

本年度映画賞を席巻! 本当の成功とはなにかを問う社会派ドラマの傑作|MOVIE

MOVIE|本年度映画賞を席巻! 本当の成功とはなにかを問う社会派ドラマの傑作社会派ヒューマンドラマ『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』すべてをかけた夢が崩れ落ちようとするとき、男が選ぶ最後の手段とは? “成功”の意味を問いかけるヒューマンドラマ『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』が、10月1日(木)より、TOHOシネマズ シャンテほかで全国ロードショーされる。Text by KUROMIYA YuzuJ・C・チャンダー監督を筆頭に、あたらしい才能が集結ビジネスの現場で経営者が強いられる壮絶な危機を、圧倒的クオリティと息もつかせぬ緊迫感で描いた社会派ヒューマンドラマが誕生。「正しい道を行くこと」が信条の男に迫られる苦渋の選択。成功か破滅か、白か黒か、緊迫の駆け引きとリアルな葛藤が、観る者に「本当の成功とはなにか?」という疑問を突きつける。監督は『オール・イズ・ロスト~最後の手紙~』のJ・C・チャンダー監督。主人公の夫婦を演じるのは、オスカー・アイザックとジェシカ・チャステイン。...
『岸辺の旅』主演・浅野忠信 独占インタビュー|INTERVIEW

『岸辺の旅』主演・浅野忠信 独占インタビュー|INTERVIEW

INTERVIEW|黒沢清監督最新作『岸辺の旅』“魂の絆”を描いた切ない愛の物語主演・浅野忠信 独占インタビュー(1)第68回カンヌ国際映画祭のある視点部門で日本人初となる「監督賞」に輝いた、黒沢清監督の最新作『岸辺の旅』。湯本香樹実による同名小説を、浅野忠信、深津絵里のダブル主演で映画化した本作は、長らく失踪していた夫が死者となって妻のもとに戻り、妻とともに死後の軌跡を辿る旅に出る、という異色のロードムービーであり、魂の絆を描いた切ない愛の物語。黒沢監督作品には『アカルイミライ』(2003年)以来の2度目の出演ながら、いずれもカンヌに出品という快挙を成し遂げた浅野忠信さんに、本作に至るまでの俳優人生における心境の変化や、映画や演技にたいする熱いおもいをうかがった。Photographs by KOBAYASHI Takashi(ITARU studio)Text by WATANABE Reiko10代、20代のころの自然な動きをもう一回追及してやってみたい――黒沢監督とは『アカ...
東京国際映画祭で最優秀芸術貢献賞、WOWOW賞をダブル受賞した話題作『草原の実験』|MOVIE

東京国際映画祭で最優秀芸術貢献賞、WOWOW賞をダブル受賞した話題作『草原の実験』|MOVIE

MOVIE|東京国際映画祭で最優秀芸術貢献賞、WOWOW賞をダブル受賞した話題作一切の台詞を排した『草原の実験』大草原のなかで穏やかな日常を送る父と娘、そして娘と青年たちの淡い三角関係を、一切の台詞を排して描いた『草原の実験』。9月26日(土)より、渋谷シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開される。Text by YANAKA Tomomiメガホンを取るのは、ロシアの新鋭アレクサンドル・コット監督昨年の東京国際映画祭で最優秀芸術貢献賞、WOWOW賞をダブル受賞し、大きな話題となった『草原の実験』がついに劇場公開される。メガホンを取ったのは、『ブレスト 要塞大攻防戦』(2010年)がロシアのアカデミー賞といわれるニカ賞3部門に輝くなど、新鋭として注目を集めるアレクサンドル・コット監督。旧ソ連時代に実際に起きた出来事にインスパイアされ、時代や場所を特定することなく、圧倒的な映像美と台詞がないからこそ活きる登場人物たちの繊細な表情で、衝撃の結末を迎える物語をつくりあげた。またコット...
巨匠ホウ・シャオシェン監督、8年ぶりの最新作『黒衣の刺客』|MOVIE

巨匠ホウ・シャオシェン監督、8年ぶりの最新作『黒衣の刺客』|MOVIE

MOVIE|巨匠ホウ・シャオシェン監督、8年ぶりの最新作カンヌ国際映画祭で監督賞受賞『黒衣の刺客』ベネチア国際映画祭でグランプリに輝いた『悲情城市』や『珈琲時光』など、多くの傑作を生み出してきたホウ・シャオシェン監督の8年ぶりの新作。うつくしく静謐な、あたらしい武侠映画『黒衣の刺客』が、9月12日(土)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショーされる。Text by KUROMIYA Yuzuベストキャスト&スタッフが集結し、ホウ監督最高傑作が完成ホウ・シャオシェン監督渾身の新作『黒衣の刺客』。数奇な運命に翻弄される孤独な女刺客を慎み深く描き、アクションという枠を越えた壮大なドラマを展開。今回はホウ監督の強い希望により、「日本オリジナル・ディレクターズカット版」での公開となる。ヒロインの“女刺客”を演じたのは、スー・チー。激しい感情を押し殺した寡黙な演技で、新境地を見せた。標的となる田季安には『レッド・クリフ』シリーズで知られるチャン・チェン。そして、遣唐使である日本人青年を...
フランスの気鋭女性監督ミア・ハンセン=ラヴ最新作『EDEN/エデン』|MOVIE

