Volkswagen Golf Variant Twindrive

Volkswagen Golf Variant Twindrive

Volkswagen Golf Variant Twindrive|フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント ツインドライブプラグインハイブリッド車20台を用いた実証実験(1)フォルクスワーゲンは、6つのプロジェクトパートナー(「電力会社E.ON」、バッテリーシステム、バッテリー素材開発の「フラウンホーファー ゲゼルシャフトISIT」、エネルギー、環境リサーチをおこなう「ハイデルベルグ研究所」、分析、交通シナリオづくりをする「ドイツ エアロスペース センター」、バッテリーセルの実験研究を担う「ウェストファリアン ヴィルヘルム大学」)およびドイツの環境省と共同で、2008年7月から進めていた「エレクトリックモビリティの実証実験」の中間報告をおこなった。Text by OPENERSドイツ、2020年までにEV目標保有台数を100万台に設定「エレクトリックモビリティの共同研究」は、東日本大震災および原子力発電所で起きた事故をきっかけとしたドイツ政府の脱原発への転換という事態をうけて、さ...
ゴルフ ヴァリアントに国内で試乗|Volkswagen

ゴルフ ヴァリアントに国内で試乗|Volkswagen

Volkswagen Golf Variant|フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアントゴルフ ヴァリアントに国内で試乗年の瀬も押し迫った2013年12月26日、第7世代「ゴルフ」をベースにしたステーションワゴン「ゴルフ ヴァリアント」が国内で発表された。輸入車としてはじめて“2013-2014 日本カー オブ ザ イヤー”受賞をはたしたゴルフ7のボディを伸長し、使い勝手を向上させたこのモデルは、果たしてどうなのか。塩見氏が乗ってたしかめた。Text by SHIOMI SatoshiPhotographs by MOCHIZUKI Hirohiko知的にかんじるダウンサイジングハッチバックが2013年半ばに日本で発売されたフォルクスワーゲン・ゴルフ。7世代となる新型も、いつも通り奇をてらわないデザインで、いつも通りすぐれたパッケージングをそなえている。先代あたりからフォルクスワーゲンの効率(燃費)を追求する姿勢には鬼気迫るものがある。新型ではさらに効率を上げてきた。ダウンサイジン...
Volkswagen Golf Variant 装備充実のプレミアムエディションが誕生

Volkswagen Golf Variant 装備充実のプレミアムエディションが誕生

Volkswagen Golf Variant│フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント装備を充実させたプレミアムエディションが誕生フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、「ゴルフ ヴァリアント」のエントリーグレード「TSIトレンドライン」と最量販グレード「TSI コンフォートライン」の装備を充実させた「プレミアムエディション」をあらたに設定し、販売を開始した。文=谷中朋未コンフォートラインでは価格据え置きヨーロッパ車らしい“正統派”のステーションワゴンとして、人気を集める「ゴルフ ヴァリアント」。1.4リッターまでダウンサイジングされたエンジンとターボの組みあわせにより低燃費を実現している。今回、販売の主力を担う2グレードにユーザーからの要望が高かった装備を充実させ、「ゴルフ ヴァリアント TSI トレンドライン プレミアム エディション」「ゴルフ ヴァリアント TSI コンフォート プレミアム エディション」としてあらたに販売した。1.4リッター直列4気筒DOHCターボエンジ...
Volkswagen Golf Variant|フォルクスワーゲン・ゴルフ・ヴァリアント “あたり”がやわらかく優しいクルマ

Volkswagen Golf Variant|フォルクスワーゲン・ゴルフ・ヴァリアント “あたり”がやわらかく優しいクルマ

Volkswagen Golf Variant|フォルクスワーゲン・ゴルフ・ヴァリアント“あたり”がやわらかく優しいクルマフォルクスワーゲンの新型車が続々日本上陸中。ゴルフのワゴン版であるヴァリアントも先頃モデルチェンジを受け4代目になった。自動車ジャーナリスト、小川フミオによる試乗記をお届けする。文=小川フミオ写真=河野淳樹3タイプのエンジンをラインナップゴルフ・ヴァリアントは1995年にゴルフ3(現在はゴルフ6)のステーションワゴン版としてわが国に導入されたのが初。以来、2000年、2007年にフルモデルチェンジをおこない、今回は先にデビューした新型ゴルフと共通性を感じさせるフロントマスクを与えられるなど、アップデート化がはかられた。ゴルフ・ヴァリアントのラインナップはエンジンを中心に考えると3タイプとなる。・1.4リッター4気筒にインタークーラー付きターボチャージャーを備えて122馬力を発生する「TSIトレンドライン」(272万円)・ベースはおなじ1.4リッター4気筒でインタ...
ゴルフ ヴァリアントにもスポーティなGTDが登場|Volkswagen

ゴルフ ヴァリアントにもスポーティなGTDが登場|Volkswagen

Volkswagen Golf Variant GTD|フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアントGTDゴルフ ヴァリアントにもスポーティなGTDが登場フォルクスワーゲンは、3月に開催されるジュネーブモーターショーにおいて、「ゴルフ ヴァリアント」のもっともスポーティなディーゼルモデルとなる「GTD」をワールドプレミアすると発表した。Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)もっともスポーティなディーゼル第7世代「ゴルフ」をベースにしたワゴンモデル「ゴルフ ヴァリアント」に、ディーゼルエンジンモデルとしてもっともスポーティな「ゴルフ ヴァリアント GTD」が追加される。ゴルフのラインナップ中、モータースポーツ部門であるフォルクスワーゲンR社がエンジニアリングを手掛けた特別な「ゴルフ R」につぐ、スポーティなモデル「GTI」。そのディーゼルエンジン版にあたるのが「GTD」だ。2013年のジュネーブモーターショーで発表された「ゴルフ GTD」譲りの2リッター...
ゴルフ ヴァリアントにスポーティなRライン|Volkswagen

