FRANCK MULLER

現代に活躍する独立時計師の中で最も成功を収めた一人、フランク・ミュラーが1992年に創業したブランド。彼は、ジュネーブの時計学校にて本来は3年かかる技術を1年で修得し、主席で卒業するほどの天才だった。

1986年に製作した初のオリジナル・ウォッチでは、自動振動(フリー・オシレーション)という特許取得の新機構を組み込んだ独創的なトゥールビヨンを開発。その翌年にはミニッツリピーター付きトゥールビヨン、89年には永久カレンダーを組み込むなど、多数の複雑時計を個人として手掛けてきた。

ブランドを興してからも、ダブル・ジャンピングアワーやレトロ・グラードセコンド、ダブルフェイス・クロノグラフなど、時計界を激震させる新機構を数多く開発する。また創業年には、現在のフランク・ミュラーの代名詞でもある流麗なトノー型ケースを採用した「トノウ・カーヴェックス」を発表し、意匠面でも他ブランドとは一線を画した魅力を放つ。

こうして独立独歩の道を進み続けるフランク・ミュラーだが、1995年には若手育成を目的として、ジュネーブ郊外に新工房「ウォッチランド」を設立。また、同地にてW.P.H.H.と称するフェアを毎年開催し、複数のブランドと新作を合同発表するようになる。

さらに2001年には、隣接する土地に2棟の建物も完成させ、2007年には同グループのブランド数を大幅に増やすなど、現在も時計界のリーダーとして快進撃を続けている。

【創業年】1992年 【創業地】スイス、ジュネーブ 【主なシリーズ名】トノウ・カーベックス、ロングアイランド、カサブランカ、ヴェガス、クレイジーアワーズ、レボリューション 【問い合わせ先】フランク・ミュラー東京(フランク・ミュラー ジャパン) Tel. 03-3549-1949

公式サイト:http://www.watchland.jp

フランク ミュラー|WPHH 2016 ウォッチランド グループ 新作発表会|FRANCK MULLER

フランク ミュラー|WPHH 2016 ウォッチランド グループ 新作発表会|FRANCK MULLER

FRANCK MULLER|フランク ミュラー加速するラグジュアリーブランド(1)レマン湖を下に見るジュネーブ市郊外の高台にあるフランク ミュラーの本拠ウォッチランド。毎年、フランク ミュラーを含むグループ全体で、独自の新作発表会WPHH(The World Presentation of Haute Horlogerie)を開催している。今年の注目は、やはり日本で大きな人気を呼んでいる「ヴァンガード」だ。Text by KAWADA Akinori加速する総合的ラグジュアリーブランドへの進化フランク ミュラーで驚かされたのは、その活動の範囲が、もはや腕時計に留まらないラグジュアリーブランドを志向していることだ。「フランク ミュラー フューチャー フォーム」と題してホームウェアやインテリアに、さらに「フランク ミュラー ウエディング」のようなブライダルのコーディネートにと、その事業は拡大の方向にむかっている。特に「フランク ミュラー フューチャー フォーム」は和のテイストを志向した...
神戸の正規時計宝飾店「カミネ元町店」がリニューアルオープン|KAMINE

神戸の正規時計宝飾店「カミネ元町店」がリニューアルオープン|KAMINE

KAMINE|カミネ神戸の正規高級時計宝飾専門店「カミネ」創業110周年を記念してカミネ元町店を全面改装来年で創業110周年を迎える神戸の正規高級時計宝飾専門店「カミネ」。そのなかでも開店16年目を迎える元町店が全面改装、2015年9月5日にリニューアルオープンする。Text by Hirumax高級機械式腕時計ブランドの最新什器を導入正規高級時計宝飾専門店カミネは神戸にトアロード本店、元町店、クロノメトリー店、旧居留地店、Bis店の5店舗を構えている。そのなかでもヨーロッパの洗練された高級時計店の雰囲気をもっているのが、この元町店だ。この秋、元町店は全面改装し、魅力的な店舗へと生まれ変わる。1階は、オーデマ ピゲやパネライ、IWCなど人気ブランドの最新ヴィジビリティを導入した最先端フロアに改装。今回フロアを拡張し、新設される2階のプライベートサロン内には、フランク ミュラーの『フューチャーフォーム』により最新のライフスタイルが提案される空間が誕生。カミネは来年、2016年に創業1...
神戸・カミネのブランド公認下取り・買い替えサービスとは?|KAMINE