フランスの気鋭女性監督ミア・ハンセン=ラヴ最新作『EDEN/エデン』|MOVIE

MOVIE|フランスの気鋭女性監督ミア・ハンセン=ラヴ最新作ひとりのDJの夢と挫折を描く青春ドラマ『EDEN/エデン』1990年代のパリ、エレクトロ・ミュージック・シーンを彗星のごとく駆け抜けたDJの夢と挫折を描く青春音楽映画の決定版『EDEN/エデン』。9月5日(土)より、新宿シネマカリテほかで全国順次ロードショーされる。Text by KUROMIYA Yuzu監督と親交のあるダフト・パンクが「One More Time」などの楽曲を提供1990年代、フランスのダンス・ミュージック・シーンから世界的に広がった、「フレンチ・タッチ」と呼ばれる音楽ムーブメントの軌跡を背景にした本作。主人公のポールが時代の波に乗り、パリの熱いクラブシーンでDJとして掴む成功とやがて味わう挫折、そして恋と友情の20年間を2部構成で描いていく。監督は、世界が注目する新鋭ミア・ハンセン=ラヴ。主人公のモデルは、20年間DJとして活躍し本作の脚本にも参加している8歳年上の実兄スヴェン・ハンセン=ラヴ。劇中を...
ハートウォーミングコメディ『ヴィンセントが教えてくれたこと』|MOVIE

ハートウォーミングコメディ『ヴィンセントが教えてくれたこと』|MOVIE

MOVIE|ひねくれジジイといじめられっ子少年が育む異色の友情物語ハートウォーミングコメディ『ヴィンセントが教えてくれたこと』わずか4館でスタートするも、幅広い観客層から共感を得て、みるみるうちに2500館に拡大。全米でスマッシュヒットを記録したハートウォーミングな感動作『ヴィンセントが教えてくれたこと』が、9月4日(金)より全国ロードショーされる。Text by KUROMIYA Yuzu男同士の友情に年齢は関係なし!新鋭監督、セオドア・メルフィが書き下ろしたオリジナル脚本は、素行のよろしくない老人ヴィンセントといじめられっ子の少年オリバーが繰り広げる風変りな友情物語。最悪の出会いからはじまったふたりの冒険の日々は、憂鬱な日常にどっぷり浸かっていたヴィンセントにバイタリティーを取り戻させ、子どもらしいワンパクさが欠落したオリバーに喜びと勇気をあたえていく。ふたりの絆を通して描かれるのは、友情や家族愛といった普遍的なテーマと、どんな人間も生き方も無意味ではないというポジティブなメッ...
実力派キャストが集結した人間ドラマ『Dearダニー 君へのうた』|MOVIE

実力派キャストが集結した人間ドラマ『Dearダニー 君へのうた』|MOVIE

MOVIE|ジョン・レノンの名曲が彩る、実話から生まれた感動作実力派キャストが集結した人間ドラマ『Dearダニー 君へのうた』43年遅れで届いたジョン・レノンからの手紙が、人生を再び輝かせる――。実話をベースにした感動作『Dearダニー 君へのうた』が、9月5日(土)より、角川シネマ有楽町ほかで全国ロードショーされる。Text by KUROMIYA Yuzuアル・パチーノが初のミュージシャン役に挑戦伝説のスーパースター、ジョン・レノンにはまだ知られざる逸話があった。ビートルズを解散したばかりのジョンが、なんの面識もない新人ミュージシャンを励まそうと書いた直筆の手紙が、数十年を経てようやく本人に届いたのだ。本作ではその実話をもとに、ジョンの手紙に背中を押されて、主人公が家族の愛と音楽への情熱を取り戻す旅に出る姿を描く。レノン財団から異例の許可が下りて、劇中にはジョンが歌うオリジナル・マスターを使用。ジョン・レノンの不滅の魂が込められた歌声と、物語が響き合う名シーンは必見だ。監督は『...
名優パトリシア・クラークソンとベン・キングズレーがタッグ『しあわせへのまわり道』|MOVIE

