【4/17発売】ブランド初のパウダーシャドウパレット発売|rms beauty

【4/17発売】ブランド初のパウダーシャドウパレット発売|rms beauty

rms beauty|アールエムエス ビューティーブランド初のパウダーシャドウパレット限定発売内側から輝き出すような美しさを引き出すメイクアップを提案するrms beauty(アールエムエス ビューティー)から、パウダーシャドウパレット「スウィフトシャドウ トリオ」が登場する。2019年4月17日(水)から数量限定発売。Text by YOSHIDA Miho大人の恋をテーマにした、甘くないピンクカラーアールエムエス ビューティーの「スウィフトシャドウ」は、非加熱で製造しているため、パウダーでありながらしっとりとした質感と艶を演出する。ブラシで乗せるのはもちろん、指で直接着けると柔らかい印象に。さらに水で湿らせたブラシを使うと、より発色を強調する。rms beautyの「アイポリッシュ」を重ねて、更に輝きをプラスするのもおすすめだ。3色のうち、右の“シークレットフリング”は、心に秘めた禁断の恋のようなマルベリーモーブ。大胆でありながら上質感溢れるカラーは、アイラインや下まぶたに乗せ...
【3/1発売】m.m.m(ムー)から待望のカラーアイテムが登場!|m.m.m

【3/1発売】m.m.m(ムー)から待望のカラーアイテムが登場!|m.m.m

m.m.m|ムーm.m.m(ムー)から待望のカラーアイテムが登場!昨年のデビュー以来、好評を博しているナチュラルメイクアップブランド「m.m.m(ムー)」より、女性の美しさを最大限に引き出してくれるラインナップが登場。2019年3月1日(金)発売。2月15日(金)よりメイク↗︎キッチンにて先行発売中。Text by YOSHIDA Miho自由に、軽やかに、自分らしく彩る特別なメイクアップメイクアップアーティストのMINA氏が監修するムーから、ミニマルメイクで美しさを引き出せるアイテムが新たに登場する。「しっかり」より「ニュアンス」でカラフルにメイクすることで、顔に自然なメリハリをつける。どれもブラシフリーなので、付属のアプリケーターや指先で自分らしく自由にメイクを楽しんで。※全アイテムが石油系界面活性剤・鉱物油・タール系色素・合成香料・パラペン不使用。ムー リップ+チーク クリームティント 全3色バイカラーMIXで作り出すふんわり絶妙カラー。ライトなバームの様な滑らかさで、内側か...
【2/27発売】初のトータルメイクアップパレットが日本限定で登場|rms beauty

【2/27発売】初のトータルメイクアップパレットが日本限定で登場|rms beauty

rms beauty|アールエムエス ビューティーブランド初のトータルメイクアップパレットが日本限定で登場天然成分が肌に栄養を届け、内側から輝きだすような美しさを引き出すメイクアップを提案するrms beauty(アールエムエス ビューティー)から、人気アイテムが詰まった日本限定の「カラーパレット クラシックコレクション」が2019年2月27日(水)、店舗限定で新発売。2月20日(水)から伊勢丹新宿店で先行発売予定だ。Text by YOSHIDA Mihoこれひとつでトータルメイクが完成!ブランド人気ナンバーワンのハイライター「ルミナイザー」とファンデーション、アイシャドウ、チーク、リップ、保湿バームがひとつのパレットになって登場。アールエムエス ビューティーらしい洗練されたミニマルでコンパクトなパレットは、デイリーにはもちろん、荷物を少なくしたいパーティーや旅コスメとしてもおすすめだ。単品でも重ねても使えるので、様々なメイクを楽しめる。パレット左上の「アンカバーアップ 11.5...
連載・藤原美智子 2019年1月|トレンドのシトラスカラーを上手に取り入れるコツ

連載・藤原美智子 2019年1月|トレンドのシトラスカラーを上手に取り入れるコツ

連載・藤原美智子 2019年1月|トレンドのシトラスカラーを上手に取り入れるコツトレンドのシトラスカラーを上手にアイメイクに取り入れるコツ新しい年が開けると気になるのが(実際はもっと前からですが)春夏のファッショントレンド。それを把握することは仕事上、必要なことではあるけれど、一人の女性としても新しい自分を発見できたり変化を楽しめたりすることのできるトレンド効果は無視できません。私が今春夏で気になったのは、柔らかな印象のミントグリーンやカナリアイエロー、オレンジといったシトラスカラーのルック。軽やかで透明感があって優しい印象でありながら気持ちがパッと明るくなる、そんな印象に心惹かれました。Photographs & Text by FUJIWARA Michiko流行は取り入れてみたいけれど……さて、このような色を取り入れたファッションに合うメイクはと言うと、簡単なのはシトラスカラーに合うピンクやオレンジ色の口紅、またはチークカラーを使うこと。でも目元はと言うと、ピンクやオレンジ色...
顔をケアするブラシ「Naderu brush(ナデルブラシ)」|SHAQUDA