神戸・カミネのブランド公認下取り・買い替えサービスとは?|KAMINE

KAMINE|カミネ神戸の正規高級時計宝飾専門店「カミネ」がバックアップするブランド公認の下取り・買い替えサービスとは?1906年創業以来、神戸に5店舗を構える正規高級時計宝飾専門店「カミネ」で、ブライトリング、フランク ミュラー、リシャール・ミルの3ブランドに限定した下取り、買い替えサービスとなるトレード・イン・システムを実施している。Text by KAKIHARA Takayoshi(OPENERS)3ブランド公認のオフィシャル買い替えサービスこれまで腕時計を買い替えをしようとしても正規時計店で下取りをしてくれるところは、あまりなかった。そんな従来の常識を打ち破るようなサービスを神戸の正規高級時計宝飾専門店「カミネ」の5店舗で窓口として受け付けてくれる。カミネといえば、創業100年を超える神戸を代表する正規高級時計宝飾専門店だ。1906年に神戸で誕生、戦後間もない1950年ごろには、ロレックス、パテック フィリップを取り扱いを開始。腕時計に関する豊富な知識と見識の優れたショッ...
第1回 「コンキスタドール」が語るフランク・ミュラーの歩み

第1回 「コンキスタドール」が語るフランク・ミュラーの歩み

第1回 「コンキスタドール」が語るフランク・ミュラーの歩みいまやフランク・ミュラーのアイコンモデルのひとつと言えるのが、この「コンキスタドール」だ。フランク・ミュラーの製作指針、その本質をこのダイナミックなモデルに見る。Conquistador Chronographコンキスタドール クロノグラフ自動巻き、2カウンター・クロノグラフ、6時位置に日付表示、ステンレススティールケース、日常生活防水、ステンレススティール・ブレスレット、228万9000円ケースデザインが語る、時計づくりの指針今年2008年は、フランク・ミュラーの「Conquistador(コンキスタドール)」が10周年を迎える記念すべき年である。コンキスタドールは立体感あふれるダイナミックなスタイルが印象的な時計だが、この計算されたフォルムとデザインには、フランク・ミュラーが捜し求めてきた本質への道程を見て取ることができる。フランク・ミュラーといえば、やはりアール・デコスタイルに3次元曲線のケースが美しい「トノウ・カーベ...
特集|フランク・ミュラー──革新が生んだ比類なき個性

特集|フランク・ミュラー──革新が生んだ比類なき個性

1992年に独立時計師からブランドを設立して、瞬く間にオート・オルロジュリーの分野で頭角をあらわしたフランク・ミュラー。たしかな技術力から生まれた個性はほかに比類なく、その前進はとどまることを知らない。今年10周年を迎える「Conquistador(コンキスタドール)」とその新作ウォッチ「Conquistador Joker(コンキスタドール ジョーカー)」、そしてフランク・ミュラー・グループの今を見つめることで、このブランドの魅力を多角的に紐解いていく。 構成・文=野上亜紀Photo by Jamandfix いまやフランク・ミュラーのアイコンモデルのひとつと言えるのが、この「コンキスタドール」だ。フランク・ミュラーの製作指針、その本質をこのダイナミックなモデルに見る。(08.05.26) 今年のジュネーブで発表されたコンキスタドール・コレクションの最新作、「コンキスタドール ジョーカー」。その魅力をあますことなくご紹介。(08.05.30) ダイヤモンドをインデックスにさりげな...
「フランク ミュラー」が提案する豊かなライフスタイル|FRANCK MULLER FUTURE FORM