名優パトリシア・クラークソンとベン・キングズレーがタッグ『しあわせへのまわり道』|MOVIE

MOVIE|名優パトリシア・クラークソンとベン・キングズレーがタッグイサベル・コイシェ監督によるハートフルストーリー『しあわせへのまわり道』人気の女性書評家とタクシー運転手。性別も生い立ちも、思想もまったくちがうふたりの男女が、自動車の教習をとおしてあたらしい人生を切り拓いていくハートウォーミングな物語『しあわせへのまわり道』。8月28日(金)より、TOHOシネマズ日本橋、TOHOシネマズ六本木ヒルズほかで全国公開される。Text by YANAKA Tomomi雑誌ニューヨーカーに掲載されたエッセイを映画化2002年に雑誌『ニューヨーカー』に掲載されたキャサ・ボリットの実体験を綴ったエッセイを原作にアレンジをくわえ、自動車運転の教習がおもいもしないカタチで“人生のレッスン”へと変わっていく『しあわせへのまわり道』が日本でも上映される。監督には、『死ぬまでにしたい10のこと』(2003年)で世界にその名を知らしめ、菊地凜子を主演に迎えた『ナイト・トーキョー・デイ』(2009年)など...
実話を描いたアメリカのベストセラーを映画化『わたしに会うまでの1600キロ』|MOVIE

実話を描いたアメリカのベストセラーを映画化『わたしに会うまでの1600キロ』|MOVIE

MOVIE|実話を描いたアメリカのベストセラーを映画化リース・ウィザースプーン主演『わたしに会うまでの1600キロ』たったひとりで3カ月間、1600キロを踏破した女性の実話を描いたリース・ウィザースプーン主演の『わたしに会うまでの1600キロ』。8月28日(土)より、TOHOシネマズシャンテほかで全国ロードショーされる。Text by YANAKA Tomomi原作にほれ込み製作にも携わったリース・ウィザースプーンアメリカの西海岸を、メキシコ国境からカナダの国境まで南北に縦断し、歩くことで母の死、離婚、ドラッグなどでどん底にいた自身を見つめなおしたシェリル・ストレイドによる原作『わたしに会うための1600キロ』。彼女は本作でベストセラー作家へと人生をリセット、アメリカのみならず、現在は30カ国以上で刊行されている。この実話に基づく物語を映画化したのは、『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』でオスカー女優に輝いたリース・ウィザースプーン。彼女は2012年、プロデューサーのブルーナ・パ...
第67回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作、待望の日本公開決定『夏をゆく人々』|MOVIE

第67回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作、待望の日本公開決定『夏をゆく人々』|MOVIE

MOVIE|第67回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作、待望の日本公開決定蜂飼いの少女とその家族の絆と葛藤『夏をゆく人々』2014年の第67回カンヌ国際映画祭で見事グランプリ(審査員特別大賞)に輝いた注目作がいよいよ日本公開。大人へと成長する少女の姿を繊細に描き出す『夏をゆく人々』が、8月22日(土)より岩波ホールほかにて全国ロードショーされる。Text by KUROMIYA Yuzu養蜂業を営む家で生まれ育った監督の半自伝的映画1982年生まれの弱冠32歳、イタリアの女性監督アリーチェ・ロルヴァケルの長篇2作目。本作によってそのみずみずしい才能が高く評価され、一躍新世代を代表する存在となった。イタリア中部・トスカーナ州周辺の地域で養蜂を営む一家の物語を、4人姉妹の長女ジェルソミーナの視点で綴る。大人へと成長する娘の心と、その変化を受け入れられない父の葛藤。ひと夏の家族それぞれの繊細な感情を、きめ細やかに描き出す。主人公のジェルソミーナは、まったく演技経験のないマリア・アレクサンド...
第二次世界大戦直後、夫婦の愛の行方をサスペンスフルに描く『あの日のように抱きしめて』|MOVIE

第二次世界大戦直後、夫婦の愛の行方をサスペンスフルに描く『あの日のように抱きしめて』|MOVIE

MOVIE|第二次世界大戦直後、夫婦の愛の行方をサスペンスフルに描く緊迫感に満ちた心理劇『あの日のように抱きしめて』『東ベルリンから来た女』の監督・主演トリオが描く、第二次世界大戦直後の深い葛藤。ドイツ映画『あの日のように抱きしめて』が、8月15日(土)よりBunkamura ル・シネマほかにて全国順次ロードショーされる。Text by KUROMIYA Yuzu夫は私を愛していたのか、それとも裏切ったのか『東ベルリンから来た女』で2012年のベルリン国際映画祭銀熊賞(監督賞)に輝いたクリスティアン・ペッツォルト監督が、ふたたび主演にニーナ・ホスとロナルト・ツェアフェルトを迎えてメガホンを取った。今回は顔に怪我を負い収容所から生還した妻と、容姿の変わった妻に気づかない夫との愛の行方を、緊迫感満点に描き出す。ユダヤ人たちが強制収容所に送られる様子を、ただ見守っていた普通のドイツ人たちも登場させながら、戦争によって引き裂かれた夫婦、家族、友人の心理を克明に表した「収容所のその後」を描く...
戦後70年、アウシュビッツ収容所解放70周年の夏に送る感動作『ふたつの名前を持つ少年』|MOVIE