顔をケアするブラシ「Naderu brush(ナデルブラシ)」|SHAQUDA

SHAQUDA|シャクダ顔をケアするブラシ「Naderu brush(ナデルブラシ)」登場筆の使い方の可能性を引き出すことを目的に、ユニークなアイテムをつくり出してきたSHAQUDA(シャクダ)が、顔のケアのためのブラシを発売した。Text by YOSHIDA Miho眠っていた本来の輝きと美しさを目覚めさせるフェイスブラシ日本が世界に誇る伝統工芸品のひとつである、広島の熊野筆を現代的にアップデートさせたブラシのブランド、シャクダが手掛けるブラッシングスキンケアシリーズ“SUVÉ”より、リンパをケアするブラシが登場。「ナデルブラシ」は、その名の通り、プロのセラピストのソフトで滑らかなタッチを再現。2本のブラシで優しくリンパをケアし、眠っていた肌来の輝きと美しさを目覚めさせる。SUVÉ Naderu brush(ナデルブラシ)価格|1万800円(税抜)〈使い方〉1.顔の中心から外側へ撫でる。額の生え際から少しずつ筆を下へずらしながら、顎のラインまで行う。(3セット)2.眉頭から鼻の...
【1/23発売】人気のハイライトシリーズから新色登場|rms beauty

【1/23発売】人気のハイライトシリーズから新色登場|rms beauty

rms beauty|アールエムエス ビューティー人気のハイライトシリーズから新色登場rms beauty(アールエムエス ビューティー)人気ナンバーワンのルミナイザーを含むハイライトシリーズから、春夏メイクのトレンドを彩る新色2色が登場。2019年1月23日(水)新発売。Text by YOSHIDA Mihoマジックのように、ひと塗りで立体感を生み出す!マジックの“M”を意味する「Mルミナイザー」は、温かみのあるシャンパンカラーで肌によく馴染みながら、しっかりと光をキャッチ。月明かりのような滑らかでセミマットの光は、頬骨や鼻根に乗せるとソフトな光沢感を演出し、上唇のM字型ラインや目頭に入れると遊び心のある仕上がりに。まぶたの中央に乗せれば瞳に輝きがプラスされたようになり、インスタグラムでよく見かける“ストロボを効かせた写真”のような輝きを生み出す。「ピーチルミナイザー」はヘルシーでモダンなピーチブロンズカラーで肌の温度感を上げる、春夏メイクに欠かせないマルチなルミナイザー。ピー...
【1/11発売】今年20周年を迎えるルナソルの春メイク|LUNASOL

【1/11発売】今年20周年を迎えるルナソルの春メイク|LUNASOL

LUNASOL|ルナソル今年20周年を迎えるルナソルの春メイク今年20周年を迎えるLUNASOL(ルナソル)の2019年春のメイクは、洗練された上品さとしなやかさを兼ね備えた、大人だからこそ着こなせるベージュがテーマ。新作コレクションは2019年1月11日(金)発売。Text by YOSHIDA Miho肌を美しく見せるために、ルナソルが最も大切にしてきた色心まで浄化されるような、上質な“浄化メイク”を叶えるルナソルの2019年春の新作コレクションのテーマは「The Beige(ザ ベージュ)」。ベージュカラーをメインに、全8種類のラインナップすべてが限定アイテムとなっている。余分なものをそぎ落とすことでその人の存在が浮き彫りになり、本質的な美しさが現れる、ベーシックでありながら、限りなく個性的な色、ベージュ。その色味の奥深さと改めて向き合い生まれた、新しいベージュの世界観が上品に表現されている。ルナソル ザ ベージュアイズ10色セットの特別なパレットが完成。1色ごとにベストな質...
連載・藤原美智子 2018年8月|大人の目元を簡単に魅力度アップ・下まつ毛際ライン