ゴルフ ヴァリアントにスポーティなRライン|Volkswagen

Volkswagen Golf Variant R-Line│フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント Rラインゴルフ ヴァリアントにスポーティなRラインフォルクスワーゲン グループ ジャパンは2日、ステーションワゴンの「ゴルフ ヴァリアント」にスポーティなエクステリアや装備を盛り込んだ「ゴルフ ヴァリアント Rライン」を追加。販売を開始した。Text by YANAKA Tomomi国内で販売するゴルフシリーズ初のRライン2013年、欧州車としてはじめて日本カーオブザイヤーに輝いた「ゴルフ 7」。国内で販売するゴルフシリーズには、280psものハイパワーと、4WDシステムを組み合わせた最高峰モデル「ゴルフ R」がラインナップされるが、今回、その“R”とおなじ意匠をまとった「Rライン」が日本初上陸を果たした。導入第一弾として選ばれたのは、昨年末に導入されたワゴンモデルの「ゴルフ ヴァリアント」。前年のジュネーブモーターショーでコンセプトカーとしても出展された、ゴルフのあたらしいライ...
スポーツと環境、極致のゴルフに注目|Volkswagen

スポーツと環境、極致のゴルフに注目|Volkswagen

Volkswagen|フォルクスワーゲン持続可能な社会に向けたゴルフと、パイパワーなゴルフロサンゼルスオートショーでフォルクスワーゲンが発表したのは、ゴルフをベースとする3台のモデルたち。ひとつは圧倒的なパワーを誇る「ゴルフ R400」、2つめはゴルフRのワゴン版コンセプトとなる「ゴルフ R スポーツワゴン」、そしてもう1台は先日、ホンダやトヨタが発表をおこなったのとおなじく、水素をパワー源とする「ゴルフ スポーツワゴン ハイモーション」だ。現地の模様を、大谷達也氏がリポート。Text & Event Photographs by OTANI Tatsuya注目は水素自動車のゴルフフォルクスワーゲンのメインステージを飾ったのは、最高出力400psを誇る「ゴルフ」のフラッグシップモデルである「ゴルフ R400」、「ゴルフ ヴァリアント」に「ゴルフ R」のコンポーネントを移植した「ゴルフ Rスポーツワゴン」、そしておなじく「ゴルフ スポーツワゴン」に燃料電池を搭載した「ゴルフ ...
ゴルフ ヴァリアントに1.2リッターのブルーモーション仕様を追加|Volkswagen

ゴルフ ヴァリアントに1.2リッターのブルーモーション仕様を追加|Volkswagen

Volkswagen Golf Variant TSI Trendline BlueMotion Technology|フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント TSIトレンドライン ブルーモーション テクノロジーゴルフ ヴァリアントに1.2リッターのブルーモーション仕様を追加フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、ゴルフ ヴァリアントのエントリーモデルのエンジンを、ブルーモーションテクノロジーを搭載した1.2リッターに変更、3月23日より発売すると発表した。Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)ブルーモーションテクノロジーで燃費が12%向上昨年夏に追加されたヴァリアントのエントリーグレード「ゴルフ ヴァリアント TSIトレンドライン プレミアム エディション」をベースに、エンジンを1.4リッターTSIから1.2リッターTSIにダウンサイジングしたうえに、「Start/Stopシステム」と呼ばれるアイドリングストップ機能やブレーキエネルギー回生シ...
新型ゴルフにヴァリアントを追加|Volkswagen

新型ゴルフにヴァリアントを追加|Volkswagen

Volkswagen Golf Variant|フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント新型ゴルフにヴァリアントを追加フォルクスワーゲンは、第7世代のゴルフにワゴンボディの「ゴルフ ヴァリアント」を追加すると、ジュネーブモーターショー2013にて発表した。Text by SUZUKI Fumihiko(OPENERS)デザインの統一感を高めたフォルクスワーゲンは、2013年のジュネーブ国際モーターショーを、同社のモデル攻勢においてニューステージのはじまりと位置づけ、すでにお伝えしたように、プロダクションバージョンとなる「XL1」、「ゴルフ GTI」、「ゴルフ GTD」、「クロス アップ!」を公開。さらにディーゼルエンジンで3.2ℓ/100kmの燃費を誇る「ゴルフ TDI BlueMotion」、天然ガスを使い、1,360kmの航続距離と、3.4kg/100kmの燃費を実現する「ゴルフ TGI BlueMotion」、ハイブリッドパワートレインによって4.1ℓ/100kmの燃費を実現...
ジュネーブ現地リポート|Volkswagen

ジュネーブ現地リポート|Volkswagen

Volkswagen XL1|フォルクスワーゲン XL1「XL1」で理想を実現ジュネーブモーターショーで公開され、話題をさらった、フェラーリのフラッグシップスーパーカー「ラ・フェラーリ」がジャパンプレミアを果たした。Text by SHIOMI SatoshiPhotographs by SHIOMI Satoshi & MOCHIZUKI Hirohiko会長命令で作られたエコカーフォルクスワーゲンが長年開発をつづけてきた通称「3リッターカー」。何世代ものコンセプトカーを経て、ジュネーブでついに市販型が「XL1」として発表された。3リッターカーは、フォルクスワーゲン元会長にして、ポルシェ創始者、フェルディナント・ポルシェの孫でもあり、現在もポルシェの大株主でもあるフェルディナンド・ピエヒ元フォルクスワーゲン グループ会長が「究極のエコカーをつくれ」と命じてはじまったプロジェクトで、100km走行に必要な燃料を3リッター以内に抑えるというのが名前の由来。エアロダイナミクスと...
26 件