「フランク ミュラー」が提案する豊かなライフスタイル|FRANCK MULLER FUTURE FORM

FRANCK MULLER FUTURE FORM|フランク ミュラー フューチャー フォーム「フランク ミュラー」からテーブルウェア発売スイスの高級時計ブランド「フランク ミュラー」が新プロジェクトを始動。「フランク ミュラー フューチャー フォーム」としてテーブルウェアを皮切りに、家具や照明などトータルで住空間をコーディネイトするためのアイテムを展開していく。Text by KUROMIYA Yuzuフランク ミュラーならではの豊かな時空間を創造数々の独創的な機構で時間に対する概念を揺さぶってきたフランク ミュラーが、今度は空間をプロデュース。生活を豊かに彩る「フランク ミュラー フューチャー フォーム」では、テーブルウェアからコレクションをスタート。これは“家族や親しい友人との食事ほど幸福な時間など存在しない”というフランク ミュラー氏の考えから導きだされたそう。アイテムは、デザインプレート、カトラリー、グラス、テーブルクロスなど多彩にラインナップ。どれもアイコニックなビザン...
Franck Muller|フランク・ミュラーから情熱的なハートモチーフの新作

Franck Muller|フランク・ミュラーから情熱的なハートモチーフの新作

Franck Muller|フランク・ミュラーフランク・ミュラーから情熱的なハートモチーフの新作2007年に発表されたフランク・ミュラーの個性的な「アートコレクション」から8月、「ハート トゥ ハート」の限定モデルが発売された。6時位置に深紅のハートモチーフをあしらったウォッチは、「情熱的な思いを大切な人に送ってもらいたい」という、フランク・ミュラーのメッセージから発案されたものだ。はっと目を惹く鮮やかなカラー使いはもちろんのこと、フランク・ミュラーならではのトノウ・カーベックスから派生した「アートコレクション」のケースデザインも見逃せない。ころんと丸みを帯びた愛らしいスタイルは心地よく手にフィットし、モチーフとなったハートの魅力を一層引き立ててくれるに違いない。ギヨシェに施されたビザン数字の透かし彫りも優しい印象。エレガンスの中に密かに情熱を隠し持つ、フランク・ミュラーの世界そのものが語られている時計だ。THE HEART TO HEARTハート トゥ ハートクォーツ、SSケース...
Franck Muller|ダブルフェイス・クロノグラフ

Franck Muller|ダブルフェイス・クロノグラフ

Franck Muller|フランク・ミュラーダブルフェイス・クロノグラフText by OPENERSブランド創業時に発表したクロノグラフを、形状・機能ともに完全復刻した日本限定50本のリバーシブルウオッチ。ムーブメントのメインプレートから自動巻きローターを貫いてセットされた、表側と裏側のクロノグラフ秒針は、完全に同調して積算計測を行う。裏側の文字盤には速度算出用のタキメーター、距離算出用のテレメーター、脈拍計測用のパルスメーターという3種のスケールを配置している。自動巻き。毎時2万8800振動。42時間パワーリザーブ。シースルーバック。ケース径39.0mm。18K4N(シャンパンゴールド)ケース。クロコダイルベルト。357万円。BRAND HISTORY現代に活躍する独立時計師の中で最も成功を収めた一人、フランク・ミュラーが1992年に創業したブランド。彼は、ジュネーブの時計学校にて本来は3年かかる技術を1年で修得し、主席で卒業するほどの天才だった。1986年に製作した初のオリ...
フランク・ミュラー “装いの決め手”となる一本