連載・藤原美智子 2018年8月|大人の目元を簡単に魅力度アップ・下まつ毛際ライン

連載・藤原美智子 2018年8月|大人の目元を簡単に魅力度アップ・下まつ毛際ライン私が40代から欠かせなくなったメイクテクニック40代半ば頃から私が取材を受ける時や講演、パーティなど人前に出る時に欠かせなくなったメイクテクニックがあります。それは下まぶたのまつ毛の際にアイラインペンシルでアイラインを引くこと。このときに使用するのは普通の細い芯や“パールなし”のものではなく、太い芯でパールが含まれているもの。私にとってこれは、下まつ毛際に使うアイラインペンシルの必須条件なのです。Photographs & Text by FUJIWARA Michiko下まつ毛際に“ちょうど良い”のは、上まぶたとは違う何故なら、通常の細いアイラインペンシルで下まつ毛際にラインを引くと、クッキリとしすぎてきつくなってしまうし、厚化粧の印象になってしまうから。それに下まつ毛際は上とは違い、少しでもラインがガタつくとそれが目立ってしまう。また細い芯だと、下まつげの粘膜際に引きにくいし痛い。何と言っても、ラ...
【8/3発売】ディオールからワイルドで美しい「ニュールック フォール2018」登場|Dior

【8/3発売】ディオールからワイルドで美しい「ニュールック フォール2018」登場|Dior

Dior|ディオールワイルドで美しい「ニュールック フォール2018」登場「Dior(ディオール)」から、 燃えるような赤から漆黒まで、艶めくカラーとスモーキーで大胆な魔性の美しさを宿らせた「ニュールック フォール2018<ディオール アン ディアブル>」が登場する。2018年8月3日(金)新発売。Text by YOSHIDA Miho“究極にディオール”を意味する「ディオール アン ディアブル」ディオールが提案する2018年秋のメイクアップのテーマは、魔力を感じるほどに美しく、“究極にディオール”を意味する「ディオール アン ディアブル」。ディオールを象徴するアイシャドウ パレット「サンク クルール」からは、ルックのテーマの情熱的な赤と秋らしい色が並ぶ限定2色が登場。瞳の色と肌のトーンに合わせて選ぶことで、美しい眼差しを作り上げる。また、ディオールのアイコニックなリップスティック「ルージュ ディオール」には、妖艶で大胆な発色の6色が登場。コケティッシュでありながら、燃え上がるよ...
麗しの名品図鑑|vol. 4 大人専用の「彩り」を教えてくれるスックのパレット

麗しの名品図鑑|vol. 4 大人専用の「彩り」を教えてくれるスックのパレット

SUQQU|スックvol.4 デザイニング カラー アイズ大人は、堂々と目もとで色を遊んでいい。そう教えてくれるのがスックのデザイニング カラー アイズだと思う。たしかに大人になれば肌の血色感は失われていく。それに伴ってアイカラーもくすんで見えやすくなるし、目もとの皮膚が痩せてきて影が生まれ、色もよれやすくなる。さらに、色鮮やかな目もとをつくろうとすれば「派手なオバサン」「大人になれていないオバサン」に見える危険性もなくはない。だから、女たちは次第に色というものから遠ざかり、シックなブラウンや光を集めるベージュなど、スキンカラーの延長にあるアイカラーを選ぶようになるのかもしれない。逆をいえば、肌や瞳が明るく澄んで見え、浮くことも沈むこともない自然な発色で、美しい立体感が生まれていて、シックな品格やセンシュアリティを感じさせ、表情がいきいきと輝いていて、そしてその仕上がりが持続すれば、大人のアイメイクは合格なのだ。デザイニング カラー アイズはそのすべてを難なくやってみせるだけでなく...
【7/6発売】イヴ・サンローランの大胆不敵なカールマスカラ|Yves Saint Laurent

【7/6発売】イヴ・サンローランの大胆不敵なカールマスカラ|Yves Saint Laurent

Yves Saint Laurent|イヴ・サンローランカール&ロング&セパレートで眼差しがパワーアップ究極のカールラッシュには、カールだけでなく、カールをより際立たせる長さとセパレートも欠かせない。「Yves Saint Laurent(イヴ・サンローラン)」から、カールとロング&セパレートを叶えるマスカラ ヴォリューム エフォシル カーラー SPと、マスカラ下地のマスカラ ヴォリューム エフォシル フラッシュプライマーが登場する。2018年7月6日(金)発売。Text by YOSHIDA Mihoマスカラ下地とダブル使いで眼差しがパワーアップ今回登場する「マスカラ ヴォリューム エフォシル カーラー SP」は、革新的なフォーミュラとイヴ・サンローラン独自のハイブリッドブラシの抜群のコンビネーションでカールとロングとセパレートのすべてを叶え、まつ毛を瞬時に持ち上げカールした状態で“ロック”する。また、アジア女性特有のまつ毛の毛質や気候に合わせて特別に開発された、アジア限定のスマ...
連載・藤原美智子2018年4月| 指塗り“しっとり”アイシャドウで、“美・リアリティ”な目元に