戦後70年、アウシュビッツ収容所解放70周年の夏に送る感動作『ふたつの名前を持つ少年』|MOVIE

MOVIE|戦後70年、アウシュビッツ収容所解放70周年の夏に送る感動作ナチス時代を勇敢に生き抜いたユダヤ人少年『ふたつの名前を持つ少年』ウーリー・オルレブ著『走れ、走って逃げろ』をドイツの名匠が映画化。過酷な運命を勇敢に生き抜いたユダヤ人少年の実話を基にした『ふたつの名前を持つ少年』が、8月15日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国ロードショーされる。Text by KUROMIYA Yuzu主人公の少年役には双子の兄弟を起用自身も強制収容所に入れられたことのあるユダヤ人作家のウーリー・オルレブが、ヨラム・フリードマンの体験を綴った『走れ、走って逃げろ』。その体験記を『Schwarzfahrer(黒人の乗客)』でアカデミー賞®短編実写賞を受賞したドイツの名匠、ペペ・ダンカート監督が映画化。ダンカート監督が描き出すのは、第2次世界大戦時に、8歳のユダヤ人少年が身分と名前を偽り、ポーランド人孤児としてナチス・ドイツの手を逃れ、たったひとりで終戦までの3年間を生き抜いた...
フランソワ・オゾン最新作『彼は秘密の女ともだち』|MOVIE

フランソワ・オゾン最新作『彼は秘密の女ともだち』|MOVIE

MOVIE|自分らしく生きたいと願う“女たち”の物語フランソワ・オゾン最新作『彼は秘密の女ともだち』稀代のストーリーテラーと称えられるフランソワ・オゾン監督待望の最新作。自分らしく生きたいと願う女たちへ贈る人生賛歌『彼は秘密の女ともだち』が8月8日(土)より全国順次ロードショーされる。Text by KUROMIYA Yuzuありのままの自分を受け入れれば人生を心から楽しめる『スイミング・プール』『17歳』をはじめ、珠玉のフィルモグラフィーで圧倒的な才能を見せつけてきたフランソワ・オゾン監督。彼の最新作は、どこにでもいる普通の女性・クレールが特別な女友だちに出会ったことで人生の輝きを取り戻していく物語だ。巧妙に練られたストーリーにくわえ、『8人の女たち』『しあわせの雨傘』などで見せつけてきたオゾン・ワールドが満載。観るものを華やかで心ときめく世界にいざなってくれる。主役のクレールを演じるのは、いま注目の若手女優アナイス・ドゥムースティエ。ダヴィッド/ヴィルジニア役には、フランスを代...
芥川賞作家、高井有一による谷崎潤一郎賞受賞作を戦後70年目に映画化|MOVIE

芥川賞作家、高井有一による谷崎潤一郎賞受賞作を戦後70年目に映画化|MOVIE

MOVIE|芥川賞作家、高井有一による谷崎潤一郎賞受賞作を戦後70年目に映画化戦争時代の許されぬ恋を描く人間ドラマ『この国の空』芥川賞作家・高井有一の同名小説を長谷川博己&二階堂ふみ主演で映画化。戦時下、空襲と飢餓怯えながら生きる人びとの暮らしを丹念に描いた人間ドラマ『この国の空』が、8月8日(土)よりテアトル新宿ほかにて全国ロードショーされる。Text by KUROMIYA Yuzu終戦間近の庶民の生活、男女の関係を大胆かつリアルに表現芥川賞作家・高井有一による同名小説は、1983年に出版され谷崎潤一郎賞を受賞。戦争という時代を戦場ではなく生活する人びとにフォーカス。終戦が近い東京を舞台に、庶民の暮らしを繊細かつリアルに描き出す。監督は、『ヴァイブレータ』『共喰い』など数々の作品で男と女のロマンチシズムを表現してきた脚本家・荒井晴彦。『身も心も』以来、18年ぶりにメガホンを取った渾身の一作だ。主演の里子役は二階堂ふみ。戦争という極限状態のなか妻子ある男・市毛との許されぬ...
175 件