BREGUET

トゥールビヨンやリング式ミニッツリピーターなどの複雑機構を開発し、現在も「時計の歴史を200年早めた」と謳われる希代の天才時計師、アブラアン-ルイ・ブレゲ。彼が1775年にフランス・パリで工房を構えたことから、ブレゲ・ブランドの歴史は始まる。

1823年、創業者の死後は経営権が幾度か移行するが、1970年にショーメ社が経営権を獲得すると、同社は「ブレゲの再来」と賞賛されるダニエル・ロートの協力によって、往年の名作時計の修復プロジェクトを成し遂げる。

こうしてクォーツ時計全盛の時代にして、名門ブレゲを復興させるに至ったのである。

1999年、スウォッチ グループに経営権が移行すると、永久カレンダーやトゥールビヨンなどのコンプリケーションを中心に、より高品質なハイエンド機を立て続けに発表。

ここ数年は、かつてブレゲが考案した衝撃吸収装置「パラシュート」を現代版にモディファイしたヒストリカルモデルを製作する一方、将来の標準素材として注目されるシリコンを、いち早くムーブメントの一部に採用した次世代機を発表している。まさしく天才時計師の名にふさわしい、新旧織り交ぜた多彩な展開を見せている。

【創業年】1775年 【創業地】フランス、パリ 【主なシリーズ名】クラシック、トラディション、マリーン、タイプ トェンティ、クイーン・オブ・ネイプルズ、ヘリテージ 【問い合わせ先】ブレゲ ブティック銀座 Tel. 03-6254-7211

公式サイト:http://www.breguet.com/

BASEL WORLD2018の新作をニコラス・G・ハイエック センターにて初披露|SWATCH GROUP

BASEL WORLD2018の新作をニコラス・G・ハイエック センターにて初披露|SWATCH GROUP

BREGUET|ブレゲBLANCPAIN|ブランパンGLASHÜTTE ORIGINAL|グラスヒュッテ・オリジナルJAQUET DROZ|ジャケ・ドローOMEGA|オメガLONGINES|ロンジンSWATCH|スウォッチ「ニコラス・G・ハイエック センター BASEL 新作時計展 2018」5月19日(土)~5月27日(日)開催ウォッチブティックとカスタマーサービスが集結する日本で唯一の“時のランドマーク”ニコラス・G・ハイエック センターにて、「ニコラス・G・ハイエック センター BASEL 新作時計展 2018」が5月19日(土)~5月27日(日)に開催される。Text by OZAKI Sayaka年に一度の希少な“時の祭典”2018年3月、スイス・バーゼルにて開催された世界最大の時計宝飾展「バーゼルワールド2018」で発表された時計宝飾の新作の数々の中から、ニコラス・G・ハイエック センターにブティックを置く「ブレゲ」「ブランパン」「グラスヒュッテ・オリジナル」「ジャケ・...
新世代を象徴する「マリーン 5517」が、バーゼルワールド2018に登場|BREGUET

新世代を象徴する「マリーン 5517」が、バーゼルワールド2018に登場|BREGUET

BREGUET|ブレゲスポーティな躍動感と海の世界にブレゲの伝統を融合させた新作「マリーン 5517」バーゼルワールド2018にて、ブレゲは「マリーン」コレクションのデザインを刷新。そしてコレクション初となるチタン製ケースを採用したモデルを加えた。Text by OZAKI Sayaka「マリーン」シリーズでは初となる、チタンケースモデルが登場「マリーン」は、ブレゲの伝統的な特質を継承しながら、よりスポーティで現代的な感覚と躍動感を融合させたコレクションである。バーゼルワールド2018にて同コレクションより発表された、新世代を象徴する「マリーン 5517」は、新しいフォルムのオリジナルラグとケースバンドのフルート装飾、以前より大きな"B"のイニシャルをあしらったリュウズなど、ディテール各所を一新。また、ローマ数字が並ぶチャプターリングの3時位置に日付表示を配置し、ローマ数字とインデックス、ブレゲ針にはそれぞれ蓄光が施された。海洋信号旗に対応するデザインに改めた"B"のイニシャルをあ...
創業者ブレゲの精神を受け継ぐ大胆なデザイン、そして並外れた品格の高さ|BREGUET