フランク・ミュラー “装いの決め手”となる一本

「ヴェガス・ジョーカー」“装いの決め手”となる時計パイオニア精神が生んだヴェガス・ジョーカーフランク・ミュラーが年に1回、6月に発表する「スペシャル・ジューン」の限定モデルがもうすぐお目見えする。勝負に勝つための最後の切り札を意味する“ジョーカー”と銘打たれた限定モデルは、昨年はダイナミックな顔立ちの「コンキスタドール」で評判を得たが、今年は10周年を迎えるルーレット文字盤の「ヴェガス」が選ばれた。構成・文=野上亜紀Photo by Jamandfixオリジナルの「ヴェガス」の誕生は、1999年のこと。90年代半ばにフランク・ミュラーの名が世界中に知れ渡るようになった時代、フランク・ミュラー自身もまたその知名度の上昇に伴い国から国へと渡り歩くようになった。1996年にラス・ヴェガスに赴いた際、彼はカジノでルーレットを目にし、時計作りのインスピレーションを得る。この遊びが、そのまま時計になったら面白いのではないだろうか? と。その純粋な思いが、文字盤中央にルーレットを配した時計「ヴェ...
FRANCK MULLER|ロングアイランド

FRANCK MULLER|ロングアイランド

FRANCK MULLER|フランク・ミュラーLONG ISLAND|ロングアイランドText by OPENERSそれまでフランク・ミュラーといえば流麗なトノーケースが主流だったが、2000年に登場した「ロングアイランド」は、シンプルで格調高いレクタンギュラーケースが特徴だった。20世紀初頭に隆盛を誇った、アールデコのスタイルを今に彷彿させるフランク・ミュラーらしい華やかなデザインで、上下に長く伸びたケースに4つのラグが完全に調和している。なおかつケースには、ゆるやかな湾曲がかけられており、手首に対してストレスない最高のフィット感を実現。繊細なギョシェ装飾が施されたダイヤルには、特徴的なアラビア数字がセットされ、長方形ケースに合わせて伸びやかに美しくデフォルメされている。特に写真上の「ロングアイランド 1000 SC」は、同シリーズのなかでも最もベーシックな2針式であり、スペード型のブルースチール針とあいまって、手元で優雅に時を告げてくれる。その他、リューズ1本で3つの時間帯の操...
FRANCK MULLER|トノウ・カーベックス クレイジー・アワーズ

FRANCK MULLER|トノウ・カーベックス クレイジー・アワーズ

FRANCK MULLER|フランク・ミュラートノウ・カーベックス クレイジー・アワーズText by OPENERS2003年にデビューした「クレイジー・アワーズ」は、世界中の時計ファンに大きな衝撃を与えた作品だ。なにせ時を表示するためのインデックスが、1〜12まで規則正しく並ばず、バラバラに配置されているのだから。常識的な時間表示の概念をくつがえす、まさしくフランク・ミュラーらしい大胆奇抜な時の表現方法といえるだろう。しかし、一見するとイレギュラーなインデックスの並びだが、よくよく注意してみると、そこには明確な配列があることに気づく。たとえば、12時位置の“8時”を起点とするならば、時計周りに1、6、11、4を飛ばすと、次に“9時”が来る。さらに9時の次には、2、7、12、5を飛ばして、“10時”が来る。つまり、正しいインデックスの並びは、4つおきにレイアウトされているというわけだ。時針は、まさしくこの配列に従って、4つのインデックスを飛び越えながら、規則正しく時間を表示してい...
FRANCK MULLER|カサブランカ

FRANCK MULLER|カサブランカ

FRANCK MULLER|フランク・ミュラーCASABLANCA|カサブランカText by OPENERS1994年に誕生した「カサブランカ」は、フランク・ミュラー初のSSケースを採用したコレクションで、現在も同ブランドを代表する人気モデルである。モデル名は往年の傑作映画『カサブランカ』から名付けられている。1940年代の仏領モロッコを舞台に繰り広げられるストーリーからインスピレーション得て、サハラ砂漠の砂塵から“ステンレススティール”を、街頭すらない夜道から“夜光ダイヤル”を、うだるような熱さからタフな“カーフベルト”を着想。また、クラシカルなトノーケースも大きな魅力で、風防や文字盤自体もゆるやかな丸みを帯びており、非常にエレガントなデザインに仕上がっている。文字盤は写真のブラック、コパーのほかに、ホワイトも用意。さらに、カサブランカのユニークな点は、ダイヤルの日焼けなどの経年変化を、“エイジング”としてポジティブに受け入れているところだ。そのために、文字盤やインデックスには...
61 件