連載・藤原美智子2018年4月| 指塗り“しっとり”アイシャドウで、“美・リアリティ”な目元に

連載・藤原美智子2018年4月|指塗り“しっとり”アイシャドウで、“美・リアリティ”な目元にアイシャドウは指塗りにシフト2、3年前から私自身のアイシャドウは“指塗り”が基本になっています。つまり中指か薬指にアイシャドウをつけて塗るというものです。塗るのは上瞼の目頭と目尻の間。上瞼の睫毛際や下瞼といった細かな部分は指では塗りにくいので、その部分はチップで。つまりアイメイクの道具の主役は指、チップで補足するという感じです。Photographs & Text by FUJIWARA Michikoアイシャドウの質感の変化に合わせて、道具もチェンジどうして指で塗るようになったかと言うと、アイシャドウの質感が従来のサラサラとしたものから、“シットリ”というものに変化してきたから。それに合わせて使う道具を変えたというわけです。シットリとしたアイシャドウは油分が含まれているので、ブラシだと毛の隙間に入り込んでしまい、塗るとベットリとムラについてします。でも指であれば油分が入り込むことはないので...
とめどなき“色”への情熱。『ディオール アート オブ カラー展』|Dior

とめどなき“色”への情熱。『ディオール アート オブ カラー展』|Dior

Dior|ディオール 創設以来ディオールが大切にしてきた色ディオール ビューティの歴代のアーティストの作品を通して「カラー」が持つ魅力や奥深さを体験できる展覧会『ディオール アート オブ カラー展』が表参道、SO-CAL LINK GALLERYで開催される。歴代のディレクターやクリエイターの作品や言葉など、メゾンの歴史や世界観を体感できる場となる。期間は2018年4月12日(木)~21日(土)まで。Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)限定アイシャドウ パレットを用意ディオール ビューティの歴史は、1949年、アヴェニュー・モンテーニュにあるディオール本店にて、口紅「ルージュ ディオール」が限定品としてリリースされたことに始まる。「女性の笑顔をドレスアップしたい」というクリスチャン・ディオールの想いが込められたディオール ビューティは、今日も多くの女性に愛されている。現在、アーティスティック イメージディレクターを務めるピーター・フィリップスが、モダンな風を...
【4/13限定発売】ウォータージェルベースのスティックアイシャドウ登場|BOBBI BROWN

【4/13限定発売】ウォータージェルベースのスティックアイシャドウ登場|BOBBI BROWN

BOBBI BROWN|ボビイ ブラウンひと塗りで、きらめく発色とまぶたに奥行きをプラス4月13日(金)、BOBBI BROWN(ボビイ ブラウン)から、さっとひと塗りするだけで、光を反射してきらめく輝きと鮮やかな色が目元を彩るスティックアイシャドウ「ロングウェア スパークル スティック」が登場する。Text by YOSHIDA Miho目を引くほどに、キラキラと輝くアイシャドウロングウェア スパークル スティックは、ウォーターベースでなめらかにフィットし、素早く乾いてまぶたに密着する。軽さがありながら湿気や汗・水に強いフィルムを形成するため、美しい発色とパールの輝きが長時間楽しめる。立体的でサイズの異なるパールピグメントを配合することにより、まぶたの動きに合わせて多方面に光を反射。上品な輝きと奥行きのある発色をたたえた仕上がりが特徴だ。40%が水分の独自のジェル状フォーミュラで、驚くほどにフレッシュで滑らかな着け心地を実現。ひんやりとした感触で目元にスルッと伸び、粉が落ちたり、...
【1/25発売】「カラーでメイクを遊ぶ」をテーマにしたコレクション|ETVOS

【1/25発売】「カラーでメイクを遊ぶ」をテーマにしたコレクション|ETVOS

ETVOS|エトヴォス「カラーでメイクを遊ぶ」をテーマにした新色コレクション1月25日(木)、ETVOS(エトヴォス)から春の新作カラーコレクションが登場する。フレッシュでプレイフルなオレンジ系カラーを効かせた眉、目元、唇のバランスがエトヴォスが提案する春メイクのポイント。プレイフルにしなやかに、大人の女性に似合う春顔が叶うコレクションだ。Text by YOSHIDA Mihoこだわりのミネラルメイクは、毛穴をふさがずストレスフリーな肌へクレンジングで肌に負担をかけたくない。そんな思いから研究・開発を続けるエトヴォスのミネラルメイクは、厳選された素材を、こだわりの処方で配合。専用クレンジング不要で、石けんで落とせるアイブロウマスカラやアイシャドーをはじめ、肌悩みをケアする成分を配合したアイブブロウやアイバームなど、眉、目元、唇を美しく彩りながら、肌本来の力を引き出す。ミネラルカラーリングアイブロウミネラルの発色で彩られた、高発色が続くアイブロウマスカラ。髪色に合わせて理想の眉色に...
122 件