創業者ブレゲの精神を受け継ぐ大胆なデザイン、そして並外れた品格の高さ|BREGUET

BREGUET|ブレゲトゥールビヨンをグラン・フー エナメルのダイアルで一層美しく際立たせる、2018年ブレゲ新作ブレゲ時計芸術の最高峰に位置づけられるグランド・コンプリケーションに、同コレクション初となるグラン・フー エナメルをダイアルに施し、高性能トゥールビヨンを搭載した新作「クラシック トゥールビヨン エクストラ フラット オートマティック 5367」が加えられた。Text by OZAKI Sayakaブレゲらしいクラシカルな魅力を高める、グラン・フー エナメルのダイアルグランド・コンプリケーションの新作「クラシック トゥールビヨン エクストラ フラット オートマティック 5367」は、クラシカルな魅力を高め、トゥールビヨンがシンプルに美しく表現されたモデルだ。ダイアルには、グランド・コンプリケーションに長らく待望されてきたグラン・フー エナメルを採用。ダイアルのデザインはあえてパワーリザーブ表示を省くなど表示機能を必要最小限に留めて、トゥールビヨンを美しく演出している。特...
時を越えて受け継がれる、ブレゲの魅力が詰まった逸品|BREGUET

時を越えて受け継がれる、ブレゲの魅力が詰まった逸品|BREGUET

BREGUET|ブレゲ究極のブレゲ・スタイルを象徴する「ブレゲ クラシック エクストラ フラット 5157」洗練されたタイムレスなデザインが魅力の「クラシック」コレクションに、18KRGをケース素材に用いた「クラシック エクストラ フラット 5157」が登場した。Text by OZAKI Sayakaブレゲ・ウォッチの完璧なる見本ブレゲの「クラシック」コレクションが持つ魅力は、究極のブレゲ・スタイルを象徴するタイムレスなデザイン、高い視認性、高精度、洗練されたスタイルにある。新たにコレクションに加えられた「クラシック エクストラ フラット 5157」は、まさにその完璧なる見本だ。シリコン素材のひげゼンマイを装備した自動巻ムーブメントを収める18KRG製ケースは、厚さわずか5.45mmの極薄型。ケースバンドには、創設者アブラアン-ルイ・ブレゲ時代の時計と同様の優雅なフルート(コインエッジ)装飾が施された。さらなるブレゲらしさは、シルバー仕上げのゴールド製ダイアルに手彫りで刻んだ伝統...
戌年にちなんだ特別ダイアルによる世界限定8本の「クラシック」|BREGUET

戌年にちなんだ特別ダイアルによる世界限定8本の「クラシック」|BREGUET

BREGUET|ブレゲアルチザンの技が光る愛らしい「戌」でチャイニーズイヤーを寿ぐ「クラシック 7145 春節限定」ブレゲが春節を祝し、干支を象ったスペシャルピース「クラシック 7145 春節限定」を発表。2018年の“8”にちなみ、世界限定8本のリミテッドエディションとなる。Text by YANAKA Tomomiギヨシェ模様と手彫りのチャウチャウという組み合わせの妙2月16日の春節を前に、戌年ならではのタイムピースがブレゲから登場した。「クラシック 7145」はブレゲ伝統のギヨシェ装飾を使い、中国で最も慈しまれた犬、チャウチャウを手彫りで施したもの。マニュファクチュールのアルチザンが作品に息を吹き込んだ精緻な作業が際立つ逸品だ。ゴールド製のダイアルにはチャウチャウが描かれると同時に、ギヨシェ模様でブレゲ独特の特徴を表現。ゴールド上のエングレービングで生み出されたチャウチャウは、浮彫の技法を用い、文字盤上の限られた空間に表現。作業はマイクロスコープを使い、様々なノミや彫刻工具を...
エレガントな“ピンクが溢れる”バレンタイン限定ウォッチ|BREGUET

エレガントな“ピンクが溢れる”バレンタイン限定ウォッチ|BREGUET

BREGUET|ブレゲレディライクなピンクが映える、わずか14本限定の「クラシック ムーンフェイズ レディ9085」ブレゲが2018年のバレンタインデーを記念した「クラシック ムーンフェイズ レディ9085」を発表。バレンタインデーにちなみ14本限定で販売される。Text by YANAKA Tomomiピンクとホワイトの色遣いで、よりロマンティックに2016年に優雅な気品をたたえるラウンド型モデル「クラシック ムーンフェイズ レディ」がブレゲのコレクションに仲間入りしてから約2年。今年のバレンタインデーに合わせて登場した限定モデルは可憐なピンクの装いとなった。ベゼルはダイヤモンドとピンクサファイアのグラデーションにより彩られ、6時側のラグはピンクサファイア、12時側のラグはダイヤモンドで装飾。サテン風のアリゲーター・レザーストラップもまたピンクのグラデーションが与えられ、バレンタインにぴったりのドラマティックな雰囲気に。柔らかで軽やかな色遣いは、文字盤のマザーオブパールにも反映。...
わずかに10本限定。ノーマルかつ非常にレアなブルー グラン・フー|Breguet

わずかに10本限定。ノーマルかつ非常にレアなブルー グラン・フー|Breguet

Breguet|ブレゲブレゲ ブティック銀座10周年を記念したスペシャルエディションブレゲ ブティック銀座の10周年を記念した10本限定のスペシャルエディション「クラシック5175“銀座アニバーサリー”スペシャルエディション」が発表された。Text by YANAKA Tomomiクラシックコレクションにブルー グラン・フーのエナメルダイアル2007年にオープンし、2014年に改装・拡張された「ブレゲ ブティック銀座」。この直営店10周年のアニバーサリーを祝うべく制作されたのが、スペシャルエディションのタイムピースだ。開業10周年となったブレゲ ブティック銀座。「クラシック5175“銀座アニバーサリー”スペシャルエディション」は、「クラシック」コレクションに、新色、藍色の「グラン・フー」エナメルダイアルを添えたもの。直径38mmホワイトゴールドケースのサイド部分には、繊細なフルート模様をあしらっている。そして藍色の「グランフー」エナメルダイヤルには、先端に穴の開いた歴史あるブレゲ針...
ブレゲが本気で古典を追求したら、こうなった! 「クラシック 7147」|Breguet

ブレゲが本気で古典を追求したら、こうなった! 「クラシック 7147」|Breguet

Breguet|ブレゲ1775年の創業以来のアイデンティティを示す上品で洗練されたディテールの追求と、その編集やはり、神はディテールに宿るのである。この汚れなき美しさ、そして堂々感! 昨今のドレスウォッチの流行、そしてクラシック回帰のデザイントレンドを軽く一蹴するような、圧倒的な存在感が、この新作にはある。なぜだろう、決して派手さはないのに、今年のバーゼルで最も雄弁な1本に思えるのは……。Text by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)5つのディテールが奏でる、優雅なハーモニー1.グランフー文字盤グランフーとは、大きな炎の意味。ガラス釉薬を塗ったダイアルを炉で焼成する段階で文字盤が炎に包まれることから、この名がある。エナメル製法の基本とされるグランフーは、一色使いで、ごまかしは効かず、工程が多岐にわたることから失敗するリスクが大きい。さらにこのモデルではスモールダイアルを凹面としているが、こうしたシンプルなディテールこそ職人のワザを要する。そして、文字盤中心から3...
84 件